「悠仁 羽織袴」の検索結果

「悠仁 羽織袴」に関する情報は見つかりませんでした。
「悠仁」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

おすすめの作品

中国・武漢市での新型肺炎感染者の死亡率は4.06%
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国・武漢市での新型肺炎感染者の死亡率は4.06%  武漢市のある湖北省の衛生当局は、武漢市で新型コロナウイルスに感染した人の死亡率が4.06%に上ると発表しました。  湖北省の衛生当局は9日、武漢市での死者が608人になったとしたうえで、感染者の死亡率が4.06%であることを明らかにしました。また、湖北省で死亡率が最も高いのは武漢市の西に位置する天門市で、5.08%に達しています。中国政府が4日に発表した統計では湖北省を除いた中国国内の死亡率は0.16%と説明していて、湖北省の深刻さが際立っています。
大富豪が全米支持率2位に急浮上 民主党候補者争い
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 大富豪が全米支持率2位に急浮上 民主党候補者争い  アメリカ大統領選挙の民主党候補者争いで大富豪のブルームバーグ元ニューヨーク市長(78)が最新の世論調査で全米の支持率2位に浮上し、民主党の候補者討論会に初めて参加する見通しとなりました。  18日に発表された世論調査で、去年11月に出馬表明したブルームバーグ氏が全米の支持率19%を獲得し、急進左派のサンダース氏(78)の31%に次いで2位に浮上しました。去年12月の同じ世論調査では、ブルームバーグ氏の支持率はわずか4%でした。しかし、世界的な富豪としても知られるブルームバーグ氏はこれまで300億円以上、テレビ広告に費やすなど資金力を生かした選挙戦を展開し、支持率を急速に伸ばしています。そのため、19日に西部ネバダ州のラスベガスで行われる民主党の候補者討論会への参加資格を満たして初参加するとみられます。ブルームバーグ氏は大統領選の序盤の情勢を左右するとされる今月の予備選などには参加せず、14州で予備選などが行われる3月3日のスーパーチューズデーから候補者争いに参戦する見通しです。
38歳“新星”2戦目も躍進か 世論調査でもトップに
最新の国際ニュース【随時更新】 38歳“新星”2戦目も躍進か 世論調査でもトップに  アメリカ大統領選挙の民主党の候補者争いは、初戦で躍進した38歳の異色の候補が2戦目に向けてさらに支持率を伸ばしています。  民主党・ブティジェッジ氏:「インディアナ州の小さな町から出てきた人が大統領に立候補して何をしようとしてるんだと言う人がいるが、私はそこがポイントだと言いたい」  初戦のアイオワ州の党員集会では、国政経験のないブティジェッジ氏が得票率でトップになりました。ただ、集計のトラブルがあって正式には勝者に確定していません。そして、11日に2戦目が行われるニューハンプシャー州でも最新の世論調査でブティジェッジ氏の支持率が5日間で大幅に伸び、左派のサンダース氏を抜いてトップに立っています。ただ、誰に投票するかまだ決めていない有権者も多く、情勢は最後まで不透明です。
米大統領選 予備選第2戦でサンダース氏勝利宣言
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米大統領選 予備選第2戦でサンダース氏勝利宣言  アメリカ大統領選挙に向けた民主党の候補選び第2戦、ニューハンプシャー州の予備選で、民主党は左派のサンダース氏が勝利宣言をしました。  サンダース氏は「偉大な勝利に感謝する」と述べたうえで、「この勝利がトランプ大統領の終わりの始まりだ」と訴えました。CNNによりますと、日本時間12日午後1時15分現在、開票率90%の段階で、サンダース氏の得票率は26%と2位のブティジェッジ氏に1.6ポイントの差を付けてトップに立っています。CNNなどはサンダース氏の勝利が確実と速報で伝えています。
ANN世論調査 安倍内閣支持率 支持・不支持が逆転
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 ANN世論調査 安倍内閣支持率 支持・不支持が逆転  ANNの世論調査で安倍内閣の支持率が4割を切り、「支持する」と「支持しない」が逆転しました。  調査は15日と16日に行われました。それによりますと、安倍内閣を「支持する」と答えた人は39.8%と先月の調査から5.6ポイント下落しました。一方で「支持しない」と答えた人は42.2%と前回より6.5ポイント上昇しています。「支持する」と「支持しない」が逆転したのは1年2カ月ぶりです。安倍内閣の新型コロナウイルス対策については総じて「評価する」声が46%で、総じて「評価しない」が50%と割れています。また、通常国会が始まって1カ月が経ちますが、「桜を見る会」を巡る疑惑について安倍総理大臣が十分に説明を行ったかについては77%の人が「思わない」と答えています。
内閣支持率4割切る 不支持が支持逆転 ANN世論調査
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 内閣支持率4割切る 不支持が支持逆転 ANN世論調査  ANNの世論調査で安倍内閣の支持率が39.8%に下落し、1年4カ月ぶりに4割を切りました。  調査は15日と16日に行われました。それによりますと、安倍内閣を「支持する」と答えた人は39.8%と先月から5.6ポイント下落しました。一方、「支持しない」と答えた人は42.2%で、1年2カ月ぶりに「支持する」を上回りました。「桜を見る会」を巡る疑惑について安倍総理大臣が十分に説明を行ったかについては、77%の人が「思わない」と答えています。安倍内閣が東京高等検察庁の黒川検事長の定年延長を決めたことについて、「納得しない」とした人は半数を超えています。安倍内閣の新型コロナウイルス対策について「評価する」とした人は46%、「評価しない」とした人は50%と割れました。
米大統領選 民主党候補第2戦はサンダース氏リード
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米大統領選 民主党候補第2戦はサンダース氏リード  11月のアメリカ大統領選挙に向けた民主党の候補者選びの第2戦、ニューハンプシャー州の予備選は開票が進み、現在、左派のサンダース氏(78)がリードしています。  CNNによりますと、最新の開票率50%の段階で左派のサンダース氏が得票率27.4%とトップです。初戦のアイオワ州で躍進した中道のブティジェッジ氏(38)は4ポイント近い差でサンダース氏を追う展開です。また、中道のクロブシャー上院議員(59)が伸びていて3位に付けています。5位に沈んでいるバイデン前副大統領(77)は勝利宣言を諦め、次の予備選に備えてサウスカロライナ州に移動しました。結果は日本時間の12日午後に判明する見通しです。
5四半期ぶりマイナス成長…景気回復に懸念の声も
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 5四半期ぶりマイナス成長…景気回復に懸念の声も  去年10月から12月のGDP(国内総生産)は消費増税後の個人消費が落ち込み、年率マイナス6.3%と5四半期ぶりのマイナス成長になりました。  6%のマイナスに加えて新型コロナウイルスの感染拡大もあり、景気回復の遅れを懸念する声が上がっています。去年10月から12月の実質GDPはマイナス1.6%、年率に換算するとマイナス6.3%でした。自動車、化粧品や家電などが減少し、個人消費が大幅に落ち込みました。政府は台風や暖冬のほか、消費増税前の駆け込み需要の反動減が影響したとしています。一方で、新型コロナウイルスの影響で、専門家は1月以降の景気を懸念しています。  三菱UFJリサーチ&コンサルティング・小林真一郎主席研究員:「日本国内で感染拡大するといった事態に陥る。これが最も警戒すべき点。その結果として1-3月期のGDPもマイナスが続く可能性も」
米民主党指名争い今夜第2戦 サンダース氏再リード
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米民主党指名争い今夜第2戦 サンダース氏再リード  アメリカの大統領選挙は、民主党の候補者選び第2戦となるニューハンプシャー州の予備選が日本時間の11日夜に始まります。サンダース氏が支持率でトップを奪い返す激しい展開となっています。  ニューハンプシャー州では地元の世論調査で一時、ブティジェッジ氏がトップに立ちましたが、急進左派のサンダース氏が巻き返してリードしています。初戦のアイオワ州で4位に後退したバイデン前副大統領は、ニューハンプシャー州でも支持率を落としています。ブティジェッジ氏を攻撃する戦術に出るなど、苦しい戦いを強いられています。序盤の勢いを方向付ける予備選は、日本時間の12日昼ごろに大勢が判明する見通しです。  トランプ大統領:「皆さんの支援で11月の大統領選では過激な社会主義者の民主党を倒す。ニューハンプシャーでも圧倒的に勝つ」  一方、トランプ大統領も予備選の前日にニューハンプシャー州に入り、民主党批判を繰り広げています。
米民主党指名争い第2戦へ 2候補が激しいトップ争い
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米民主党指名争い第2戦へ 2候補が激しいトップ争い  アメリカの大統領選挙は、民主党の候補者選び第2戦となる北東部ニューハンプシャー州の予備選が日本時間の11日夜に始まります。2人の候補が支持率で激しいトップ争いを繰り広げています。  民主党・ブティジェッジ氏:「ニューハンプシャーに初めて太陽が昇り、トランプ氏が大統領でなくなることを想像して下さい」  ニューハンプシャー州では地元の世論調査で一時、ブティジェッジ氏がトップに立ちましたが、最新の調査では急進左派のサンダース氏が巻き返してリードしています。また、初戦のアイオワ州で4位に後退したバイデン前副大統領はニューハンプシャー州でも支持率を落としています。ブティジェッジ氏を攻撃する戦術に出るなど苦しい戦いを強いられています。序盤の勢いを方向付ける予備選の結果は日本時間の12日昼ごろに大勢が判明する見通しです。  トランプ大統領:「民主党は国民皆保険を運営したがっているが、彼らはアイオワ州の党員集会ですら集計できていない」  トランプ大統領はこの予備選の前日にニューハンプシャー州に入り、民主党への批判を繰り広げています。