「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 動画」の検索結果

今すぐ視聴する

機動戦士ガンダム THE ORIGIN VI 誕生 赤い彗星
機動戦士ガンダム THE ORIGIN VI 誕生 赤い彗星 機動戦士ガンダム THE ORIGIN VI 誕生 赤い彗星 宇宙世紀0079年1月23日、サイド5、ルウムでジオン、地球連邦の雌雄を決する戦いが始まった。圧倒的劣勢に追い込まれたジオンは、秘策である人型兵器「モビルスーツ」で編成した特別強襲大隊を投入し戦況を一気に逆転させ、大勝利を収める。なかでも、ジオン軍のシャア・アズナブルは、赤いモビルスーツ「ザクII」で戦果を上げ少佐に昇進、「赤い彗星」の異名をとる。ルウム会戦後、地球連邦軍はジオンに反撃すべく「V作戦」を計画。その裏側で、サイド7の少年アムロ・レイは自ら行動し、新兵器「ガンダム」の秘密を探っていた。一方、地球の南極大陸でのジオン、地球連邦の両軍の高官がそろう早期和平交渉の場でルナツーから世界中にある声明が発信される…。
機動戦士ガンダム THE ORIGIN V 激突 ルウム会戦
機動戦士ガンダム THE ORIGIN V 激突 ルウム会戦 機動戦士ガンダム THE ORIGIN V 激突 ルウム会戦 宇宙世紀0079年、人類は宇宙ですら戦場に変えてしまった。 世界の人口の半数を死に至らしめたブリティッシュ作戦・コロニー落としを実行し突き進むジオン公国軍。それに対し、劣勢を挽回すべく圧倒的な戦力で挑む地球連邦軍。交錯するザビ家の陰謀、変えがたい運命に翻弄されるセイラ・マス、ジオン軍のパイロットとなってしまったランバ・ラルやハモン、サイド7で平穏に暮らすアムロやフラウの日常生活にも暗い影が訪れようとしていた―。して、復讐に駆られたジオン軍のエース、シャア・アズナブルの「赤い彗星」としての伝説が誕生する。
機動戦士ガンダム THE ORIGIN シャア・セイラ編 Ⅲ 暁の蜂起
機動戦士ガンダム THE ORIGIN シャア・セイラ編 Ⅲ 暁の蜂起 機動戦士ガンダム THE ORIGIN シャア・セイラ編 Ⅲ 暁の蜂起 宇宙世紀0074年。テキサス・コロニーを離れたエドワウ・マスは身分を偽り、シャア・アズナブルとしてジオン自治共和国国防軍士官学校に入学する。同期となったザビ家の御曹司ガルマと親交を深めるシャア。次第に二人は学生たちからも一目置かれる存在になってゆく。そして宇宙世紀0077年、ついに学生たちは独立をかけ地球連邦軍治安部隊に対し武装蜂起する。しかしそれはシャアの描く復讐への壮大なシナリオの幕開けでもあった……。――いま、歴史の歯車が回りだす!
機動戦士ガンダム THE ORIGIN シャア・セイラ編 IV 運命の前夜
機動戦士ガンダム THE ORIGIN シャア・セイラ編 IV 運命の前夜 機動戦士ガンダム THE ORIGIN シャア・セイラ編 IV 運命の前夜 宇宙世紀0077年、連邦への反逆の狼煙となった「暁の蜂起」。その責任を取ってジオンの士官学校を辞したシャアは、地球で不思議な力を持つ少女、ララァ・スンと出会う。一方、アムロの父テム・レイは、ジオンのモビルスーツに対抗すべく、RX-78開発計画を推進する。そのさなか、恩師ミノフスキー博士が亡命するとの情報が伝わってきた。宇宙世紀0078年、キシリアの密命で集結したシャア、ガイア、マッシュ、オルテガ、ランバ・ラルは、博士の亡命を阻止すべく、月面のトワイライトゾーンで人類史上初のモビルスーツの死闘を繰り広げる。そして、時に宇宙世紀0079年――。地球から最も遠い宇宙都市サイド3は、ジオン公国を名乗り、地球連邦政府に独立戦争を挑んできた。わずか一ヶ月あまりの間にジオン公国と連邦軍が総人口の半分を死に至らしめた、動乱の時代が始まろうとしていた――。
機動戦士ガンダム THE ORIGIN シャア・セイラ編 Ⅰ 青い瞳のキャスバル
機動戦士ガンダム THE ORIGIN シャア・セイラ編 Ⅰ 青い瞳のキャスバル 機動戦士ガンダム THE ORIGIN シャア・セイラ編 Ⅰ 青い瞳のキャスバル 宇宙世紀0068年、サイド3、ムンゾ自治共和国。宇宙に進出した人の革新を説き、地球連邦政府からの完全独立を宣言しようとしたジオン・ズム・ダイクンは、議会檀上で演説中に突如倒れ、帰らぬ人となった。ダイクンの死後、ザビ家陰謀説を唱えるダイクンの側近ジンバ・ラル。しかし、サイド3ムンゾの実権を掌握せんとするデギン・ソド・ザビ率いるザビ家の暗躍は加速していく。これまで語られることの無かった動乱の歴史が明らかになる中、ダイクンの遺児であるキャスバルとアルテイシアには、激動の時代を象徴した数奇な運命が待ち受けていた…。
機動戦士ガンダム THE ORIGIN シャア・セイラ編 Ⅱ 哀しみのアルテイシア
機動戦士ガンダム THE ORIGIN シャア・セイラ編 Ⅱ 哀しみのアルテイシア 機動戦士ガンダム THE ORIGIN シャア・セイラ編 Ⅱ 哀しみのアルテイシア 宇宙世紀0071年。サイド3、ムンゾ自治共和国を脱出して3年。ジオン・ズム・ダイクンの遺児であるキャスバルとアルテイシアの兄妹は、ジンバ・ラルと共に地球に逃れ、テアボロ・マス家に身を寄せており、エドワウとセイラという名で平穏に暮らしていた。だが、彼らを追うザビ家の魔の手が、再び迫りつつあるのであった…。そのころ、サイド3はジオン自治共和国と国名を変え、ザビ家が実権を掌握し、支配体制を固めつつある一方、地球連邦軍に対抗するための新兵器、モビルワーカーの開発に着手していた。

おすすめの作品

第十一話
猟奇的な彼女 第十一話 かつてミン・ユファンと約束を交わした場所で、ヘミョンとキョン・ウはミン・ユファンの残した手紙を見つける。そこには元王妃ハン氏の生存と、彼女を陥れた疑いのある人物の名前が記されていた。10年前の真実を知るまでは何も話せないキョン・ウは、王様の信頼を失い元子の師匠を解任されてしまう。それを知ったヘミョンはキョン・ウをこれ以上巻き込みたくない一心で冷たく突き放す。
第十二話
猟奇的な彼女 第十二話 罷免され落ち込むキョン・ウのもとにダヨンが訪れるが、キョン・ウは冷めた態度で応対する。清の皇子が縁談のため来訪することになり、ヘミョンは遂に王様の前に例の指輪を差し出し、母を探すため清には行けないと告げる。チョン・ギジュンはキョン・ウが皇子の迎接を担当するよう強く推薦し、王命として従わざるを得なくなる。そしてヘミョンはこの縁談に世子の冊封が絡んでいることを知る。
第十三話
猟奇的な彼女 第十三話 カン従事官はチュンプンに精肉店の事件の聞き込みをし、チョン・ギジュンも精肉店の常連だったことを知る。一方チョン・ギジュンは、ヘミョン王女がミン・ユファンの書状を持っていることが気がかりでならない。縁談のため来訪中の清の皇子はヘミョンを気に入り、王女を思い眠れなかったと打ち明ける。それを複雑な気持ちでヘミョンに通訳するキョン・ウ。そして縁談が進む中、元子が行方不明に!
第十四話
猟奇的な彼女 第十四話 へミョンに「生涯を共にしたい」とプロポーズした清の皇子。しかしキョン・ウはその言葉をへミョンに通訳することができなかった。そしてへミョンへの思いとは別に、この縁談に対して何か裏があると感じ、不信感を募らせていた。求婚のための宴が開催されることになり、準備が進む中、キョン・ウは突然チョン・ギジュンの家に招かれる。一方カン従事官のもとへ、差出人不明の通報が...。
第十五話
猟奇的な彼女 第十五話 意味ありげな悪夢にうなされるキョン・ウ。その様子を見て両親は「あの時と同じ」と心配する。元子はへミョンに、皇子ではなくキョン・ウと一緒になってと無邪気にせがむ。ある時大臣達の不審な会話を耳にしたキョン・ウは、カン従事官と協力し、縁談の裏で執り行われていた密貿易を摘発。危険な目にあったキョン・ウを心配し駆けつけたへミョンに対し、キョン・ウは遂に本心を打ち明ける。
第十六話
猟奇的な彼女 第十六話 密貿易の一件とキョン・ウの説得で、皇子は縁談を諦め清へ帰国した。キョン・ウは元子の師匠に復職、へミョンは大妃の提案で、民衆へ奉仕すべく恵民署の手伝いをすることに。そして二人の幸せな日々は続いた。一方密貿易の主犯として捕らえられた戸曹判書は、仲間に毒を盛られそうになっても黙秘を続け、最終的に王様の尋問を受けることになった。チョン・ギジュンも尋問に賛成するが...。
第十七話
猟奇的な彼女 第十七話 カン従事官は何かと事件に関わってくるチュンプンが気になり探りを入れるが、はぐらかされてしまう。恵民署を訪れたダヨンは、キョン・ウとの関係を匂わせ、へミョンの恋心をかき乱すのであった。密貿易で尋問を受ける直前であった戸曹判書は罠にハマり、真相を明らかにすることなく死亡。そんな中、10年前元王妃ハン氏に仕えていた女官の消息が判明し、キョン・ウが会いに行くことに。
第十八話
猟奇的な彼女 第十八話 度々悪夢にうなされるキョン・ウを過度に心配する母を見て、妹キョン・ヒは過去に何かあったのではないかと疑う。隠し事があるせいでギクシャクしていたへミョンとキョン・ウは、無事に仲直りし、より一層絆を深める。そして仲睦まじい二人を見かけたカン従事官は複雑な表情を見せる。一方人目を避けある場所へ向かった王妃パク氏。訪ねたのはチョン・ギジュンの手下ウォルミョンだった。
第十九話
猟奇的な彼女 第十九話 巷では、通称「鬼仮面」と呼ばれる人物が王様と左議政チョン・ギジュンを中傷する落とし文を撒き、さらに鬼仮面の正体は10年前に謀反を起こしたチュソン大君ではないかという噂で持ちきりになる。へミョンは王妃パク氏の口から、当時のチュソン大君と実母ハン氏が密通していたと聞く。母の汚名返上の為、ヘミョンはキョン・ウと協力し、矢傷を負った人物を手がかりに鬼仮面を探すことに。
第二十話
猟奇的な彼女 第二十話 大臣達の屋敷に「因果応報」と書かれた矢文が届いていた。大臣達はそれを隠していたが、キョン・ウは鬼仮面が彼らの過去を知っているのではないかと推察する。そんな中、過去の密通騒ぎはねつ造であるという内容の落とし文が新たに撒かれる。チョン・ギジュンは、チュソン大君側の唯一の生き残りであり現在は手下のウォルミョンに釘を刺す。そしてキョン・ウは自らの記憶に違和感を感じ始める。