「竹達彩奈 アニメ」の検索結果

今すぐ視聴する

第3話 ウチくる!?・・・いくいくっ!
ゆるゆり 第3話 ウチくる!?・・・いくいくっ! どうも、船見結衣です。ところで、これを初めて見る人に言っておくけど、2話のあらすじは嘘八百だから信用しなくていいよ。 それにしても、あかりやちなつちゃんといった後輩ができたのに、今日も宿題を忘れてきたりして、京子は全然成長しないな。まあ、せっかくの日曜だし、京子のことは忘れてのんびりとするかな……って、なんでおまえがうちにいる!? やれやれ、あかりにちなつちゃんも加わって、どんな日曜になることやら。
第5話 あかりとかミンミンゼミとかなく頃に
ゆるゆり 第5話 あかりとかミンミンゼミとかなく頃に 七森中学校生徒会副会長の杉浦綾乃です。 まったくもう、一学期は歳納京子に振り回されて、ホ、ホントに散々だったわ! 夏休みの間は顔も見なくてすむかと思うと、すごく、すっごく、気が楽……あら、電話? えっ、歳納京子!? わ、私を急に呼び出すだなんて、な、何を考えているのかしら……(ドキドキ) ま、まあ、仕方ないからつきあってあげる……って、どこまで連れて行く気よ~~~~~!? 夏休みまで歳納京子に振り回されるなんて、もう、勘弁カンベンカンボジアなんだから!
第6話 あーと☆あーたー☆あーちすと
ゆるゆり 第6話 あーと☆あーたー☆あーちすと 生徒会の池田千歳いいます。皆さんにはいつもお世話になってますなあ。 さて、歳納さんたちは芸術の秋ということで、何か面白そうなことしとるみたいやねー。芸術かあ。せっかくだし、綾乃ちゃんも一緒に芸術すればええのになあ。 たとえば歳納さんが綾乃ちゃんをモデルに、絵を描いた(ブバアッ!)り、彫刻を彫っ(ブッシャアッ!)たり、二人の恋物語を書いてみ(ボタボタボタ)たりとかどうやろ? うふふ、最高や、芸術の秋……(バタッ!)。
第7話 くり済ませり
ゆるゆり 第7話 くり済ませり みんなよく聞け! 私が生徒会次期副会長、大室櫻子だぞ! 杉浦先輩の後継者は私しかいなーい! さて、早いもので今年ももうすぐ終わり……って、あれ? 生徒会選挙ってやったっけ? ……まっ、べつにいいか。 今日は楽しいクリスマスだしね。今年こそサンタが来るまで寝ないで、プレゼントをごっそりいただく! でもその前に、生徒会とごらく部の合同ドキドキシャッフルデートがあるんだよね。 私の相手はあかりちゃんかな? それともちなつちゃ……って、おまえかよ!? ちっ!
第8話 エイプリルフール
ゆるゆり 第8話 エイプリルフール 皆さん、櫻子にだまされてはいけませんわ。生徒会次期副会長の座は、櫻子ではなくこの私、古谷向日葵のものです! さあ、季節は春。新しい出会い、新しい生活、新しい自分の始まりですわ。私も新一年生として……って、新しい……スタート? ……まあ、べつにいいですわ。 それよりも、次期副会長となるためには、しっかり仕事をやりませんと。 あっ、池田先輩、ちょうどいいところに。この書類なんですが……って、あら? 池田先輩……ですよね?
第10話 修学旅行というが、私たちは一体何を学び修めたのだろう
ゆるゆり 第10話 修学旅行というが、私たちは一体何を学び修めたのだろう …………………………。 『生徒会長の松本りせです。よろしく』と言ってるぞ。ああ、ちなみに私は理科教師の西垣奈々という。爆友、年中無休で募集中だ。 …………………………。 なに? 『二年生の後輩が修学旅行中で生徒会室が静かで寂しい』だって? よし、それなら私がかわりに騒いでやろうじゃないか。 …………………………。 いや、お茶なら私がいれよう。なに、たまには実験以外で調合するのも悪くな―― ドッカアァァァァァァァァァァンッ!
第11話 わたしたちのごらく部
ゆるゆり 第11話 わたしたちのごらく部 歳納京子です。ごらく部の部長を務めさせてもらっています。 今日もごらく部にはみんなが勢揃い。結衣がいて、あかりちゃんがいて、ちなつちゃんがいて、そして……私。う~ん、みんなと一緒にいるのはとても楽しい時間だけど、やっぱり遊んでばかりじゃ駄目ね。それに、そもそもここは茶道部の部室なんだもの。ルールはちゃんと守らないといけないわね。 ……よし、決めたわ。 みんな、聞いて。 このごらく部は、今日を限りに――
#01 五等分の花嫁
無料
五等分の花嫁 #01 五等分の花嫁 家が貧乏な高校二年生・上杉風太郎のもとに、好条件の家庭教師のアルバイトの話が舞い込む。ところがその教え子は最悪な出会いを果たした同じクラスの転入生、中野五月だった!何とか五月のご機嫌を取ろうと近づく風太郎だが、行く先々に現れる四人の女の子たちに振り回されてしまう。どうにか五月のもとまで辿りついた風太郎だったが…
#1 ビッグカツとペペロンチーノと…
無料
だがしかし2 #1 ビッグカツとペペロンチーノと… 木枯らし吹くころ、荒れ果てたシカダ駄菓子の前でココノツは数ヶ月前を振り返る。  それはまだ暑い夏の日、お昼のメニューを考えながら「とんかつ……」と呟いたココノツの前に、その言葉に召喚されたようにほたるが現れ、駄菓子揚げ物界のレジェンド「ビッグカツ」の誕生秘話を語りだしたのだった。
#3 ベーゴマと追憶と…
無料
だがしかし2 #3 ベーゴマと追憶と… ベーゴマで遊ぶココノツと豆。なかなかうまくいかない。するとそこにバケツを抱えたほたるが登場。いきなりスカートをはずし、バケツにかぶせてベーゴマの台を作った。ベーゴマ道を極めたと自ら言うほたるは、ベーゴマのうんちくを語りつつココノツ達に勝負を挑むのだが……。
#4 ホームランバーと花火大会と…
無料
だがしかし2 #4 ホームランバーと花火大会と… 花火大会の日、真剣にアイスボックスを覗き込むほたる。今日こそホームランバーの当たりを引こうとしていたのだ。皆で花火に行こうと言われていたココノツは「花火を見に行こう」とほたるを誘うが、返ってきたのは「2人で?」という言葉。否定できぬまま、ココノツはほたるを乗せて自転車を漕ぎだした。
#6 ビニコンと求人情報誌と…
無料
だがしかし2 #6 ビニコンと求人情報誌と… コンビニに視察に行くココノツ・サヤ・豆。出迎えたのはやたらテンションの高い店長、紅豊だった。コンビニには似つかわしくない高級洋菓子をならべ自慢する紅豊。それを聞いたココノツは、つい「駄菓子のような安いものの方が、客が喜びます」と言ってしまう。
#10 紋次郎いかと漫画原稿と…
だがしかし2 #10 紋次郎いかと漫画原稿と… インターネットで注文を受け、病院に駄菓子を届けに行くココノツとハジメ。尋ねた病室にいたのは父ヨウだった。送り主もわからぬまま好物の「紋次郎いか」を食べるヨウ。その帰り際、「最近マンガ書いてんの?」とヨウに聞かれ、ココノツは仕事に追われマンガを書いてないことに気付いた。
#11 ホームランバーの当り棒と雪と…
だがしかし2 #11 ホームランバーの当り棒と雪と… 出張マンガ審査会に間に合うよう、皆の協力を得てマンガを描き上げるココノツ。早速審査会に行くが、編集者から戻ってきた言葉は辛辣だった。「いったい何やっているんだろう……」と落ち込むココノツ。さらにその帰り道、雪で電車が止まる。駅の待合室で悶々とするココノツ。そこのあらわれたのは……。
#12 ただいまとおかえりと…
だがしかし2 #12 ただいまとおかえりと… ほたると再会し、つい自分の弱さをさらけ出してしまうココノツ。落ち込んだココノツの前にほたるが差し出したのは、「スーパーマリオくんコミックガム」。それを読んでつい笑ってしまうココノツ。「ブタメン」を食べつつ、駅の待合室でほたると過ごすココノツ。不思議でやさしい一夜がすぎて行く。
第8話 「俺の妹がこんなにアニメ化なわけがない」
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第8話 「俺の妹がこんなにアニメ化なわけがない」 作家デビューした桐乃。読者からの反応も上々だったが、担当編集者からさらにうれしい報告をされる。彼女が書いた小説がアニメ化されることになったのだ。アニメスタッフとの最初の打ち合わせに黒猫と沙織をともなって参加する桐乃。しかし、打ち合わせは思わぬ方向に進んでしまう。
第1話 帰って来た主人公
無料
ゆるゆり♪♪ 第1話 帰って来た主人公 アッカリ~ン♪ たくさんの熱い声援にこたえて……あかりたち、帰ってきました~! わ~い、会いたかったよ、みんな~。 思えば、前にアニメ化した時はいろいろあったよね。ふふふ、あかりってば1話から存在感がなくなったり、ちなつちゃんにキ、キキ……キ……されたり、タイトルコールしか出番がなかったり、ドラム缶で山道を転がった……り……して……。 …………………………。 こ、今度はきっと大丈夫! だって1話からちゃんと主人公してるもん! ね? ねっ!?
第2話 「俺が妹とオフ会に行くわけがない」
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第2話 「俺が妹とオフ会に行くわけがない」 クリアを命じられたゲームを進めていないことを問い詰められた京介は、桐乃にはオタク趣味を隠すことなく話せる友人が必要だと考える。幼なじみの麻奈実からのアドバイスで、SNSのオタク系コミュニティに登録し、コミュニティの管理人から誘われたオフ会に参加する桐乃だが…
第3話 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第3話 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」 オフ会で「黒猫」と「沙織・バジーナ」という初めてのオタク友達をみつけた桐乃。思う存分、オタク趣味を語りあい、充実した日々を過ごす。そんな桐乃の様子を見た京介は安心する「人生相談」も終わり、元の日常にもどるかと思われた、ある日。京介が帰宅するとただならぬ気配が…。
第4話 「俺の妹が夏コミとか行くわけがない」
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第4話 「俺の妹が夏コミとか行くわけがない」 ある日、高坂家に桐乃の表の友人、新垣あやせと来栖加奈子が遊びにやってくる。桐乃から友人たちとは顔を合わせるなとキツく言われる京介。そこに宅配便が届くが、高級化粧品の外箱に惑わされた桐乃は京介から荷物を奪い取る。実は荷物は沙織・バジーナからのもので、表の友人には決して見られてはならないものだった。
第5話 「俺の妹の親友がこんなに××なわけがない」
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5話 「俺の妹の親友がこんなに××なわけがない」 楽しかった夏コミの帰り道。そこで偶然であったのは、親友・新垣あやせだった。黒猫と沙織・バジーナの機転にも関わらず、動揺のあまり桐乃は、あらぬことを口走ってしまう。その場を立ち去ろうとする桐乃と京介だが、あやせは追いすがる。押し問答となるうちに同人誌を詰め込んだ紙袋が破れあたりに散乱してしまう。
第6話 「俺の幼馴染みがこんなに可愛いわけがない」
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第6話 「俺の幼馴染みがこんなに可愛いわけがない」 友人の赤城から麻奈実との関係について問われる京介。恋愛関係ではないが、他人に取られるのはイヤだと答える京介に、呆れる赤城。そんなおり麻奈実の実家の和菓子屋でフェアを開催することになり、新しい菓子の試食することになった京介。自分の家より居心地の良い麻奈実の実家で心やすらぐ時間を過ごす。
第7話 「俺の妹がこんなに小説家なわけがない」
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話 「俺の妹がこんなに小説家なわけがない」 ある日、帰宅した京介は、なぜかリビングで一人たたずむ黒猫に驚く。「星くず☆うぃっちメルル」を鑑賞するために高坂家にやって来たのだが、桐乃と黒猫、それぞれの創作物に関することでけんかになってしまったのだ。仲裁のためそれぞれの言い分を聞いてみる京介だったが……。
第9話 「俺の妹がこんなにエロゲー三昧なわけがない」
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第9話 「俺の妹がこんなにエロゲー三昧なわけがない」 ここ数日、妙にそわそわとしている桐乃。その原因は、注文した妹ゲームが届かないことだった。ようやく届いたゲームにテンションMAX状態になる桐乃。一方、そのころ黒猫は自宅で妹の世話をしていた……。 桐乃、京介、黒猫、沙織、あやせ達のある一日を描く。
第10話 「俺の妹がこんなにコスプレなわけがない」
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第10話 「俺の妹がこんなにコスプレなわけがない」 ある日突然、京介はあやせから呼び出される。桐乃にプレゼントをしたいが、何が一番喜ぶか教えてほしいというのだ。リサーチのため、黒猫、沙織と秋葉原を探しまわる京介。なかなか見つからないが、ついに黒猫が最高のプレゼントに相応しいものを見つける。それは……。
第11話 「俺の妹がこんなにメイドなわけがない」
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第11話 「俺の妹がこんなにメイドなわけがない」 母親から買い物を頼まれた京介は、スーパーで麻奈実と出会う。そしてその場の話の流れから、久しぶりに麻奈実が高坂家に遊びに来ることに。だが当日、麻奈実がやって来たことを知って、桐乃が機嫌を悪くする。そして、桐乃は突然、ある行動に出るのだった……。
第12話 「俺の妹の人生相談がこれで終わるわけがない-GOODEND-」
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第12話 「俺の妹の人生相談がこれで終わるわけがない-GOODEND-」 先日の一件以来、桐乃との関係が良くなったことに落ち着かない京介。あやせや沙織、麻奈実に問いかけるが、その答えに納得できないでいた。そんなある日、桐乃から「最後の人生相談」を持ちかけられる。
#1 「俺の妹が再び帰ってくるわけがない」
無料
俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 #1 「俺の妹が再び帰ってくるわけがない」 留学先のアメリカから、京介に連れ戻される形で帰国した桐乃は、再会に沸く新垣あやせをはじめとする友人たちに囲まれ、次第に日常を取り戻していく。対照的に、一年前の関係に戻ったかのように自分を無視し続ける桐乃の態度に釈然としない京介。そんな京介に対し、桐乃は…。
#5 「俺が妹の彼氏なわけがないし、俺の妹に彼氏がいるわけがない」
無料
俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 #5 「俺が妹の彼氏なわけがないし、俺の妹に彼氏がいるわけがない」 桐乃から彼氏になってほしいという告白をされ戸惑う京介。しかしそれには理由があった。正確には彼氏のふりをしてほしいという要求だったのだ。桐乃の彼氏として、街中をデートすることになった京介だが、その途中でさまざまな人たちに目撃されてしまい…。
#6 「俺の妹が家に彼氏をつれてくるわけがない」
無料
俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 #6 「俺の妹が家に彼氏をつれてくるわけがない」 コミケで偶然遭遇した青年・御鏡は、ファッションモデル兼デザイナーで桐乃の知り合いだった。親しげに、オタク話を楽しそうに話す二人を見ているうちに、桐乃と御鏡の関係について京介は思いをめぐらせる。そんな京介に桐乃の口から衝撃の事実が告げられる。