「気温 ニュース」の検索結果

今すぐ視聴する

これからが冬本番!気温は…
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 これからが冬本番!気温は…  18日は冷たい雨や雪となりました。北風も強くて日中は今季、一番の寒さとなりました。ただ、19日は変化が出てきそうで、「天気」「風」「気温」に注目していきます。まず、19日の天気です。まだ雨や雪が降っている所も18日午後10時ごろにはやんできそうです。19日は朝から晴れます。午後から雲が出てきますが、傘は必要なさそうです。そして風は弱まり、穏やかな天気です。そして注目は気温です。19日は10度くらいまで上がっていきます。注目は18日との気温差です。18日は昼間でも各地5度を下回り、東京、千葉や横浜は1度台でした。18日と比べると東京、千葉では8度高くなるのでやはり防寒は必要ですが、ホッとできると思います。そして20日は一年で最も寒い時期「大寒」です。暖冬で平年よりも4度高い13度まで上がり、23日は雨で気温が下がりますが、24日は15度まで3月下旬並みで桜が咲くころの気温となりそうです。  週間予報です。22日までは晴れる所が多く、最高気温は12度前後の予想です。23日は各地で冷たい雨となるでしょう。
“冬の風物詩”が…秩父の氷柱や「むこ投げ」影響?
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 “冬の風物詩”が…秩父の氷柱や「むこ投げ」影響?  暖冬によって埼玉県の秩父では冬の風物詩といえるあの景色に異変が起きています。  気温マイナス2度のなか、裸でビーチフラッグ。チャレンジするのは今年、成人式を迎えた自衛隊員です。普段はさっぽろ雪まつりの雪像を作っていますが、今年は…。  自衛隊員:「今年は深刻な雪不足で各方面から雪を集めて雪像制作にあたっています」  札幌なのに雪がない…。  埼玉県秩父市では全然、氷柱(つらら)がありません。暖冬の影響は各地に広がっています。冬の風物詩「三十槌の氷柱」。天然の岩清水が凍り付いて例年、高さ8メートル、幅30メートルの氷柱が出来上がりますが、今年は暖かさに加え、8日に降った雨で氷柱が消えてしまったそうです。13日の最低気温はマイナス0.3度と3月並みの気温でした。お土産も売り上げダウン。東京でも今シーズンはまだ気温がマイナスになった日がなく、初氷の便りがまだ来ていません。これは過去、最も遅い記録に並びました。  新郎を高さ5メートルから雪の中に投げ込む新潟県十日町市の奇祭「むこ投げ」。祭りは15日ですが、雪がありません。除雪車で雪を積み上げていきます。例年、積雪が1メートルを超える十日町市も今年は積雪ゼロ。  金沢市もゼロです。市内の湯涌温泉では今月末に雪を氷室小屋に入れる「氷室仕込み」を控えていますが、今月は一度も雪が降っていません。気象庁は日本海側は今後も気温が高く、雪が平年より少なくなると予想しています。
イグアナが本当に降ってきた! 天気予報が的中
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 イグアナが本当に降ってきた! 天気予報が的中  「イグアナが降る」という気象局の予報が的中しました。  アメリカ気象局が「イグアナが木から落ちても驚かないで」と異例の予報をした翌日、フロリダ州南部では道に倒れている多数のイグアナの目撃情報が相次ぎました。数年ぶりの寒気に見舞われているフロリダ州では22日、一部の地域で最低気温が0度を下回り、変温動物のイグアナは硬直して冬眠状態になってしまったということです。横たわったまま動かないイグアナですが、死んだわけではなく、気温が上がるとまた元気に動き出すということです。
NYでもうサクラ開花! 45年ぶりの暖かさで20度超え
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 NYでもうサクラ開花! 45年ぶりの暖かさで20度超え  日本では記録的な「暖冬」が続いていますが、アメリカ・ニューヨークでも45年ぶりの暖かさとなりました。公園ではサクラが開花し、人々を驚かせています。  ニューヨークのセントラルパークではヒガンザクラが開花し、訪れた人たちは季節外れの花を楽しんでいます。ニューヨークでは先週末に2日続けて最高気温が20度を超え、特に11日は1975年以来の暖かさとなりました。この冬は雪も少なく、暖冬といわれるなか、気温が一気に上がったことでサクラが開花したとみられています。  ニューヨーク在住者:「ここ数日、暖かかったけど、まさかサクラが見られるなんてびっくりだ」  カナダからの旅行者:「まだ1月よ、おかしいわ。気候変動のせいだと思う」
季節外れの“梅雨入り”?暖冬の次は…寒さと雨
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 季節外れの“梅雨入り”?暖冬の次は…寒さと雨  23日は突然の寒さと雨。「季節外れの梅雨入り」に各地で困惑が広がっています。  異例の暖かい冬。暖冬の影響で本州の南に前線が停滞。東日本や西日本ではくもりや雨の日が続き、梅雨のような天気になるというのです。この予報に各地で心配の声が上がっています。今月いっぱいまで雨やくもりが多い関東では…。  にぎわいを見せる横浜市内で行われているイベント「酒処 鍋小屋2020」。繁盛しているようにも見えますが、屋外スペースは…。普段にぎわう屋外スペースは雨などの影響で23日はガラガラ。今後、続く雨に客足が遠のくのではと気が気でないようです。  兵庫県豊岡市の奥神鍋スキー場では山肌がほとんど見えていて、人工雪でなんとかコースを確保してスキー場を運営しているという状況です。  異常ともいえる暖冬。気温にも影響が…。なんと、宮崎県延岡市では最高気温23.9度を記録。5月中旬並みの暖かさになりました。
週明けは関東でも降雪か 交通への影響に注意
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 週明けは関東でも降雪か 交通への影響に注意  26日の東京は24日までの予報では傘のマークが付いていたのですが、最新の予報で傘マークが取れました。他の関東の天気も見てみると、横浜に傘マークがありますが、午前中に弱い雨が降る程度でお出掛けに大きな影響はないと思います。  心配なのは27日以降で、北部中心に雪マークです。そして、東京は雨マークですが、雪も降りそうです。27日の午前中は何も降りませんが、夕方6時以降に前橋、東京で雪が降り出します。夜遅くなるほど北部中心に積もる可能性が高まってきます。帰りの遅い人は滑りにくい靴をご準備下さい。  そして、東京では28日の明け方には雨に変わりそうですが、前橋では昼ごろまで雪が続き、車道にもしっかり積もりそうです。週明けは電車や道路など交通への影響が大きくなりそうです。28日の朝は滑りにくい靴で慎重に歩いて下さい。  ぐずついた天気は29日以降も続きます。雪が降るのは27日夜から28日にかけてで、28日の最高気温は5度、6度止まりです。29日、30日は日に日に気温が上がり、雨が降りそうです。26日も東京は6度止まりで寒い一日になるでしょう。
暖冬で異変続出…野菜がお得なのに売れ行き不調?
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 暖冬で異変続出…野菜がお得なのに売れ行き不調?  暖冬が続く日本列島、沖縄では1月の気温としては観測史上最高となる27度を記録しました。こうしたなか、冬の風物詩、鍋物の野菜に異変が起こっています。
記録的暖冬 冬物商戦に異変 天然記念物も減少?
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 記録的暖冬 冬物商戦に異変 天然記念物も減少?  記録的な暖冬の影響で冬物商戦に異変が起きています。さらに、この暖かさは国の天然記念物にも大きな影響を与えています。  朝から雪かき。これぞ、冬の秋田です。21日の積雪は13センチ。これでは平年の5分の1ほどです。  暖冬の影響は各地に広がっています。八ケ岳では天然氷を作る時期ですが…。  八義蔵元・高橋秀治さん:「(Q.きれいに凍っているように見えるが?)まだちょっと厚みが足らない」「(Q.こういうことは?)初めてです」  天然氷は15センチにならないと出荷できませんが、気温が高い日が多く、今は5センチほど。  動物にとっても厳しい環境に。ニホンヤマネ。年々数が減っている国の天然記念物です。12月になると雪の中で冬眠するそうですが今年は…。  清泉寮やまねミュージアム・饗場葉留果さん:「雪がまばらにしかない。雪の布団がないことで温度変化が体に伝わりやすくなり、冬の間もしかしたら起きてしまっている可能性もある」  ヤマネが冬眠に入るのは8度。この冬、周辺の最高気温は平年に比べ2度以上高く、8度を下回る日は少ないです。  清泉寮やまねミュージアム・饗場葉留果さん:「(Q.住みにくい環境ができると?)生活スタイルを崩すということになります。下手すると、ヤマネの数にも影響を与えるかもしれません」  暖冬のため、冬物衣料で苦戦した百貨店では、まだ厚手のコートが売れる時期ですが、すでに春物が人気に。寝具コーナーでは、すでにタオルケットへの問い合わせも多く、花粉症の対策グッズも売れている…
暖冬で規模縮小も…「雪まつり」親子でにぎわう
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 暖冬で規模縮小も…「雪まつり」親子でにぎわう  東京では25日、最高気温が平年並みの10度の見込みですが、各地では暖冬の影響が出ています。  全国的に雪不足が続くなか、茨城県牛久市では「雪まつり」が開かれ、少ない雪でもたくさんの親子連れでにぎわっています。会場には10トントラック2台分の雪が運び込まれ、子どもたちが雪遊びを楽しんでいます。暖冬の影響で雪を運んできた山形県米沢市でも積雪が少なく、今回の雪まつりの会場も雪が例年の半分以下です。このため、「かまくら体験」を中止にするなど規模を縮小しての開催になったということです。
中東派遣の哨戒機が飛行開始 オマーン湾などへ
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 中東派遣の哨戒機が飛行開始 オマーン湾などへ  緊張が続く中東地域で情報収集活動を行うため、海上自衛隊の哨戒機がフライトを開始しました。  日本関係船舶の安全を確保するため、海上自衛隊のP3C哨戒機2機が21日からアフリカ東部のジブチで飛行を開始しました。気温30度を超えるなか、足早に機内に乗り込む隊員は打ち合わせを終えた後、活動地域のオマーン湾などに向けて飛び立ちました。護衛艦「たかなみ」も来月2日に神奈川県の横須賀港を出発し、来月下旬から活動を開始する予定です。今回の派遣期間は約1年で、情報収集活動を目的とした初めての長期派遣となります。
イグアナ“注意報”? 寒さで冬眠し落下の恐れ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 イグアナ“注意報”? 寒さで冬眠し落下の恐れ  「イグアナが木から落ちても驚かないで下さい」という天気予報が発表されました。  この冬一番の寒気に覆われているアメリカ東部のフロリダ州に対して気象局は21日午後、「今夜はイグアナが木から落ちてきても驚かないで下さい」と発表しました。イグアナは体温の調節がうまくできず、気温が7度を下回ると冬眠状態になります。フロリダ州では木の上で眠っていたイグアナが道路や車、さらには歩行者の上に落下する恐れがあり、警戒を呼び掛けています。イグアナは成長すると体重が9キロに達することもあるということです。
パンク?蛇行運転で横転 冬のタイヤに潜む危険性
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 パンク?蛇行運転で横転 冬のタイヤに潜む危険性  走行中に白い煙を上げながらふらついて横転する1台のキャンピングカーがいました。パンクしたとみられていますが、冬のこの時期、タイヤにはある危険が潜んでいました。  先週、愛知県の伊勢湾岸自動車道で撮られた映像。前方をキャンピングカーが走っています。次の瞬間、左右に蛇行して横転してしまいました。人気のキャンピングカーで起きた事故。撮影者によりますと、速度は70キロほどだったといいます。事故はなぜ起きたのか。  千葉県市川市のキャンピングカーレンタル会社で動画を見てもらいました。  ジャパンキャンピングカーレンタルセンター・森下成さん:「走行している時に煙が出ているので(右後輪が)バーストしたと思う。タイヤの横から亀裂が入ってタイヤとしての役割が利かなくなる」  JAFによりますと、冬はタイヤの空気圧が下がります。「気温が下がり空気の膨張率が低下する」とか「冬用タイヤに替えた」などの原因が考えられ、パンクも起きやすくなるといいます。  JAF東京支部・善養寺雅人さん:「かなりタイヤの空気が減っている状態で走ってしまう形になるかと思うので、危険な可能性が高い(パンクしやすい)のではと…」  こちらは実験映像。左が正常のタイヤ。右は空気が少ないタイヤです。ローラーに押し付けて高速回転させ、サーモカメラで見ると、空気が足りないタイヤは温度が大きく上昇。そして、パンクしてしまいました。こうした状況になると、キャンピングカーは乗用車よりコントロールしにくくなるといいます。  ジャパンキャン…