「記憶 第 1 話」の検索結果

今すぐ視聴する

第39話 トロワ戦場へ帰る
新機動戦記ガンダムW 第39話 トロワ戦場へ帰る 宇宙ではコロニーとOZの対立が激化。記憶の戻らぬトロワ、そしてデュオも戦線に復帰、カトルらとともに戦乱の終息を目指すも一方、ホワイトファングのカーンズは地球のゼクスに接近していた。
第12話 ひと皿の記憶
食戟のソーマ 第12話 ひと皿の記憶 四宮VS恵・創真の「非公式の食戟」開戦!懸けるのは、恵と創真の退学――。四宮の料理に続き、恵の料理の審査が始まる。初めて恵がメインシェフとなって作った料理。それは、四宮の課題「9種の野菜のテリーヌ」を意識した、7種の野菜の層による「虹のテリーヌ」だった!
第19話
青い海の伝説 第19話 チヒョンがジュンジェに銃口を向けるが、とっさにシムチョンがジュンジェをかばう。代わりに撃たれたシムチョンは意識不明となり、ジュンジェは予期せぬ事態に苦しむ。一方、ソヒの姿をテレビで見たデヨンは、記憶を取り戻すためチン教授の元を訪れる。そこへジュンジェが現れ...。
第4話 「完全記憶能力」
無料
とある魔術の禁書目録 第4話 「完全記憶能力」 インデックスを追ってきた魔術師はステイルだけでは無かった。長刀を持つ女性の魔術師、神裂火織。上条は彼女の圧倒的な剣技で体を切り刻まれていく。貴方を殺す前にインデックスを「保護」させてくれという神裂に、ボロボロになりながら抵抗する上条だったが、神裂の操る魔術「七閃」の前に、為す術も無くついに倒れ伏した。朦朧とした意識の中、決して自身を殺そうとはしない神裂に対し、想いと疑問をぶつける上条。しかしその願いも虚しく、上条がゆっくりと目を閉じようとしたその時、神裂の口から意外な事実が語られる。インデックスの数奇な運命とは。彼女の完全記憶能力がもたらす悲劇とは──。
第26話
私はチャン・ボリ! 第26話 ピスルチェの庭でジェファと遊んだ記憶を思い出したボリ。前にも同じように遊んだことがあるかとジェファに尋ねるが、ピスルチェの庭で遊んだことがあるのはウンビだけだと答えるジェファ。その話を聞いたオクスは再びボリがウンビであると疑い始める。一方、婚約者がいながら人妻と交際しているとの投書により検事の職が危うくなったジェファ。調査を受けたジェファはボリを守るためなら検事を辞めると宣言するのであった。
第3話
無料
青い海の伝説 第3話 海に飛び込み、気がつけば砂浜にヒスイの腕輪と1粒の真珠とともに1人残されたジュンジェ。そして、ソウルに戻ったジュンジェはナムドゥから腕輪について聞かれるも、その記憶がなく困惑する。一方、人魚はジュンジェとの約束を守るため、海を渡ってソウルを目指す。
第二十一話 隊律違反
無料
鬼滅の刃 第二十一話 隊律違反 倒れながらも禰豆子を庇おうとする炭治郎を見て、累の中で過去の記憶がよみがえる。 かつて病弱だった彼は、鬼舞辻無惨に出会い、血を分けてもらうことで鬼になった。 だが、鬼になった自分を、父と母は殺そうとする。 そのときから彼は家族を探し続けてきた。どうしても手に入らない絆を求めて――。
第17話
無料
青い海の伝説 第17話 デヨンに襲われそうになったシムチョンは、恐ろしい過去を持つデヨンの記憶をすべて消してしまう。しかし、その過程でシムチョンはタムリョンとセファの最期の姿を見てしまう。一方、イルジュンからの連絡を受けたジュンジェは、イルジュンの元へ駆けつけるが...。
第6話
太陽を抱く月 第6話 ヨヌの死を伝え聞いたフォンは深く悲しむが、大妃(テビ)の命令によって葬式にも行けない。一方、放浪中だった陽明君(ヤンミョングン)はヨヌが病気だと聞き駆けつけるが、すでに葬式が行われている様子を見て泣き崩れる。そしてフォンにヨヌを守れなかったことをなじる。陽明君のヨヌへの思いを知ったフォンはぼう然とする。それから8年の時が過ぎ、フォンは王となっていた。
第9話
太陽を抱く月 第9話 フォンは温陽(オニャン)で会ったウォルが目の前にいて驚くが、厄受け巫女だという説明を聞き、ヨヌと似ているだけで惑わされてはいけないと、ウォルを王宮から追放するように命じる。陽明君(ヤンミョングン)はウォルが辺境に追放したと聞いて落胆するが、市場でウォルと再会を果たす。ウォルは先日の礼と名前を言い残して去ってしまう。
第10話 「駄菓子じゃねぇか!」
だがしかし 第10話 「駄菓子じゃねぇか!」 ここ数日ほたるが店に現れない。不審に思ったココノツはサヤに連絡、『喫茶エンドウ』にも最近ほたるが来ていないことを知る。心配したサヤと一緒にほたるの家を訪ねる事にしたココノツ。インターホンを何度か押してやっと出て来たほたるは、マスク姿でフラフラ状態だった。驚くサヤに「大丈夫…」と幽けき声で応えるほたる。だが、ココノツの姿を見るとなぜか驚愕し、その場に倒れてしまう。ワケのわからないココノツは、ひとまずほたるを布団に寝かせると、目を覚ますまで待つのだったが…。
第24話 昼行灯で百点満点/コロ助 恋におちて
キテレツ大百科 第24話 昼行灯で百点満点/コロ助 恋におちて 「昼行灯で百点満点」 人間の記憶力を増進させる効果を持つ“昼行灯”。昼行灯を使って、英一は苦手な国語のテストを克服したのだが、昼行灯のことがブタゴリラに知られ、取り上げられてしまう。 「コロ助 恋におちて」 学校の授業で、自動車工場の見学に行った英一たち。そこでコロ助は、最新型の自動車点検ロボットに気に入られてしまう。ロボットに一目惚れされてしまったコロ助は……。
第29話
棚ぼたのあなた 第29話 グィナムは行方不明になった日のことを全て思い出してヤンシルに理由を問いただすが、記憶が間違っていると否定され、ヤンシルの夫ジョンフンに会いに行く。合宿に豪華な差し入れを持って現れたギュヒョンをイスクは歓迎するがジョエンは嫉妬する。
第10話 掛け軸の女性
トッケビ~君がくれた愛しい日々~ 第10話 掛け軸の女性 サニーの記憶を消したことを忘れ、うっかり彼女の本名を口走ってしまった死神。なぜ自分の本名を知っているのか、正体は何なのかとサニーは死神に詰め寄り、はぐらかそうとした彼の手をつかむ。手が触れ合ってしまったことでサニーの前世を見た死神は、彼女の前世の顔が掛け軸に描かれていたシンの妹と同じであることに驚き、失われた自分の記憶とサニーの前世、シンとの間には何か因縁があるのかもしれないと思い悩む。
第13話 死神に与えられた罰
無料
トッケビ~君がくれた愛しい日々~ 第13話 死神に与えられた罰 死神は、記憶の消去などの特殊能力を私的に使っていたことや、名簿の情報漏えいの事実を冥界の監査チームに知られてしまい、懲戒処分を受ける。その罰として前世の記憶をすべて戻された死神は、自分がキム兄妹を殺したワン・ヨだったことを知り苦しむ。そして苦悩の末に、シンに自分を殺してくれと懇願するのだが、シンもまた、死神と過ごした日々や芽生えた友情を振り返ると、一族のあだ討ちをすべきかどうか迷い、苦悩するのだった。
第10話 それが僕らの生きる道
七つの大罪 神々の逆鱗 第10話 それが僕らの生きる道 ゼルドリスの力に触れたことで自身とメリオダスの真実を知り、記憶が戻り始めたエリザベスは意識を失ってしまう。メリオダスは「エリザベスの記憶がすべて戻れば、エリザベスは三日で死ぬ」と〈七つの大罪〉たちに真実を告げた。それは、三千年前の聖戦の最中、魔神族メリオダスと女神族エリザベスが魔神王と最高神によって受けた罰。永遠の生と永劫の輪廻によって繰り返されてきた2人の物語は、あまりにも辛いものだった…。
第8話 6月17日、雨の記憶
BLEACH 第8話 6月17日、雨の記憶 6月17日は一護の母・真咲(まさき)の命日。その日は何を差し置いても墓参りに行く黒崎家。一護は死神代行も休むつもりでいたが、霊園には先回りしたルキアが待っていた。「おふくろは死んだのではなく殺された」と聞かされたルキアは、霊力の強い一護を狙ったホロウが真咲を殺したのではないかと話す。それは一護の触れられたくない傷だった。強がって走り去る一護。そこへ、現世の滞在日数を過ぎても戻らないルキアを連れ戻す為に西堂(さいどう)という死神が姿を現す。
第11話
君の声が聞こえる 第11話 1審で無罪判決を勝ち取り自由の身となったスハ。記憶が戻らないまま、元の生活を取り戻そうと努力する。だがそんなスハにヘソンは距離を置こうとする。一方、1審の判決で屈辱を味わったドヨンは2審の手続きを進める。そこへ突然訪ねてくるグァヌ。彼は、通報者がスハを女性だと勘違いしていたことや不可解な言動があったことをドヨンに伝える。それを聞いた彼女は不審に思い通報者を訪ねるのだが...
第11話
ショッピング王ルイ 第11話 事故当時の記憶の一部を取り戻したルイは、ボクシルに会うことをあきらめ、ずっと陰で見守ろうと決意。そしてゴールドライン社の商品企画部で本部長として働き始める。インソンを運転手に雇用し、昼はボクシルの家に行って掃除をし、楽しかったふたりの時間を思い出す。夜は外でボクシルの部屋の明かりが消えるのを確認してから帰宅していた。ジュンウォンは退職し、ボクシルと一緒に新会社を設立。新しい門出を迎え、張り切っていた。
第12話
ショッピング王ルイ 第12話 ジュンウォンから出張を命じられ釜山にやって来たボクシルは、ホームレスのルイを街で見つけて驚く。ルイはボクシルと初めて会った時と同じジャージ姿で、記憶を全く失っていて、自分がルイであることもわからない。だがそこにはある作戦があった。ルイは事故前にボクシルの弟ボクナムがピンチから守ってくれたことを思い出し、ボクナムの無事を心から喜ぶ。ボクシルはやっとボクナムと再会でき、水入らずでソウルの家で過ごす。
第7話 がん細胞
はたらく細胞 第7話 がん細胞 一般細胞に化けていた敵が、ついにその正体を現した。敵の名はがん細胞。白血球(好中球)とキラーT細胞、そしてNK細胞は、この世界(体)を守るため、迫りくるがん細胞と対峙する。
episode19 まちぼうけの妖精王
無料
七つの大罪 episode19 まちぼうけの妖精王 ディアンヌを守るため、ヘルブラムと戦うキング。思い出される700年前の記憶──妖精王であったキングとディアンヌとの意外な出会い、そしてキングとヘルブラムに起こった悲しい事件。親友であった二人が交わした約束とは!?
第8話
太陽を抱く月 第8話 観象監(クァンサンガム)の教授たちにさらわれたウォルは隙を見て逃げ出し、陽明君(ヤンミョングン)に助けられるが、またすぐに捕らえられてしまう。王宮に連れてこられたウォルは王の厄受け巫女として寝殿に入れられる。フォンはユン・デヒョンの露骨な挑発に不安を覚え、眠りを誘うお茶を飲まずに寝床に就く。いつもどおりにフォンのそばで安眠を助けていたウォルは、急に目を見開くフォンを見て驚く。
第10話
太陽を抱く月 第10話 ウォルは再び厄受け巫女(みこ)としてフォンの就寝中に付き添うことになる。起きてウォルを待っていたフォンは、自分の苦しみを鎮められるかと問う。そんな2人の様子を見ていた王妃ポギョンは嫉妬に駆られる。その後、フォンはウォルからの手紙を受け取り、かつてのヨヌの手紙を思い出す。 陽明君(ヤンミョングン)は、町でウォルを捜していた。そこに通りかかったチャンシルが、幼いときに会った陽明君を思い出し、声をかける。
第13話
太陽を抱く月 第13話 フォンは胸に激痛を覚えて王妃の前で倒れてしまう。ウォルは王に呪いをかけたという罪で捕らえられる。ユン・デヒョンはこの機会にフォンを押さえ込もうとして、ウォルに嘘の証言を強要するが、ウォルはそれを拒む。ウォルが激しい拷問を受けていた時、陽明君(ヤンミョングン)が現れてウォルの無実を証明する。フォンは陽明君が介入したと知り、王族の名誉を理由にウォルとは関わるなと警告する。陽明君はフォンの真意を誤解して、欲しい物を何一つ手に入れられない自分の境遇を恨むのだが...
第6話 赤芽球と骨髄球
はたらく細胞 第6話 赤芽球と骨髄球 いつか立派な赤血球になれるように──。それはまだ、赤血球が赤血球になる前、幼い赤芽球だったころの話。赤芽球はマクロファージ先生のもとで、一人前の赤血球になるため、一生懸命訓練中。だけど方向音痴の赤芽球は、訓練の途中で迷子になることもしばしば。ある日、細菌から逃げる避難訓練をしていた赤芽球は、そこでも迷子になってしまい……。
第11話 隣人
被告人 第11話 隣人 ウネはジョンウから話を聞きソンギュの行方を追うが、ミノもまた躍起になって捜していた。ウネはソンギュが住んでいた家を突き止めるが、そこは...。ジョンウに面会に行ったソンギュは、ハヨンを連れて来ていることに気付かれてしまう。そしてジョンウは、リビングで刺されて倒れているジスを見つけたときのことを思い出す。
第18話 よみがえった記憶
無料
華麗なる遺産 第18話 よみがえった記憶 ソンヒの口車に乗せられ、田舎で静かに暮らそうと考えるピョンジュン。しかしどうしてもウンソンに直接会って話したいと、ソウルに残ることを決心する。そんなピョンジュンに、ソンヒとスンミは再び慌てる。 ある日、客の足に引っかかり転んでしまったファン。以前のように客に悪態をつくかと、慌てるウンソンの前で、冷静に客をあしらうファンの姿に、遂に店長や同僚たちはファンを一人前と認めるようになり...
第19話
太陽を抱く月 第19話 王妃は、父親が謀反を計画していることに気づき、フォンに危険を知らせようとする。しかし、ヨヌと一緒にいるフォンを見て、自分は父親にもフォンにも見限られたと知る。ヨムはミナ王女が呪術に加担したことを知り絶望する。ユン・デヒョンらは講武の日に挙兵すると決めて、着々と準備を進める。陽明君は挙兵に参加する者たちの署名を集めて名簿を作る。いよいよ講武の日、王宮の広場でフォンと陽明君は互いに剣を向けるのだが...
第18話
太陽を抱く月 第18話 ファンは、ヨヌを死に追いやった呪術にミナ王女が関わったことに気づく。先王の言葉を思い出して悩むが、8年前の自分に触発され、肉親への断罪を決心する。フォンはミナ王女を問い詰め、肉親だとしても処罰は免れないと告げるが、王女の懐妊を知り、ぼう然とする。フォンは断罪の手始めとして大王大妃に温陽行きを命じる。それを知ったユン・デヒョンは謀反を計画し、陽明君を懐柔しようとする。最初は取りつく島もないかのように見えた陽明君だったが、ヨヌと祭主の座を得る条件で謀反への加担を約束する。