「栗田まこと」の検索結果

「栗田まこと」に関する情報は見つかりませんでした。
「栗田」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

第1話 究極のメニュー
無料
美味しんぼ 第1話 究極のメニュー あこがれの東西新聞社に入社した栗田ゆう子の初仕事は社運をかけた大仕事「究極のメニュー」作り。コンビを組んだ相手は社内一のぐうたら先輩社員山岡士郎、いやはや前途多難。
#10『メールの感情表現を変えた!携帯電話の絵文字』ドワンゴ・栗田穣崇
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #10『メールの感情表現を変えた!携帯電話の絵文字』ドワンゴ・栗田穣崇 無機質な文字でやり取りするケータイのメール... それを感情豊かにしてくれるのが「絵文字」です。 顔の表情やハートマークなど、文面にひとつ加えるだけで、より表現の幅を広げてくれます。 生みの親は、ドワンゴCOOの栗田穣崇さん。 かつて勤務していたドコモで、iモードの立ち上げに携わった際に考案したという「絵文字」。 そこには、携帯電話が黎明期に抱えていた、ある問題を変えたい!という強い思いがありました。 またサービス開始までには、短期間で開発しなければならかったため、 端末メーカーに依頼を断られるなど、いくつもの苦難の道のりが...。 栗田さんに、「絵文字」実現までの苦労や秘話、 そして「emoji」が変えたメール文化について伺いました。
第41話 魚の醍醐味
美味しんぼ 第41話 魚の醍醐味 雄山絶賛のフグの店に海外赴任を間近に控えた夫婦が訪れる。だが数日来の不漁で肝心の白子がない。落胆する夫婦。そこで雄山と士郎は白子に匹敵する物を夫婦に御馳走することになる。勝負だ!!
第42話 お菓子と夢
美味しんぼ 第42話 お菓子と夢 阪村は日本一高価な洋菓子の店”天使の夢”のケーキ職人だが、今の目標は子供達に安くて美味しい安全なケーキを提供する事。独立計画を進めるが、恩ある社長に知れ”裏切り者”と罵られる。
第43話 飲茶
美味しんぼ 第43話 飲茶 中国の陳副主席が希望する接待の場は”美食倶楽部”。しかし政治家嫌いの雄山は依頼に来た星村外務大臣を門前払い。困った星村は大原社主を頼るが良策がない。そこで士郎は周大人を訪ねる。
第44話 フォン・ド・ヴォー
美味しんぼ 第44話 フォン・ド・ヴォー 花村と三谷の結婚が決定。が、披露宴に予定したレストランのオーナーシェフ・中里が入院。士郎はその息子・靖夫に代役を頼む。花村への想いを乗り越えて、最高のフォン・ド・ヴォーを!
第45話 ふるさとの唄
美味しんぼ 第45話 ふるさとの唄 東西新聞のアルバイト・天野は岩手出身の浪人生。お国訛りを気にする余り、無口が災いしてクビになる。士郎は途方に暮れる天野に彼の特技・民謡の喉を生かせるアルバイトを紹介するが・・・
第46話 飯の友
美味しんぼ 第46話 飯の友 米は日本人の食の原点。だが貿易摩擦の影響で日本はアメリカから米の輸入を迫られている。”カリフォルニア米を食べる会”席上、士郎は角丸副総理に米輸入自由化の愚を説くが問題は複雑!
第47話 キムチの精神
美味しんぼ 第47話 キムチの精神 東西新聞は大韓書籍と提携、韓国文化紹介の本を作る事になった。その祝宴の進行役は富井。精一杯務めるが何故か金社長は怒り、席を蹴る。理由の判らぬ大失敗に号泣する富井だが士郎は・・・
第48話 非常食
美味しんぼ 第48話 非常食 真山夫妻の山荘に招待された士郎と大出夫妻。大会社の社長の大出は妻の戒めもきかず傲慢ぶりを発揮。皆の顰蹙をかう。山は猛吹雪となり一行は閉じこめられてしまうが食料がない!
第49話 大地の赤
美味しんぼ 第49話 大地の赤 唐山陶人は陶器に塗るうわぐすりで本物のトマトの赤色を出そうとするがうまくゆかない。雄山が聞き付けて有機農法・露地栽培のトマトを持って来たが陶人は納得しない。トマトの赤とは。
第50話 愛の納豆
美味しんぼ 第50話 愛の納豆 ゆう子の親友で茨城出身の美枝が婚約したが相手は関西出身。納豆をめぐって意見が対立。せっかくのアツアツカップルも大ゲンカ。婚約者の靖夫は食べられるようにしてと士郎に泣きつく。
第51話 サラダと美容
美味しんぼ 第51話 サラダと美容 士郎が見合いをするが大原社主の顔を立てた義理。相手の昭子も同じ立場だったのですっかり打ちとけた二人は食事に行く。昭子はサラダしか食べない。そこへ昭子のかつての婚約者が・・・。
第52話 ぼけとつっこみ
美味しんぼ 第52話 ぼけとつっこみ 人気漫才コンビのすべっ太は自分だけの才で人気があると勘違いしてコンビを解消するが1人ではうまくゆかない。噺家のブラックにたのまれた士郎はすべっ太を柳川鍋に招待する。
第53話 椀方試験
美味しんぼ 第53話 椀方試験 美食倶楽部で働く良三は雄山から料理人の華とのいわれる椀方に推薦された。だがそれには雄山の課題にこたえなければならない。良三は雄山指定のシジミ汁を最高の材料で作るのだが・・・。
第54話 ボクサーの苦しみ
美味しんぼ 第54話 ボクサーの苦しみ 結婚の申し込みをする勇気の出ない写真家の荒川。そのきっかけをボクサー矢沢の勝利に賭けるが矢沢は減量がうまくゆかず絶不調。困った荒川は士郎に美味しいが太らない料理をたのむ。
第55話 卵とフライパン
美味しんぼ 第55話 卵とフライパン 調理士見習の上田は仕事先の大衆食堂の主人のやる気のなさに嫌気がさして料理そのものへの興味をなくしていた。士郎はオムレツ専門店へ上田を誘い、女性シェフ花森の働く姿をみせる。
第56話 再会の丼
美味しんぼ 第56話 再会の丼 若手人気落語家だった吉笑は”名人の息子”という奢りから八笑師匠に破門された。今は非を悟り落語の情熱を燃やし続ける吉笑だが、山岡の演出した丼飯で破門は解かれるか?。
第57話 玄米vs白米
美味しんぼ 第57話 玄米vs白米 女子柔道の名門・武徳女子大は選手の健康管理のため、白米を禁じ玄米食を信奉している。だが、まずい玄米に拒絶反応を示す部員の訴えで山岡はある重大な問題に思い当たる。
第58話 骨のない魚
美味しんぼ 第58話 骨のない魚 F3000レーサー・槍村は間近に迫った大レースへの不安から不眠症になる。焦る槍村に山岡はあえて謎めいた料理の名をぶつけた。苦しむ槍村。キーワードは”骨のない魚”だ!。
第59話 代用ガム
美味しんぼ 第59話 代用ガム 富井の弟・修は亡父が兄だけ可愛がり、自分は大学進学を断念させられたと兄を責める。富井は、父が逆境の中でも精一杯二人を愛していたと”代用ガム”の思い出を語るが・・・。
第60話 豆腐の花
美味しんぼ 第60話 豆腐の花 ブラックの恋人のテルエが入院したが、栄養のあるものを食べようとしない。もっと栄養をつけなければと山岡に相談したところ、大豆をひいた呉汁はどうかとすすめる。
第61話 黒い刺身
美味しんぼ 第61話 黒い刺身 中国残留孤児の身元調査を手伝うことになった富井副部長だが、肉親探しの唯一の手掛かりは”黒い刺身”を食べた記憶だけだという。山岡は必死で黒い身の魚を探し歩くが・・・。
第62話 北海の幸
美味しんぼ 第62話 北海の幸 宮井は昆布をゴキブリにかじられた責任で美食倶楽部をおいだされてしまった。だがそれは雄山の勘違いと気付いた山岡は、宮井を連れて北海道の利尻島へと向かう。
第63話 臭さの魅力
美味しんぼ 第63話 臭さの魅力 東西新聞社とフランスのルタン社が業務提携する事になったが、その祝宴で社主同士が互いの国の料理の匂いをけなし合って喧嘩。そこで山岡は周大人に仲裁を依頼する。
第64話 ペンションの名物
美味しんぼ 第64話 ペンションの名物 元社員の武田が始めたペンションを訪れた山岡たち。しかし経営状態は良くない。料理も一流のフランス料理なのに―。山岡は何か名物があればいいがと考えるが・・・。
第65話 究極のメニューvs至高のメニュー
美味しんぼ 第65話 究極のメニューvs至高のメニュー 東西新聞の究極のメニューに対抗して帝都新聞では至高のメニューを発表。なんと指揮をとるのは海原雄山。山岡と雄山は卵の前菜で社運を賭けて対決する。
第66話 究極vs至高 黄身の実力
美味しんぼ 第66話 究極vs至高 黄身の実力 雄山の用意した前菜は真に至高と呼ぶにふさわしいもの。だがそこには材料の秘密があった。そこで同じ材料を使って再度挑戦する山岡だったが・・・。
第67話 根気と自然薯
美味しんぼ 第67話 根気と自然薯 山岡の幼なじみの数夫はやくざから足を洗って料理屋を始めたが、母は信用しようとしない。そこで山岡は母の好物自然薯を掘りに数夫を連れてゆく。
第68話 潮風の贈り物
美味しんぼ 第68話 潮風の贈り物 美食倶楽部の仲居の鈴子は、婚約者に裏切られ自殺を計るが未遂に終わり、それ以来何も食べようとしない。鈴子に好意を持つ良三に相談を受けた山岡は鈴子の故郷を訪れるが・・・。