「裁判官」の検索結果

今すぐ視聴する

現役裁判官が“出張授業” 裁判員制度を学生に講義
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 現役裁判官が“出張授業” 裁判員制度を学生に講義  裁判員制度が始まってから来週で10年を迎えるのを前に、東京地裁の裁判官が青山学院大学で裁判員制度の仕組みについて授業をしました。  東京地裁・河本雅也裁判官:「皆さん、くじに当たれば裁判員候補者、そして裁判員、補充裁判員として実際に裁判員裁判に携わることがあるかもしれませんので、そのために実際の裁判ってどんなとこなのかなということを知って頂きたい」  河本裁判官は、裁判員裁判について「法廷で行われるやり取りは何も勉強していない人でもすぐ分かります」と強調したうえで、「裁判員の方と出した結論は自分のなかに色濃く残っていて、裁判全体の力を上げていっている」と話しました。  受講した学生:「(裁判官が)裁判員という制度を通して私たちの一般の意見をすごく聞いてくれて重要視してくれるのが講義で話してくれたので、もっと身近に感じることができた」  最高裁の統計によりますと、裁判員候補者の辞退率は上昇していて、裁判所は今回のような取り組みを通じて学生など若年層への関心を高めていきたい考えです。
裁判員制度10年 経験者や司法関係者が課題を議論
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 裁判員制度10年 経験者や司法関係者が課題を議論  国民が刑事裁判に参加する「裁判員制度」が始まって21日で10年になりました。裁判官、検察官、弁護士、裁判員経験者らが集まり、制度の意義や国民に浸透させるための課題を話し合いました。  裁判員経験者:「(裁判員は)真剣勝負の経験でした。人間形成の部分でも一助になると感じましたし、非常に良い経験ができました」  シンポジウムに参加した裁判員経験者の男性は、そのうえで「裁判員を経験した人の声が一番大事。やって良かったという声を伝えていけば、これから経験する人に伝わっていく」と述べました。裁判官からは「裁判員を経験した人の勤務先で制度を説明する場を設けることを呼び掛けたり、中高生、大学生向けの出前授業に力を入れている」と話しました。また、検察官からは「協力が得られやすくするためにも裁判の審理期間を短くすることが必要」と課題を指摘したうえで、「そのためにも争点や証拠を絞り込むことに努力していきたい」と述べました。裁判員候補者の辞退率は去年は過去最高の67%で、制度開始から10年になるにあたって課題となっています。
ゴーン被告も出席 裁判前の争点明確化の手続き開始
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ゴーン被告も出席 裁判前の争点明確化の手続き開始  日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン被告を巡る特別背任事件で、初公判の前に裁判の争点を明確にする公判前整理手続きがゴーン被告の出席のもと、23日に初めて行われました。  ゴーン被告は日産の子会社を通じてサウジアラビアの資産家、ハリド・ジュファリ氏に日産の機密費1470万ドルを支払わせるなどして日産に損害を与えた特別背任の罪などで起訴されています。午前10時から東京地裁で行われた公判前整理手続きは裁判官と検察官、弁護人に加えてゴーン被告も出席して非公開で行われました。23日の手続きではサウジアラビアを巡る事件について、検察側による証拠開示や起訴内容の立証方針を示す時期などを話し合ったものとみられます。
裁判員裁判10年 裁判員経験者が語る判断の難しさ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 裁判員裁判10年 裁判員経験者が語る判断の難しさ  裁判員制度では裁判員がそれぞれの裁判で判断の難しさに直面しています。殺人の罪で起訴された被告が無罪判決となった裁判の裁判員経験者が、ANNの取材に応じました。  裁判員経験者・後藤樹さん:「もやもやとしながらも戸惑いはあった。皆で腑(ふ)に落ちるところまで質問して話し合った」  東京都内に住む後藤さんは、死刑確定後に別の殺人事件への関与を告白して殺人の罪で起訴された死刑囚の男(70)の事件で裁判員を担当しました。死刑囚は去年に行われた初公判で一転して無罪を主張しました。後藤さんたちが審理した結果、東京地裁は「有罪とする証拠に乏しい」として無罪判決を言い渡し、判決が確定しました。  裁判員経験者・後藤樹さん:「葛藤はすごくあった。自分が見極めなければいけないんだなとは感じた」  一方で、後藤さんは「裁判員制度は自分たちの感覚を裁判官に伝えられるとても良い機会」だとも話しました。

おすすめの作品

裁判員裁判10年 「深みのある判決になってきた」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 裁判員裁判10年 「深みのある判決になってきた」  市民感覚を取り入れようと「裁判員制度」が始まって21日で10年です。最高裁の幹部が取材に応じ、「より説得力や深みのある判決になってきた」と評価しました。  最高裁判所・安東章刑事局長:「(裁判員裁判は)法廷での証人や被告人とのやり取りを中心にし、かつ要点、ポイントを絞った審理。これを連日的に行うようになった。判決も裁判員の視点や感覚が反映された、より説得力のある深みのあるものになった」  最高裁がまとめた報告書によりますと、裁判員裁判の導入後、殺人や性犯罪の事件では重い刑の割合が増えてきています。ただし、殺人事件は執行猶予が付く割合も増えていて、介護殺人のような事件では情状をくみ取って判断しているとみられます。一方、裁判員候補者の辞退率は増える傾向にあり、去年は過去最高の67%でした。安東局長は、辞退率の改善に向けて「今からしっかりとした取り組みを進める必要がある」と述べました。
「裁判員制度」開始から10年 3つの変化に迫る
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「裁判員制度」開始から10年 3つの変化に迫る  制度開始から10年、課題も指摘されている。  この10年で約1万2000件の重大事件を裁いてきた裁判員裁判。裁判員として参加した国民は9万人を超える。3人の男性が相次いで不審な死を遂げた鳥取県の連続不審死事件では裁判員裁判で被告の女に死刑判決が言い渡され、その後に刑が確定。山口県周南市の集落で男女5人が殺害された事件や川崎市の老人ホームで入所者3人を元職員が転落死させた事件でも死刑判決が言い渡されている。市民感覚を反映させてきた制度。一方で裁判員裁判で下された死刑判決を高裁が破棄するケースも。一審で死刑判決が下った37人のうち5人の被告については死刑判決が覆され無期懲役となった。10年が経ち、制度上の課題も指摘されるなか、司法の場で起きた3つの変化に迫る。  制度が始まって10年が経ちます。裁判員裁判ですけれども、3つの変化がもたらされました。  変化その1。調書より証言へ。以前は法廷の場でも捜査段階の調書に頼る傾向があったんですが、今では被告人や証人から法廷の場で直接話を聞くことが増えたということです。  変化その2。量刑に市民の感覚が取り入れられているんですね。例えば、性犯罪など卑劣な犯罪に関しては、厳罰化量刑が重くなる傾向がある一方で、介護殺人などではその背景が考慮されまして執行猶予が付くケースが増えているそうです。一方で課題も見えてきました。  変化その3。裁判の日数がほぼ倍となりました。初公判から判決まで始まった当初に比べますと、去年は平均6.4日と1週間近くかか…
裁判員制度来週で10年 最高裁長官「おおむね順調」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 裁判員制度来週で10年 最高裁長官「おおむね順調」  裁判員制度が始まってから来週で10年を迎えるにあたり、大谷直人最高裁長官が会見して「おおむね順調に歩み続けている」と述べました。  大谷直人最高裁長官:「裁判員の視点・感覚を反映し、より多角的で深みのある判断が示されるようになるなど、この10年間、戦後最大の刑事司法の改革がおおむね順調に歩み続けていることに大きな感慨を覚えます」  裁判員裁判ではこれまでに約1万2000件が審理され、9万人もの市民が参加していて、大谷長官は「国民の理解と協力のたまもの」と話しました。一方で、候補者の辞退率の上昇が課題との認識を示しています。また、最高裁は裁判員制度の運用状況のまとめを公表しました。裁判員を「良い経験と感じた」と答えた人は制度開始から高い水準で推移していて、去年は約97%でした。
#72:悪い方を裁判に勝たせろ!ヘリクツ弁護士「リーガルK」
極楽とんぼKAKERUTV #72:悪い方を裁判に勝たせろ!ヘリクツ弁護士「リーガルK」 【今週のKAKERUTVは?】 コンビ芸人による裁判企画!平成ノブシコブシやアルコピースが登場! 山本は原告を弁護し、ヘリクツで様々な人を黙らせてきた「リーガルK」こと加藤はどう考えても悪い方の弁護をする! 裁判の判決は視聴者が投票で決める! リーガルKは圧倒的な不利な状況をヘリクツ1つで逆転できるのか!?
中国 日中交流団体の男性“スパイ活動”で実刑判決
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国 日中交流団体の男性“スパイ活動”で実刑判決  中国の北京で拘束された日中交流団体の幹部の男性に対し、北京の裁判所が「スパイ活動を行った」として懲役6年の判決を言い渡しました。  日中交流団体の幹部の鈴木英司さん(62)は2016年7月に北京を訪問した際、「国家の安全を脅かした疑いがある」として拘束され、その後に起訴されました。日中関係筋によりますと、地方裁判所にあたる北京市の裁判所は「スパイ活動を行った」として鈴木さんに懲役6年、日本円にして80万円の財産を没収する判決を言い渡しました。裁判所は鈴木さんが「北朝鮮に関する中国の外交情報に触れ、法に違反した」と判断したとみられます。中国では2015年以降、スパイ行為に関わったなどとして日本人9人が起訴されていますが、今月に入って4人に相次いで判決を言い渡しています。来月、大阪で開かれるG20サミットを前に中国当局が司法手続きを早めた可能性もあります。
心愛さん虐待死事件 傷害幇助の罪で母親裁判開始へ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 心愛さん虐待死事件 傷害幇助の罪で母親裁判開始へ  千葉県野田市で栗原心愛さん(10)が虐待死した事件で、傷害幇助(ほうじょ)の罪に問われている母親の裁判が16日午後から始まります。母親自身も夫から暴力を受けていたとみられ、裁判では情状酌量を求める模様です。  心愛さんが虐待死した事件では、父親の勇一郎被告(41)が傷害致死の罪などで起訴されています。母親のなぎさ被告(32)は暴行を止めなかった罪に問われています。なぎさ被告については午後から千葉地裁で初公判が開かれます。なぎさ被告自身も勇一郎被告から暴行を受けていたとみられ、これまでの警察の取り調べに対して「娘をかばおうとしたらたたかれた」「娘を廊下や浴室で過ごさせていた」などと話しています。
初公判のなぎさ被告 か細い声でボソボソと証言
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 初公判のなぎさ被告 か細い声でボソボソと証言  千葉県野田市で栗原心愛さんが虐待死した事件で、傷害幇助(ほうじょ)の罪に問われた母親の初公判が行われました。母親は、取り調べのなかで「押し倒されることもあった」と夫から暴力を受けていたと話していることが明らかになりました。この事件を取材し、16日の初公判を傍聴しました。  (社会部・尾崎圭朗記者報告)  (Q.法廷では栗原なぎさ被告はどんな様子だったのか?)  なぎさ被告は刑務官に連れられ、裁判所の法廷内にゆっくりと入ってきました。裁判長からの冒頭の質問に対して自分の名前や住所を一つひとつゆっくりと、か細い声で答えていました。検察側が冒頭陳述を読み上げ、その後、裁判長から認否を尋ねられた際には20秒から30秒ほどでしょうか、黙り込んだ後にやはり、か細い声で「間違いありません」と答えていました。なぎさ被告はその後、終始うつむいて一点を見つめたまま弁護側の冒頭陳述を聞いていました。被告人質問が始まりましたが、その際も非常にか細い声でなんとか答えている、時折、涙ぐむようなシーンも見られました。  (Q.弁護側は事実関係を争わない方針だというふうに聞いていたが、そういうことだったのか?)  弁護側は事実関係については争わない姿勢です。弁護側は「なぎさ被告は精神的に弱い部分があり、勇一郎被告による支配関係のもと、虐待に関わってしまった。なぎさ被告自身は虐待をしたくはなかった」のだと主張しています。弁護側は、なぎさ被告の母親への証人尋問も行いました。母親は「勇一郎被告と離婚してほしい。…
「青汁王子」起訴内容認める 法人税法違反などの罪
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「青汁王子」起訴内容認める 法人税法違反などの罪  「青汁王子」と呼ばれ、法人税などを脱税した罪に問われている男が初公判で起訴内容を認めました。  青汁などの健康食品を販売する「メディアハーツ」と社長・三崎優太被告(30)はおととしまでに、法人税や消費税など約1億8000万円を脱税した罪に問われています。10日の初公判で、三崎被告は認否を聞かれると「結果的にそういうことになったのはそうです」と話しました。裁判長から改めて問いただされると「検察官のご指摘の通りです」と起訴内容を認めました。検察側は冒頭陳述で「会社の収益が増加しても資金を自由に使えないことに不満を漏らしていた」「広告費などの支払いと見せ掛けて実態のない会社に送金し、送金額の約90%相当を受け取っていた」などと主張しました。
第2話 スキルGET!
凹凸世界 シーズン1 第2話 スキルGET! 凹凸ホールで対戦しているのは大会ランキングトップの2人で、そのうちの1人はジンの幼馴染のグレイだった。グレイは危険な大会から身を引くよう忠告するが、姉の行方と一族の運命も背負ったジンは真実が知りたいと聞き入れなかった。ジンが元力スキルを受け取っている時(凹凸大会の参加者はそれぞれスキルを1つ授けられ、そのスキルで戦う)、謎の勢力が大会のメインシステムに侵入し、大規模なシステム障害が発生。侵入者を止めるべく、大会裁判長のダニエルが姿を見せる。
第21話 法と良心
福寿草 第21話 法と良心 インソクが結審の裁判長であることを知り、ヨナは安堵する。しかし、パク刑事によりねつ造された証拠が決め手となり、ヨナは懲役3年の実刑判決を受けることに。ヨナはその瞬間、自分を陥れたのはユラだと気づく。