「竹達 彩奈 声」の検索結果

今すぐ視聴する

第4話 夏の大収穫祭
ゆるゆり 第4話 夏の大収穫祭 結衣先輩だいだいだ~い好きな吉川ちなつです。きゃっ、私ったらこんなこと大声で言っちゃって恥ずかしい~! さて、期末テストも終わって夏休みなんだけど……はあ、学校がお休みだと結衣先輩に会えなくて寂しいなあ……。もう、夏なんてつまんない! って思ってたら、なんと結衣先輩からお誘いが! きゃ~ん、嬉しいよ~。昼は海で泳いで夜は花火がしたいです! 結衣先輩の水着……! 結衣先輩の浴衣……! よっしゃあ、夏最高!
第10話 「駄菓子じゃねぇか!」
だがしかし 第10話 「駄菓子じゃねぇか!」 ここ数日ほたるが店に現れない。不審に思ったココノツはサヤに連絡、『喫茶エンドウ』にも最近ほたるが来ていないことを知る。心配したサヤと一緒にほたるの家を訪ねる事にしたココノツ。インターホンを何度か押してやっと出て来たほたるは、マスク姿でフラフラ状態だった。驚くサヤに「大丈夫…」と幽けき声で応えるほたる。だが、ココノツの姿を見るとなぜか驚愕し、その場に倒れてしまう。ワケのわからないココノツは、ひとまずほたるを布団に寝かせると、目を覚ますまで待つのだったが…。
第1話 帰って来た主人公
無料
ゆるゆり♪♪ 第1話 帰って来た主人公 アッカリ~ン♪ たくさんの熱い声援にこたえて……あかりたち、帰ってきました~! わ~い、会いたかったよ、みんな~。 思えば、前にアニメ化した時はいろいろあったよね。ふふふ、あかりってば1話から存在感がなくなったり、ちなつちゃんにキ、キキ……キ……されたり、タイトルコールしか出番がなかったり、ドラム缶で山道を転がった……り……して……。 …………………………。 こ、今度はきっと大丈夫! だって1話からちゃんと主人公してるもん! ね? ねっ!?
#3 「俺の友達が眼鏡を外すわけがない」
無料
俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 #3 「俺の友達が眼鏡を外すわけがない」 サプライズのために訪れた沙織のマンションの入り口で、沙織の部屋番号がわからないことに気づいた京介と、それを責める桐乃と黒猫。そんな3人の前に、お嬢様の気品漂う美少女が登場する。京介たちに気づいた途端、顔を覆い、しゃがみ込んでしまったその少女の声は、彼らのよく聞き覚えのあるものだった。
第4話 素直になれないシンデレラ!?
無料
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? 第4話 素直になれないシンデレラ!? クラスメイトの南条真緒は、なんだかこの頃元気がない。元気づけようと声をかける慧輝にもつれない素振りの真緒だったが、それでも翔馬を加え三人でゲームセンターに行くことに。 真緒の久しぶりの笑顔にひと安心の慧輝。翔馬とのゲームに白熱するが、そんな二人を見る真緒の目はどこか意味ありげで……。 “三人ではなく、これからは二人で進みたい…”翔馬と分かれた帰り道、真緒から出た言葉に戸惑う慧輝。突然の豪雨で雨宿りをする二人はふとしたきっかけで口論となり、すれ違いの日々がはじまってしまう。 業を煮やした慧輝が真緒を問い詰めた末、彼女から聞かされた意外な真実は、新たなる恋の幕開けとなるのか……!?
#13 「奈落の淵」
ソードアート・オンライン #13 「奈落の淵」 湖畔で釣りをしていたキリトは、年配のプレイヤー・ニシダに声をかけられる。釣りが趣味だというニシダと意気投合したキリトは、彼に協力して湖に生息するというヌシ釣りに挑むことに。常に最前線で戦いに明け暮れていたキリトとアスナは、ニシダたちとの出会いを通じ、日々を懸命に生きる普通の人々の存在を実感する。トッププレイヤーである自分たちの責任を痛感する2人のもとに、一通のメッセージが届き……。
第2話 ブギーポップは笑わない 2
ブギーポップは笑わない 第2話 ブギーポップは笑わない 2 放課後、帰り支度をしている末真和子に一緒に帰ろうと声かけた木下京子。川沿いの道を歩く末間の後ろを怯えたようについてくる京子は、別の道から帰らないかと提案する。末真はそんな京子に核心をついたかのように、誰かに襲われて殺されるからかと聞く。口を閉ざす京子に対し、事情はわからないが考え過ぎだと末真が言ったとき、二人の元に、ライダースーツに見を包んだ霧間凪がやってくる。有無を言わさず、京子の腕を掴んで地面に組み伏せた凪は、このまま腕をへし折るかと語気を荒げるのだった。
第5話 VSイマジネーター 2
ブギーポップは笑わない 第5話 VSイマジネーター 2 日本の高校に進学するため、海外から日本へと戻ってきた霧間凪の母親違いの弟でもある谷口正樹。 姉からのアドバイスに従って、学校ではあまり目立たないように過ごしていた正樹だったが、 ある日、同級生たちから因縁をつけられてしまう。 街中の路地裏で正樹を取り囲む同級生たちに、ふいに一人の少女が声をかける。 まるで正樹の身代わりを買って出るかのように自らを差し出そうとする少女の名前は織機綺。 正樹はこの出会いをきっかけに、織機との距離を少しずつ縮めていくのだが……。
第17話 オーバードライブ 歪曲王 4
ブギーポップは笑わない 第17話 オーバードライブ 歪曲王 4 床下に降りられそうな入り口を見つけたという田中志郎と共に、その場所までやってきた羽原健太郎。 しかし、入り口の上には道本咲子が倒れていた。 目を覚ました咲子をどかせ、床下へと降りる羽原と志郎だったが、 そこは換気用のスペースで、歪曲王に繋がりそうなものは何もなかった。 ふいに入り口の扉が閉まり、どんな目的があるにしても歪曲の邪魔はさせないという咲子の声が聞こえてくる。 入り口の扉は固く閉ざされてしまい、戻ることができなくなった羽原たち。 そしてさらに何かが閉まる音が鳴り響き……。

おすすめの作品

第4話 「ふがしとふがしと…」 「グリコとグリコと…」
だがしかし 第4話 「ふがしとふがしと…」 「グリコとグリコと…」 ココノツが店に帰ると、目隠しをして両手を縛ったほたるが床を這っていた。驚いて何事か問いただすココノツに、ほたるは「利きふがし」勝負をしようと言い出す。いつもようにほたるのペースにハマり、ココノツも目隠し両手拘束でイザ!勝負に挑む!
第2話 「きなこ棒と生いきビールと…」 「フエラムネとめんこと…」
だがしかし 第2話 「きなこ棒と生いきビールと…」 「フエラムネとめんこと…」 ココノツに店を継がせるためヨウと結託したほたる。さっそく駄菓子の魅力を披露しようと『きなこ棒』を実食する。ココノツに黄粉を零さず食べる方法があると息巻くほたるだったが見事に咽て撃沈。一息ついたところで、『生いきビール』で乾杯しようと言いだすが…。
第3話 「ブタメンとくるくるぼーゼリーと…」 「ボンタンアメとセブンネオンと…」
だがしかし 第3話 「ブタメンとくるくるぼーゼリーと…」 「ボンタンアメとセブンネオンと…」 真夏日。ほたるによって店のエアコンを切られ、なぜか豆も交え『ブタメン』を食べる事になったココノツ。猛烈な暑さに意識は朦朧、「これはいかん!」とほたるを説得して再びエアコンをつけることにしたが、なんとエアコンの電源は入らずで…。
第5話 「ビンラムネとベビースターラーメンと…」 「ヤッターめんとすっぱいぶどうにご用心!と…」
だがしかし 第5話 「ビンラムネとベビースターラーメンと…」 「ヤッターめんとすっぱいぶどうにご用心!と…」 真夜中。ココノツは店内で謎の粉を取引するほたるとヨウを目撃する。粉の名前は『ビンラムネ』。その美味しさゆえに『ビンラムネ』中毒に陥っていたヨウは、「きれいな体で戻ってくる」とココノツに言い残し、出頭さながら店を出て行くのであったが…。
第6話 「超ひもQとおはじきと…ときどきまけんグミ」 「ヨーグレットとココナツと…」
だがしかし 第6話 「超ひもQとおはじきと…ときどきまけんグミ」 「ヨーグレットとココナツと…」 ほたるに呼ばれ、寺で〝遊びを許された駄菓子〟で遊ぶ事になったココノツ、サヤ、豆。遊びの才能があるサヤは、『超ひもQ』では東京タワーをつくり、『おはじき』をすれば高い取得率と他の三人を圧倒していく。そんなサヤに、ほたるはある提案をするのだが…。
第7話 「夏祭りとほたると…」 「夏祭りとサヤと…」
だがしかし 第7話 「夏祭りとほたると…」 「夏祭りとサヤと…」 夏祭りを明日に控え、ココノツは毎年出店しているもんじゃ焼きの屋台を設営するため、ヨウと共に神社へ来ていた。そこで偶然ほたるに出会い、『もんじゃ焼き』と駄菓子屋の深い繋がりを聞く。そして、ほたるがお祭りに行った事がないと知り…。
第11話 「コーラガムとヨウと…」 「都こんぶとラムネと…」
だがしかし 第11話 「コーラガムとヨウと…」 「都こんぶとラムネと…」 ある日、ココノツは何気なくヨウをスカウトしにきた理由をほたるに訊ねる。その理由を見せてあげると言うほたるに従い、ココノツは、ほたるとその場にいたサヤと共に、憩い場の段ボールに隠れてヨウの様子を観察する事にする。
ソードアート・オンライン Extra Edition
ソードアート・オンライン Extra Edition ソードアート・オンライン Extra Edition クジラが見たいというユイのために《ALO》での水中クエストに挑むことになったキリトたち。しかしここで驚愕の事実が。以外にもリーファ……直葉は水が苦手だったのだ。アスナたち女性陣は、現実世界のプールで直葉の水泳特訓をすることに。一方同じ頃、キリトはある人物と対面していた―――。
#03 問題は山積み
五等分の花嫁 #03 問題は山積み 三玖と打ち解けた風太郎は、この調子で他の五つ子とも仲良くしようと勉強会を開く。 そこへ風太郎のことが気に食わない二乃が、邪魔に入ってきた! 風太郎を助けたい三玖が、負けたら邪魔をしないことを条件に二乃と料理対決をすることになり…
#05 全員で五等分
五等分の花嫁 #05 全員で五等分 花火が始まっているのに、バラバラに逸れてしまった五つ子。そんな中一花は『みんなと一緒に花火を見られない』と告げ、一人離れようとする。放ってはおけないと風太郎は一花を追いかけていく内に、自分と五つ子との関係について一つの答えを導きだす。