「抱 かれ たい 男 1」の検索結果

今すぐ視聴する

【 #2裏MC カジサック&アンタッチャブル柴田の男のホンネ】
無料
こじらせ森の美女 【 #2裏MC カジサック&アンタッチャブル柴田の男のホンネ】 【#2 あらすじ】 イケメン王子たちがこじらせ美女たちに、自分の特技を活かしたデートを企画。美女たちはどのデートにも参加することができる。そしてこのデートで王子からのツーショットの誘いが詩音に集中することに。初対面の時から大ちゃんが詩音に変わらない想いを抱いていることを知り、大ちゃんに好意を寄せる光沙子は自信をなくす。しかし詩音の何気ない一言で、ある王子には心の変化が...。今夜、それぞれの恋が動き出す。 さらに、こじらせ美女の「こじらせワード」の詳細が今夜明らかに!美女の抱えているこじらせの内容を知った王子たちは思わず「しんどくない...?」。王子たちも困惑の、美女たちのこじらせとは... 【見どころ】 カジサック&アンタッチャブル柴田が「こじらせ森の美女」を観て言いたい放題! 痛快&意外とタメになる?男子の本音をぶっ込みまくる。 女子よ!男は大体こんな感じのことを本当は思ってます!
【 #1裏MC カジサック&アンタッチャブル柴田の男のホンネ】
無料
こじらせ森の美女 【 #1裏MC カジサック&アンタッチャブル柴田の男のホンネ】 【#1あらすじ】 なぜか恋愛がうまくいかない5人の悩める美女がイケメン王子が初対面。しかしこの美女たちは、王子には伝えていない”こじらせ”を抱えているのだった...”束縛美女”・”元カレ依存美女”・”夢見がち妄想美女”・”プライドエベレスト美女”・”私モテます美女”と、それぞれこじらせを持つ美女たち。王子は彼女たちの”こじらせ”を知らないまま恋をするが... 【見どころ】 カジサック&アンタッチャブル柴田が「こじらせ森の美女」を観て言いたい放題! 痛快&意外とタメになる?男子の本音をぶっ込みまくる。 女子よ!男は大体こんな感じのことを本当は思ってます!
episode4
"ex-エックス"オン・ザ・ビーチ~戦慄のバカンス episode4 [ 海外MTV の人気番組 ] 5人目の参加者としてヴィッキーの元恋人、ダンが登場。再び会う約束をしていた2人は一気に恋愛モードに。女性陣は、八方美人でいつも男に色目を使うクロエに嫌悪感を抱いていた。タリサは元カレのアシュリーとクロエがイチャつく様子を見て嫉妬する。ファラは次々と男を乗り換えるクロエに対し怒りをブチまけ、またもや女同士のバトルに発展してしまう。
【 #3裏MC カジサック&アンタッチャブル柴田の男のホンネ】
無料
こじらせ森の美女 【 #3裏MC カジサック&アンタッチャブル柴田の男のホンネ】 【#3 あらすじ】 なかの誕生日を祝うため集まったメンバーたち。初日からなかに好意を寄せていたよねは、サプライズでなかにプレゼントを用意していた。 カンは、想いを寄せている光沙子が自分の個別デートに来なかった理由を問う。 「俺に可能性はある?」と光沙子にきくが... その一方で光沙子は、気になっている大ちゃんをツーショットに誘うも、大ちゃんからの言葉にショックを受ける。 そして今夜、こじらせ森に2人の新王子が登場!これをきっかけに恋が大きく動き出す! 【見どころ】 カジサック&アンタッチャブル柴田が「こじらせ森の美女」を観て言いたい放題! 痛快&意外とタメになる?男子の本音をぶっ込みまくる。 女子よ!男は大体こんな感じのことを本当は思ってます!
#24 イヤーマッフルに御用心!
うる星やつら デジタルリマスター版 第2シーズン #24 イヤーマッフルに御用心! 人格交換装置と知らずに買ったイヤーマッフルをつけた瞬間、あたるとテンの人格が入れ替わってしまった! これ幸いとあたるは、テンの体を利用してサクラに抱きつこうとスグに行動した!
第44話
華政[ファジョン] 第44話 ウンソルとオクチュを救うため、呪いの件は自分の罪だと認めてしまった貞明公主。仁祖はついに貞明の口から謝罪の言葉を聞く。しかし仁祖は、お前はまだ自分を見下げていると言いながら、貞明公主とオクチュたちの命はないと言い放つ。一方、土取りを装いイ・グァルの家に入って証拠を探していたボンズたちだが、イヌに見つかり訓練都監に連れて行かれる。それを聞いたジュウォンは訓練都監に乗り込み、ボンズたちの代わりに自分を捕えてくれと懇願する。そこで、貞明公主の呪いの件を自らの仕業と認めたと知ったイヌは、ヨンブが所持していた証拠品に目をつぶり職人たち釈放して、密かにジュウォンに協力する。
第46話
華政[ファジョン] 第46話 貞明公主とジュウォンの婚礼の日がやってくる。ジャジョムとヨジョンを捨てる決断をした仁祖は婚礼に出席しようとするが、呪いの件で平安道に追放されていたイ・グァルが反乱を起こし、破竹の勢いで都に向かっているという知らせが入る。漢陽は厳戒態勢が敷かれ、婚礼の儀も延期となってしまう。破竹の勢いで進軍する反乱軍は都まで迫る。ジャジョムはこの危機を利用して再び仁祖の心を揺さぶり、事態収拾の全権を握る。これを知った貞明公主は仁祖に別造庁と鳥銃部隊が命懸けで国と朝廷を守ると最後の進言をするが...身の危険を感じたジュソンはジャジョムに田畑を売り払い、王と避難するよう提案する。
最終話
華政[ファジョン] 最終話 刑の執行前日、牢を訪ねた貞明公主に、ジャジョムは「我々が死んでもまた同じような人間が現れる」と忠告するが、貞明公主は志を共にする者と、希望を捨てず戦い続けると答える。長い戦いに決着がつき、孝宗はホン・ヨンとジュウォンを栄転させ、貞明公主にもそばで忠言してくれるよう頼む。しかし、貞明公主は「権力は民のためにあるものではない。王は今日の誓いを忘れ、暴政を敷くようになるかもしれない。自分はいつでもそんな王と戦える敵でいたい」と言って辞退の意を示し、「華政」と書かれた書を残して、執務室を去るのだった。
第13話 錯綜する伝説
無料
百年の花嫁 第13話 錯綜する伝説 それぞれの思いを抱きながら結婚初夜を迎えるドゥリムとガンジュ。翌朝、ドゥリムは無事だった。ドゥリムが無事だと知り動揺するジェラン。そんな中、ガンジュの祖母が倒れイギョンに会いたがっているとの連絡が入る。ジェランは病院へ送る際にドゥリムを拉致し、イギョンとすり替えることに成功する。そしてすり替わっても、ガンジュは気づかないのだった。倉庫へ連れていかれるドゥリム。あとをつけていたイヒョンが救出を試みるが...。
第2話
朱蒙 第2話 鉄騎軍にヘモスをかくまったことを知られたハベク族は皆殺しにされ、ユファはヒョント城へ連行されるが、クムワは彼女を助けプヨ国の宮殿へ連れ帰る。しかし、神女ヨミウルは、ユファをかくまうと国の未来に障りがあると反対する。一方、ヘモスはハベク族が皆殺しにされたことを貿易商のヨンタバルから聞かされ、せめてユファだけでも助けたいと思い、漢の要衝ヒョント城まで同行したいと申し出る。ヘモスの正体を見抜いたヨンタバルはヒョント城の太守に引き渡すつもりで同行させるが、途中、盗賊の襲撃に遭った商団を彼に助けられる。ヨンタバルはヘモスに商団の護衛を頼み、そして待望の赤ん坊が誕生、その女児をソソノと名付ける。 ヘモスはユファの消息を聞き込みに行ったヨンタバルから「途中で死んだ」と聞かされるが、商団に別れを告げて砦へ戻りクムワと再会し、彼がユファを助けていたことを知る。そして、ユファに好意を持っていたクムワは、ユファとヘモスが互いに心を寄せていることに気付く。 その後、クムワの父ヘブル王を説き伏せたクムワとヘモスは、各部族の力を結集させて漢との決戦に挑もうとしていた。しかし、ヘモスを快く思わないヨミウルと大使者プドゥクプルは陰謀を企み、わなにはまったヘモスは鉄騎軍に捕らえられ、ヒョント城で目をくりぬかれる拷問を受ける。クムワはユファからヘモスの子を身ごもっていることを聞かされ、ユファにヘモスを救出すると誓う。
第67話
朱蒙 第67話 タムル軍とチョルボンは、プヨと漢の連合軍が撤退したという知らせを聞き勝利の喜びに沸くが、チュモンは今こそプヨに救いの手を差し伸べ、飢えに苦しむ民を助けたいと話し一同を驚かせる。チュモンの思いをくんだソソノは自ら交渉役を引き受け、敵国であるプヨの宮殿へ向かう。食糧を援助したいとの申し入れにクムワは返答を保留するが、テソはクムワをけしかけて、交渉の場に現れたチュモンを亡き者にする好機だと進言する。 一方、チュモンが託した抜け道の地図をソソノから受け取ったユファは、テソの話を聞いた侍女からチュモンの命が危ないと知らされ、宮殿からの脱出を決意する。イェソヤとユリを連れてどうにか山中へ逃げ出すが、たちまちナロたちに追われ、ユファは自らおとりとなってふたりを逃す。ナロに捕らえられて宮殿に連れ戻されたユファは、もうあなたのそばにはいられないとクムワに告げ、激高したクムワはその場でユファを斬殺する。ユリを連れて懸命に逃げ続けるイェソヤは、漢へ帰るファン大人に発見され、流民であるから見逃してくれとの芝居もむなしくヒョント城へ連れて行かれる。 チュモンは母と妻子の運命も、クムワとの交渉場所に刺客が待ち構えていることも知らず、チョルボンを出発する準備を整える。しかし、そこへ偵察に出ていたオイとムゴルが戻り、ユファとイェソヤがプヨからの脱出に失敗して命を落としたと告げられる。
第65話
朱蒙 第65話 チュモンは無事にケルへ戻り、タムル軍は驚喜しソンヤンは安堵する。ソンヤンたちはチュモンが不在の間、不安に駆られてテソ側に寝返っていたが、チュモンはソンヤンに敵を油断させるためそのままテソに従うふりを続けるよう指示する。一方、プヨ軍には漢からの兵糧と軍需物資が届き攻撃準備が完了する。チュモンの死によってタムル軍の士気が低下していると信じ込んでいるテソは、わずか二百名の先鋒部隊を自ら率いてケルに攻め込むことを決める。 別働隊としてチョルボンへの潜入を命じられたプブンノは、チュモンにテソの計画を報告する。それを聞いたチュモンは、アクプ嶺にいる先鋒部隊をピリュ川上流の草地へとおびき出し、火攻めの奇襲作戦を行うことを決める。そうとは知らずチュモンの作戦通り草地に現れたテソは、あっという間に火にまかれ敵側で剣を振るうプブンノの姿を見て初めてわなにはまったことに気づく。テソは屈辱的な敗退を喫してプヨ宮殿に戻り、再度の出陣をクムワに懇願するがクムワはこれを制止する。 プヨ軍の攻撃は退けたもののチョルボンの窮状に変わりはなく、ソソノからの連絡もない状況が続く。ピリュとクァンナには疫病が広まって死者が続出し、この悲惨な現状を視察して将来を悲観するチュモンは、天の救いを求めて冷たい雨に打たれ何日も祭儀を続ける。