「政治経済 ニュース」の検索結果

今すぐ視聴する

中国“謎の肺炎”「人から感染」の可能性浮上
最新の国際ニュース【随時更新】 中国“謎の肺炎”「人から感染」の可能性浮上  中国で猛威を振るっている謎の肺炎、15日に中国当局がこれまでの発表内容を変え「人から人にうつる恐れがある」としました。中国の大型連休で日本への影響はあるのでしょうか。中国総局・千々岩森生記者による解説です。
「武漢」隣の市でも交通機関ストップ 市場なども
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「武漢」隣の市でも交通機関ストップ 市場なども  23日午後、中国の武漢市の隣の市である黄岡市でもバスや鉄道の駅などが24日午前0時から使用できなくなることが発表されました。人が多く集まる映画館やネットカフェ、市場などの営業も停止されます。
新型肺炎 シンガポールで新たに2人が感染
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 新型肺炎 シンガポールで新たに2人が感染  シンガポール保健省は、新たに2人の感染者を確認したと発表しました。いずれも武漢から来た中国人観光客だということです。シンガポールでの感染者は合わせて3人となり、世界では863人に上っています。
在日米軍ヘリ「ブラックホーク」沖縄本島の沖に着水
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 在日米軍ヘリ「ブラックホーク」沖縄本島の沖に着水  防衛省に入った情報によりますと、25日夕方、在日アメリカ軍のヘリ「ブラックホーク」が沖縄本島東の洋上に着水したということです。乗員は5人でけがなどの詳しい状況は分かっていませんが、いずれも命に別状はなく、病院に搬送されるということです。
新型肺炎 政府チャーター機の第1便が武漢に到着
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 新型肺炎 政府チャーター機の第1便が武漢に到着  中国の武漢市から日本人を帰国させるために28日午後8時すぎに羽田空港を離陸したチャーター機の第1便が日本時間29日午前0時29分に、武漢の空港に到着しました。日本人約200人を乗せ、29日早朝にも帰国する見通しです。
「新型コロナウイルス」台湾で初の感染 55歳女性
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「新型コロナウイルス」台湾で初の感染 55歳女性  新型コロナウイルスによる肺炎で、新たに台湾でも1人の発症が確認されました。台湾の当局は緊急の記者会見を開き、台湾の55歳の女性が新型コロナウイルスによる肺炎を発症したと発表しました。台湾で感染者が確認されたのは初めてです。
日本国内2例目の“新型ウイルス”肺炎患者確認
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 日本国内2例目の“新型ウイルス”肺炎患者確認  日本国内で2人目の「新型コロナウイルス」が原因とみられる肺炎の患者が見つかりました。患者は中国・武漢市から来日中の40代の男性の旅行者で、東京都内の病院に入院中です。発生源とされる武漢市の海鮮市場には立ち寄っていないということです。
新型肺炎で上海市 来月9日まで市内企業に休業措置
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 新型肺炎で上海市 来月9日まで市内企業に休業措置  中国の上海市は会見を開き、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受けて、上海市内の企業を来月9日まで休業させる措置を決めたと発表しました。電気などを扱うインフラ企業やスーパーなどの食品業、医薬品を扱う企業などは対象外としています。
東京都心“今季一番”の寒さ 各地で混乱も
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 東京都心“今季一番”の寒さ 各地で混乱も  18日は南岸低気圧の影響で強い寒気が流れ込み、東京都心は正午前に1.5度まで下がるなど関東甲信地方は日中、今季一番の寒さとなりました。また、今年で最後となるセンター試験が初日を迎え、山梨では雪の降るなか、多くの受験生が本番に挑みました。箱根でも18センチの雪が積もり、車がスリップするなど混乱も起きています。
春の先ぶれ黄色く 暖冬で福寿草が開花
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 春の先ぶれ黄色く 暖冬で福寿草が開花  山梨市では暖冬の影響から、早くも春の訪れを告げる福寿草が咲き始めています。福寿草は日光が当たっている間しか花が開かないため、黄色い花を楽しめるのは日中の5時間ほどだけです。午前中は雲が厚く、開ききらない花が多かったものの、見物客は一足早い春を楽しんでいました。
新型肺炎感染者 国内3例目 厚労省会見ノーカット
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 新型肺炎感染者 国内3例目 厚労省会見ノーカット  新型コロナウイルスが原因とみられる肺炎の患者が新たに東京都内で確認されました。患者は中国・武漢市に住む30代の女性で旅行者だということです。国内での感染確認が3人目となったことを受けて厚生労働省が会見を開きました。ノーカットでお届けします。
伊豆大島「椿まつり」暖冬 見頃は来月中旬
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 伊豆大島「椿まつり」暖冬 見頃は来月中旬  伊豆大島では「椿まつり」が始まりました。  初日の26日は「ミス大島」による鏡開きが行われ、「あんこ」と呼ばれる島の女性たち、そして、江戸みこしも出てパレードも行われました。ツバキの花は例年3月中旬が見頃ですが、今年は暖冬の影響ですでに多くの花が咲いていて、見頃は来月中旬になりそうです。椿まつりは3月22日まで行われます。
佳子さま 手話でお祝いの言葉 表彰式イベントで
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 佳子さま 手話でお祝いの言葉 表彰式イベントで  秋篠宮ご夫妻の次女・佳子さまが聴覚障害者らのイベントに出席されました。  佳子さまは、聴覚障害を持つ子どもの母親らの表彰式で手話とともにお祝いの言葉を述べられました。その後、佳子さまは子どもたちの作文などの発表もご覧になりました。このイベントに佳子さまが出席されるのは2回目です。
大分・佐伯市に記録的短時間大雨情報
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 大分・佐伯市に記録的短時間大雨情報  気象庁は大分県に記録的短時間大雨情報を出しました。  大分県佐伯市蒲江付近で27日午後6時40分現在、約110ミリの雨が降っているとみられます。災害の発生につながるような猛烈な雨です。土砂災害が発生しやすい地区にお住まいの人は早めの避難を心掛けるとともに、市町村から発表される避難勧告などの情報に注意して下さい。
宮崎・延岡市付近に記録的短時間大雨情報
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 宮崎・延岡市付近に記録的短時間大雨情報  気象庁は宮崎県に記録的短時間大雨情報を出しました。宮崎県延岡市付近で27日午後7時36分現在、約120ミリの雨が降っているとみられています。災害の発生につながるような猛烈な雨です。土砂災害が発生しやすい地区にお住まいの人は早めの避難を心掛けるとともに、市町村から発表される避難勧告などの情報に注意して下さい。
札幌市電と観光バスが衝突 市電は脱線一部不通に
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 札幌市電と観光バスが衝突 市電は脱線一部不通に  28日午後4時45分ごろ、札幌市中央区で市電と観光バスが衝突しました。市電は脱線して一部、不通となっています。観光バスの会社によりますと、バスは小樽から札幌に向かっていた貸し切り観光バスで、バスの乗客35人にけがの情報はないということです。
金融緩和策は維持 成長率見通しは引き上げ 日銀
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 金融緩和策は維持 成長率見通しは引き上げ 日銀  日銀は金融緩和策の維持を決定しました。  日銀は21日の金融政策決定会合で、現在の大規模な金融緩和策を維持すると決めました。一方、2020年度の実質GDP(国内総生産)成長率の見通しについては政府の経済対策の効果を踏まえ、従来の0.7%から0.9%に引き上げました。
【解説】熾烈!ネット通販「送料ゼロ」の裏事情
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 【解説】熾烈!ネット通販「送料ゼロ」の裏事情  私たちの身近なものとなったネットショッピング、その代表的な通販サイト「楽天市場」が一部の出店者とトラブルになっています。発端は楽天側が商品の送料を無料にする方針を表明したことでした。反対の声が上がるなか、なぜ楽天は送料無料を推し進めるのでしょうか。経済部・中村友美記者の解説です。
中国 海外旅行商品の販売と団体旅行などを中止
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国 海外旅行商品の販売と団体旅行などを中止  27日から団体旅行やパッケージツアーでの中国から日本など海外への渡航が禁止されます。  中国旅行社協会は、全国の旅行会社が25日から団体旅行やパッケージツアーの販売を中止すると発表しました。すでに出発している旅行については日程通り行われるということです。
中国・武漢で発生の新型コロナウイルス日本で初確認
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 中国・武漢で発生の新型コロナウイルス日本で初確認  中国・武漢で発生している肺炎の原因とみられる新型コロナウイルスが日本国内で初めて確認されました。  関係者によりますと、15日までに中国の武漢から日本に入国した男性が肺炎の症状を訴えました。その後、国立感染症研究所のウイルス検査で新型コロナウイルスの陽性反応が出たということです。日本で新型コロナウイルスが確認されるのはこれが初めてです。
日本郵便 環境対策で配達に電動バイクを導入
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 日本郵便 環境対策で配達に電動バイクを導入  日本郵便は、郵便物など配達に使用しているバイクを二酸化炭素を排出しない電動バイクに切り替えます。  日本郵便は3月末までに200台の電動バイクを導入します。1年後にはさらに2000台を追加して実用性を見たうえで、さらなる入れ替えを検討します。環境対策を進める狙いですが、メンテナンスの費用など維持費の削減にもつながると見込んでいます。
新酒の初しぼり 昔ながらの手法でじっくりと
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 新酒の初しぼり 昔ながらの手法でじっくりと  栃木県日光市の酒蔵では新酒の初搾りが始まりました。  日光市の酒蔵では「槽(ふね)」と呼ばれる木製の搾り機の中にもろみを詰めた袋を何層も積み重ね、酒をゆっくりと搾っていきます。4日かけてじっくりと搾り出すことで雑味が少なく、口当たりの良い酒に仕上がります。今年は香りが高く、とても飲みやすい日本酒ができたということです。
東日本大震災追悼式“区切り”に市民「まだ早い」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 東日本大震災追悼式“区切り”に市民「まだ早い」  震災から「10年」の来年を最後にすると表明しました。被災地ではまだ早いという意見も含め、様々な声が聞かれました。  石巻市・亀山紘市長:「これからというところがあるので、遺族の方々と話し合って方向性を出していきたい」  語り部・小野寺敬子さん:「国が行う慰霊祭がなくなったからといって、決してそこで終わりではなくて。語り継ぐ方法を踏まえ、東日本大震災を忘れない何かをすることが大切」
天皇陛下 「誰もが人格や個性を」 障害者支援施設で
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 天皇陛下 「誰もが人格や個性を」 障害者支援施設で  天皇皇后両陛下が障害者の支援施設を訪問されました。  天皇陛下は、埼玉県の施設の創立40周年の式典でお言葉を述べ、障害のある人が能力を発揮できる社会の実現に向けた努力をねぎらわれました。その後、お二人は就労支援の様子を視察し、訓練に取り組む人々を励まされました。この施設には去年、大嘗祭(だいじょうさい)で供えられた米などの食品が提供されています。
東京五輪まで半年 巨大シンボルの点灯と記念の花火
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 東京五輪まで半年 巨大シンボルの点灯と記念の花火  東京オリンピックまでちょうど半年です。7月24日の開幕に向けて準備は着々と進んでいます。  東京では大会半年前を記念して東京湾に架かるレインボーブリッジでその名の通り、虹色の特別点灯が行われました。また、すぐ隣にあるお台場海浜公園では高さ約15メートル、幅32メートルの巨大なオリンピックシンボルが初めて点灯され、記念の花火が打ち上げられました。
文化財防火デー「法隆寺」で大規模な消防訓練
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 文化財防火デー「法隆寺」で大規模な消防訓練  26日は「文化財防火デー」です。奈良の世界遺産「法隆寺」で大規模な消防訓練が行われました。  文化財防火デーは1949年1月26日に法隆寺の金堂が炎上し、国宝の壁画が焼けたことを受けて1955年に定められました。訓練には地元の消防団も参加して、境内で一斉に放水しました。去年の沖縄の首里城の火災もあり、参加者は緊張感をもって訓練に臨んでいました。
悠仁さま インフルエンザで中学校欠席 宮内庁
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 悠仁さま インフルエンザで中学校欠席 宮内庁  秋篠宮ご夫妻の長男・悠仁さまが26日にインフルエンザにかかり、27日から中学校を休まれています。  宮内庁によりますと、悠仁さまは26日に体調を崩して医師の診察を受けたところ、インフルエンザに感染していたということです。悠仁さまは東京・文京区のお茶の水女子大学付属中学校に通われていますが、今週は学校を休まれる予定です。
東京・八王子のドン・キホーテで火災…店内に煙充満
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 東京・八王子のドン・キホーテで火災…店内に煙充満  東京・八王子市のドン・キホーテで火災が発生しました。現在も消火活動が続いています。  警視庁などによりますと、27日午後4時半ごろ、八王子市中町の「ドン・キホーテ八王子駅前店」で男性店員から「店内5階の衣料品コーナーで火災が起きている」と通報がありました。これまでのところ、けが人が出たという情報は入っていません。現在も消火活動が続いています。
新型コロナウイルスの感染者 国内で新たに2人確認
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 新型コロナウイルスの感染者 国内で新たに2人確認  国内で新たに2人の感染者が確認されました。  厚生労働省によりますと、新型コロナウイルスに感染した肺炎患者が新たに2人確認されました。2人のうち1人は中国・武漢の滞在歴がないバスの運転手で、今月に入って武漢から日本に来たツアー客を2回乗せていました。もう1人は武漢から日本に来た人だということです。これで国内で確認された感染者は6人となりました。
河野大臣自らエコバッグ“防衛省レジ袋廃止作戦”
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 河野大臣自らエコバッグ“防衛省レジ袋廃止作戦”  防衛省でレジ袋が20日から廃止されました。  東京・市ケ谷にある防衛省では、20日からコンビニエンスストアやキッチンカーなど、すべての売店でレジ袋が廃止されました。プラスチックごみを削減する一環として行われ、ランチを購入する際、エコバッグを持参した河野防衛大臣は「環境問題を我が事として捉え、しっかり取り組んでいきたい」と述べました。