「美女 出会い」の検索結果

今すぐ視聴する

第16話
擇天記(たくてんき)~宿命の美少年~ 第16話 大朝試を見据え、聖后の兄の天海承武は息子の牙児に龍の精魂でできた玉佩を渡し、精魂を体に取り込ませ功力増強を図る。精魂が取り込まれたことでダメージを受けた小黒龍を助けるため、一計を講じた陳長生たちは、見事に牙児から玉佩を奪い返す。ついに小黒龍は自由の身となるのだった。 その頃、徐有容は秋山君とともに周園の鍵の行方を追っていたが、星盤が反応し周園の入り口を見つける。すると神識で周囲を探る有容の前に、ある先達の姿が現れる...。
第17話
擇天記(たくてんき)~宿命の美少年~ 第17話 ついに大朝試が開幕。第一関門で国教学院は妨害を受けるも、長生の活躍により離山剣宗に続き2位で突破、第二関門の迷宮でも長生が謎を解き終点へと到着する。長生に先立ち離山剣宗の苟寒食が旗を奪うが、突如、魔族が現れ離山の弟子は襲われてしまう。 そこへ助けに入った長生だったが、その間に終点に到着した天海牙児と旗の奪い合いとなり 旗は折れてしまう。決着がつかぬ中、決戦への最後の切符を賭け、長生は牙児に有利な条件で戦うことになるが...。
第18話
擇天記(たくてんき)~宿命の美少年~ 第18話 大朝試の決勝戦に残ったのは離山剣宗の苟寒食と陳長生だった。2人は教宗の用意した青葉の世界で激突、この小世界の真意をつかんだ長生は、通幽の境地に達し苟寒食を破る。 ついに長生は大朝試の首位に立ち、唐三十六と共に天書陵への修行の機会を獲得、聖后より国教学院の新たな院長に任命されるのだった。一方、長生の勝利を喜ぶ有容は、周の一番の秘密ともいえる星盤大陣の間に通される。聖后は星盤大陣を引き継ぐことが有容の使命だと伝え...。
第19話
擇天記(たくてんき)~宿命の美少年~ 第19話 大朝試が終わり、狩りに出かけた陳長生たち。しかし、天海牙児が神器の弓と矢を持ち出して長生をつけ狙う。牙児の放った毒矢を受け、倒れたのは唐棠であった。 意識を失い、死を待つばかりの唐棠の姿を見て、自分の気持ちに気づく莫雨。母が残してくれた花嫁の靴を、祈るように見つめるのだった。解毒の薬は調合が難しく、長生は自らの血を与えることに。命を取り留めた唐棠は、長生の体を思って複雑な気持ちになる。互いを気遣う2人の友情はますます深まっていく。
第20話
擇天記(たくてんき)~宿命の美少年~ 第20話 大朝試で首位を得て、ついに凌虚閣で悟りの機会を得た陳長生は、20歳まで生きられないという自らの宿命を変えるために、伝説の達人・周独夫の手記を探し出す。しかし、さまざまな難関を越えて手にした手記に書かれていたのは、思いもよらない方法であった。 そんな時、唐棠の口から長生の宿命を聞いた白落衡は、凌虚閣にいる長生のもとへ駆けつけるが、徐有容と親しげな姿を目にして落胆する。一方、有容も長生の想いを知り、心を揺さぶられていた。
第21話
擇天記(たくてんき)~宿命の美少年~ 第21話 天書陵へやってきた陳長生たちは、19年も碑の守人を務める荀梅と出会う。亡き王破との勝負に執着していた荀梅だったが、長生の言葉に感じ入り天書陵の頂に挑むも、最後は周最強の神将である汗青の前に散る。 他の弟子たちが次々と碑の解読を進める中、長生だけは主流と呼ばれる解読の方法に疑問を抱いていた。そこへ凌虚閣に残されていた周独夫の黒石が、長生をある場所へと導く。そこにはかつて周独夫も解読した伝説の第18の碑が存在していた...。
第22話
擇天記(たくてんき)~宿命の美少年~ 第22話 伝説の第18の碑を見つけた陳長生は、一気に天書碑をすべて看破、昼間に満天の星が輝くという現象を起こす。だが長生を黒袍から守った徐有容は、永夜花の毒に侵され手の施しようがない状態に陥ってしまう。 長生はまたも自らの血を使い有容を死から救うのだった。目覚めた有容は長生を案じ国教学院へ向かうが、すでに長生の余命はいくばくもない状況だった。長生は最期に師匠や余人師兄と今生の別れをするため、有容と共に神都をあとにする。
第23話
擇天記(たくてんき)~宿命の美少年~ 第23話 有容を連れて西寧鎮に戻った陳長生だったが、かつて暮らした家はもぬけの殻になっていた。有容と思い出の地を回った長生は、散らばっていた昔の有容の文から、師匠が結界で山を守っていたことで、有容の思いが自分に届かなかったことを知る。 その後、師兄の余人と再会を果たした長生は、師匠が残した功法の力を得て余命を回復し、神都へ戻るのだった。そして長生は、国教学院の石版が天涼郡の地図であり、周園の場所を示していると突き止める。
第25話
擇天記(たくてんき)~宿命の美少年~ 第25話 陳長生の命を救うため、妖族の王である父親の力を借りようとした白落衡。しかし白帝にも長生の宿命を変えることはできなかった。長生の最期に寄り添うため、落衡は再び神都へ向かう。 一方、天海幽雪は周園の結界が壊れそうになっていることを察知、周独夫の残した剣や書、そして星図を持ち出すために、院生たちを周園に派遣する。しかし、周園に先回りしていた魔族により、院生たちは次々と殺されてしまう。南客によって魔種を埋め込まれた秋山君は...。
第26話
擇天記(たくてんき)~宿命の美少年~ 第26話 魔種を埋め込まれていた秋山君は、周園の強い力に惑わされ、誤って弟弟子である関飛白を刺し殺してしまう。その一部始終を見ていた黒袍は、関飛白殺しの罪を陳長生に着せるように唆し、更に秋山君の心を乱す。 その頃、陳長生は離山剣宗の七間と行動を共にしていたが、そこへ魔族を引き連れた秋山君から襲撃を受けてしまう。何とか七間を逃がした陳長生だったが、激しい秋山君の攻撃を受けた上、その場を目撃した天道学院の荘換羽からも剣を向けられ...。
第27話
擇天記(たくてんき)~宿命の美少年~ 第27話 陳長生と徐有容は、日の沈まぬ草原を経てようやく周独夫の墓へとたどり着く。墓の中には周独夫が集めたとされる伝説の名剣が眠っていた。2人は剣池を通りすぎ、いよいよ奥の棺の間へと向かう。 一方、2人を追う黒袍は、墓の外に南客たちを待機させ自ら中へと進む。すると黒袍の持つ魂木に反応して棺が開く。その頃、周園に残されている院生たちと合流した秋山君は、長生が魔族の回し者であり弟弟子の関飛白を殺したと苟寒食たちに告げ...。
第28話
擇天記(たくてんき)~宿命の美少年~ 第28話 黒袍たちと戦いを繰り広げる陳長生は、剣池に眠る剣を味方につけ黒袍たちを撃退するが、剣が放たれたことで周園は崩壊し始める。その時、凌虚閣で見つけた黒曜石の破片が長生たちを再び墓の中へといざなう。 破片は更に17つの破片を呼び、なんと長生たちの前に周独夫の星図が現れるのだった。星図を記憶した長生は、石板の力で有容と魔族の地に移動する。その頃、秋山君は黒袍から、長生が持つ星図を自分に渡せば長生を殺す手助けをすると持ちかけられ...。
第29話
擇天記(たくてんき)~宿命の美少年~ 第29話 周園から逃れた陳長生と徐有容は魔族の地に飛ばされた。はるか遠い神都を目指して、2人だけの旅が始まる。感情を押し殺してきた有容は己を解放し、そんな有容と共に過ごす幸せを噛みしめる長生。 しかし、死は刻一刻と近づいてくるのだった。そんな中、かつて周独夫が死人をも生き返らせる丹薬を作ったと聞き、丹炉峰へ向かう2人。一方、秋山君が魔族に通じていることを知る七間が目を覚まし、陳長生の無実を訴えるが苟寒食は信じようとせず...。
第30話
擇天記(たくてんき)~宿命の美少年~ 第30話 ついに周独夫の丹炉を見つけた陳長生と徐有容。霊薬を作ろうとするが、丹炉に火を点けるには天鳳か真龍の血が必要だった。有容は長生を救うため、我が身を顧みず、血を錬成しようとする。 弱った2人のもとへ秋山君がやってきた。周園で仲間を殺したのは本意ではなかったと言う秋山と、真実を知る長生。有容はただ「長生を信じる」と告げるのだった。秋山から長生がすでに星図を見つけていることを聞いた黒袍は、ある策を使って長生を追い詰めようとする。
第31話
擇天記(たくてんき)~宿命の美少年~ 第31話 黒袍は陳長生たちを丹炉峰に閉じ込めるため、地形と一体になった強力な結界を張る。3日以内にこの結界を破らなければ、閉じ込められた長生たちは丹薬になってしまうという。何とか結界を破る方法を探る長生と有容だったが、長生は無理がたたり五感を失ってしまう。 有容は長生を救うため、自らの血を大量に使った丹薬を長生に飲ませる。無事に目覚めた長生は、五感を失っていた間に研ぎ澄まされた神識の力を使い、仲間と一緒に命星をともして結界を破る方法を思いつく。
第32話
擇天記(たくてんき)~宿命の美少年~ 第32話 陳長生や徐有容は、丹炉峰に集まった落落、唐三十六たちと協力して見事、黒袍の結界を破る。有容は莫雨や唐三十六と、長生は落落たちとそれぞれ二手に分かれ神都へと向かうが、神都に戻った長生は早速、聖后から参内を命じられる。そこで長生を待ち受けていたのは、長生が魔族の回し者だと糾弾する秋山君と、長生に疑いの目を向ける諸臣百官であった。そして有容と七間が長生の無実を主張するも、黒袍と結託した秋山君により長生の体からは魔気が検出され...。
第33話
擇天記(たくてんき)~宿命の美少年~ 第33話 六感を失ってしまった陳長生は、星図を記憶していることから厳重な法陣が敷かれた牢に投獄される。一方、長生の見張り役となった秋山君は、長生に恨みを持つ天海牙児に牢の通行証を密かに渡す。 その頃、徐有容は落落や唐十三たちと共に長生を牢から救出する作戦を練っていた。そして作戦決行の夜、長生を殺しに来た牙児を利用し、落落たちは無事長生を牢から連れ出し、神都の包囲網を突破する。
第34話
擇天記(たくてんき)~宿命の美少年~ 第34話 牢から陳長生を救い出した白落衡たち。徐有容は長生たちを神都から逃すべく決死の思いで聖后に立ち向かうが、圧倒的な力の差を見せつけられる。吹き飛ばされ、身に着けていた血の首飾りが有容のもとを離れる。 幼き頃、長生が有容に贈った物だった。それを手にした聖后の顔色が変わる。血のつながりを感じたのだ。まさか、長生は行方の知れない皇太子なのか。一方、落衡たちは六感を失った長生を連れ、追っ手の妨害に遭いながらも妖族の地を目指す。
第35話
擇天記(たくてんき)~宿命の美少年~ 第35話 全ての感覚を失ってしまった陳長生。師匠の痛ましい姿を見かねた白落衡は、妖族の聖地である神山へ向かう。神殿にいたのは不思議な力を持つという女神だった。長生の五感を取り戻す代償として、女神は白落衡にある選択を迫る。 一方、我が子であるはずの長生よりも星盤大陣を重んじる聖后・天海幽雪の言葉を聞いた徐有容は、聖后と星盤の関係に疑念を抱き始めていた。そんな時、魔族と結託した罪で投獄されていた唐海のもとを黒袍が訪れる。
第36話
擇天記(たくてんき)~宿命の美少年~ 第36話 陳長生は妖族の経脈の欠陥を完全に解決するため、神識を高めて経脈を突く方法を白帝に授ける。その頃、黒袍と南客率いる魔族が密かに白帝城へと潜入していた。白帝の命を狙う魔族は唐海を使い、唐三十六から周独夫の法具である紅銅傘を奪う。紅銅傘は命星と命星の主を遮断できるため、命星から力を得ている白帝にとって紅銅傘を使われることは致命的であった。そして満月の夜、突然命星を感じられなくなった長生は、白帝に危機が迫っていることを知る。
第37話
擇天記(たくてんき)~宿命の美少年~ 第37話 白帝を殺すため宮殿に潜入した黒袍は、命星から遮断され力の落ちた白帝に攻撃を仕掛ける。だが間髪のところで唐三十六が紅銅傘を取り戻したため、妖族は魔族を撃退するのだった。 一方、徐有容が天書陵に軟禁されていることを知った陳長生は、危険を顧みず仲間と共に神都へ戻る。長生の帰還を知った聖后は、すぐさま長生を参内させ星盤大陣の間へと連れて行く。そして長生こそ、自分が周を守るために手放した皇太子であると告げるのだった...。
第38話
擇天記(たくてんき)~宿命の美少年~ 第38話 聖后から身の上を明かされた陳長生だったが、星図を渡すことを頑として拒んだために、またも投獄されてしまう。その頃、離山剣宗に戻ってきた七間は、秋山君が関飛白を殺したのではないかと苟寒食に告げる。 一方の長生は、星図を渡さないことで有容の身に危険が及ぶことを案じ、有容に会わせる条件で星図を渡すと聖后に告げる。そして聖后と共に有容に会いに行くと、天書陵の力を利用して有容と逃げ出すことに成功し、国教学院に身を隠すが...。
第39話
擇天記(たくてんき)~宿命の美少年~ 第39話 星盤大陣に魅入られ、徐々に正気を失っていく聖后。その裏では、大陣を狙う者たちがうごめいている。とうとう秋山君の正体を知った苟寒食は、改心するよう説得するが、努力もむなしく魔族により崖から突き落とされてしまう。 一方、徐有容から頼まれた莫雨が、秋山君が魔族の回し者である証拠をつかもうとする。しかし、狡猾な魔族の罠にかかって失敗し、職を秋山君に奪われる。陳長生を追う秋山君。逃げる長生たち。両者の攻防が繰り広げられる。
第40話
擇天記(たくてんき)~宿命の美少年~ 第40話 逃げ場を失い、教宗のもとに身を寄せた陳長生たち。聖后の命令を受け長生たちを追い詰めた秋山君だが、ついに魔族と通じていたことを自ら明かしてしまう。疑いは晴れたものの、聖后に星図を渡すことをかたくなに拒む長生に対し、教宗は聖后と星図の力を借りて病を治すべきだと説く。 一方、長生が行方不明だった皇太子であると知った天海承武は、天海家の権力を守ろうと立太子について聖后に進言。だが聖后の反応は驚くべきものであった。
第41話
擇天記(たくてんき)~宿命の美少年~ 第41話 皇位を狙う天海承武は、伏蛇首領の入れ知恵により、蜃月の香を使って聖后暗殺をもくろむが、夢に入るには聖后か陳長生の血が必要だった。そこで天海家は落落をさらい長生をおびき出す。 救出にやってきた長生は捕らえられてしまい、金ジイも伏蛇首領に殺されてしまう。長生の血を手に入れた天海承武と牙児は、早速 蜃月の香を作り聖后暗殺を進める。一方の有容たちは長生の行方を追っていたが、なんとたどり着いた先はあの玄幽子の丹房だった。
第42話
擇天記(たくてんき)~宿命の美少年~ 第42話 聖后の夢に入った天海承武は、夢を支配し聖后に反撃の隙を与えない。牙児も兵を率いて皇宮に乗り込み、聖后は絶体絶命の危機に陥るが、そこへ陳長生と徐有容が救出に現れる。 天海承武は奥の手を使って大勝負に出るが、ついに野望は尽き、最後は実の妹である聖后の手によって死ぬ。皇宮でも聖后の簪が牙児の心臓を射抜き、天海家は一掃されるのだった。無事に夢から覚めた聖后と改めて再会を果たした長生は、初めて聖后のことを“母”と呼び...。
第43話
擇天記(たくてんき)~宿命の美少年~ 第43話 ますます星盤大陣の力に支配されるようになった聖后に、陳長生は大陣から距離を置くよう説得する。聖后の苦悩を知った莫雨は、天下の主でいたいか母親でいたいか、本心に従ってほしいと進言する。 一方、唐三十六は莫雨の計らいで、刑に服する父親に密かに面会し、唐家の再建を誓う。その頃、落落は、長生との残り少ない時間を共に過ごすために何かにつけ長生のそばにいたが、聖后と大陣のことで頭がいっぱいの長生は、つい落落を突き放してしまい...。
第44話
擇天記(たくてんき)~宿命の美少年~ 第44話 星図を使って星盤大陣を修復しようとする陳長生。しかし、大陣の暴走を抑えることができず、傷を負ってしまう。打つ手がなくなれば自分の命を捧げる覚悟でいる長生だが、残される聖后の気持ちも考えるようにと教宗に諭される。 徐有容は、大陣によって傷つく長生の身を案じながらも、応援しようと決意する。迫りくる魔族の軍を足止めすれば、大陣を直すまでの時間を稼げるはず。そこで有容は危険を冒して魔族の地へ足を踏み入れるのだった。
第45話
擇天記(たくてんき)~宿命の美少年~ 第45話 出陣を食い止めるため、魔族の地へ足を踏み入れた徐有容は、秋山君と南客の結婚式に乱入。絶体絶命に陥った有容を救うため、秋山君は味方となったはずの南客に再び刃を向けるのだった。 秋山君に裏切られた南客は目覚めた黒袍の指揮のもと、人族の地・神都に大軍を差し向け、ついに魔族と人族の戦が再び始まった。それぞれの思いを抱き、国教学院の仲間たちも戦地へ向かう。苦戦が続く中、教宗と長生は聖后にある申し出をする。
#3:浅草デートで新たな恋が始まる?!
偏愛リアリティショー フェチ恋 #3:浅草デートで新たな恋が始まる?! 恋愛ではなく...偏愛リアリティーショーが放送決定! 鏡を見ることが嫌いだった。でも...こんな私のコンプレックスを好きだと 言ってくれる運命の人が現れたら? ぽっちゃりフェチ、薄毛フェチ、なまりフェチ、声フェチ。 様々なフェチから生まれるシンデレラストーリーから、目が離せない!! それは、突然の出来事だった。 何度も夢にみた、自分のコンプレックスを好きだと言ってくれる人。 でも、どんなに好きと言って貰えても、コンプレックスは消えない。 これは、自分が自分を好きになる物語でもあるのです。 人はみんな、美男美女を好きになる。自分のことなんて恋愛対象外なんだ。 恋人なんて必要ない。そうやって諦めようと思っていませんか? でも本当は、あなたと出会いたいと思っているフェチを持った人々が たくさん存在するんです! ドラマみたいな、映画みたいな、画面の向こうのキラキラな恋愛。 主役になんてなれない?ううん。今回はコンプレックスを持ったあなたが主役!! 自分を丸ごと愛してくれる夢のようなチャンスが目の前に! 一歩踏み出す勇気を出せるかどうかはあなた次第。 番組では2つのコーナー企画を同時展開! ななまりがコンプレックスで恋に臆病になる「田舎出身のなまり女子」と「なまり好きな 東京男子」が集まり、2泊3日の偏愛共同生活を通して恋を育む「フェチ恋ハウス」! そして、ぽっちゃり体型や低身長、薄毛など、コンプレックスを持った主人公に 素敵なデートをプレゼントする「フェチ恋シンデレラ」!