「記憶 ドラマ」の検索結果

今すぐ視聴する

第29話
本当に良い時代 第29話 ヘウォンは正式な挨拶のためにドンソクの家に行き、それを聞いたドンタクとヘジュも二人の関係を発表するために家に向かう。しかし、ドンソクとへウォンのスキャンダルの記事が出回る。ドンソクは検察で上司から事情を聞かれていた。そして結局オ・チスの事件から担当を外されてしまう。一方、何も知らないヘウォンはドンソクの家で家族と楽しい時間を過ごす。
第30話
本当に良い時代 第30話 ドンソクはヘウォンを連れて家を出ようとするが、二人の前に捜査官が現れる。ドンソクはヘウォンにスンフンの罪をなすりつけられたと告げ、余計なことは言わず事実だけ話せと告げる。ドンソクは懲戒にかけられてしまう。そこでドンソクはヘウォンとの関係を認め辞表を提出するが、辞めるのはチャ社のペ社長とハン部長たちを襲った人物を捕らえてからだと言う。
第31話
本当に良い時代 第31話 ヘウォンに対するドンソクの家族の態度が冷たい。ヘウォンを助けようとしたドンソクはドンタクと争う。ドンソクはヘウォンに家族からの反対を押し切ってでも結婚したいと思っているとの意思をはっきりと伝えるが、へウォンはドンソクと結婚しないと言う。一方、オ・チスの手下に襲われるスンフンをドンヒが助けるが、その場にいたドンソクは刃物で刺されてしまう...。
第32話
本当に良い時代 第32話 事件が解決し、ドンソクは改めてヘウォンにプロポーズする。しかし、ヘウォンは自転車事故の原因は自分の父親にあり、それを知りながら自分なんかと結婚するのかとプロポーズを受け入れようとしなかった。一方、ミン・ウジンはキム・マリと一緒にドンヒを呼び出して、ドンオクと付き合いたいから承諾してくれとお願いする。
第33話
本当に良い時代 第33話 ドンソクが入院した病院に駆けつけたヘウォンは、彼のそばで看病するうちに心が揺れ動く...。ヨンチュンはドンジュとドンウォンに母親が生きているという事実を言ってしまう。それに怒ったドンヒはヨンチュンを追い出そうとするが、そこでドンタクが秘密を明かしてしまう。一方、ヘウォンは道ばたで借金取りに追われている男に出会い、彼を助ける。
第34話
本当に良い時代 第34話 ドンソクたちの父親が、長い間行方不明だったにも関わらず、一切悪びれることなく帰って来た。ちょうどその時、ドンヒがヨンチュンを家から追い出そうとしていた。男の顔を見たヨンチュンは氷のように固まる。ヨンチュンはすぐにカン・テソプだと分かったが、テソプはヨンチュンのことも息子のことも覚えていなかった...。
第35話
本当に良い時代 第35話 ソシムはテソプが家に入ることを頑なに許さなかったが、ドンタクがこっそりと家に入れてしまう。借金取りに追われていたテソプはドンソクに相談に乗ってもらおうとする。しかしドンソクは相談に乗る気などなく、警察に行くようにと追い払ってしまう。するとテソプは、へウォンのアルバイト先のカフェに入り浸るようになってしまう...。
第36話
本当に良い時代 第36話 酔っ払って部屋に入ろうとするテソプにソシムは“あの日”の話をしながら腹を立てる。ヨンチュンとテソプの弟たちは、“あの日”の話を知りたがる。一方、ドンジュとドンウォンに母親に会いたいとせがまれたドンヒは、ジョンアに電話するも、これ以上関わりたくないと冷たく突き放される。途方に暮れたドンヒは教師のマリに相談する。
第37話
本当に良い時代 第37話 家の前でうろつくヘウォンは勇気を出してドンソクの家に上がったが、ソシムはヘウォンのことを待っていたため何の問題もなかった。そんな中、ドンソクは食堂でウジンと一緒にいるドンオクを見かける。ドンソクはウジンにいつからドンオクと交際しているのか聞くと、責任をとれないならもうドンオクには会わないでほしいと告げる。
第38話
本当に良い時代 第38話 ドンジュは母ジョンアの電話番号を調べ、電話をかける。しかしジョンアはドンヒからの電話だと思い、子供たちには会いたくないなどときつい言葉を言ってしまう。一方、ヨンチュンに酷い言葉を言い放ちドンソクの怒りを買って、家から追い出されたテソプは、自転車事故を起こした人がヘウォンの父親であることを知ってしまう。
第39話
本当に良い時代 第39話 ドンジュとドンウォンを見て自分の母親を思い出したドンヒは、ヨンチュンになぜ自分を捨てたのか聞く。事故のことを分かったうえで交際すると言う覚悟を知ったテソプだが、ドンソクにヘウォンだけはだめだと言う。しかしドンソクは、自分にはヘウォンしかいないと告げる。そしてソシムにヘウォンから聞いたことを打ち明けようとするテソプだが...。
第40話
本当に良い時代 第40話 ヨンチュンはドンヒに過去のことを話しながら泣きだす。ドンヒの凍りついた心も少しずつ溶けはじめ、マリとの関係も発展する。一方、覚悟を決めたドンソクとへウォン。ヘウォンは気丈に振る舞ってはいたが、本心はとても苦しんでいた。一人泣いているヘウォンを見たヘジュ。ヘウォンはヘジュに父親の犯した罪を打ち明ける。
第41話
本当に良い時代 第41話 ドンソクの家にやってきたヘウォンは、結婚式の日取りの話しになった時、ソシムに事故の事を謝罪しようとする。テソプはその様子を見ていて何とか話をやめさせようと目くばせする。豚足店で働きながら祖父の介護までするヘウォンの頑張る姿にドンソクは心が痛む。一方、テソプに傷つけられるヨンチュンを見てドンヒは一緒に家を出ることを提案する。
第42話
本当に良い時代 第42話 ドンオクはウジンの母に会いに行くが、ウジンの母はドンオクを見て避けるように帰る。一方、ソシムは意図的にヘウォンを叱るギスを悟り、仕方なくヘウォンを受け入れるが、ドンオクの事を思いながら一人号泣する。母の泣く姿を見たドンソクは自分たちが一緒になろうとしている事で多くの人が辛い思いをし苦しんでると知り、ある決心をする。
第43話
本当に良い時代 第43話 家族はヘウォン一家が引っ越すと聞き、ヘウォンが家に来ないことを不思議がる。ソシムはドンソクからヘウォンと別れたと聞く。ドンソクはソシムに自分たちが間違っていたと言うと、ソシムは何も言えずにドンソクの顔を見つめる。テソプから話があると呼び出されたヨンチュンは着替える。一方、家族を集めたギスは眠るかのように目を閉じる。
第44話
本当に良い時代 第44話 家族一人一人ギスの遺言を果たしながら明るく過ごす。一方、ギスが亡くなったことを受け入れられないソシムは苦しみ、ついにドンソクの前で泣きだす。改めて、結婚の許可をもらったヘウォンとドンソク。ソシムはギスから貰った指輪をへウォンに譲る。そして結婚準備も着々と進んでいた矢先、ヘウォンはへジュの異変に気付く...。
第45話
本当に良い時代 第45話 ドンヒはテソプからヨンチュンに恋人ができたと聞かされる。家までやってきたウジンはテソプに引っ張られながら家の中に入るがドンオクは会おうとしない。ドンヒはついにマリに自分の気持ちを告げる。一方、ヘジュが妊娠したことを知り、ヘウォンは父親を突き止めようとするが、へジュは事情があると隠す。ヘウォンはドンタクを呼び出し...。
第46話
本当に良い時代 第46話 へジュが病院に運ばれ、ヘウォンが駆け付ける。ヘジュの妊娠を知ったヘウォンは複雑な気持ちで結婚の準備を続ける。一方、ドンタクはケンカの動画のために、主演映画の降板を迫られていた。両家顔合わせの日、食事の準備でソシムは忙しいが、ヨンチュンは状況を探りながら家を出る。そんなヨンチュンを痛ましく思い、ドンヒがその後を追う。
第47話
本当に良い時代 第47話 両家顔合わせ集まった家族の前に酔っ払ったドンタクが現れ、驚くべき発言をする。1年後、ようやくドンソクとヘウォンは結婚式の日を迎える。サンホとサンシクは各々幸せな結婚生活を手に入れ、ドンヒもマリと恋愛中で、ドンタクとヘジュも幸せな日々を送っていた。ドンソクとヘウォンは済州島に新婚旅行に行くはずだったが...。
第48話
本当に良い時代 第48話 ドンソクは詐欺事件の指名手配リストから見覚えのある写真を見つけるも、その人物を思い出すことができないでいた。ヘジュはドンタクの家族から好かれるために買い物までして婚家へ向かうが、問題ばかり起こす。ドンヒはヨンチュンと家を出ると宣言する。ドンソクも賛成するが、ソシムはショックを受ける。
第49話
本当に良い時代 第49話 ドンヒはドンオクの説得も聞かず、ヨンチュンとドンジュ、ドンウォンを連れて家を出ると宣言する。そんな時、ドンヒを残し一人で出て行こうとしていたヨンチュンの前にハンビンが現れプロポーズする。一方、へウォンは偶然見かけたハンビンに好印象を持つが、ドンソクとのデート中、ハンビンが他の女性と仲良くしている姿を見てしまう。
第50話
本当に良い時代 第50話 ヨンチュンと共に家を出ると決心したドンヒはわざと家族たちにつらく当たる。しかし、ドンソクにドンヒの真意を聞かされたソシムはヨンチュンと家を出て行くように告げる。ヨンチュンはソシムの想いを知りながらもドンヒを残すためにハンビンとの結婚を決める。一方、ヘウォンはハンビンに疑念を抱き、後をつけるが不審な点は見つけられなかった。
第51話
本当に良い時代 第51話 ヨンチュンがハンビンと結婚しこの家を出て行くと聞き、ドンヒは激しく怒り出す。ドンソクとドンヒが殴りあいそうになったのを止めに入るドンタク。その帰り道、三人は酔っぱらいとケンカになる。一方、結婚を一ヶ月延期したいと言うハンビン。だが、家族が快く送り出そうとしてくれているのに先延ばしにしたくないヨンチュンは...。
第52話
本当に良い時代 第52話 へウォンはドンソクに他の女性と親しくしているハンビンの姿を見たと話す。しかし、ヨンチュンはハンビンから女性との関係は聞いているから心配ないと言う。ハンビンに不信感を抱いたヘウォンは一転、二人の結婚に反対する。そして、ヨンチュンの結婚式を延ばそうとするが、ヨンチュンや家族に怒られてしまい...。
第53話
本当に良い時代 第53話 容疑者リストを見ていたドンソクはハンビンの正体に気がつく。ちょうどその頃、ヨンチュンとハンビンと共に結婚式の衣装を買いにきていたヘウォンにドンソクから連絡が入る。へウォンはドンソクに言われた通りにハンビンを引き止めようとするが、どこからか電話がきたハンビンはヘウォンを振り切り逃走してしまう。へウォンは後を追うが...。
第54話
本当に良い時代 第54話 ハンビンが詐欺師であることを知ったヨンチュンは家族に会わせる顔がないと頑に家に戻ることを拒否する。一方、結納の場になかなか現れないヨンチュンを心配する家族。そこへドンソクが帰ってきてハンビンが前科7犯の詐欺師だということを告げる。家族はその事実に驚き、ヨンチュンに同情するが、ドンヒだけは何事も無かったかの様に振る舞う。
第56話
本当に良い時代 第56話 ハンビンことファン・ギルサンが現れたと聞き、現場に向かったドンソクは逮捕の途中に危機に遭うが、テソプがドンソクをかばう。テソプが負傷したと聞いた家族は病院に集まり、テソプを追い出したドンソクを恨む。一方、ソシムはテソプを懸命に看病しつつ、へウォンにヨンチュンの住む家と仕事の手配を頼む。
第57話
本当に良い時代 第57話 突然テソプを気遣うようになったソシムの態度を家族はあやしく思う。ソシムの荷物の中から一通の封筒を発見したヘウォンは、中身を見て驚愕する。封筒の中に離婚届が入っていた事をドンソクに打ち明けるヘウォン。ドンソクとへウォンはソシムに真意を問いただすが、ソシムの離婚する決意はかたかった。
#5 記憶
僕だけが17歳の世界で #5 記憶 病院で偶然の再会を果たした芽衣(飯豊まりえ)と伊織(結木滉星)。 「私、また航太に会えたんだよ。一度、会いに来てみてくれないかな?」 芽衣(飯豊まりえ)は航太(佐野勇斗)との鍋パーティーに伊織(結木滉星)を呼ぶも、結局姿を現さなかった。 はるか(大友花恋)は、7年前の事故の日に伊織が航太を待ち伏せしていたこと、「航太は俺が殺した」と言っていたことを芽衣に告げる。 だが芽衣は、伊織が航太を殺すなんて絶対に有り得ないと反論する。 そんな中、伊織は神社で航太の姿を目の当たりにし、唖然とする。 7年ぶりの再会を果たした航太と伊織。だが航太は事故当時のことをまったく覚えていなかった。 「お前らに、ずっと黙ってたことがある」 皆を集めた伊織が意を決して語り始めたのは、7年前の”あの日"の真実だった……。
#6 逃れられない運命
僕だけが17歳の世界で #6 逃れられない運命 7年前の真実を伊織(結木滉星)から聞き、事故当時のことを思い出した航太(佐野勇斗)。 自転車で勝負をしていた途中、突然目の前に現れた車を避けようとして、崖から転落したのだった。 航太はその時、誰かが見下ろしているのに気づいたが、それが誰かはすぐに思い出せなかった。 記憶を辿ろうとした途端、倒れてしまった航太。 心配した芽衣(飯豊まりえ)が神社に駆けつけ、今はとにかく安静にしているようにと釘を刺す。 「桜の花が散るまでに告白されますように」 帰り際、自分が願掛けした絵馬を見つめる芽衣。 「もしも私があんな願い事をしなければ、もっと違う未来が待っていたのだろうか?」 複雑な思いを抱えた芽衣は、伊織の元を訪ね……。