「日常 18話」の検索結果

今すぐ視聴する

第18話
ルームメイト2 第18話 #1 14年ぶりにgod宿舎を訪ねたパク・チュニョン #2 パク・チュニョンとデニー、そして青い風船! #3 ボリョンちゃんが来たよ~ #4 バラエティの神!ナム・ヒソク登場!
第18話 あすなろ園
とある科学の超電磁砲 第18話 あすなろ園 寮則を破るたびに、寮監から厳しい罰則(体罰付き)を受けている美琴たち。いい加減、我慢の限界だという黒子は、腹いせとばかり、とある事件の調査に乗り出すことに。美琴を巻き込み、目指した先は第13学区の児童養護施設・あすなろ園。「置き去り(チャイルドエラー)」で学園都市に置き去りにされた身寄りのない子どもたちを集め、保護している施設だった。調査を進めようとするふたりだったが、偶然、ボランティア活動であすなろ園を訪れていた初春と佐天に巻き込まれて、子供たちの相手をすることに。そんな中、美琴は木山とのやり取りを思い出してしまい……。
第18話 目明し編 其の参 鬼の血脈
ひぐらしのなく頃に 第18話 目明し編 其の参 鬼の血脈 悟史が突然いなくなった。「ケジメ」をつけたはずなのに、悟史は「鬼隠し」に遭ってしまった…納得の行かない詩音は、事件の真相を求めて魅音を問い質す。園崎本家の関わりを否定する魅音…その右手には詩音と同じ傷跡があった。それを見て魅音を信じようと決める詩音。そして1年が経ち…詩音に二度目の出会いが訪れる。
第18話 夢のあと
笑ゥせぇるすまん 第18話 夢のあと 高級ホテルに行くのが夢だったサラリーマン・浦島太一(46)は、喪黒に背中を押され妻と宿泊することを決心する。翌朝、浦島が目覚めると、一緒に泊まったのは妻ではなく、前日に意気投合した若い女性だった。
第18話 「偽者(レプリカ)」
とある魔術の禁書目録 第18話 「偽者(レプリカ)」 夏休みの最終日。まったく手をつけていない宿題に悪戦苦闘する上条。一方、いつもどおりの日常を過ごしている御坂美琴。日課のコンビニへの立ち読みに出かけようと学生寮の玄関を出ると、ひとりの男が待ち構えていた。海原光貴――常盤台中学の理事の息子で、最近、美琴に付きまとっている青年だった。彼が苦手な美琴は一計を案じ、通りかかった上条を捕まえて、1日だけ恋人の振りをしてほしいと頼む。デートの様子を見せつけて自分を諦めさせようという計画だ。しかし恋人らしい振る舞いのできなふたりは計画を途中であきらめ、美琴はお詫びに何かおごると店に入っていく。残された上条の前に現れた海原。しかし上条は、「もうひとりの海原」が、美琴の後を追って店に入っていく姿を目撃し……!?
18話 エンドレスエイトVII
無料
涼宮ハルヒの憂鬱(2009年放送版) 18話 エンドレスエイトVII 「キョンくんでんわー」。キョンの妹がキョンに呼びかける。怠惰な表情で電話に出るキョン。電話に出る前からハルヒからだとすでに理解しているキョン。話の内容もすでに分かっている、気がした・・・。「デジャヴュ」の続く毎日。古泉の「我々は同じ夏休みを永遠と繰り返しているのです」という発言に驚きつつも、何もできない自分に溜息をつくキョンだった。
Episode18 九校戦Ⅺ
魔法科高校の劣等生 Episode18 九校戦Ⅺ 深雪がミラージ・バットで優勝したことで、最終日を待たずして一高の総合優勝が確定する。真由美たちが一足早く勝利を祝う一方で、達也は横浜市内へと向かっていた。行き先は一連の事件を引き起こした国際犯罪シンジケート・無頭竜の拠点。日常では決して表に出すことのない能力を使い、深雪に危害を与えようとした幹部たちを消し去る。そして迎えた九校戦最終日。最後の種目、モノリス・コード本戦決勝トーナメントが開催される。
第18話 不二子の置きみやげ
ルパン三世 PART5 第18話 不二子の置きみやげ リクヴィールのアジトに越して来たばかりの、ある日。ルパンが目覚めると、アジトのトイレが壊れていた。次元の部屋にあるもう一つのトイレを取り合って、一同は大騒ぎ。そこに顔を出した不二子は、排水管に詰まっているものが何かを知っている様子。不二子を不審に思うルパン達の前に、なぜか銭形もやって来て……。ルパン一味の日常を描いた、ドタバタの一幕劇。
第18話 達也の気持ちは ちょっとフクザツです!
タッチ 第18話 達也の気持ちは ちょっとフクザツです! 初キス体験は衝撃的で、達也は食事ものどを通らなくなって倒れてしまう。「おまえは平気で食えたのか?どうして平気でいられるんだよ?」と聞く達也に「タッちゃんだから…」と南は答えた。
第18話 「お引越し」
とある科学の超電磁砲S 第18話 「お引越し」 『乱雑開放』事件以来、入院しリハビリに励んでいた枝先が無事、退院できることに。独り暮らしをしたことが無い彼女を案じる春上は、二人で同居することを決める。春上の引っ越しの準備を進める初春はどこか寂しそうだった。そして迎えた枝先の退院の日。お祝いのために美琴たちで集まることにしたのだが、信号機のトラブルが発生し、風紀委員の黒子と初春は出動を余儀なくされる――。一方、ひったくりを捕まえた婚后たちは、見知らぬ学生に能力を使い解決したことをとがめられる。その裏側では『アイテム』の面々が、奇妙な任務に振り回されており……。
第18話 砕ける願い
灼眼のシャナ 第18話 砕ける願い 吉田一美は、世界の本当の姿を見てしまった。 “調律師”カムシンから手渡された片眼鏡。それを覗くことでトーチの存在を目の当たりにした吉田は、ある心配を抱く。「…坂井くんは?」。 一方、悠二はシャナと共に御崎市から出ることを考え始めていた。それは、マージョリーと一緒にいる佐藤や田中も同じだった。 そして、ミサゴ祭当日。各々の思いと決意を胸に神社へと集まる面々。 だがその時、何者かが配した自在式が動き出した。気配を察し、3人のフレイムヘイズが走りだす。そして、悠二や田中たちも…。
第18話 錯綜の悠二
灼眼のシャナⅡ 第18話 錯綜の悠二 悠二が「封絶」で見せた“銀”の炎。それは共に戦ってきたフレイムヘイズだけでなく「紅世の王」たちにも大きなショックを与えた。誰も知らない“銀”の正体とは。何故その力が悠二の中にあるのか。 答えの見つからない疑問と疑惑が交錯する中、シャナたちは悠二に新たな力の開花を期待する。以前から指摘されていた、悠二の研ぎすまされた感覚と状況分析能力から連想される自在師としての適正だ。 マージョリーの指導で始まったその鍛錬は、悠二自身の頑張りもあり順調に進んで行く。だが、その頑張りをマージョリーは違和感として感じ言葉をかける。「覚悟っていうのは、頭じゃなく腹で決めるものよ」。 悠二の母、千草が体調を壊したのはそんな日の夜だった…。
第18話 闘争の渦
灼眼のシャナⅢ-FINAL- 第18話 闘争の渦 御崎市の空を覆う巨大な蛇。その下で浮遊する星黎殿へと掛けられた橋を、“祭礼の蛇”悠二と共に一美は歩いていた。人間である一美にしかできないことを知るために。悠二が望み成し遂げようとしていることを見極めるために。だが、導かれた場所、見慣れている宝具『玻璃壇』の上にその身を置いたとき、悠二と自分が立っている場所の違いを一美は痛感する。そして、大命の最終段階が動き出し、星黎殿が新たな形態へと姿を変え、御崎市のあらゆる場所に炎が揺らめき出す。今まさに御崎市が闘争の渦と化そうとする時シャナは・・・。