「松岡禎丞 神」の検索結果

今すぐ視聴する

第十話 まどろみの中で
無料
ゴブリンスレイヤー 第十話 まどろみの中で 辺境の街まで帰ってきたゴブリンスレイヤー一行。 世界は勇者が魔神王を打ち倒したという知らせを受け祝賀ムードになっていた。 ゴブリンスレイヤーも一見いつもと変わらない淡々とした生活を送り始める。 しかし彼もまた、仲間たちとの交流を通して少しずつ心情に変化が生まれはじめていた。
劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ―オリオンの矢―
劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ―オリオンの矢― 劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ―オリオンの矢― 神時代以前より受け継がれている【神月祭】に沸き立つ迷宮都市(オラリオ)―― 【リトル・ルーキー】として都市を賑わせた冒険者ベル・クラネルと、彼の主神ヘスティアも、その喧騒の只中に身を置いていた。 夜の闇を照らし出す、色とりどりの屋台や催し、都市全体を淡く包み込む月光。 都市の喧騒の遥か上空で、月は静かに佇み、ただ待っている。 英雄の誕生を、そして新たな冒険譚の始まりを――
第4話 戦争遊戯(ウォーゲーム)
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ 第4話 戦争遊戯(ウォーゲーム) 神酒(ソーマ)の魅惑に打ち克ったリリ、友を助けんと名乗りを上げたヴェルフと命の三名が新たに【ヘスティア・ファミリア】に改宗(コンバージョン)。更にヘルメスの助力もあって、派閥外の助っ人としてリューが参戦。未だ歴然とした物量の差はあれど、ベルたちを取り巻いていた絶望的な状況には、光明が差し始めていた。  迎えた【戦争遊戯】当日。好奇、憂慮、期待、信頼――迷宮都市(オラリオ)中の様々な目が見守る中、リューの魔剣が、命の魔法が、開戦の狼煙を上げる――
第10話 英雄切望(アルゴノゥト)
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ 第10話 英雄切望(アルゴノゥト) 捨て身の行動により命が開いた血路に飛び込み、殺生石を砕いたベル。その状況にあってなお、救いを求めようとはしない春姫に、ベルは思いの丈を叩きつける。春姫の本当の願いを聞かせてほしいと。  詠唱された『階位昇華(レベルブースト)』の妖術が加護を与えた先はベル・クラネル。偽りなき願いを叫ぶ春姫を背に、ベルは第一級冒険者たるフリュネを迎え撃つ。  同刻、紅く燃え盛る歓楽街の一角。その中心にはオラリオ最強の冒険者、そして――最強を束ねる美の女神(フレイヤ)の姿が――
第11話 進軍(ラキア)
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ 第11話 進軍(ラキア) 女神イシュタルの天界への強制送還を以て歓楽街の一角は壊滅。春姫も晴れて解放され【ヘスティア・ファミリア】へ改宗(コンバージョン)も決まった。  そんな中、国家系派閥【アレス・ファミリア】によるオラリオ襲撃の一報がもたらされるものの……圧倒的な戦力を有する迷宮都市が普段の営みを乱すことはなく。ベルも穏やかな日常を送っていたが、ほんの些細な言葉の行き違いから、ヘスティアが本拠地(ホーム)を飛び出してしまう――
第一話 ある冒険者たちの結末
無料
ゴブリンスレイヤー 第一話 ある冒険者たちの結末 女神官は冒険者となったその日に、ゴブリンに攫われた娘を助け出すため、新米の冒険者たちと共に森の洞窟へと向かう。 モンスターの中でも最弱と言われるゴブリンだったが、洞窟に仕掛けられた罠にはまり彼女たちは絶体絶命の危機に陥ってしまう。 その時、全身を鎧で覆った銀等級(序列三位)の人物が女神官の前に現れた。 淡々と手間を惜しまずゴブリンを退治していくその男は、自らを“ゴブリンスレイヤー”と名乗るが…。
第六話 水の街の小鬼殺し
無料
ゴブリンスレイヤー 第六話 水の街の小鬼殺し 突如ゴブリンスレイヤー宛にゴブリン退治の依頼が届いた。その送り主はかつての魔神王を打ち倒した“剣の乙女”だった。 ゴブリンスレイヤー、女神官、妖精弓手、鉱人道士、蜥蜴僧侶の一行はさっそく水の街に向かう。 風光明媚な水の街だが、昨今不審な事件が多発しているという。 多くの人たちが暮らす街の地下には下水道が通っている。そこにゴブリンが潜んでいると睨んだゴブリンスレイヤーたちは、 早速地下水路に侵入する。
第1話「冒険者(ベル・クラネル)」
無料
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 第1話「冒険者(ベル・クラネル)」 迷宮都市オラリオ。その都市の象徴ともいうべき『ダンジョン』にこだまする魔獣の咆哮――新米冒険者・ベル・クラネルは、まさに絶体絶命の危機を迎えていた。少々残念な神・ヘスティアの唯一の眷族となり、はや半月。眼前には、5階層で遭遇するはずのない高レベルモンスター。すくむ足、震える身体……恐怖と絶望に支配されたベルの前に、一人の剣士が舞い降りる……。剣、魔法、魔物、そして神々。オラリオの零細ファミリア所属、ベル・クラネルの冒険譚は、ここから始まった――。
第7話「剣姫(アイズ・ヴァレンシュタイン)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 第7話「剣姫(アイズ・ヴァレンシュタイン)」 ダンジョンでの出来事を経て、晴れてリリルカ・アーデとのパーティを結成したベル。神ヘスティアの承認も受け、山積された難題は全て取りさらわれたかに見えた……。 「やっぱり闘おうか」 目の前にはベルが追い求め、未だやむことのない憧れを抱き続ける『剣姫』の姿。神々にすら惜しみなき賛辞を送られる、その華麗で鋭い剣閃がベルに襲いかかる。 吐息さえも感じられる、アイズ・ヴァレンシュタインとの夢の様な距離、その間で舞い散る剣戟の火花。延々と放たれ続ける輝きの中、ベル・クラネルは何を感じ、何を得るのか――。
第五話 冒険と日常と
無料
ゴブリンスレイヤー 第五話 冒険と日常と 遺跡での激戦を経て辺境の街に帰還したゴブリンスレイヤーたち。 傷を癒したゴブリンスレイヤーは幼馴染である牛飼娘と辺境の街のギルドに向かう。 ギルドでは巨大鼠に武器を奪われた新米戦士と見習聖女に戦い方のアドバイスをする。 そんな折、ゴブリンスレイヤーはギルドの受付嬢からある依頼を受ける…。
第九話 往きて、還りし
無料
ゴブリンスレイヤー 第九話 往きて、還りし 祭壇に設置された巨大な鏡。地下水路に大量発生したゴブリンの群れ。そして度々現れるゴブリン以外のクリーチャー…。 ゴブリンスレイヤーたちは今回の騒動の核心に迫っていく。 地下奥深くでは、以前ゴブリンスレイヤーたちを苦しめた小鬼英雄が彼らを待ち受けていた。 だがゴブリンスレイヤーには、ゴブリンを一網打尽にする起死回生の作戦があった。
第十一話 冒険者の饗宴
無料
ゴブリンスレイヤー 第十一話 冒険者の饗宴 日課の見回り中に大量のゴブリンの足跡を発見したゴブリンスレイヤーは、 ゴブリンの大群が今夜中に牛飼娘の牧場に押し寄せることを予見する。 牛飼娘に逃げ出すよう説得するが、彼女は、ゴブリンスレイヤーの“帰ってくる場所”を守るために牧場から離れようとしない。 牧場を守るためゴブリンスレイヤーは一人、辺境の街のギルドに向かう。
第十二話 ある冒険者の結末
無料
ゴブリンスレイヤー 第十二話 ある冒険者の結末 小鬼王(ゴブリンロード)率いるゴブリンの大軍勢と辺境の街にいる冒険者たちの戦いが始まった。 敵の大群に立ち向かう妖精弓手、鉱人道士、蜥蜴僧侶をはじめとしたギルドの仲間たち。 しかし更なる強敵が冒険者たちに襲い掛かる。 苛烈を極める戦闘の中、ゴブリンスレイヤーは一人、小鬼王の前に姿を現す…。
第9話「鍛冶師(ヴェルフ・クロッゾ)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 第9話「鍛冶師(ヴェルフ・クロッゾ)」 史上最速でのランクアップを遂げた世界最速兎(レコードホルダー)――ミノタウロスとの激闘を制し、ベルの名は『リトル・ルーキー』のふたつ名と共にオラリオ中に轟くこととなった。 ダンジョン探索も、中層という更なる境地を視野に捉え、ひとつの節目を迎える。これまで以上に苛烈さを増すであろう冒険を前に、着々と準備を進めていくなか、 「俺をお前のパーティに入れてくれ」 ヘファイストス・ファミリア所属、ヴェルフ・クロッゾとの新たな出会い。この出会いが次なる冒険の扉を押し開ける――。
#1 「妹と開かずの間」
無料
エロマンガ先生 #1 「妹と開かずの間」 ライトノベル作家で生計を立てる高校生・和泉正宗は、一年間部屋に引きこもっている義理の妹・紗霧と二人きりで暮らしていた。ある日、同じクラスの高砂智恵に、自身の小説の挿絵担当でもある正体不明のイラストレーター「エロマンガ先生」が、ネットで正宗を揶揄していたことを聞かされる。「エロマンガ先生」の動画配信の生放送を観ることになった正宗は、そこで「エロマンガ先生」の正体を知ることとなり――!?
#4 「エロマンガ先生」
無料
エロマンガ先生 #4 「エロマンガ先生」 年下の人気ライトノベル作家・山田エルフの「仕事」を見せてもらったことで彼女と打ち解けた正宗。そんな二人の仲を疑い、やきもちを焼く紗霧に、正宗は自らのある決意を伝える。それは紗霧に自分を本当の兄と認めてもらうため、あるものを題材にしたライトノベルを書くということだった。「究極のラノベ」にするという正宗の言葉に、信じないと言う紗霧。そんな紗霧をよそに、正宗は猛然と作品を書きはじめる――。
#5 「妹とラノベ企画を創ろう」
無料
エロマンガ先生 #5 「妹とラノベ企画を創ろう」 正宗が書き上げた原稿をきっかけにして、ぎこちないながらも正宗に歩み寄ろうとする紗霧。正宗の鈍感さが仇となり、想いがすれ違う二人だったが、夢への第一歩として、新作を本にするための企画書づくりに取り掛かる。次第に紗霧との共同作業に没頭していく正宗の元に、山田エルフから、一通のメールが届くのだった。その文面は、「助けなさい!いますぐ!」――!?
#6 「和泉マサムネと一千万部の宿敵」
無料
エロマンガ先生 #6 「和泉マサムネと一千万部の宿敵」 「和泉ちゃんが好きなものを好きになりたい」 紗霧と友達になるための手掛かりとしてめぐみは自分もライトノベルを好きになろうとする。智恵の協力(?)の甲斐あって、ほどなくライトノベルに夢中になっためぐみ。正宗は彼女に、紗霧に本を借りにくるよう提案する。はじめは面会を断固として拒否する紗霧だったが、彼女は正宗にある条件を出す…。ついにめぐみを部屋に迎え入れた紗霧がとった、驚くべき行動とは――?
第8話 殺生石(ウタカタノユメ)
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ 第8話 殺生石(ウタカタノユメ) 春姫を身請けするため、ダンジョンに潜り、モンスターを狩り続けるベルたち。しかし、ダンジョン内の食料庫(パントリー)で突如襲撃してきた【イシュタル・ファミリア】により、ベルと命は捕らわれの身となってしまう。  拘束され、監禁された状態で目を覚ましたベル。眼の前には、肉欲を剥き出しにし、ベルを慰み者にせんとするフリュネの姿が。恐ろしい第一級冒険者に手篭めにされ、廃人となるまで絞り尽くされる――悪夢すら生易しいと思えてしまう現実からベルを救ったのは、またしても春姫だった――
第四話 強き者ども
無料
ゴブリンスレイヤー 第四話 強き者ども 古代の遺跡に潜入したゴブリンスレイヤーたち。そこは魔神王の軍勢であるゴブリンたちの根城になっていた。 妖精弓手たちと協力し、淡々とゴブリンたちを退治していくゴブリンスレイヤー。 しかし突然、遺跡の奥よりゴブリンたちを統べていた“オーガ”が現れる。圧倒的な強さで蹂躙されるゴブリンスレイヤー一行。 ついに“オーガ”の振るう戦鎚がゴブリンスレイヤーを捕らえた…。
第13話「眷族の物語(ファミリア・ミィス)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 第13話「眷族の物語(ファミリア・ミィス)」 ヘスティアの力により、冒険者たちとのトラブルは収束したものの、安全地帯(セーフティ・ポイント)であるはずの階層に突如姿を現した階層王(モンスター・レックス)・ゴライアス。その風体、そして強さは、多くの冒険者が知る常識をはるかに凌駕していた。 剣を抜き、弓を引き、魔法の詠唱がこだまする――つい先刻までいがみ合っていた冒険者たちもベルに続くように、死力を尽くして階層王に立ち向かう。 だが、階層王の力は、彼らの団結をも嘲笑うかのごとく強大であった――。少年が歩み、女神が記す【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】――少年は今、英雄への道を歩み始める。
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかII PV
無料
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかII PV その街には多くの神々が住まい、 その街の中心には地中奥深く――深淵へと至る『ダンジョン』が存在する。 その街の名は迷宮都市オラリオ。 女神ヘスティアと冒険者ベル・クラネルは、 相も変わらず主神とたったひとりの眷族という最小構成。 だが、世界最速のランクアップという偉業を成し遂げたベルには、 これまでにないほどの視線が注がれ始めていた―― 迷宮・出逢い、そして冒険――これは再び綴られ始めた、 ──少年が歩み、女神が記す 【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】──
第七話 死へ進め
無料
ゴブリンスレイヤー 第七話 死へ進め 水の街のゴブリン騒動が人為的に引き起こされたものだと考えたゴブリンスレイヤー一行は、地下水路の探索を進めていく。 地下墳墓まで到達したゴブリンスレイヤーたちだったが、そこでゴブリンの大群に襲われる。 何とか窮地を凌いだものの、ゴブリンたちの猛攻は止まらない。そしてついに、ゴブリンスレイヤーたちの前に、 小鬼英雄(ゴブリンチャンピオン)が現れた。
第1話 「ねこ、しろ、ましろ」
無料
さくら荘のペットな彼女 第1話 「ねこ、しろ、ましろ」 問題児ばかりを集めた学生寮「さくら荘」。平凡な普通科2年生の神田空太は、変人たちに囲まれた生活に嫌気がさし、「脱、さくら荘!」を掲げていた。さくら荘の監視要員である美術教師・千石千尋に呼び出された空太は、5歳くらいの少女が写った写真を差し出され、駅に迎えに行くようにと言われる。駅に着くと、そこには、どう見ても同い年くらいの、まっしろな少女が一人ベンチに座っていた――。
第6話「理由(リリルカ・アーデ)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 第6話「理由(リリルカ・アーデ)」 ひょんなことから手元に舞い込んだ魔導書(グリモア)から、遂に魔法の力を手にするに至ったベル。着々と力をつけていくさなか、明らかになっていくソーマ・ファミリアの実態。 それは、奇跡の美酒に呑まれた狂信者たちの悲劇。リリルカ・アーデもまた、そんな狂気の渦に巻き込まれたひとりであった。冒険者を謀ろうと画策するもの、利を掠め取らんとするもの、同胞を護ろうとするもの……そして、愚直なまでに仲間を信じ、その手を取ろうとするもの――その誰しもが足を向ける、暗く深い迷宮(ダンジョン)の深奥へと。
第8話「英雄願望(アルゴノゥト)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 第8話「英雄願望(アルゴノゥト)」 「あなたは冒険者だ――」 冒険者が、その高みを目指すとき、更なる次元に足を踏み入れようとするとき……必要となるものは文字通り『冒険』。かつて冒険者であった先駆者は、そう口にした。 アイズ・ヴァレンシュタインとの特訓の日々を通じ、アイズも驚愕するほどの速度で力をつけてきたベル。そのベルが、次第にランクアップに興味を示すようになるのは当然の帰結であった。 いつもと同じダンジョン。いつもと同じ冒険者としての日々。だが、静かに、そして確実に近づいていた――ベル・クラネルにとっての本当の『冒険』の刻(とき)が――。
第10話「怪物進呈(パス・パレード)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 第10話「怪物進呈(パス・パレード)」 ダンジョン中層――浅層とは比較にならぬほどの難所、13層へと足を踏み入れたベルたち。そこは冒険者を困惑、混乱させ、死に至らしめることに長けた、死地と呼ぶに相応しい場所だった。 悪意すら感じられる迷宮構造、圧倒されるほどのモンスターの数と質。更に少しの不運、期せず到来する人の悪意……少しずつ、気づかれぬよう密かに、ベルたちは真綿で首を絞められるかの如く追い詰められていく。 冒険者という獲物を狩るに十分すぎる状況が整ったとき、迷宮(ダンジョン)は、その研ぎ澄まされた牙を露わにする――。
第11話「迷宮の楽園(アンダーリゾート)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 第11話「迷宮の楽園(アンダーリゾート)」 ダンジョンで消息を絶ったベルたちを捜索するため、有志の冒険者を伴いダンジョンへと潜ったヘスティア。だが、彼女たちが中層に至ったとき、既にベルの姿はなく、一行は、ベルたちが更に奥へ進んだことを知る。 ほんの僅かな希望の光を求め、更なる深奥へ――。それは、ベルたちに残された最後の、限りなく困難かつ無謀とも呼べる選択肢だった。 より強大になるモンスター、複雑さを増す迷宮、物資は枯渇し、仲間たちもやがて……そして姿を現す階層王(モンスター・レックス)――生命を賭した冒険は終わらない……。
第12話「悪意(ショー)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 第12話「悪意(ショー)」 モンスターが産まれない18階層『迷宮の楽園(アンダー・リゾート)』。命からがら、安全地帯(セーフティ・ポイント)へたどり着いたベルたちは、そこでアイズを始めとするロキ・ファミリアの面々に迎え入れられることに。 無事、ヘスティア、リューたちとの再会も果たすことができ、慌ただしくも安息と平安の時間に身を浸し、傷と疲れを癒やすベルたち。しかし彼らは知らずにいた ――最短期間で『迷宮の楽園』までたどり着いたことが、オラリオ最大級のロキ・ファミリアに厚遇されるということが……どれほど冒険者たちの羨望や嫉妬――そして悪意を呼びこむのかを。
第1話 神の宴(パーティー)
無料
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ 第1話 神の宴(パーティー) 18階層にて黒い階層主(ゴライアス)を撃破し、無事に生還した【ヘスティア・ファミリア】所属のベル・クラネル。ダンジョン探索の合間に開かれたささやかな酒宴。その席でベルは、他の冒険者から、あからさまな挑発を受け、乱闘騒ぎを起こしてしまう。乱闘騒ぎの相手は【アポロン・ファミリア】。その団長であるLv.3の冒険者、ヒュアキントスを相手に、ベルは完膚なきまでに叩きのめされる。  そして後日、ベルとヘスティアのもとに一通の書状が。それは、アポロンが主催する神の宴への招待状だった――