「裁判長」の検索結果

今すぐ視聴する

心愛さん虐待死事件初公判 被告父「しつけ超えた」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 心愛さん虐待死事件初公判 被告父「しつけ超えた」  去年1月、千葉県野田市で当時10歳の長女を虐待し、死亡させた罪に問われている父親の初公判が21日午前に始まりました。千葉地裁前から報告です。  (鈴木大二朗記者報告)  裁判の冒頭、裁判長から起訴内容について間違いないかと問われた栗原勇一郎被告(42)は、その前に「私の気持ちです」と言って「私のしてしまったことはしつけの範囲を超えてしまった」「みーちゃん本当にごめんなさい」と謝罪の言葉を用意してきた文書で読み上げました。勇一郎被告は去年1月、野田市の自宅アパートで当時小学4年だった長女の心愛さんに浴室で冷水のシャワーを浴びせるなどして死亡させた傷害致死など合わせて6つの罪に問われています。今月21日の初公判に勇一郎被告は髪を短く切った姿で現れました。裁判長からの問い掛けにはかなり小さい声でボソボソと答えていました。そして、裁判長から起訴内容に間違いはないか問われると、傷害致死の「罪について争いません」としたものの「娘を飢餓状態にし、冷水を掛けたりしたことはしていません」と述べました。罪については大筋で争わない姿勢を見せましたが、一つひとつの行為については認めていない部分も多く、今後の裁判で一つひとつの事例について明らかになっていくものと思われます。
悠仁さまの机に刃物 執行猶予付きの有罪判決
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 悠仁さまの机に刃物 執行猶予付きの有罪判決  悠仁さまの机に刃物が置かれていた事件で、執行猶予付きの有罪判決です。  長谷川薫被告(57)はお茶の水女子大学付属中学校に包丁を持って侵入した罪などに問われ、先月の初公判で起訴内容を認めました。判決で、東京地裁は「机に手製のやりを置いて立ち去ったことで関係者に与えた不安感は甚だしく、社会的影響は大きい」などと懲役1年6カ月、執行猶予4年を言い渡しました。裁判長が「二度とこのような事件を起こすことがないように」と声を掛けると、被告は小さく「はい」と答えました。
籠池泰典被告に懲役5年 諄子被告と手と手を重ね…
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 籠池泰典被告に懲役5年 諄子被告と手と手を重ね…  19日、森友学園の前理事長・籠池泰典被告(67)に懲役5年、妻の諄子被告(63)には懲役3年、執行猶予5年の判決が下りました。2人は手と手を重ね、読み上げられる判決を聞いていました。  大阪地裁前は朝から大騒ぎに。籠池泰典被告と妻・諄子被告。検察側に間違いがあると主張しました。  小学校建設の補助金などをだまし取ったとして、詐欺などの罪に問われた裁判。両被告が否認や無罪を主張するなか、裁判長は懲役5年と3年の有罪判決を言い渡しました。判決の読み上げ中、2人は手と手を重ねていました。  籠池泰典被告に執行猶予が付かないなか、閉廷後に出てきたのは諄子被告だけ。控訴をするかは、はっきり言えないとしながら、改めて、こう主張しました。  諄子被告:「この国は冤罪(えんざい)だらけです。不公平な司法です。この司法のやり方を変えていってほしい」
第2話 スキルGET!
凹凸世界 シーズン1 第2話 スキルGET! 凹凸ホールで対戦しているのは大会ランキングトップの2人で、そのうちの1人はジンの幼馴染のグレイだった。グレイは危険な大会から身を引くよう忠告するが、姉の行方と一族の運命も背負ったジンは真実が知りたいと聞き入れなかった。ジンが元力スキルを受け取っている時(凹凸大会の参加者はそれぞれスキルを1つ授けられ、そのスキルで戦う)、謎の勢力が大会のメインシステムに侵入し、大規模なシステム障害が発生。侵入者を止めるべく、大会裁判長のダニエルが姿を見せる。
「菊池事件」巡る“特別法廷”地裁が違憲性認める
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「菊池事件」巡る“特別法廷”地裁が違憲性認める  ハンセン病とされた男性が無実を訴えながら死刑を執行された「菊池事件」を巡る国家賠償訴訟で、熊本地裁は「特別法廷」の違憲性を認めました。  菊池事件では、ハンセン病とされた男性が殺人罪などに問われ、無実を訴えながら1962年に死刑を執行されました。ハンセン病の元患者6人は、この男性が裁かれた隔離施設での事実上非公開の「特別法廷」が違憲で、検察側が裁判のやり直しをしないのは違法として、損害賠償を求めていました。熊本地裁の小野寺優子裁判長は「検察官の再審請求権限の行使は有罪の言い渡しを受けた本人のためのもので、原告にその権利は法律上、保護されていない」などとして、原告の訴えを棄却しました。しかし、裁判のポイントとされていた特別法廷の違憲性については「ハンセン病に対する偏見・差別に基づき、人格権を侵害したものとして憲法に違反する」などとしています。
第5話 小野篁/閻魔大王と逸話
無料
「鬼灯の冷徹」第弐期 第5話 小野篁/閻魔大王と逸話 誰もが思いえがく閻魔大王像。そのイメージに一番近いのが、十王の一人、第一裁判長の秦広王。いつも亡者に閻魔大王と間違われては大王に申し訳ないと嘆いている。そんな秦広王をフォローするのは鬼と見まごう天然パーマの第一補佐官、小野篁。平安前期に実在した貴族であり、かの有名な小野妹子の子孫!頭もよく、武道の才もあり、少々変わり者で文才のある詩人の彼には数々の逸話があるのだった!/仕事にはげむ閻魔大王。そこに突然、鬼灯が夕食を運んでくる。普段であれば、痩せろとは言っても、閻魔大王が急に100キロ痩せようが食事など絶対に運んでこない鬼灯が見せた謎の気遣いに、戸惑いを隠せず冷汗を流す閻魔大王。鬼灯の真意がわからないまま、目の前に置かれた食事を見るが、その瞬間に、思わず口から出たのは「……なんの冗談だろうか?」の一言。閻魔大王が見たその食事とは一体?
第9話 地味庁/八寒地獄
無料
「鬼灯の冷徹」第弐期 第9話 地味庁/八寒地獄 ネタを探して、今日も小判が衆合地獄の花街にやって来る。今日も今日とてだらける檎だが、小耳に挟んだ話を話し出す。なんでも十王は道具を使って亡者の罪を量るが、第三裁判長の宋帝王は猫と蛇で罪を量るらしい。それを聞き、初耳とばかりに目を輝かせる小判。宋帝王のいる庁は、他の十王に比べてあまり話題にならない地味な庁。首尾よく取材ができれば目新しいネタになるとふんだ小判が動き出す!/八寒地獄。そこは灼熱の八大地獄とは反対にとても寒い。とにかく寒い。体が裂けるほど寒い。ここで働くのは寒さに強い動物・妖怪・雪鬼たちだが、現世においては、文献や日本むかし話、怪談・伝承・地獄絵にすら題材にされていない謎の土地である。そんな八寒地獄の吹雪が珍しく弱まったある日、八寒地獄の本部をめざす鬼灯たちは、温泉につかる人影を見つけるが、あれは温泉じゃない、凍った湖だ!!?
第14話 閻魔庁の日々/一汁三菜十肉
無料
「鬼灯の冷徹」第弐期 第14話 閻魔庁の日々/一汁三菜十肉 緊迫した空気のなか、裁判長席の閻魔がビシっと笏を突きつけ、威厳をもって亡者に判決を言い渡したその瞬間!裁判の見学は以上、と新人たちに告げる唐瓜。研修中の新人たちに、先輩らしくテキパキと指示を出す唐瓜の横の茄子はいつもの調子ではあるが、それでも二人の姿に成長を感じとった鬼灯とお香が、感慨深げな様子を見せる。しかし、地獄は常に人手不足。今日は獄卒の採用試験があるようだが?/にぎわう昼時の食堂で「飼い主あるある」を話す犬獄卒たち。そこに駆け込んできた大興奮のシロがくわえていたのは「大盛り、20分で完食したらタダ!」と書かれたチラシだった。竹コースはステーキ大盛り、松コースの地獄飯も気になるが、梅コースは高級小豆使用の赤飯&ぜんざい大盛りという組み合わせ。それを聞きつけた小豆大好き座敷童子とシロに、店に連れていってほしいと頼み込まれた鬼灯は!

おすすめの作品

虐待の動機解明に期待 千葉の虐待死事件あす初公判
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 虐待の動機解明に期待 千葉の虐待死事件あす初公判  千葉県野田市で当時10歳の長女を虐待して死亡させた罪に問われた父親の裁判が21日に始まります。事件を検証してきた専門家は、これまでに明らかになっていない虐待の動機が裁判で解明されることに期待を寄せています。  栗原勇一郎被告(42)は去年1月、小学4年だった心愛さんに浴室で冷水のシャワーを浴びせるなどして死亡させたとされています。野田市の検証委員会の座長として1年間、行政の対応を検証してきた専門家は「行政側が命を救うチャンスは何度もあった」と指摘したうえで、被告がなぜ虐待を繰り返したのか、裁判ではその解明を求めています。  日本大学危機管理学部・鈴木秀洋准教授:「父親からこの事件をどう見ていたのか、心愛ちゃんをどう見ていたのか。(裁判では)かなり出てくると思いますので、そこをしっかりたどっていきたい」  裁判の争点は「犯行に至る経緯と状況」で、被告側は事実関係を争う可能性があります。
躍進した野党第2党に解党命令 タイの憲法裁判所
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 躍進した野党第2党に解党命令 タイの憲法裁判所  タイの憲法裁判所は、去年の総選挙で野党第2党に躍進して現政権を強く批判している「新未来党」について、政党法違反があったとして解党を命じました。  憲法裁判所は、党首のタナトーン氏が政党に多額の貸し付けを行ったのは違法献金にあたると認定し、解党を命じました。また、党幹部16人の政治活動も10年間禁止しました。新未来党側は「結論ありきの不当な判決だ。政党は解党されても闘い続ける」と反発しています。新未来党は去年8年ぶりに行われた総選挙で反軍政を掲げて結成され、若者を中心に約630万票を獲得していました。憲法裁判所は現政権に近いとされていて、今後、支持者の抗議活動が活発化する可能性もあります。
第36話
モンスター ~その愛と復讐~ 第36話 ピョン・イルジェのソウル市長選挙違反に関する裁判で特別検察官に任命されたスヨンは、ギタンと手を組み裁判の準備を進めていた。同じくイルジェも裁判で無罪を勝ち取るために策を講じていた。ギタンは裁判を控え気持ちが落ち着かない様子のスヨンを慰労しようとするが、ゴヌがスヨンに歩み寄る姿を見て諦める。
やまゆり園裁判きょう審理終了 最後に被告は何語る
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 やまゆり園裁判きょう審理終了 最後に被告は何語る  神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が殺害されて26人がけがをした事件の裁判は、19日ですべての審理を終えます。  (社会部・森本富人記者報告)  落ち着いた表情で入廷した植松聖被告(30)は感情を表すことなく、弁護人の主張を聞いていました。この裁判は植松被告の刑事責任能力の有無が争点です。これまで検察側は「完全責任能力があった」として植松被告に対して死刑を求刑した一方で、弁護側は19日の法廷で「大麻の乱用で別人格だった」と述べて主張が対立しています。さらに、この裁判にはもう一つの対立がありました。植松被告は一貫して「意思疎通が取れない障害者は不幸を作る」と持論を繰り返してきました。これに対し、殺害された当時19歳の美帆さんの母親が自ら法廷に立って「美帆がいて幸せでした。不幸を作ったのはあなたです」と声を震わせながら反論しました。また、姉を殺害された男性に「あなたの大切な人は誰ですか?」と問われた植松被告は、この裁判を通して初めて動揺して言いよどむ姿もありました。合わせて16日間、続けられた審理は19日で終了します。ここまで持論を曲げずにきた植松被告ですが、この後、最後に発言の機会を与えられます。ここで何を語るかが注目されます。判決は来月16日に言い渡されます。
滋賀・園児ら16人死傷 新立文子被告にまもなく判決
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 滋賀・園児ら16人死傷 新立文子被告にまもなく判決  大津市で園児16人が死傷した事故の裁判で判決の言い渡しが延期される異例の事態となっていましたが、まもなく被告の女に判決が言い渡されます。  (宮脇望来記者報告)  17日の裁判の新立文子被告(53)は、これまでの様子と違って弁護士の質問にはっきりと答え、自分の主張をしたうえで被害者側、また遺族側に謝罪しました。  新立被告は去年5月、大津市の交差点を右折する際、前から来た直進車と衝突して歩道にいた園児ら16人を死傷させた罪などに問われています。判決は先月に言い渡される予定でしたが、新立被告が起訴内容を一部争う姿勢に転じたため、大津地裁は審理を続ける必要があるとして期日を延期していました。  新立文子被告:「もしも、その時に(直進車の)せめて減速、あるいはブレーキ(があったら…)」  今月17日に再開された裁判で新立被告は事故を起こしたことは認めたうえで、損害賠償の過失割合は直進車が2割だとする証拠などを提出しました。検察側は「これまでの態度で責任転嫁している」として、前回と同じ禁錮5年6カ月を求刑しました。判決はまもなく言い渡されます。裁判はまだ続いています。
揺らぐ裁判員裁判 熊谷6人殺害死刑破棄
無料
アベマ倍速ニュース【平日よる7時~生放送】 揺らぐ裁判員裁判 熊谷6人殺害死刑破棄 気になるニュースをテレビ朝日の担当記者が徹底解説。現場を取材する記者ならではの「情報」「なるほど」が満載です。視聴者の皆様からのコメントや疑問に即時に反応。"ラジオ的掛け合い"も楽しめる "新感覚"ニュース番組です。
富田林署から逃走の男 初公判で起訴内容を一部否認
最新の社会ニュース【随時更新】 富田林署から逃走の男 初公判で起訴内容を一部否認  おととし、大阪府警富田林署から逃走するなどの罪に問われた男の初公判で「逃走したのは認めますが、仕切り板を壊したのは私ではありません」と起訴内容の一部を否認しました。  (塚田隆介記者報告)  逮捕から1年半が経ち、法廷に姿を現した樋田淳也被告(32)は上下黒のスーツ姿で終始、伏し目がちでしたが、淡々とした様子でした。樋田被告はおととし、大阪府警富田林署で面会室の仕切り板を壊して逃走した加重逃走や逃走中に自転車や食料品を盗んだ窃盗、さらに強制性交など21件の罪に問われています。初公判で樋田被告は加重逃走について「逃走したのは認めますが、(仕切り板を)壊したのは私ではありません」と起訴内容を否認しました。他にも窃盗や強制性交など多くの罪について一部、起訴内容を否認しました。今回は21件のうち18件の起訴内容が裁判官のみで審理され、残り3件は今後に裁判員裁判で審理される予定です。
裁判員って必要?市民感覚なぜ判決覆る
無料
AbemaPrime【平日よる9時〜生放送】 裁判員って必要?市民感覚なぜ判決覆る 「オトナの事情をスルーする」 スマホ発の本格ニュース番組「AbemaPrime」。テレビよりもスマホが気になる若者たちが〝本当に知りたいコト〟を真正面から伝えます!平日よる9時から六本木・テレビ朝日1階のオープンスタジオより、生放送!
元タレント田代まさし被告 初公判で起訴内容認める
最新の社会ニュース【随時更新】 元タレント田代まさし被告 初公判で起訴内容認める  東京都内の自宅で覚醒剤を使用した罪などに問われている元タレントの田代まさし被告(63)の初公判が開かれ、田代被告は起訴内容を認めました。  起訴状によりますと、元タレントの田代被告は去年11月6日、東京・杉並区内の自宅で覚醒剤と大麻を所持し、同じ時期に自宅で覚醒剤を使用したなどとして覚醒剤取締法違反と大麻取締法違反の罪に問われています。今月13日に仙台地裁で開かれた初公判で、田代被告は裁判官から起訴内容に間違いがないか問われると「ありません」と述べて起訴内容を認めました。検察は証拠調べのなかで、田代被告の供述として「去年8月上旬から再び使うようになった」「ライブの台本を書く際に、頭をすっきりさせるために使った」などと明らかにしました。
第23話 深まる絆
華麗なる遺産 第23話 深まる絆 入札は成功。お祝いに、ウヌにそっくりな男の子がピアノ演奏をしているというバーに行くことになるが、そこへスクチャが倒れたという連絡が入る。 ウンソンはファンと共に病院に急ぐが、ヨンナンたちに追い出され、スクチャの顔も見ることができない。 これを機に会社乗っ取りを画策するパク理事とソンヒは、スクチャに認知症の兆しがあるという話を聞き、遺言状の無効裁判を起こすようヨンナンらに勧める。その話を偶然聞いたウンソンは...