「市来光弘」の検索結果

今すぐ視聴する

第06話 スガキヤいこみゃあ
八十亀ちゃんかんさつにっき 第06話 スガキヤいこみゃあ 涙ぐましい努力によって八十亀と連絡先の交換に成功した陣。 早速メッセージを送る陣出会ったが、八十亀の返事は標準語で、どこか素っ気ない返事であった。 そんな時、やん菜から八十亀と仲良くなるための魔法の言葉を教わり…。
第02話 トーキョーもん
八十亀ちゃんかんさつにっき 第02話 トーキョーもん 昨日拾った八十亀ちゃんの生徒手帳を手に登校する陣。ふと、コメダ珈琲の中を見ると、八十亀ちゃんを見つける。 「高校生がこんな時間にカフェ?!しかも新聞読んでて…何歳だよ?!」八十亀ちゃんに生徒手帳を返し陣はコーヒーとシロノワールを頼む。 …シロノワールはミニサイズを頼むのが常識とも知らずに……。
第03話 認めにゃあ
八十亀ちゃんかんさつにっき 第03話 認めにゃあ 担任の先生から写真部への入部が決まっていることを知らされる陣。 もっと刺激のある部活が良かったと残念がる陣だが、部室を開けるとそこにはあの八十亀ちゃんと八十亀の写真をハイテンションで撮りまくる只草舞衣がいた。 入部をかけて写真勝負をすることになった陣と八十亀ちゃんであったが…。
第07話 そっちじゃにゃあ
八十亀ちゃんかんさつにっき 第07話 そっちじゃにゃあ 陣の写真部入部の歓迎会が行われることになった。各自300円以内でお菓子を持ち寄ることになったが、八十亀はしるこサンド、やん菜はおにぎりせんべい、只草はカニチップを持参した。 一方陣は東京でも売っていたからとベビースター、ヤングドーナツ、クッピーラムネを持参したが…。
第08話 アキバじゃにゃあ
八十亀ちゃんかんさつにっき 第08話 アキバじゃにゃあ 写真部に入ったんだし、カメラが欲しい。そう言いだした陣。 次の日に写真部みんなで大須に陣のカメラを買いに行くことになった。 待ち合わせ場所についたものの居るのは陣と八十亀だけ…。 しばらく経っても只草とやん菜が来ないので先に八十亀とコメ兵へ向かうと…。
第09話 関係にゃあ
八十亀ちゃんかんさつにっき 第09話 関係にゃあ コメ兵でカメラを買った後、大須を散策していたらアイドルを激しく応援している只草に会った陣と八十亀。 只草に話を聞いてみるとアイドルやアニメのキャラみたいに可愛いものが好きらしい。 そんな話を聞いていると、「あ、14時!」と言って八十亀がどこかへ走り出した。八十亀を追っていくとそこには…?
第11話 涼しくにゃあ
八十亀ちゃんかんさつにっき 第11話 涼しくにゃあ 陣が名古屋に来て初めての夏が来た。 ムシムシしたまとわりつくような暑さに徐々に視界が暗くなっていった。 次に起きた時には地下にいて只草と八十亀に見守られていた。どうやら気を失っていたらしい…。 「夏に名古屋の地上を歩くなんて……死にたゃあの?」と言う八十亀に、陣はたじろいだ。
第12話 また会おみゃあ
八十亀ちゃんかんさつにっき 第12話 また会おみゃあ 休日に写真部のメンツと遊ぶことになった陣。いきなりカラオケ店に行こうとする状況に疑問を投げかけると「遊ぶときは大体、カラオケ行くやろ」と返されてしまう。 八十亀も只草も頷いているところを見るとこれが普通の名古屋スタイルらしい…。 それぞれが思い思いの歌を歌い上げる中、八十亀は…。
第04話 撮れてにゃあ
八十亀ちゃんかんさつにっき 第04話 撮れてにゃあ 写真対決当日、名古屋駅の待ち合わせ場所が分からない陣はやっとのことで八十亀ちゃんと合流することができたが、 「名駅で待ち合わせ言うたら、金時計しかにゃーがね!」とまたもや名古屋の洗礼を受けるのであった。 前日に名古屋に観光地はないことを聞かされていた陣は、八十亀ちゃんに写真を撮るような場所はあるのか聞く。 いっぴゃあある!と言う八十亀ちゃんについていくと…。
第05話 教えにゃあ
八十亀ちゃんかんさつにっき 第05話 教えにゃあ 陣は、八十亀ちゃんと仲良く慣れない日々が続いていた。 話しかけようと必死に話題を探して声をかけるも、迷惑だと一蹴される陣。 こんな自分をなぜ写真部に入れたのか只草に聞くと、八十亀の今までにない表情が撮影できるからとにこやかに返事をされる。 只草とやん菜に八十亀ちゃんと仲良くなるコツを聞く陣であったが…。
第10話 かけるしかにゃあ
八十亀ちゃんかんさつにっき 第10話 かけるしかにゃあ 学食でトンカツ定食を頼んだ陣。食堂が混んでいたため、部室で食べようと部室に来たところ、八十亀に出会う。 部室での二人きりに緊張していると、ふと八十亀のお弁当が目に入った。 八十亀が自分で作ったらしいが、キュウリやナス、こんにゃくなどがほぼ無加工で入っていた。こんなんでご飯がすすむのか?と八十亀に聞くと…。
第01話 はじまり
無料
八十亀ちゃんかんさつにっき 第01話 はじまり 東京から名古屋に引っ越してきた陣界斗。 名古屋ならではの方言や食事に憧れていたが、周りのクラスメイトに訛っている人も何にでも味噌をかけている人もいなかった…。 ここでも東京と同じ退屈な日々が続くのかと思った矢先、探し物をしている女子高生を見つける。「どこにもにゃあ」という訛り全開の発言を聞いた陣の心に名古屋の風が吹いた——。
第1話 Roughsketch<素描>
無料
Another 第1話 Roughsketch<素描> 父の仕事の都合で、夜見山市の祖父母宅へ引っ越してきた榊原恒一。こちらへ来て早々、気胸を患い入院した恒一は、1か月遅れで夜見山北中学校3年3組に転入した。教室で目に止まったのは、眼帯をした美少女・見崎鳴。偶然にも病院で彼女と出会っていた恒一は、その不思議な存在感が気にかかる。だが、親しく接してくれるクラスメイトの中に、彼女について触れる者は誰もいなかった……。
第2話 Blueprint<思惑>
Another 第2話 Blueprint<思惑> 鳴が気になる恒一は、姿を見かけては自分から声をかけていた。だが、恒一の質問に鳴が答えることはなく、ただ「気をつけたほうがいいよ」と、忠告ともとれる言葉を口にするだけだった。クラスメイトの勅使河原や望月は、そんな恒一の様子に戸惑いを隠せない。それでも鳴のことを知ろうとする恒一は、放課後に彼女のあとを追いかける。夕暮れの住宅街で、たどり着いた先にあったのは……。
第3話 Bonework<骨組>
Another 第3話 Bonework<骨組> 古びた人形だらけの工房で、鳴と出会った恒一。鳴は恒一に26年前の3年3組に起きた、ある出来事を語る。それは、一人の生徒の死にまつわる不思議な話だった。恒一は勅使河原や桜木たちにもその話について尋ねるが、誰もが困ったような表情を見せ、口を固く閉ざしてしまう。そんな時、恒一は亡くなった母親が「26年前の3年3組」の一員だったことを叔母の怜子から聞かされる……。
第4話 Putflesh<輪郭>
Another 第4話 Putflesh<輪郭> ある生徒の突然の、理不尽な事故死により「3組の呪い」の噂は一気に信憑性を増した。恒一は鳴という不思議な存在と26年前の話が、一連の出来事と繋がっているように思えてならなかった。工房で再び出会った鳴は、そんな学校の変化に気づいていたが、相変わらず恒一に詳しいことを話そうとはしない。3年3組には怯えたような空気が満ち、対策係の赤沢も頭を悩ませるが……。
第5話 Buildlimbs<拡散>
Another 第5話 Buildlimbs<拡散> 恒一が親しくしていた看護師の水野に起きた悲惨な事故。それ以来、3年3組の緊張感はさらに高まり、恒一が知らぬ間に赤沢が女子の新しいクラス委員長に決まっていた。自分がいない場でクラスメイトたちが何かを話し合っている。それを知っても理由を教えてもらえるわけもなく、恒一は途方に暮れる。クラスの方針にあまり賛成できずにいた高林は、そんな恒一の疑問に答えようとするが……。
第6話 Facetoface<二人>
Another 第6話 Facetoface<二人> 26年前から続く“災厄”から逃れるため、代々の3年3組では、ある“おまじない”が行われていた。転校してきてから恒一がクラスの雰囲気に感じていた違和感も、すべてそれが理由だった。その“おまじない”に理不尽さを感じながらも、恒一は現状を受け入れ、鳴と行動を共にするようになる。そして、これまで夜見山北中学校で起きてきたことを、図書室で自分なりに調べ始めるが……。
第7話 Spherejoint<変調>
Another 第7話 Spherejoint<変調> 3年3組の教室におびただしい血が流れ、すでに始まってしまった“災厄”は止められないのだと誰もが悟った。“おまじない”は取りやめになり、赤沢たちは「“災厄”をもたらす“死者”は誰なのか…?」という疑問を抱く。そんな時、恒一は15年前の“災厄”だけが途中で止まっていたことを知る。司書の千曳によると、その年の夏休みにはクラス合宿が行われ、夜見山神社をお参りしたらしいが……。
第8話 Hairstand<紺碧>
Another 第8話 Hairstand<紺碧> 災厄が止まった手がかりを知る松永は、怜子と同じく15年前の3年3組の生徒だった。恒一は赤沢や勅使河原たちと共に、怜子の車で彼が働いている隣町のリゾートホテルへ向かう。留守だった松永を待つ間、一行はせっかくだからと海で遊ぶことに。そこで偶然にも、家族と別荘へ来ていた鳴と出会う。夜見山市を出て、緊張感から解放された恒一たちは、束の間の楽しい時間を過ごすが……。
第9話 Bodypaint<連鎖>
Another 第9話 Bodypaint<連鎖> 夜見山市の外で起きた思いがけない事故に、周囲の不安は一層募る。事故の直後、松永が何かを思い出したかのようにつぶやいた「教室」という言葉を手がかりに、恒一は15年前の3年3組があった旧校舎を調べることにする。これ以上、犠牲者を増やさないことを考え、協力を求めるのは勅使河原と望月だけにした。そこへ3人の行動に気づいた鳴も加わり、旧校舎の探検が始まるが……。
第10話 Glasseye<漆黒>
Another 第10話 Glasseye<漆黒> 恒一たちは旧校舎で松永が残したテープを見つけたが、犠牲者はさらに増えてしまった。成す術がないままクラス合宿が始まり、3年3組の生徒たちは副担任の三神と千曳に引率され、宿泊先となる咲谷記念館へやってくる。落ち着いたところで恒一、鳴、勅使河原は望月の部屋に集まり、松永のテープに録音された核心部分を聞く。そこには“災厄”を止めることができた、ある方法が語られていた……。
第11話 Makeup<惨劇>
Another 第11話 Makeup<惨劇> 鳴を“死者”と疑い、憎しみの目を向ける杉浦と、階下に転落していった風見。恒一たちは二人の姿を見失ってしまう。その上、合宿所食堂で火の手が上がり、望月が保管していたテープが奪われた。窮地に陥った勅使河原たちは危機を報せに館内を周りはじめる。一方で赤沢は、再会した杉浦の奇妙な変化に苦渋の表情を浮かべる。それぞれの疑心暗鬼が渦巻く合宿所で、呪われた一夜が幕を開ける……!
第12話 Standbyoneself<死者>
Another 第12話 Standbyoneself<死者> 鳴を“死者”だと疑い、憎しみの目で追い込んでいく赤沢。恒一は鳴をかばおうとするが、二人の姿を見失ってしまう。すでに合宿所はあちこちから火の手が上がり、収拾がつかない事態になっていた。窮地に陥った勅使河原と望月は駆けつけた千曳に助けられるが、恒一は行く先々で見つけた犠牲者を救えず、苦渋の表情を浮かべる。そして、なおも鳴に襲いかかる赤沢を必死で止めようとするが……!?