「小樽」の検索結果

今すぐ視聴する

車で線路に進入「道路と間違えた」男は酒酔い運転
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 車で線路に進入「道路と間違えた」男は酒酔い運転  北海道小樽市のJRの線路に酒に酔った69歳の男が運転する車が進入しました。  6日午後10時半すぎ、小樽市の小樽築港駅近くの線路に乗用車が止まっていると通報がありました。警察は乗用車を運転していた川村哲夫容疑者を現行犯で逮捕しました。川村容疑者は酒に酔った状態で近くの道路から線路に進入した後に線路の上を走行していて、「道路と間違えた」と話しています。このトラブルで列車2本が遅れ、乗客600人に影響が出ました。
北日本は“冬の嵐”今季一番の寒気であすも猛吹雪
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 北日本は“冬の嵐”今季一番の寒気であすも猛吹雪  北海道小樽市は3日朝は積雪がゼロでしたが、午後4時の積雪は5センチと一気に雪が積もりました。  激しい風の音。吹雪で道路はホワイトアウトしています。3日、北日本では冬型の気圧配置が強まり、冬の嵐となりました。札幌の北、北海道石狩市では瞬間的に15メートルを超える風が吹き、市内には暴風雪警報が出されています。道内有数の観光地「小樽運河」ではこの吹雪にもかかわらず、大勢の観光客が。この猛吹雪をもたらしたのはマイナス30度の寒気。4日にかけて北海道の上空5500メートル付近には今シーズン一番の強力な寒気が南下してくる見込みです。  秋田など東北の日本海側でも大荒れの天気となりました。秋田県横手市ではバスの停留所も車も真っ白な雪に覆われました。気温も急降下。豪雪で知られる青森市の酸ケ湯温泉では最低気温が2日から8度下がり、マイナス8.1度を観測。この寒気のピークは4日です。北海道ではこの後も雪と風が強まり、4日も気温は各地で氷点下が続き、猛吹雪となる恐れがあります。この寒気は北日本まで、関東では対照的に5日までは11月並みの暖かい日が続きそうです。
第二十二話 新月の夜に
ゴールデンカムイ(第二期) 第二十二話 新月の夜に 網走監獄が近づくにつれ、のっぺら坊が本当に父かもしれないことに不安を募らせるアシ(リ)パ。そんな彼女を勇気づけたのは、小樽から苦楽を共にしてきた杉元の存在だった。ついに網走へと到着した杉元たちは、白石の発案でトンネルを掘って監獄内への侵入を目指す。アイヌの漁師を装って作業を進めること数日、トンネルは土方が指定した地点まで到達。だが、杉元たちが出口から顔を出すと、そこには看守部長の門倉の姿が……。
第二話 のっぺら坊
ゴールデンカムイ 第二話 のっぺら坊 杉元とアシㇼパは埋蔵金の手がかりを求め、北海道一の商業都市である小樽の街へと出向く。あまり有益な情報は得られなかったが、帰り道に後をつけてきた脱獄囚のひとりを罠で捕えることに成功。その男を尋問し、脱獄囚たちは殺し合いの末に散り散りとなり、刺青を彫った男が「のっぺら坊」と呼ばれていたことを聞き出す。そんな中、男が何者かによる遠方からの射撃で殺される事態が発生し、杉元とアシㇼパに緊張が走るッ……!
第五話 駆ける
ゴールデンカムイ 第五話 駆ける 杉元は二階堂兄弟に自ら食ってかかることで、身に迫った危機を回避する。その頃、杉元を追って小樽の街を訪れたアシㇼパは、レタラの導きで白石と予期せぬ再会を果たし、彼の情報から鶴見たちの根城に行き着いていた。埋蔵金の分け前を得ることを条件に、杉元を救う手助けを買って出る白石。しかし、白石が建物への侵入に成功したのも束の間、レタㇻの匂いに気づいた馬が騒ぎ出し、さらに二階堂兄弟の魔の手が杉元に迫るッ!
第六話 猟師の魂
ゴールデンカムイ 第六話 猟師の魂 過日、小樽の山中でアシㇼパを追い詰め、狼のレタㇻに重傷を負わされた谷垣は生きていた。彼を助けたのは、足を踏み入れた山の熊を全滅させてしまうと言われる凄腕の猟師・二瓶鉄造。二人は絶滅したとされる狼の存在に猟師の血を刺激され、レタㇻとの勝負を渇望していた。そんな中、二瓶の猟犬・リュウがいつもと違った行動を見せる。熊を恐れないアイヌ犬の怯えた姿に、ひとつの確信を得る二瓶――我々は狼の縄張りにいるッ!
第十四話 まがいもの
ゴールデンカムイ(第二期) 第十四話 まがいもの 試行錯誤の末、江渡貝は刺青人皮の偽物を6枚完成させた。だがそのとき、土方の一味に加わった尾形が、鶴見中尉の企みを暴くために工房を襲撃。江渡貝は刺青人皮とその偽物を持って逃げ出し、尾形を迎え撃った月島軍曹もすぐに彼の捜索に向かう。さらに杉元と白石までが姿を見せたため、尾形は二人に月島軍曹の邪魔をさせようと画策。杉元と白石、月島軍曹、尾形が各々の思惑で動く中、江渡貝と彼が持つ刺青人皮の行方は……!?
第十九話 カムイホプニレ
ゴールデンカムイ(第二期) 第十九話 カムイホプニレ 谷垣の一行と合流後、杉元たちは近くにあるアイヌコタン(村)に立ち寄る。谷垣からフチのことを聞かされ、その身を案じるアシ(リ)パ。彼女を気遣い、杉元は一度故郷に帰ってはどうかと提案する。だが、強い覚悟でこの旅に臨んでいるアシ(リ)パにとって、もはや引き返すという選択肢はなかった。自分の未来のために前に進もうとする彼女の決意を受け止めた杉元たちは、のっぺら坊のいる網走監獄に向けて再び出発するッ!
第二十一話 奇襲の音
ゴールデンカムイ(第二期) 第二十一話 奇襲の音 屈斜路湖の湖畔にあるコタンを訪れた杉元たちは、村人から盲目の盗賊団が付近一帯で暴れているとの情報を得る。白石によれば、その親分は脱獄囚の都丹庵士で間違いないという。新たな刺青人皮を手に入れるべく、情報を求めて近くの温泉宿へと足を運んだ杉元たち。だが、相手の居場所を突き止めるよりも先に、夜の暗闇に乗じて盗賊団が襲撃。露天風呂に入っていた杉元たちは動けず、武器を持った敵に囲まれてしまうッ!
第二十三話 蹂躙
ゴールデンカムイ(第二期) 第二十三話 蹂躙 アシ(リ)パが連れ去られたのは、門倉から独房にいるのっぺら坊が偽物だと知らされていた土方の画策だった。その狙いは本物ののっぺら坊とアシ(リ)パを引き合わせ、金塊の在り処を聞き出すこと。舎房に乗り込んできた鶴見中尉の一派と杉元たちがにらみ合いを続ける中、土方はアシ(リ)パを連れて本物ののっぺら坊がいる場所へと急ぐ。一方、監獄内の攻防は、門倉がすべての囚人を解き放ったことでさらに激化の一途をたどるッ!
第二十四話 呼応
ゴールデンカムイ(第二期) 第二十四話 呼応 杉元にアシ(リ)パのマキリを見せられたのっぺら坊は、それが娘のものだと気づく。彼は金塊の在り処を教える条件として、アシ(リ)パを連れてくることを要求する。  一方、監獄内の争いは最終局面を迎え、土方が犬童典獄との決闘を制し、鶴見中尉の一派も囚人たちを制圧。そんな中、インカ(ラ)マッが杉元と一緒にいるのっぺら坊を見つけ、アシ(リ)パは彼が本物の父だと確信する。だが、直後に何者かの銃弾が杉元とのっぺら坊を襲うッ!
第十三話 江渡貝くん
無料
ゴールデンカムイ(第二期) 第十三話 江渡貝くん 杉元たちが夕張に向かっている頃、ひと足先に同地を訪れた鶴見中尉一派は、剥製工房を営む青年・江渡貝弥作に接触していた。その目的は、江渡貝が墓地から盗み出したと思われる脱獄囚の刺青人皮を入手すること。江渡貝が墓泥棒を働いた際に落とした人皮の手袋を突きつけ、巧みな話術で彼の懐に入り込んでいく鶴見中尉。そして、工房の奥にある無数の人間剥製を鶴見中尉が目の当たりにしたとき、江渡貝がその本性を露わにするッ!
第十五話 昔の話をしよう
ゴールデンカムイ(第二期) 第十五話 昔の話をしよう 夕張に留まり、江渡貝の工房で刺青人皮の偽物を見分けるための手がかりを探す土方たち。そこに突然火炎瓶が投げ込まれ、建物内に火の手が上がる。鶴見中尉に証拠隠滅を命じられた第七師団の兵士が、工房を包囲して攻撃を仕掛けてきたのだ。これに応戦する土方と尾形だが、徐々に追い詰められ、ついに中への侵入を許してしまう。第七師団の兵士たちが攻勢をかける中、二階堂が土方に、さらに兵士のひとりが尾形に襲いかかるッ!
第十六話 旭川第七師団潜入大作戦!!
ゴールデンカムイ(第二期) 第十六話 旭川第七師団潜入大作戦!! アシ(リ)パの目撃情報を頼りに谷垣たちが旭川を目指している頃、杉元とアシ(リ)パたちは芦別に到着。無事に永倉と合流を果たすが、白石が第七師団に連行されたことを知る。一方、ひと足先に白石の救出に向かった土方とキロランケは、アイヌが「カムイコタン(神の領域)」と呼ぶ事故の多い渓谷で奪還作戦を決行。白石を護送中の第七師団が渓谷に架かる吊り橋に差し掛かったとき、橋のたもとに立ちはだかった土方が刀を抜くッ!
第十七話 腹の中
ゴールデンカムイ(第二期) 第十七話 腹の中 第七師団の本部に潜入した杉元と犬童典獄に変装した鈴川は、淀川中佐との面会を果たす。淀川中佐の前に出世につながる手柄をちらつかせ、白石を渡すように迫る鈴川。だが、そこに鶴見中尉の命を受けた鯉登少尉が現れ、本物の犬童典獄が流暢に使いこなす薩摩弁で揺さぶりをかける。対する鈴川も見事な受け答えで天才詐欺師の面目躍如たるところを見せるが、そこに綻びが生じた瞬間、鯉登少尉が二人に向けて拳銃の引き金を引くッ!
第十八話 阿仁根っ子
ゴールデンカムイ(第二期) 第十八話 阿仁根っ子 杉元たちが大雪山を下山している頃、谷垣の一行はとある町で電報を受け取る。フチが死装束を用意していると知り、アシ(リ)パを連れ帰る役目をあらためて心に刻む谷垣。そのとき、彼の脳裏に役目を欲していた過去の自分がよぎり、鶴見中尉に身の上を語った夜の記憶が蘇る。  マタギだった頃の谷垣には、賢吉という同じマタギの親友がいた。妹のフミが彼のもとに嫁ぎ、そのことを喜ぶ谷垣。だが、その幸せは唐突な終わりを迎えるーー。
第二十話 青い眼
ゴールデンカムイ(第二期) 第二十話 青い眼 釧路の海岸で食料を調達していた杉元たちは、突如バッタの大群に襲われる。避難した番屋の中でしばらく過ごすことにした男性陣は、その間、ラッコ鍋を食べることに。ところが、ラッコの肉が煮えるにつれてなぜかムラムラしてきてしまい、しまいにはそこに現れたキロランケも交えて相撲で気分を発散しはじめるのだった。  一方その頃、舟で沖に避難していたアシ(リ)パは、一緒になったインカ(ラ)マッから衝撃の事実を明かされるッ!