「就職」の検索結果

今すぐ視聴する

第9話
彼女はキレイだった 第9話 職場に復帰したヘジンの変貌ぶりに編集部の面々は驚愕する。シニョクは相変わらずヘジンをからかい続けるが、ヘジンとソンジュンのさらなる接近に不安が増していく。そんな中、ヘジンは童話作家にインタビューするため、編集部の先輩から車を借りるのだが、乗った車が壊れていて...。
第10話
彼女はキレイだった 第10話 交通事故を起こしかけたヘジンのもとに駆けつけたソンジュンは、無意識にヘジンを強く抱きしめる。ヘジンに対する自分の気持ちに気づいたソンジュンは、ハリに対して罪悪感を感じる。一方、ハリは自分がヘジンのふりをしてきたことをヘジンとソンジュンに告げる覚悟をする。
第11話
彼女はキレイだった 第11話 ヘジンとソンジュンは真の再会を果たし、これまでの出来事を語り合う。そんな中、ヘジンの前で強がり続ける傷心のハリの前に日本から一時帰国した母、ヘジョンが現れる。編集部ではシニョクが他社からの引き抜きに応じたとのウワサが流れる。渦中のシニョクは姿を見せず...。
第12話
彼女はキレイだった 第12話 ソンジュンに引き留められたシニョクはザ・モストへの残留を決める。編集部に復帰したシニョクは仕事に打ち込むが、ヘジンへの想いを抑えきれず...。一方、次回号の売上関連スコアが業界で1位にならなければ廃刊になるザ・モストを救うためソンジュンは奔走するのだが、無理がたたり空港で倒れてしまう。
第15話
彼女はキレイだった 第15話 テンの正体がシニョクだったことを知り、ソンジュンは驚愕する。シニョクは自分へのインタビューを自ら記事にしてザ・モストを廃刊の危機から救い姿を消す。そんな中、ヘジンはソンジュンと共にアメリカへ渡ることにするのだが、懇意にしていた童話作家から一緒に童話を作る仕事に誘われ...。
第7話 スクチャの決断
華麗なる遺産 第7話 スクチャの決断 働きもせずに日々使いたい放題のファン、妹のジョン、母のヨンナンを前に、スクチャは遂に遺産はウンソンに相続させ、三人は働かないなら家から追い出すと告げる。 一方、ウンソンへの就職祝いに自転車を送ろうと、ジュンセはレストランに招待する。しかし父の会社が倒産し態度が急変したヒョンジンがオーナーだと思っていたウンソンは、実は経営者がジュンセだったことを知り、騙されたと誤解してその場を立ち去ってしまうが...
第15話 「面接」「チビ太の花のいのち」 ほか
おそ松さん 第15話 「面接」「チビ太の花のいのち」 ほか 「面接」 何と!十四松がとある会社の面接を受けることに。何をしでかすかわからない十四松だが、面接に合格し、無事に就職を決めることができるか? 「チビ太の花のいのち」 究極のおでん作りを目指し、日々、精進し続けているチビ太。これまでおでん一筋で生きてきたチビ太だが、ある日、道端に咲く花を見つけ……。
第1話
無料
彼女はキレイだった 第1話 ヘジンは小学生のころ相思相愛だったソンジュンがアメリカから帰国するとのメールを受け、ハリに待ち合わせ場所まで送ってもらう。そこに現れたソンジュンは肥満児だった過去をみじんも感じさせないイケメンに成長しており、正反対の残念な女性に成長した自分を恥じたヘジンは、ハリに自分の代役を頼み...。
第2話
無料
彼女はキレイだった 第2話 ザ・モストの編集部に出向となったヘジンはニューヨーク本社から副編集長として配属されたソンジュンと再会する。ハリをヘジンだと思っているソンジュンは本社に見放されかけている編集部を立て直すため、慣れない仕事でミスを連発するヘジンに辛らつな言葉を浴びせるのだが...。
第4話
無料
彼女はキレイだった 第4話 理不尽な理由でソンジュンに激怒されたヘジンはシニョクとヤケ酒を飲み、ベロベロに酔った状態でソンジュンに電話をかけ“私がヘジンよ”と告げる。一方、父親との関係修復に失敗したハリは憂うつな日々を送る中、ヘジンの代役としてソンジュンと会ううちに、心が揺れ始めていた。
第5話
無料
彼女はキレイだった 第5話 休日に会社を訪れたヘジンはソンジュンと本社の人間との電話を偶然聞き、ザ・モストがトップファッション誌の座に返り咲けなければ廃刊になることを知ってしまう。一方、人知れずホテル暮らしを続けるシニョクは、そこで働くハリがヘジンの親友であることを知らぬまま、親交を深めていた。
第7話
彼女はキレイだった 第7話 ロケハンのため出張に行くことになったヘジンとソンジュンは田舎の飲食店で食事をするが、財布を忘れたソンジュンのせいで払い切れなかった食事代分を、働いて返すことになる。力を合わせて働き終えた2人の距離はますます近づき...。そんな中、シニョクは2人をこれ以上接近させまいと出張先に向かい...。
第13話
彼女はキレイだった 第13話 男女としての交際をスタートさせたソンジュンとヘジンだったが、ヘジンはソンジュンがあまりにも幸せそうに振る舞うことで編集部の面々に交際を悟られるかと気が気でない。そんな中、ソンジュンの元上司が編集部を訪れ、ザ・モストの廃刊に関する最後通告をする。 ソンジュンが廃刊の危機を隠してきたことを知ったチャ記者は...。
第14話
彼女はキレイだった 第14話 特集号でインタビューを予定していた大物映画監督のドタキャンにより、ザ・モストの廃刊が避けられぬものになろうとする中、プンホ記者が正体不明の超人気作家、テンへのインタビューを提案する。ソンジュンはテンに連絡を取るため、テンの小説の出版社へ向かう。一方、ホテルを辞めたハリは自分にできることが何か模索するのだが...。
第10話 スンミの罪悪感
無料
華麗なる遺産 第10話 スンミの罪悪感 マンションを売ってウンソンに謝るというスンミに激怒するソンヒ。スクチャに告げ口されファンとの結婚もなくなると言い、思いとどまらせようとする。 足をくじいたウンソンを心配したジュンセは、牛乳配達を手伝うことに。そしてジュンセの店に就職したヘリに招待され、そうとは知らずジュンセの店に行くウンソン。スクチャのお陰で見違えるように美しく着飾ったウンソンに、ヘリはもちろん、ジョンもジュンセも驚き...
第10話 気になる存在
伝説の魔女~愛を届けるベーカリー~ 第10話 気になる存在 ウソクはシンファ本社前でスインを見かけて声をかけるが、スインは気づかず去ってしまう。その後テサンに自宅へ招かれて事業の話をするウソクにマ家の人々は警戒心を強めていく。ある日ボランティアで施設に来たエンナンはミオとクァンテンを見つけ、遠くへ行くよう警告する。簡易宿に移ったプングムは隣室にいるのがウォランだとも知らずに壁を挟んでいがみ合う。その頃スインは就職先の店長の不審な言動に違和感を覚え始めるが...。
第11話 新しい家族
伝説の魔女~愛を届けるベーカリー~ 第11話 新しい家族 就職先の店長に襲われたスインは彼を殴って難を逃れるが、暴行の罪で告訴されてしまう。留置場に入れられたスインのためウソクらが奔走し、事件は無事に解決する。そんななかウソクはプレミアム商品発売のためシンファ本社のチーム長になる。ソウルに来たミオはスインらとの再会を喜ぶ。行く当てのないスインとミオはサウナに泊まろうとするが、それを気の毒に思ったイムンは自分の家に住むことを提案するのだった。
第28話 母と子の思い
伝説の魔女~愛を届けるベーカリー~ 第28話 母と子の思い ジヌをウソクに仕立て手助けしてきたのはエンナンだと分かり、テサンは激怒する。エンナンはマ家を後にして、かつての恋人サンウの復讐を果たすためにシンファを手に入れる計画を実行し始める。ドジンは就職がなかなか決まらず運転代行の仕事を始めることに。ヨンオクは投資商品の加入をエサにジュランをはめていく。ボンニョに息子だとなかなか名乗り出られないウソクだったが、スインに励まされてついに心を決め...。
第十章
無料
本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第十章 【最新話】「本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません」毎週水曜日24時05分に最新話を配信!
第7話 「二軍なのに一軍」
グラゼニ 第7話 「二軍なのに一軍」 第4の捕手・東光が一軍にあがってきた。32歳。年俸500万。大学時代スター選手として活躍し主将も務めたが、プロ入りしてからこれといった実績がない。この日も代打で結果を残せなかった。大学時代の親友でスポーツ紙のエース記者の北村が引退して就職することを勧めるが、東光はガンとして拒否する。翌日、スタメンで出場した東光の打棒が炸裂した。そしてリリーフで登板した夏之介とバッテリーを組んだ。
第3話
無料
彼女はキレイだった 第3話 シニョクはヘジンとソンジュンの間に何かあることに気づき始め、ヘジンをからかう。ソンジュンにバカにされ続けたヘジンは怒りに燃えファッションについて猛勉強を開始する。そんな中、母親を侮辱する継母とその継母をかばう父親に心を傷つけられたハリは酒に酔い、バーで男と揉め事になる。そこにソンジュンが現れ...。
第6話
彼女はキレイだった 第6話 雨に打たれ、体調を崩したソンジュンを心配したヘジンは、シニョクにソンジュンへ薬とお粥を届けてもらう。体調が回復したソンジュンだったが、ハリと会い続けるうちに自分の記憶の中のヘジンとハリの性格が重ならないことにとまどい始める。そんな中、ヘジンの話でソンジュンがアメリカに帰る可能性があることを知ったハリは...。
第16話
彼女はキレイだった 第16話 ハリはホテル経営を学ぶために大学院に通う中、年下の学生からのアプローチをかわすことに苦労する日々を送り、シニョクは世界各地を転々としながら執筆活動を続けていた。童話作家としての道を歩み始めたヘジンは、アメリカに渡ったソンジュンと毎日電話で連絡を取り合っていたが、ある日ソンジュンに連絡がつかなくなり...。
事業規模26兆円 大型経済対策を閣議決定へ
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 事業規模26兆円 大型経済対策を閣議決定へ  政府は事業規模26兆円の大型経済対策を5日夕方に閣議決定します。  安倍総理大臣:「15カ月予算の考え方のもと、新たに編成する今年度補正予算と来年度の臨時特別措置などを適切に組み合わせ、“13兆円規模”の思い切った財政政策を講ずることとしております」  今回の経済対策は事業規模で26兆円程度、財政支出は13兆円規模に上ります。災害からの復旧・復興として河川の堤防の強化などを進めます。また、経済が下振れするリスクに備えるため、農林水産物の輸出支援や「就職氷河期」世代の支援として国家公務員の中途採用を行います。  さらに、東京オリンピック・パラリンピック後の景気減速を防ぐため、今後の未来への投資として小中学校に1人1台のパソコンやタブレットを配備するための補助制度も盛り込みます。  一方、野党側からは「税金のばらまきだ」と批判の声も上がっています。  国民民主党・原口国対委員長:「毎回のごとく結果が出ていない。『デフレ脱却』ってもう7年。結果出さない人がいつまでも“税金だけをばらまく”のはやめた方が良い」
第六章 『会合』
本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第六章 『会合』 ルッツをオットーに紹介することになったマイン。だが、それはただの会合ではなく、見習い先を紹介してもらうという意味を持っていた。身なりを整え、緊張しつつ会合に臨むマインとルッツ。そんな二人の前に、オットーとベンノが現れる。オットーの旅商人時代の知り合いだというベンノは、値踏みするように二人を見、ルッツに商人になって何を売りたいかを聞く。果たして二人の答えは……。
第八章 『ルッツのマイン』
本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第八章 『ルッツのマイン』 本格的に紙作りの作業が始まった。マインとルッツは作業用の倉庫を借り、必要な道具を揃えていく。さらに二人は森へ行き、木の枝を蒸して紙を作ることに。だが、慣れた様子で紙作りを進めていくマインに、ルッツはさらに違和感を募らせる。紙ができたら話をしたいと言うルッツ。そして最初の紙が完成した時、ルッツはマインに、これまでの疑念をぶつけるのだった。
第九章 『ギルド長の孫娘』
本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第九章 『ギルド長の孫娘』 ベンノに連れられて商業ギルドへ行ったマインたちは、そこでギルド長に会うことになった。マインが作っているという髪飾りを見て、驚くギルド長。それは、ギルド長の孫娘・フリーダが欲しがり、ずっと探していた髪飾りだったのだ。ギルド長から、フリーダの髪飾りを作るよう依頼されたマインは、フリーダに会いに行くことに。フリーダは、可憐で可愛らしい少女だったのだが……。
1話 なんだかホントに入社した気分です!
無料
NEW GAME! 1話 なんだかホントに入社した気分です! 高校を卒業後、幼い頃に夢中になって遊んでいたゲーム《フェアリーズストーリー》を制作したゲーム会社《イーグルジャンプ》に就職した涼風青葉。新入社員として社会人一日目を迎えた青葉は、朝の満員電車に揺られながら、《イーグルジャンプ》へと出社してくる。会社の前まで来たもののこのまま中に入ってしまっていいのだろうかと躊躇してしまい中々一歩が踏み出せない青葉。そのとき出社してきた先輩社員の一人である遠山りんに声をかけられ、青葉は無事に《イーグルジャンプ》の中へと案内されるのだが……。
第4話 「自立しよう」「トト子なのだ」
おそ松さん 第4話 「自立しよう」「トト子なのだ」 「自立しよう」 相変わらず就職もせず、両親に依存し続けるニートのおそ松たち。そんなおそ松たちに絶体絶命の危機が訪れる!! 両親が「離婚」を宣言し、家まで売り払うと言い出した!! このままでは生活に必要な衣食住の場を失うと考えた6つ子は?! 「トト子なのだ」 あこがれのトト子から、部屋に呼ばれたおそ松は、ドキドキしながら、ついでにちょっとばかりの期待もこめながら、彼女が現れるのを待ちわびていた。 やがて、扉の向こうから聞こえる軽快な足音とともにおそ松の目の前に……。
第22話 「いきなり大逆転!」
グラゼニ 第22話 「いきなり大逆転!」 浮かれ気分でグアムから帰国した徳永は、夏之介と松本アナからラジオの解説者をクビになったことを知らされて大きなショックを受ける。松本アナが、福井にある独立リーグのコーチという就職先を見つけてくれたが、徳永の心は激しく揺れる。野球界に身を置きたい。だが婚約者が福井まで付いてきてくれるかどうかわからない。もしかしたら婚約解消? 夏之介も心配するなか、球界の裏側では、とある事態がひそかに進行していた。