「漢A.K.AGAMI」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

両陛下 きょう60回目の結婚記念日 朝から祝賀行事
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 両陛下 きょう60回目の結婚記念日 朝から祝賀行事  天皇皇后両陛下は10日に60回目の結婚記念日を迎えられました。皇居では朝から祝賀行事が続いています。  皇居では午前9時から両陛下の結婚60年にあたっての宮中祭祀(さいし)「祭典の儀」が行われ、皇太子さまや秋篠宮ご夫妻らが出席されました。午前11時から宮殿で行われた祝賀行事には14人の皇族が出席し、皇太子ご夫妻から順に「ご結婚60年、心からお祝い申し上げます」などと天皇陛下と皇后さまにそれぞれお祝いの言葉を述べられました。両陛下は穏やかな表情で「ありがとう」と答えられていました。両陛下は夕方、未成年皇族の愛子さまと悠仁さまの祝賀を受けられるほか、夜には御所で皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻、黒田清子さん夫妻との夕食会が開かれる予定です。
天皇陛下即位30年を祝福 たけしさんが爆笑誘う祝辞
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 天皇陛下即位30年を祝福 たけしさんが爆笑誘う祝辞  天皇皇后両陛下の結婚60年の記念日にあたる10日、陛下の即位30年を祝う「感謝の集い」も開かれた。北野武さんらが参加し、会場は華やかなムードに包まれた。  天皇陛下の在位30年を祝う感謝の集いが行われ、各界からそうそうたるメンバーが参加した。出席者からの祝辞ではノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥京都大学教授。東日本大震災で被災し、両陛下からの訪問を受けたホテルの社長らが両陛下との思い出や感謝を述べた。そして、紋付き袴姿で登場したタレントで映画監督の北野武さんは…。  タレント、映画監督・北野武さん:「祝辞、衆議院。あ!こっちじゃない」  笑いを誘うなど冗談を交えながらも…。  タレント、映画監督・北野武さん:「初めて両陛下のお姿と接したのは平成28年のお茶会の時でした。なぜか呼ばれた私に両陛下は『交通事故の体の具合はどうですか。あなたの監督した映画を見ています。どうかお体気を付けて下さい。頑張って下さい』とお声を掛けて頂きました。ただ、今考えてみれば両陛下がご覧になった映画が不届き者を2人出した『アウトレイジ3』ではないことを祈るばかりです。また、おみやげで頂いた銀のケースに入っているこんぺいとうは今や我が家の家宝になっており、訪ねてきた友人に一粒800円で売っております」  集いに出席されなかった両陛下。夜には皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻、黒田清子さん夫婦と夕食会が開かれるという。
第20話
ファン・ジニ 第20話 芸を失ったジニは、ジョンハンと暮らすために行方をくらます。ジニへの想いを断ち切ることができないピョクゲスと、信頼していたジョンハンに裏切られた王は、それぞれ2人を捜す。山奥で静かに暮らす2人に追っ手が迫る。
第1話
無料
ファン・ジニ 第1話 山奥の寺で母を知らずに育った少女ジニ。母を捜したい一心で三千拝という苦行をやり遂げる。しかし、母を見つけることのできなかったジニは、その帰り道、偶然見た松島(ソンド)教坊の妓生(キーセン)たちの舞に一瞬で心を奪われてしまう。
第3話
ファン・ジニ 第3話 両班(ヤンバン)の少年ウンホは、以前、目にしたジニのことが頭から離れず、松島(ソンド)教坊の周りをうろうろしていると、ついにジニと再会する。一瞬の再会だったが、ジニの名前も知ることができたウンホは思わず顔をほころばせる。
第4話
ファン・ジニ 第4話 ウンホの恋煩いに、友人たちが協力し、ジニとウンホは引き合わされ、2人の恋が始まっていく。その頃、全国の教坊に、器量と技芸を兼ね備えた若い童妓を都の女楽として献上するようお達しが出る。行首ペクムは、悩んだあげくジニを連れて都へと旅立つ。
第5話
ファン・ジニ 第5話 ウンホの母は息子が童妓と会っていると知り激怒する。ジニはウンホの母から、卑しい身分で息子をたぶらかすなと侮辱される。罪人呼ばわりされるようなことをした覚えのないジニはひるまない。それにますます腹をたてたウンホの母は熱湯をかけるが...
第6話
ファン・ジニ 第6話 身分の差から2人の愛は叶わないものだと知りつつも、ウンホから永遠の愛を誓う指輪を贈られたジニは気持ちが揺らぐ。ウンホは母にジニとの結婚を認めてもらおうとするが、母は断固として認めない。一方教坊では都の女楽を決める競演の日が決定したと発表される。
第7話
ファン・ジニ 第7話 ジニはウンホに対する気持ちを貫くため、自ら選んだ妓生(キーセン)への道を捨てる覚悟をペクムに話す。しかし、簡単に認めることのできないペクムは条件を出す。宴でのウンホの行動により、どちらかを諦めろという賭けの申し出に、ジニの気持ちは揺れる。
第8話
ファン・ジニ 第8話 ウンホの婚約者の父であるウスは、ウンホに対して、自分の命を捨ててでもジニが欲しいのかと聞く。ウンホの情熱に、ジニを側においてもいいが、結婚は自分の娘としろと言うウス。しかし、ウンホはその申し出を断るのであった。