「記憶 第 1 話」の検索結果

今すぐ視聴する

第9話 「追跡封じ(ルートディスターブ)」
とある魔術の禁書目録Ⅱ 第9話 「追跡封じ(ルートディスターブ)」 聖人を一撃で葬る霊装『刺突杭剣(スタブソード)』が学園都市に持ち込まれたと土御門らに聞かされ、大覇星祭の真っ最中に捜索を協力することになった上条。偶然にも、事件の張本人である運び屋・オリアナ=トムソンと接触した上条は、土御門、ステイルと合流して尾行を続けるが、彼女の仕掛けた罠が待ち受けていた。上条の右手で何とかやり過ごしたものの、オリアナに逃亡の時間を与えてしまう。土御門はステイルの協力を得て、オリアナの位置を特定するための魔術を展開するが、それすらも見越して仕掛けられた彼女の罠が発動、ステイルが傷を負うことに。土御門はオリアナの仕掛けた罠そのものを潰すため、さらなる魔術を行う。
第20話 「猟犬部隊(ハウンドドッグ)」
とある魔術の禁書目録Ⅱ 第20話 「猟犬部隊(ハウンドドッグ)」 絶体絶命の一方通行(アクセラレータ)の前に現れたインデックス。場違いな乱入者に木原たちが見せた隙を逃さず、一方通行は車を奪って彼女とともに逃走する。巻き添えを避けるべく、助力を仰いだカエル顔の医者に、打ち止めを守ることだけを優先するべきだと諭された彼は、木原たちを追いつめるべく行動を開始する。一方、上条は助けを求めてきた打ち止め(ラストオーダー)とともに一方通行を探していた。『猟犬部隊』に追われ、レストランに逃げ込むふたり。その前に姿を現したのは、学園都市に侵入し、『警備員(アンチスキル)』や『猟犬部隊』を無力化した黄色い服の女性--ローマ正教『神の右席』に所属する魔術師、前方のヴェント。彼女の容赦ない攻撃が……。
第22話 「天罰術式(てんばつじゅつしき)」
とある魔術の禁書目録Ⅱ 第22話 「天罰術式(てんばつじゅつしき)」 打ち止め(ラストオーダー)を救うため、『ベクトル操作』の通じない相手--木原との絶望的な戦いに挑む一方通行(アクセラレータ)。チョーカーの電池切れで能力はおろか、まともに立つことすらできないはずの彼は、それでも木原に食らいつき……。虚数学区・五行機関展開のため、犠牲にさせられた「ともだち」--風斬氷華を助けるため、『神の右席』前方のヴェントに立ちはだかる上条。彼は、風斬自身も戦っている事実を感じ、なお拳を握りしめる。そして、風斬を元に戻すべく、全ての知識を動員して解決を図るインデックス。「核」のもとにたどり着いた彼女は、打ち止めも、風斬も、そして学園都市をも救おうと、己の本分たる祈りを捧げる--。
第23話 「開戦前(かいせんまえ)」
とある魔術の禁書目録Ⅱ 第23話 「開戦前(かいせんまえ)」 ヴェントの襲撃に伴う騒動が解決した学園都市。上条にもこれまで通りの日常が戻ってくる。ご飯の支度に忙しかったり慎ましやかにお弁当の交換を楽しんだり、小萌先生の家に結標が転がり込んだり、インデックスを交えてクラス全員参加のすき焼きパーティが開催されたりと、みなが平和を謳歌しているかに見えた。しかし世界中で学園都市に対するデモや抗議活動が活発化。その動きに呼応して、諸勢力との戦争の危険性を感じた保護者たちは、学園都市から子どもたちを回収しようとする運動を始めていた。上条は、自分がその中心にいる事に思い悩んでいた……。一方、学園都市の暗部と取引をし、「闇」に己を売った一方通行(アクセラレータ)に、ひとつの命令が下される。
第24話 「武装集団(スキルアウト)」
とある魔術の禁書目録Ⅱ 第24話 「武装集団(スキルアウト)」 世界各地で次々と起こる科学サイドへのデモや抗議活動。学園都市への風当たりはさらに厳しいものとなっていた。緊迫する世界情勢の中、もうひとつの『脅威』が、学園都市を襲う。それは、酔っ払った御坂美鈴が学園都市の生徒を見つけて見境無く絡みまくる、という『無差別テロ』だった……!! 最初の犠牲者として選ばれたのは、不幸にも美鈴の顔に既視感を覚えた学園都市最強の能力者だった。その後も被害は拡大を続け、罪のないタクシー運転手の次に標的となった上条当麻は、酒臭い吐息だけでなく、インデックスの怒りを一身に浴びることに。そして、辛くも逃げおおせた最初の犠牲者--一方通行のもとに、学園都市の『上』から、とある情報がもたらされる。
第10話 掛け軸の女性
トッケビ~君がくれた愛しい日々~ 第10話 掛け軸の女性 サニーの記憶を消したことを忘れ、うっかり彼女の本名を口走ってしまった死神。なぜ自分の本名を知っているのか、正体は何なのかとサニーは死神に詰め寄り、はぐらかそうとした彼の手をつかむ。手が触れ合ってしまったことでサニーの前世を見た死神は、彼女の前世の顔が掛け軸に描かれていたシンの妹と同じであることに驚き、失われた自分の記憶とサニーの前世、シンとの間には何か因縁があるのかもしれないと思い悩む。
第13話 死神に与えられた罰
トッケビ~君がくれた愛しい日々~ 第13話 死神に与えられた罰 死神は、記憶の消去などの特殊能力を私的に使っていたことや、名簿の情報漏えいの事実を冥界の監査チームに知られてしまい、懲戒処分を受ける。その罰として前世の記憶をすべて戻された死神は、自分がキム兄妹を殺したワン・ヨだったことを知り苦しむ。そして苦悩の末に、シンに自分を殺してくれと懇願するのだが、シンもまた、死神と過ごした日々や芽生えた友情を振り返ると、一族のあだ討ちをすべきかどうか迷い、苦悩するのだった。
第12話 ひと皿の記憶
食戟のソーマ 第12話 ひと皿の記憶 四宮VS恵・創真の「非公式の食戟」開戦!懸けるのは、恵と創真の退学――。四宮の料理に続き、恵の料理の審査が始まる。初めて恵がメインシェフとなって作った料理。それは、四宮の課題「9種の野菜のテリーヌ」を意識した、7種の野菜の層による「虹のテリーヌ」だった!
第二十一話 隊律違反
鬼滅の刃 第二十一話 隊律違反 倒れながらも禰豆子を庇おうとする炭治郎を見て、累の中で過去の記憶がよみがえる。 かつて病弱だった彼は、鬼舞辻無惨に出会い、血を分けてもらうことで鬼になった。 だが、鬼になった自分を、父と母は殺そうとする。 そのときから彼は家族を探し続けてきた。どうしても手に入らない絆を求めて――。
第4話 「完全記憶能力」
とある魔術の禁書目録 第4話 「完全記憶能力」 インデックスを追ってきた魔術師はステイルだけでは無かった。長刀を持つ女性の魔術師、神裂火織。上条は彼女の圧倒的な剣技で体を切り刻まれていく。貴方を殺す前にインデックスを「保護」させてくれという神裂に、ボロボロになりながら抵抗する上条だったが、神裂の操る魔術「七閃」の前に、為す術も無くついに倒れ伏した。朦朧とした意識の中、決して自身を殺そうとはしない神裂に対し、想いと疑問をぶつける上条。しかしその願いも虚しく、上条がゆっくりと目を閉じようとしたその時、神裂の口から意外な事実が語られる。インデックスの数奇な運命とは。彼女の完全記憶能力がもたらす悲劇とは──。
第26話
私はチャン・ボリ! 第26話 ピスルチェの庭でジェファと遊んだ記憶を思い出したボリ。前にも同じように遊んだことがあるかとジェファに尋ねるが、ピスルチェの庭で遊んだことがあるのはウンビだけだと答えるジェファ。その話を聞いたオクスは再びボリがウンビであると疑い始める。一方、婚約者がいながら人妻と交際しているとの投書により検事の職が危うくなったジェファ。調査を受けたジェファはボリを守るためなら検事を辞めると宣言するのであった。
第51話 水晶の予言! 香によみがえる記憶の鎖
シティーハンター2 第51話 水晶の予言! 香によみがえる記憶の鎖 麗香にデートに誘われ、上機嫌で出かけるリョウ。一方、香は麗香の薦めで、良く当たるという占い師を訪ねていた。占い師の老婆に、自分がリョウを危険に陥れる元凶だと言われた香は、ビルの屋上で独り落ち込む。その頃、香の身が危険だと冴子に聞いたリョウは、デートを放り出し香の元へと走った。だが一連の出来事の裏には、野上姉妹の粋な気遣いがあって……。
第十二話 グッドモーニング アゲイン SAGA
ゾンビランドサガ 第十二話 グッドモーニング アゲイン SAGA 【第12話】 《さくら》の記憶が戻らない。 まったく「持っとらん」「持っとらん」とうらめしかやつだ。 だが、ここで諦める巽幸太郎ではない。 自分を信じろ。 俺は必ずアルピノのステージに『フランシュシュ』を立たせる。 そこからがプロジェクトの本当の始まり。 『ゾンビィランドサガ・プロジェクト』の始まりなのだ。                        ―――――《巽幸太郎》の日記より
episode19 まちぼうけの妖精王
七つの大罪 episode19 まちぼうけの妖精王 ディアンヌを守るため、ヘルブラムと戦うキング。思い出される700年前の記憶──妖精王であったキングとディアンヌとの意外な出会い、そしてキングとヘルブラムに起こった悲しい事件。親友であった二人が交わした約束とは!?
第10話 「駄菓子じゃねぇか!」
だがしかし 第10話 「駄菓子じゃねぇか!」 ここ数日ほたるが店に現れない。不審に思ったココノツはサヤに連絡、『喫茶エンドウ』にも最近ほたるが来ていないことを知る。心配したサヤと一緒にほたるの家を訪ねる事にしたココノツ。インターホンを何度か押してやっと出て来たほたるは、マスク姿でフラフラ状態だった。驚くサヤに「大丈夫…」と幽けき声で応えるほたる。だが、ココノツの姿を見るとなぜか驚愕し、その場に倒れてしまう。ワケのわからないココノツは、ひとまずほたるを布団に寝かせると、目を覚ますまで待つのだったが…。
第7話 がん細胞
はたらく細胞 第7話 がん細胞 一般細胞に化けていた敵が、ついにその正体を現した。敵の名はがん細胞。白血球(好中球)とキラーT細胞、そしてNK細胞は、この世界(体)を守るため、迫りくるがん細胞と対峙する。
第24話 昼行灯で百点満点/コロ助 恋におちて
キテレツ大百科 第24話 昼行灯で百点満点/コロ助 恋におちて 「昼行灯で百点満点」 人間の記憶力を増進させる効果を持つ“昼行灯”。昼行灯を使って、英一は苦手な国語のテストを克服したのだが、昼行灯のことがブタゴリラに知られ、取り上げられてしまう。 「コロ助 恋におちて」 学校の授業で、自動車工場の見学に行った英一たち。そこでコロ助は、最新型の自動車点検ロボットに気に入られてしまう。ロボットに一目惚れされてしまったコロ助は……。
第29話
棚ぼたのあなた 第29話 グィナムは行方不明になった日のことを全て思い出してヤンシルに理由を問いただすが、記憶が間違っていると否定され、ヤンシルの夫ジョンフンに会いに行く。合宿に豪華な差し入れを持って現れたギュヒョンをイスクは歓迎するがジョエンは嫉妬する。
第87話 A.テニス昔話 B.刑事(デカ)プリ!?
テニスの王子様 第87話 A.テニス昔話 B.刑事(デカ)プリ!? 「テニス昔話」 川でおじいさんとおばあさんに拾われたリョーマ。思ったより小さく育ち、都を目指して旅に出るのだが…。 「刑事(デカ)ぷり!?」 ある日、自分のメガネが紛失していることに気がついた乾。おぼろげな記憶を頼りに、犯人捜査が始まった!
第6話
太陽を抱く月 第6話 ヨヌの死を伝え聞いたフォンは深く悲しむが、大妃(テビ)の命令によって葬式にも行けない。一方、放浪中だった陽明君(ヤンミョングン)はヨヌが病気だと聞き駆けつけるが、すでに葬式が行われている様子を見て泣き崩れる。そしてフォンにヨヌを守れなかったことをなじる。陽明君のヨヌへの思いを知ったフォンはぼう然とする。それから8年の時が過ぎ、フォンは王となっていた。
第8話 6月17日、雨の記憶
BLEACH 第8話 6月17日、雨の記憶 6月17日は一護の母・真咲(まさき)の命日。その日は何を差し置いても墓参りに行く黒崎家。一護は死神代行も休むつもりでいたが、霊園には先回りしたルキアが待っていた。「おふくろは死んだのではなく殺された」と聞かされたルキアは、霊力の強い一護を狙ったホロウが真咲を殺したのではないかと話す。それは一護の触れられたくない傷だった。強がって走り去る一護。そこへ、現世の滞在日数を過ぎても戻らないルキアを連れ戻す為に西堂(さいどう)という死神が姿を現す。
第18話 よみがえった記憶
華麗なる遺産 第18話 よみがえった記憶 ソンヒの口車に乗せられ、田舎で静かに暮らそうと考えるピョンジュン。しかしどうしてもウンソンに直接会って話したいと、ソウルに残ることを決心する。そんなピョンジュンに、ソンヒとスンミは再び慌てる。 ある日、客の足に引っかかり転んでしまったファン。以前のように客に悪態をつくかと、慌てるウンソンの前で、冷静に客をあしらうファンの姿に、遂に店長や同僚たちはファンを一人前と認めるようになり...
第19話
無料
太陽を抱く月 第19話 王妃は、父親が謀反を計画していることに気づき、フォンに危険を知らせようとする。しかし、ヨヌと一緒にいるフォンを見て、自分は父親にもフォンにも見限られたと知る。ヨムはミナ王女が呪術に加担したことを知り絶望する。ユン・デヒョンらは講武の日に挙兵すると決めて、着々と準備を進める。陽明君は挙兵に参加する者たちの署名を集めて名簿を作る。いよいよ講武の日、王宮の広場でフォンと陽明君は互いに剣を向けるのだが...
第11話
ショッピング王ルイ 第11話 事故当時の記憶の一部を取り戻したルイは、ボクシルに会うことをあきらめ、ずっと陰で見守ろうと決意。そしてゴールドライン社の商品企画部で本部長として働き始める。インソンを運転手に雇用し、昼はボクシルの家に行って掃除をし、楽しかったふたりの時間を思い出す。夜は外でボクシルの部屋の明かりが消えるのを確認してから帰宅していた。ジュンウォンは退職し、ボクシルと一緒に新会社を設立。新しい門出を迎え、張り切っていた。
第12話
ショッピング王ルイ 第12話 ジュンウォンから出張を命じられ釜山にやって来たボクシルは、ホームレスのルイを街で見つけて驚く。ルイはボクシルと初めて会った時と同じジャージ姿で、記憶を全く失っていて、自分がルイであることもわからない。だがそこにはある作戦があった。ルイは事故前にボクシルの弟ボクナムがピンチから守ってくれたことを思い出し、ボクナムの無事を心から喜ぶ。ボクシルはやっとボクナムと再会でき、水入らずでソウルの家で過ごす。
第6話 赤芽球と骨髄球
はたらく細胞 第6話 赤芽球と骨髄球 いつか立派な赤血球になれるように──。それはまだ、赤血球が赤血球になる前、幼い赤芽球だったころの話。赤芽球はマクロファージ先生のもとで、一人前の赤血球になるため、一生懸命訓練中。だけど方向音痴の赤芽球は、訓練の途中で迷子になることもしばしば。ある日、細菌から逃げる避難訓練をしていた赤芽球は、そこでも迷子になってしまい……。
第6話
彼女はキレイだった 第6話 雨に打たれ、体調を崩したソンジュンを心配したヘジンは、シニョクにソンジュンへ薬とお粥を届けてもらう。体調が回復したソンジュンだったが、ハリと会い続けるうちに自分の記憶の中のヘジンとハリの性格が重ならないことにとまどい始める。そんな中、ヘジンの話でソンジュンがアメリカに帰る可能性があることを知ったハリは...。
第9話
無料
太陽を抱く月 第9話 フォンは温陽(オニャン)で会ったウォルが目の前にいて驚くが、厄受け巫女だという説明を聞き、ヨヌと似ているだけで惑わされてはいけないと、ウォルを王宮から追放するように命じる。陽明君(ヤンミョングン)はウォルが辺境に追放したと聞いて落胆するが、市場でウォルと再会を果たす。ウォルは先日の礼と名前を言い残して去ってしまう。
第8話
無料
太陽を抱く月 第8話 観象監(クァンサンガム)の教授たちにさらわれたウォルは隙を見て逃げ出し、陽明君(ヤンミョングン)に助けられるが、またすぐに捕らえられてしまう。王宮に連れてこられたウォルは王の厄受け巫女として寝殿に入れられる。フォンはユン・デヒョンの露骨な挑発に不安を覚え、眠りを誘うお茶を飲まずに寝床に就く。いつもどおりにフォンのそばで安眠を助けていたウォルは、急に目を見開くフォンを見て驚く。
第2話
無料
ショッピング王ルイ 第2話 育ててくれた祖母を失ったボクシルは、家出した弟ボクナムを探すため奥地からソウルにやって来る。しかし列車で全財産を盗まれ、弟と同じジャージを着ていたホームレスのルイを見つける。ルイは病床のチェ会長を見舞うためソウルに来たが、交通事故に遭って記憶を失っていた。弟の手がかりを探るため、ルイの面倒を見るボクシル。サウナで寝泊まりし、ゴールドライン社の清掃員として働き始める。会長宅ではルイが失踪し大騒ぎになっていた。