「海堂 スカウト」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

第8話 江頭の陰謀
メジャー 第3シリーズ 第8話 江頭の陰謀 顧問・山田が決めてきた練習試合の相手は、あの海堂高校の2軍!試合前、海堂2軍監督・静香から「指揮をとる江頭の企みに気をつけろ」と警告される吾郎。相手ピッチャーは、昨年の海堂1軍エース・榎本の弟だ。1回裏、吾郎はいきなり海堂打線から連打をあびる。内山や藤井のエラーも出て、聖秀は早くもピンチになるが…。
Episode 22 オレたちのやりかた
テニスの王子様 OVA 全国大会篇 Final Episode 22 オレたちのやりかた D2は乾・海堂vs柳・切原の対決。乾・海堂ペアは「ウォーターフォール」、「トルネードスネイク」とそれぞれの必殺技を放つが柳にことごとく裏をかかれ封じられる。自らの「データテニス」に疑心を抱いてしまう乾。孤軍奮闘する海堂は立海・柳生の「レーザービーム」を放ちついに切原をコート上に倒す。だがその一打によって悪魔(デビル)化した切原は海堂ではなく乾を執拗に攻め続ける。傷だらけのパートナーを見た海堂は…。
第21話 寿也の秘策
メジャー 第3シリーズ 第21話 寿也の秘策 海堂の先発・市原の調子を乱そうとした大河だが、海堂の方が一枚上手だった。試合は0対1で海堂リードのまま、3回裏、草野が初ヒットで出塁する。またまたあっさり盗塁されてしまいワンアウト3塁。前回のバウンド投球はすでに読まれている。そこで吾郎と田代が取った作戦とは…?
第24話 策謀の結末
メジャー 第3シリーズ 第24話 策謀の結末 海堂高校を相手に、ついに1点リードした聖秀。そして海堂は、眉村を登板させる。打席に立つ吾郎は、眉村との勝負に燃えるが…。9回裏、聖秀の勝利まであと3人。追いつめられた海堂は、江頭が選手たちを責め、バント作戦の徹底を命じるが、寿也はその指示に逆らう。そんな寿也に、江頭は野球部からの除名を宣告する。
第10話 新たなる決意
メジャー 第2シリーズ 第10話 新たなる決意 海堂付属中のエース・眉村の圧倒的な実力の前に完敗した吾郎は、海堂高校を受験して、野球部へ入る決意をする。「2人で海堂を乗っ取ろうぜ」と、吾郎は寿也にも海堂を受験するよう誘うが、祖父母に学費の負担をかけたくない寿也はかたくなに拒絶する。だが、寿也の本音を知った祖父母の口からは意外な言葉が…。
第163話 海堂の知らない世界
テニスの王子様 第163話 海堂の知らない世界 いつものように練習にはげんでいる青春学園の面々。とつぜん、桃城の打ったボールが海堂の額を痛打した。気絶してしまった海堂。やっと目を覚ますが、何やら様子がおかしい。さらに、テニスラケットを見ながら、おかしなことを口走りはじめた。周囲を見回し、おかしな言動をくり返す海堂。どうやら記憶がなくなっているようだったが…。
第20話 隙なし!マニュアル野球
メジャー 第3シリーズ 第20話 隙なし!マニュアル野球 ついに始まった海堂との決戦。1回表、海堂の先発・市原を甘く見て、三振する吾郎。田代が打った内野への打球も、ショート・泉が華麗な守備でアウトに。吾郎は、「自分たちの1年間が吾郎の1年間に負けるはずがないという、絶対的な自信がある」という寿也の言葉の意味を理解する。しかし、あくまでマイペースの吾郎は…。
第25話 傷だらけのエース
メジャー 第3シリーズ 第25話 傷だらけのエース 延長に入った海堂戦。だが、審判が「吾郎の足の状態によっては、登板を認めない」と告げる。控え選手のいない聖秀にとって、それは棄権を意味する。吾郎の姿を見かねて棄権しようという田代に、「海堂を倒すために自分がやってきたわがままの責任を、まだ果たしていない」と言う吾郎。それを聞いた山田監督は…。
第26話 夢の舞台へ
メジャー 第3シリーズ 第26話 夢の舞台へ 激闘12回、打倒海堂という吾郎の大きな挑戦は終わった。海堂高校は夏の甲子園で順当に優勝する。それをテレビで見ていた吾郎を、田代が夏祭りに誘い出す。藤井たち聖秀ナイン、そして清水といっしょに祭りを楽しむ吾郎。清水に進路をどうするか聞かれた吾郎は「足を治して、来年プロテストを受ける」と告げる…。
Episode 16 お笑いテニスの恐怖
テニスの王子様 OVA 全国大会篇 Semifinal Episode 16 お笑いテニスの恐怖 続く第2試合は桃城・海堂のD2。対する四天宝寺は小春・ユウジのペア。一見ハチャメチャな小春たちにペースを乱され、実力が発揮できない桃城たち。業をにやした海堂がブーメランスネイクを叩き込むと、あっさりとそれを破る小春。小春はIQ200の頭脳を持つ超データマンだったのだ。恐ろしい分析能力とデータ収集によって海堂のプライベートまで披露する小春に自分たちのペースがつかめないまま、劣勢に陥っていく桃城と海堂。スミレの煽りにひらめいた桃城は隠し持っていたある秘密兵器を…。