「広島 呉 被害」の検索結果

今すぐ視聴する

西日本中心に台風10号猛威 川は濁流 交通網はマヒ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 西日本中心に台風10号猛威 川は濁流 交通網はマヒ  台風10号は上陸前から西日本を中心に猛威を振るいました。川は瞬く間に濁流となり、今年一番の暴風となったところもありました。  大粒の雨が屋根瓦をたたき、川は瞬く間に増水した。ジワジワと北上を続ける台風10号が15日午後3時ごろ、広島県呉市付近に上陸した。この大型の台風は西日本を中心に各地で猛威を振るっている。午前5時すぎに今年一番の暴風を観測した高知。道には折れた木が散乱し、あおられながら必死に傘を差す人も。その手前には差すことを諦めた人も…。  台風10号は西日本にとどまらず、全国の交通網をまひさせている。鉄道や空の便は運休・欠航が相次いだ。そんななか、高知駅にいたのは中国から来た留学生。電車が止まっていることを知らなかったのか…。高速バスなら動いていると思ったという。しかし、15日はバスも運休。同じ考えの外国人は他にもいた。  建物の屋上に設置されている観覧車は強風にあおられ、乗りかごの一部がグルグルと回ってしまっている。観覧車は施設のシンボルとして設置されているもので、人を乗せての営業はしていないというが、回る様子を見た人からは心配の声が上がったという。  大分県玖珠町の渓谷で孤立状態になっていた18人が15日朝に無事に救助された。付近の川は15日も激しい流れになっている。18人は渓谷でバーベキューをしていたところ、近くの奈女川が急に増水したため車が水没して動けなくなったという。  台風が上陸した広島では朝からすでに被害が起きていた。台風が広島県に上陸したのは29年ぶ…

おすすめの作品

故郷と生きる~西日本豪雨 被災集落の1年~
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2019【土曜放送】 故郷と生きる~西日本豪雨 被災集落の1年~ 去年7月の西日本豪雨。 広島県呉市の市原地区は土砂崩れで3人が犠牲になった。父を亡くし消沈していた高取久美子さんは2ヵ月後、父の言葉を胸に前を向こうと決意する。ただ、思いの詰まった集落には戻れていない。 土砂に覆われた市原地区では24世帯58人のうちの半数以上が集落を離れた。残された住民は「米作りが再生につながる」と信じて復旧にあたり、6月には田植えに漕ぎつけた。多くが流され諦めもよぎる中、復興へ苦心する集落の1年を追った。
広島土砂災害から5年…すべての砂防ダム完成へ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 広島土砂災害から5年…すべての砂防ダム完成へ  広島市で77人が犠牲になった土砂災害から5年です。国や県などは砂防ダムなどの工事を進めていて、今年度中に終える予定です。  兄夫婦を亡くした立川新三さん:「2人の顔が忘れないのが本当につらい。昔の街に元通りの復興を早くお願いしたい」  被害の大きかった広島市安佐南区八木では、災害が発生したとみられる午前2時半ごろから遺族らが犠牲者の冥福を祈りました。5年前の土砂災害では関連死を含めて77人が亡くなっています。国や県などは99カ所で砂防ダムなどの工事を進め、これまでに96カ所が完了し、残りの3カ所も今年度内に終える予定です。一方、被災地では人口減少が進んでいて、地域の復興が課題となっています。
自治体の悲鳴 ~水害列島日本~
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2019【土曜放送】 自治体の悲鳴 ~水害列島日本~ 今年、西日本を襲った豪雨。広島、岡山などで甚大な被害が出たが、一部の自治体の対応に批判の声が上がっている。災害の規模はかつてないほど大きくなっている。そんな中、防災への取り組みにおける“自治体の格差”のせいで住民の安全が左右されていいはずはない。これまで通りの自治体の判断に委ねるシステムで果たして良いのか。去年の豪雨で被災した福岡・東峰村では、1年が経ち防災に向けた新たな取り組みが始まっていた。これからの災害対応のあり方を被災地とともに考える。
台風10号 縦断で各地に爪痕 海に転落死も
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 台風10号 縦断で各地に爪痕 海に転落死も  西日本を縦断した台風10号の影響で各地に被害が出ています。  15日、広島県尾道市で船の係留作業をしていた82歳の男性が波にあおられて海に転落し、死亡しました。また、広島県安芸高田市では風に飛ばされないよう看板を直していた男性(40代)が椅子から落ちて手首の骨を折りました。徳島県では強風で転倒した男性(57)が足首の骨を折るなど5人がけがをしました。兵庫県上郡町では鮎捕り用の網を川から引き揚げる作業をしていた男性(71)が行方不明になっています。雨で増水した川に流されたとみられます。滋賀県では男性(65)が風で閉まった鉄製の扉に右手の指を挟まれて切断するなど3人のけが人が出ています。また、京都府と大阪府で男女5人がけがをしました。愛媛県愛南町では女性(60代)が自宅の庭で突風にあおられて深さ約1メートルの用水路に転落して腰の骨を折る大けがをしました。岡山県では、強風で屋根から転落したり自転車で転倒するなど男性2人が重傷です。
「終戦の日」令和に継ぐ 蘇る74年前の“風景”
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「終戦の日」令和に継ぐ 蘇る74年前の“風景”  終戦から15日で74年。戦争の悲惨さを知る人が年々、減っていくなか、終戦前の写真を使って平和の大切さを伝える取り組みが広がっている。1938年に広島市内で撮られたモノクロ写真。幼い兄弟の後ろに映るのは産業奨励館、現在の「原爆ドーム」だ。白黒だと遠く感じてしまう世界をカラーにすることによって当時の日常を幸せな暮らしを身近に感じる事ができる。市民の人々から写真を集め、最新技術を駆使して原爆が投下される前の広島の姿をよみがえらせる取り組みを取材した。  広島市の平和記念公園。かつて中島地区と呼ばれたこの地には約4400人の暮らしがあった。当時の風景を教えてくれるのは、被害を免れた数少ない白黒の写真だけだった。東京大学の渡邉英徳教授。以前から過去の映像をデジタル化し、保存するなどの活動に取り組んできた。しかし、白黒の映像は多くの人々に遠い存在として受け取られた。何かいい方法はないのかと見つけた答えの1つがカラー化だった。  広島の高校生・庭田杏珠さん。核廃絶を求める署名運動に参加するなか、白黒写真のカラー化について知り渡邉さんとともに活動を始めた。カラー化は白黒写真をまず人工知能によって自動的に色付けする。その後、当時を知る人に話を聞くことで、さらに修正を加えていく。  原爆が落とされた当時、疎開していた濱井徳三さん。中島地区で暮らしていた家族は全員、亡くなった。手元に残ったのは約250枚の写真が入った思い出のアルバムだけだった。70年以上、経った今もアルバムを見て家族のことを思い…
海に転落男性死亡 学校は冠水 大雨暴風に厳重注意
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 海に転落男性死亡 学校は冠水 大雨暴風に厳重注意  台風10号に関する最新情報です。  台風10号は現在、島根県出雲市の付近を北上しています。まもなく台風は日本海に抜ける見込みですが、この台風は中心から離れた所でも雨や風が強まる特徴があります。引き続き広い範囲で大雨、暴風に厳重な警戒が必要です。こうしたなか、犠牲者も出ています。広島県尾道市では岸から約6メートル離れた海の上で82歳の男性が浮いているのが見つかり、その後、死亡が確認されました。消防などによりますと、男性は自分の船を係留していた際に波にあおられて海に転落したということです。また、徳島県阿南市では那賀川の水があふれ、中学校のグラウンドや県道が冠水する被害が出ています。
台風接近でフェリー全便欠航 風で転倒し女性骨折
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 台風接近でフェリー全便欠航 風で転倒し女性骨折  台風の中心に近い松山市の港から報告です。    (村上健太郎アナウンサー報告)  松山市の中心部から車で約20分ほどの所にある松山観光港です。雨風は強くなったり弱くなったりを繰り返していて、30分ほど前には視界が真っ白になるくらい強い雨が降っていましたが、現在はほとんどやんでいます。岸壁への衝突を避けるため、沖合に停泊中のフェリーが見えます。港からは、普段は広島県や福岡県とを結ぶフェリーなどが運航されていますが、台風10号の影響で15日は全便が欠航しています。また、港の辺りは去年の西日本豪雨で土砂崩れなどが起きた地区で、付近の住民は「やはり雨が心配。去年のように降らなければ良いのだけれど」と話をしていました。愛媛県内では一部の自治体で避難勧告が出されているほか、60代の女性が風にあおられて転倒し、腰の骨を折る大けがをするなど被害も出ています。
真相は? 暴行事件の幸手市長「晴天の霹靂」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 真相は? 暴行事件の幸手市長「晴天の霹靂」  広島の平和式典に出席した夜に女性を殴ったとして逮捕された幸手市長が記者会見を開き、改めて容疑を否認しました。一方、テレビ朝日の取材では、被害者の女性を助けたと話す目撃者が当時の様子を生々しく語った。  9日午後2時すぎ、埼玉県幸手市役所に緊張が走った。鬼気迫る呼び掛け。それと対照的なのが奥で黙り込み、うつむき、足早に去った男性。暴行の容疑で逮捕され、8日に釈放された渡辺邦夫市長(62)だ。この後の会見で意外な言葉を口にした。逮捕容疑を完全否定したのだ。だとしたら、誤認逮捕なのか…。警察によれば、渡辺市長は7日に広島市内で犯行に及んだとされる。相手はバーの女性店員。顔面を数回にわたって殴ったとされる。  しかし、市長の弁護士は…。  久保豊年弁護士:「いずれについても市長は全く身に覚えがない。事実無根であると、一貫して主張」  これは事実なのか。市長は事件の前日に原爆の日の平和記念式典に参列。夜に職員とともに居酒屋で酒を飲み、ホテルに戻った。しかし、その後に1人でタクシーに乗って繁華街に。店で酒を飲んだという。そんななか、Aさんとともに2軒目の店に飲みに行ったという。7日の会見ではこの2軒目以降で事件が起きたとしていたが…。  幸手市、渡辺邦夫市長:「(Q.Aさんに連れられていった2軒目の従業員に暴行を加えたのではという話もあるが?)ええ、ございません」  なぜ、こんな矛盾が…。現場にいた人によれば、周囲には大きな音が響いたという。  市長を取り押さえた男性:「女性がエレベー…
#10:【広島編最終回】「忘れられなくて、ごめん。」
恋する♥週末ホームステイ Season4 広島男子×東京女子/東京男子×名古屋女子 #10:【広島編最終回】「忘れられなくて、ごめん。」 2週連続最終回【広島編】 【最終回】広島男子×東京女子 ▼告白直前「ギアあげてく」宣言の『せーだい』VS『じん』!『はな』巡る最後の戦いが激化! ▼『ちな』&『あさ』も『せーだい』に気持ち伝える2Sデート...想いは届く? ▼『まぁみ』に猛アタックの『りくと』。観覧車2Sでまっすぐな想いを伝える。
幸手市長を釈放 広島市内での暴行疑いで逮捕・送検
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 幸手市長を釈放 広島市内での暴行疑いで逮捕・送検  広島・原爆の日の平和記念式典に参列していた埼玉県幸手市の市長が広島市内で暴行容疑で逮捕された事件で、検察は8日夕方に市長を釈放しました。  幸手市の渡辺邦夫市長(62)は7日午前2時半ごろ、広島市中区の雑居ビルの4階にあるバーの女性店員(20)の顔面を数回にわたって殴った暴行の疑いで逮捕・送検されていました。渡辺市長は容疑を否認していましたが、捜査関係者によりますと、店から数万円の請求をされていたとみられ、警察は会計を巡るトラブルがあったとみて調べています。検察は8日夕方に渡辺市長を釈放しましたが、詳しい理由は明らかにしていません。