「春原彩花」の検索結果

「春原彩花」に関する情報は見つかりませんでした。
人気の「広島 災害 ニュース」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

神奈川5人、福岡3人 全国感染者1万6231人に
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 神奈川5人、福岡3人 全国感染者1万6231人に  24日は神奈川で5人、福岡で3人、静岡と愛媛でそれぞれ1人の新型コロナウイルスの感染が確認されました。また、京都、広島、福岡でそれぞれ1人の死亡が発表されています。これらを合わせますと、ANNのまとめでクルーズ船や空港検疫などを除く全国の感染者は1万6231人、死者は839人になっています。
不良グループ後輩を受け子に…女性からカード詐取か
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 不良グループ後輩を受け子に…女性からカード詐取か  地元の後輩に特殊詐欺の受け子をさせて高齢の女性からカードをだまし取ったとして、広島県内に住む34歳の男が逮捕されました。  広島県福山市の建築作業員・原田紘輔容疑者は去年、仲間と共謀して川崎市内に住む80代の女性からキャッシュカード3枚をだまし取った疑いが持たれています。警視庁によりますと、この事件では受け子として33歳の男がすでに詐欺の罪で起訴されていて、原田容疑者は地元の不良グループの後輩だった男に詐欺の話を持ち掛けていました。さらに、受け子として金融機関の職員を装うことができるようビジネスバッグを買い与えていたということです。原田容疑者は「仕事を紹介したが、詐欺をやるとは思わなかった」と容疑を否認しています。
署に車で突入…警察官の顔を平手打ち“少年”を逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 署に車で突入…警察官の顔を平手打ち“少年”を逮捕  19日未明、広島県福山市の警察署に車が突っ込み、運転していたとみられる自称少年が警察官の顔を平手打ちしたとして逮捕されました。  午前0時半すぎ、福山東警察署の正面玄関に軽四貨物自動車が突っ込み、自動ドアが壊れました。けが人はいませんでした。警察官が車を運転していたとみられる自称19歳の少年に職務質問をしたところ、突然、顔面を平手で殴打してきたため、公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕しました。調べに対して容疑を認めているということです。車は玄関に向かってまっすぐ突っ込んでいて、警察はわざと突っ込んだ可能性もあるとみて動機などを調べています。
マツダがフェースシールド生産 車のバンパー素材で
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 マツダがフェースシールド生産 車のバンパー素材で  自動車の技術を生かしてマツダがフェースシールドを生産です。  マツダは自動車の生産や開発に使っている機械を使ってフェースシールドを製造し、供給を始めました。フレームの部分は車のバンパーに使用される素材を使っているため、耐久性とフィット感があるということです。広島県を通じて約3000個を医療機関に届けるほか、社内で従業員の間の感染を防ぐため夏場にマスクの代わりに使うことも想定しているということです。トヨタや日産などは3Dプリンターを使ったフェースシールドの生産を行っていて、自動車メーカーの医療現場支援の動きが続いています。
第2波に備え「無症状者もPCR検査を」18の知事が提言
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 第2波に備え「無症状者もPCR検査を」18の知事が提言  感染の第2波に備え、全国18の知事がPCR検査の拡充を求めました。飛沫(ひまつ)を受けずに済む新しいPCR検査の方法も出てきました。  新型コロナウイルスとの闘いは次のステップへと進もうとしているのでしょうか。ようやく新たな感染者が減るなか、今度は第2波が危惧されています。広島や茨城など全国18道県はその備えとしてPCR検査を症状のない人にも大規模に行うことなどを盛り込んだ提言を政府に提出していました。アメリカの研究者などで運営されるウェブサイトによりますと、日本のPCR検査数は欧米など各国と比べて少ないといいます。  PCR検査を巡っては次々と動きが。東京・港区のクリニックフォア田町では今月からPCR検査を始めました。PCR検査は主に大きな病院で行われていて、診療所としては都内で初めてだそうです。  クリニックフォア田町・村丘寛和院長:「元々、当院2フロアに分かれているので、1フロアを発熱外来にして、そうでない患者と動線を分けている」  発熱外来は基本的に予約制で、患者は待合室に多くて3人ほどにしています。検査では患者はケースの中に頭を入れ、医師も手袋がついた穴から手を入れて検体を採取します。検体は検査機関に送られ、4日ほどで結果が出るそうです。
コロナに負けない!自宅で楽しむ”オンライン祭り”
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 コロナに負けない!自宅で楽しむ”オンライン祭り”  各地でお祭りの中止や延期が相次いでいます。神輿(みこし)も山車も出ませんが、主催者はお祭りの雰囲気を楽しめる新たな取り組みを始めています。  東京の浅草神社です。新型コロナウイルスの終息を祈願する行事が執り行われました。700年もの伝統を誇る浅草の三社祭。週末に行われる予定でしたが、今年は新型コロナウイルスの影響で延期になりました。コロナウイルス感染拡大防止のため、各地で祭りの中止や延期が相次いでいます。  毎年、80万人以上が訪れる広島県の福山ばら祭では異例の取り組みが。家にいながら楽しめるばら祭としてインターネットやラジオでばら公園の動画などが配信されました。きれいに咲き誇ったバラはコロナウイルスで沈みがちな気持ちを癒やしてくれそうです。祭りの臨場感を体感したい人にはこちらの映像はいかがでしょうか。愛知県半田の春まつり。今年は地区により中止や延期となっています。祭りのクライマックス、山車を潮干の浜に引き下ろす光景は圧巻です。  満開の桜が目の前に広がります。秋田県角館の桜まつりも今年は中止になりました。360度カメラを使った映像は今年、桜を見られなかった人のために今後オンラインで公開するそうです。宮城県の仙台七夕まつり。伊達政宗公の時代から400年以上の歴史を誇る伝統行事も今年は戦後初の中止となりました。仙台七夕まつりは「田の神」を迎える行事です。冷害という悲惨な歴史を乗り越えようと田の神に祈ったことが祭りを盛んにしてきた理由だということです。  仙台七夕まつり協賛会:…