「彼女 欲情」の検索結果

「彼女 欲情」に関する情報は見つかりませんでした。
「彼女」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

猟奇的な彼女
猟奇的な彼女 猟奇的な彼女 大学生のキョヌはある晩、地下鉄の中でベロベロに酔っぱらった超美人な“彼女”と出会う。可愛い顔をして、「ぶっ殺されたい?」が口癖で、過激な行動を繰り返す彼女のペースに飲み込まれ、困惑しながらもその魅力にひきこまれていくキョヌ。しかし、タフでワイルドに見える“彼女”には、ある切ない秘密があった...。予測できない恋の行方、心揺さぶられる驚きと感動のエンディング。そして、誰もが好きにならずにはいられない“猟奇的な彼女”! 史上最高に魅力的なヒロインと、傑作ラブストーリーが誕生した!!
第1話
無料
僕には愛しすぎる彼女 第1話 人気作曲家のヒョヌクが事故で恋人ソウンを亡くして3年。世間から姿を消し、ひっそりと暮らしていたヒョヌクは、ある日、死んだソウンの携帯の着信に気づき驚く。留守電のメッセージからそれがソウンの妹セナと知ったヒョヌクは、彼女の窮地を知り心が揺れる。一方、作曲家を目指すセナは借金取りに追われる中、偽名を使ってホテルで働き始める。セナを捜すためにソウルに出てきたヒョヌクは滞在先のホテルでセナに出会うが...。
第2話
僕には愛しすぎる彼女 第2話 ヒョヌクはホテルをクビになったセナがソウンの妹と知り、彼女の住む部屋のそばに移り住むことに。そうとも知らず弁当屋でバイトを始めたセナは、配達先の家主がヒョヌクで驚く。偶然を装い、たびたびセナの前に現れるヒョヌクと、そんなヒョヌクが気になるセナ。そんな中、借金取りに追われるセナを見かけたヒョヌクは、彼女を追い掛け一緒に逃げるはめに。一方、人気音楽グループ「無限動力」のシウは、セナが作った曲のCDを聴き...。
第3話
僕には愛しすぎる彼女 第3話 田舎に帰ろうとするセナを引き留めたヒョヌクは、セナの作曲家としての可能性を買ったと話し、AnAに来るように告げる。そして、ヒョヌクは療養中の父に代わりAnAの臨時社長に。AnAを訪ねたセナはヒョヌクが社長と知り驚くが、「2ヵ月以内に2千万ウォンのヒット曲を作る」という提案を受け、契約することに。だが、売れっ子プロデューサーでヒョヌクを敵視するジョヨンはセナを冷酷に扱う。同じ事務所のシウかもいじめられるセナだが...。
第4話
僕には愛しすぎる彼女 第4話 ヒョヌクから「誰かの歌を聴いて心がふるえたのは久しぶりだ」と言われ、セナの心は動く。だが、「無限動力」のタイトル曲をかけたジョヨンとの作曲対決を前にしたセナは、棄権しろと言うヘユンや、容赦しないと宣戦布告するジョヨンの間で気が重くなる。ヒョヌクは対決の件で四面楚歌になるセナを案じるが、セナは自力でどうにかすると突き放す。ひょんなことからシウの優しさに触れたセナは、シウにどんな曲が聴きたいかと聴くが...。
第5話
僕には愛しすぎる彼女 第5話 「無限動力」の突然の解散宣言で窮地に陥るヒョヌクを励まし、自作の曲を渡すセナ。AnAでは緊急会議が開かれ、ヒョヌクは連絡の取れないシウを捜すよう命じる。そのシウは、会見で不仲を明かしたメンバーのレホンの言葉にショックを受けていた。一方、ヒョヌクが自分の曲を聴いてくれたか気になっていたセナは、ヒョヌクから編曲のやり直しを命じられ、再び曲作りへの意欲を燃やす。ヒョヌクはシウをソロデビューさせることにするが...。
第6話
僕には愛しすぎる彼女 第6話 身を隠していたシウがセナの前に現れ、セナを連れ去って行く。2人のやり取りを目にし、気になるヒョヌク。ソロになるか悩むシウはセナをカラオケに連れて行き、セナの曲を聴いて歌いたくなったと話す。そんな中、シウは母がレホンの家にいると聞き、急いで向かう。そこにはシウが「無限動力」に戻れるように頼みこむ母の姿が。母に怒りをぶつけるシウだが、付いてきたセナが止めに入る。セナの言葉に心を動かされたシウは、ヒョヌクに会いに行き...。
第7話
僕には愛しすぎる彼女 第7話 頭痛でクラブの外に出てきたヒョヌクが気になり、付いていくセナ。なぜ作曲をしないのかと問うセナだが、ヒョヌクは答えをはぐらかす。そんなヒョヌクにセナは、自分が作った曲をシウのソロデビュー曲に推してくれた礼を伝える。一方、ソロデビューを前にしたシウはほかの候補曲を入手する。そして、ヒョヌクに会いに行き、セナの曲は歌えないと曲の変更を申し出る。シウのソロデビュー曲の件で投資家から反対を受けていたヒョヌクは葛藤が膨らみ...。
第8話
僕には愛しすぎる彼女 第8話 ヒョヌクからAnAにいる間は誰とも誤解されるようなことはするなと言われ、セナの心はときめく。そしてシウはセナを呼び出し、セナの曲は悪くなかったと改めて曲を断ったことを詫びる。愛犬タルボンの病状がよくないことを知ったヒョヌクは、セナを再びペットシッターに。タルボンを連れてヒョヌクと公園に遊びに行ったセナは、そこでヘユンからヒョヌクが恋人を失った心の傷を持つことが明かされる。セナの曲がドラマの挿入歌に決まり...。
第9話
僕には愛しすぎる彼女 第9話 タルボンの死期が迫り悲しみに暮れる中、セナに慰められたヒョヌクは思わず彼女にキスをする。さらに手を繋いでセナを家まで送り、そんなヒョヌクにセナは幸せな気持ちに。ヒョヌクは酔ったヘユンから想いを告げられるが、これまでどおりの関係でいようと説くしかない。そんな中、シウはセナを食事に誘い、そこでヒョヌクに遭遇する。ヒョヌクとシウの間に緊張した空気が流れ、セナはヒョヌクがシウとの関係を誤解したのではと案じるが...。
第10話
僕には愛しすぎる彼女 第10話 シウと写真を撮られたことで、ヘユンから解雇を言い渡されるセナ。ヘユンがセナの正体に気づいていることを知ったヒョヌクは、セナを案じつつも、君を守れるのはここまでだと契約終了を宣告する。そして、ヒョヌクはヘユンに、セナとは縁を切るから彼女の姉との関係は秘密にしてほしいと頼む。一方、退院が決まったシウは写真の件でセナが解雇されたことを知る。セナを慰めようとするシウだが、セナはヒョヌクのことが忘れられず...。
第11話
僕には愛しすぎる彼女 第11話 セナを追ったヒョヌクは自分の気持ちに素直になり、彼女を抱きよせる。その日がヒョヌクの誕生日だと知ったセナは、ささやかなお祝いをし、最後にキスをプレゼントする。そして、ヒョヌクはヘユンに気持ちを受け取れないことを伝え、セナを好きだということを認める。一方、セナはシウの曲を作るため、彼の素顔を知ろうと密着することに。ヘユンは酔った勢いで、ジョヨンにセナがソウンの妹であることを話してしまったことを思い出し...。
第12話
僕には愛しすぎる彼女 第12話 ヒョヌクはセナを初デートに誘うが、姉さんも呼びたかったというセナの言葉に動揺する。さらにセナからジョユンが姉のことを知っていたと聞かされ、不安が膨らむヒョヌク。そんな中、セナがシウに作った曲が大ヒット。AnAでは今後も2人を組ませることを検討する。シウはセナを呼び、コンビ1曲目の成功を祝ってパーティーを開く。セナに交際を申し込むシウだが、セナは好きな人がいると断る。セナはジョヨンから作曲の依頼を受け...。
第13話
僕には愛しすぎる彼女 第13話 ヒョヌクとソウンの写真を見つけ、2人が恋人だったことを知るセナ。ヒョヌクは一緒にアメリカに発つはずのセナが空港に現れず、必死に探していた。まさかと思いソウンの店に行ったヒョヌクは、写真がなくなっていることに気づく。セナが家に戻ると、そこにはヒョヌクが。だが、ソウンの妹と知って自分に近づいてきたことを認めたヒョヌクに、セナは怒りがこみあげる。セナのアメリカ行きが中止になったことを知り、喜ぶシウだが...。
第14話
僕には愛しすぎる彼女 第14話 セナの苦しみの理由がヒョヌクだと知ったシウは、セナを連れ去る。だが、何としてもセナの笑顔は戻らず、シウはもどかしい想いに。そのセナはスランプで曲ができず、シウの新曲の録音スケジュールはピンチに。ヒョヌクはシウにセナの心を開くことができるのは君だけだと話し、セナを託す。シウはセナの心に近づこうと試み、2人は作曲作業を開始。完成した曲を聴いたヒョヌクは専属契約を提案するが、セナはこれで最後にしたいと拒む。
第15話
僕には愛しすぎる彼女 第15話 タルボンを失ったヒョヌクの前に現れ、元気づけるセナ。そんなセナを抱きしめ、ヒョヌクは涙を流す。セナは熱を出したヒョヌクを眠るまで見届け、姉の墓参りへ向かう。そして、墓に眠る姉にヒョヌクが好きだと告げて詫びるのだった。一方、シウとセナのスキャンダルは“新作曲家”への好感もあって好材料となり、新曲も順調な売れ行きに。そんな中、ヒョヌクはセナに会いに行き、やり直さないかと話す。互いに想いを確認し合う2人だが...。
第16話(終)
無料
僕には愛しすぎる彼女 第16話(終) セナのおかげで再び曲が書けるようになるヒョヌク。だが、彼の父の反対を受けたセナは、突然姿を消してしまう。1年後、ヘユンはAnAの社長となり、ヒョヌクは売れっ子作曲家として人気を得ていた。そんなある日、セナは親友に会うため久々にソウルに上京する。シウは何度も連絡をくれたが、ヒョヌクからは何にもないと聞き、失望するセナ。思い切ってヒョヌクの家に足を踏み入れるが、そこに引っ越したはずのヒョヌクが現れる...。
第1話 「ねこ、しろ、ましろ」
無料
さくら荘のペットな彼女 第1話 「ねこ、しろ、ましろ」 問題児ばかりを集めた学生寮「さくら荘」。平凡な普通科2年生の神田空太は、変人たちに囲まれた生活に嫌気がさし、「脱、さくら荘!」を掲げていた。さくら荘の監視要員である美術教師・千石千尋に呼び出された空太は、5歳くらいの少女が写った写真を差し出され、駅に迎えに行くようにと言われる。駅に着くと、そこには、どう見ても同い年くらいの、まっしろな少女が一人ベンチに座っていた――。
第2話 「絵を描いてきたの」
無料
さくら荘のペットな彼女 第2話 「絵を描いてきたの」 さくら荘会議の結果、空太の抵抗も空しく、1人では、ぱんつも穿けない少女、椎名ましろの世話係「ましろ当番」に任命されてしまう。翌日。さっそく、ましろの世話を焼く空太は、食べそびれた朝食を求めてコンビニへと向かう。そこでバイトを終えたクラスメイトの青山七海と合流し、3人で登校することに。七海にましろを紹介する空太だったが、ましろがふと口にした一言で、二人の関係を七海に勘違いされてしまうのだった。
第3話 「近すぎて遠い…」
無料
さくら荘のペットな彼女 第3話 「近すぎて遠い…」 ましろの経歴を知り、さくら荘で唯一何もない自分に焦りを感じ始める空太。さくら荘の先輩である三鷹仁にその思いを語るが、一般寮に戻ろうとしている空太には関係ないと一蹴されてしまう。そして空太は「脱・さくら荘」を果たすため、飼い猫たちの里親を真剣に探し始める。そんなとある日曜日、201号室に住む先輩・上井草美咲が、空太の部屋のドアを蹴破り、ましろと仁がデートでラブホに行くのだと騒ぎたてる。二人が気になる空太と美咲は尾行を開始するのだが…。
第4話 「色を変える世界」
無料
さくら荘のペットな彼女 第4話 「色を変える世界」 猫の引き取り手も決まっていき、空太はさくら荘を出て行く準備を着々と進めていた。そこに、浴衣姿の美咲とましろが現れ、さくら荘の中庭で七夕をすることに。それぞれの思いを短冊に書く一同。短冊に何を書けばいいか分からないというましろに空太は、マンガの新人賞が取れるようにお願いすればどうかと提案する。しかしましろは、自分の力で取るからお願いする必要はないのだという。そこに、ましろの携帯電話が鳴り、新人賞での結果が伝えられる…。
第5話 「さくら荘のまじめな彼女」
無料
さくら荘のペットな彼女 第5話 「さくら荘のまじめな彼女」 試験で0点を取ってしまい追試を受けることになったましろ。明日が試験日だというのに何も準備をしていない彼女を、空太は千尋から丸投げされてしまう。そこに突如現れた美咲によって始まったゲーム大会。翌日、ましろと空太は眠い目をこすりながら追試に望むことになるのだった…。その帰り道、立ちくらみで倒れそうになっている七海を助ける空太。生活費を自分で稼ぐためにバイトを頑張る七海に、家賃が格安なさくら荘に引っ越すことを提案するのだが…。
第6話 「雨あがりの青」
無料
さくら荘のペットな彼女 第6話 「雨あがりの青」 ましろ当番になった七海は何もできないましろの世話を、バイトやさくら荘の食事当番、養成所の中間発表会の練習と一緒に完璧にこなし続ける。そんな七海のことを心配して仁に相談する空太だったが、ふとしたきっかけで仁の秘密を知ってしまうことに!美咲には黙っていて欲しいと言われるが、直後に当の美咲から仁の事で相談されてどぎまぎしてしまう。そうこうするうちに七海は中間発表会の当日を迎えるが、連日の無理がたたって体調を崩してしまう…。
第7話 「彼女のきょうしゅう」
さくら荘のペットな彼女 第7話 「彼女のきょうしゅう」 突然さくら荘に現れた空太の妹の優子。お兄ちゃんが大好きな優子は、玄関先でたまたま裸のましろに押し倒された空太を目撃してしまい思わず固まってしまう。以降、ましろに対して明らかな敵意を向けるが、対するましろも空太に馴れ馴れしい優子に敵意を燃やす。さらに七海やメイドちゃんまで現れ、さくら荘が大変なことに!?一方、美咲は運転免許を取るために、教習所で熱いカーアクションを繰り広げるのであった!
第8話 「どでかい花火をあげてみろ」
さくら荘のペットな彼女 第8話 「どでかい花火をあげてみろ」 ある日、空太に2通の手紙が送られて来る。1通は『「ゲーム作ろうぜ」選考委員』から。もう1通は「恋を教えて」の一文だけが書かれた謎の手紙だった。それを不審に思っていた空太の元にましろが現れ、ましろのマンガ新連載を決める会議と、空太の「ゲーム作ろうぜ」のプレゼンが同日であることを知る。空太はお互い頑張ろうと励ましつつ、さくら荘の皆を相手にプレゼンの練習を何度も繰り返す。そして、ついにプレゼンの当日を迎える!
第9話 「秋の嵐がやってきた」
さくら荘のペットな彼女 第9話 「秋の嵐がやってきた」 朝、空太が目を覚ますと、ましろと美咲が部屋の壁一面に絵を描いていた。これは幼稚園の頃からあたためていた長編アニメ企画「銀河猫にゃぼろん」だと設定を朗々と語り続ける美咲と、黙々と絵を描き続けるましろ。おかげで2学期初日から遅刻ギリギリで学校についた空太を待っていたのは、七海との関係を噂するクラスメート達だった。その夜、さくら荘のダイニングで皆に日頃の行動を正すように言う七海だが、生返事の一同。と、そこに突然現れたのは金髪の美少女だった。
第10話 「キライキライ、ダイスキ」
さくら荘のペットな彼女 第10話 「キライキライ、ダイスキ」 文化祭の出し物として「にゃぼろん」の制作を開始したさくら荘の面々。ディレクターとなった空太だが、絵コンテが全くはかどらない。数日後、徐々にスケジュールが遅れ始めているところに、生徒会から参加条件として企画内容をプレゼンするよう要求される。空太は、作業の遅れを取り戻すため、増員を決断し、現状のクオリティに見合う人材として、ましろがイギリスにいた頃のルームメイトであるリタを勧誘しようとするのだが…。
第11話 「銀河猫にゃぼろん」
さくら荘のペットな彼女 第11話 「銀河猫にゃぼろん」 文化祭が始まり、「にゃぼろん」の制作も佳境に入り徹夜が続く空太の目は虚ろ。美咲はそんな空太をビジュアルショックで目覚めさせようと、猫娘姿のましろがいる美術科の作品展へと向かう。バニーガールの猫版だと妄想を膨らませる空太だったが、果たして彼の見たものは!?
第12話 「愛のパワーin文化祭」
さくら荘のペットな彼女 第12話 「愛のパワーin文化祭」 ついに「銀河猫にゃぼろん」上演の日を迎えた。シアターホール前で上演を待つ人の多さに尻込みする空太。その整理を生徒会長の館林に押し付け会場に向かう仁。関係者席に現れた千尋とゲームプロデユーサーの藤沢和希。舞台袖で一人最後まで練習を続ける七海。
第13話 「冬の一歩手前で」
さくら荘のペットな彼女 第13話 「冬の一歩手前で」 昼休みに空太たちが屋上で弁当を食べていると、美咲が仁への手作り弁当を持って現れる。そこに描かれた文字に衝撃を受ける一同。その中でましろだけはなぜかその弁当をじーっと見つめていた。その日の夕方、七海は仁からクリスマスイブ公演の芝居のチケットを2枚もらい誰を誘うか悩み始める…。日が替り、空太が部屋で着替えていると、いつの間にかましろが後ろに立っていた。ノックしろとおこる空太をよそに、ましろは「お弁当を作りたい」と空太に告げるのだった。