「警察署 逃走」の検索結果

今すぐ視聴する

実弾1発を発砲か “拳銃強奪”山中で逮捕の男
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 実弾1発を発砲か “拳銃強奪”山中で逮捕の男  大阪府吹田市の交番で警察官が刺されて拳銃が奪われた事件で、捜査本部のある大阪府吹田警察署から報告です。  (関灘春菜記者報告)  逮捕された飯森裕次郎容疑者は17日朝早く、大阪府箕面市の山の中にある山道沿いのベンチで横たわっているところを捜査員に発見されました。また、飯森容疑者の服装ですが、警察が逃走後の服装として公開していたえんじ色のジャンパーを着ていたということです。飯森容疑者は捜査員に発見された際に名前を尋ねられて「飯森裕次郎です」と答え、拳銃は飯森容疑者が横たわっていたベンチの下に置かれたポリ袋の中に入っていました。また、リュックサックや携帯電話も所持していたということです。飯森容疑者は男性巡査から奪い取った拳銃を所持していましたが、実弾5発のうち4発しか残っておらず、1発をどこかで発砲したとみられています。事件直後に交番から近い吹田市千里山西付近で複数の人が破裂音のような音を聞き、警察に申告していました。警察は飯森容疑者がそこで拳銃を発砲した可能性があるとみて関連を調べています。警察は飯森容疑者の身柄をすでに吹田警察署に移していて、今後、詳しい動機などを調べることにしています。
第6話 一度した約束は死んでも守れ
銀魂 第6話 一度した約束は死んでも守れ 桂の爆弾から結果的には皆を守った銀時たちだったが、その後警察の取り調べを受けていた。銀時たちの仕業だろうと疑い続ける警察に、じっと時計を見つめていた新八がついに切れる。その剣幕に、彼らはようやく釈放されるのだった。警察署の前で恨み言を並べる銀時と神楽をおいて、新八は一人足早に去っていく。そして残された銀時と神楽の前に、脱獄囚が警察に追われやってきた。男は神楽を人質にとり、銀時にパトカーを運転させ逃走を図る。なぜ逃げたのかを問う銀時に男は「今日は特別な日だから…」とだけ答えるのだった。
第13話 決戦の時
名もなき英雄<ヒーロー> 第13話 決戦の時 サンミンはコアモールの建設を邪魔するのなら、家族や恋人、仲間たちを容赦のないやり方で始末するとシユンを脅迫する。一方、江中警察署では情報局の調査を終えたソヌが移送されるのをイム刑事たちが待ち構えていたが、ソヌが移送中に逃走を図り、ソウル近郊で自殺したと聞かされる。その上、情報局の担当者というスヒョクからは、ソヌが警察に検挙された事実や情報局が調査のために移送したこともはなかったことにするよう指図される。

おすすめの作品

警察署保管の現金盗んだ疑い 会計課係長「競馬に」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 警察署保管の現金盗んだ疑い 会計課係長「競馬に」  警察署の会計課係長が現金104万円を盗んだ疑いで逮捕されました。  警視庁府中警察署の会計課係長・小針誠一容疑者(49)は2月ごろから4月ごろまでの間、警察署で保管していた落とし物などの現金約104万円を盗んだ疑いが持たれています。警視庁によりますと、現金は2週間、警察署で保管し、持ち主が現れなかった場合は遺失物センターに振り込むことになっていて、その作業の遅れなどを上司から指摘された際に「現金を抜いた」と話したということです。小針容疑者は取り調べに対して「金は競馬に使った」と容疑を認めています。
「詐欺ストッパー」警察署が独自開発 被害防止へ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「詐欺ストッパー」警察署が独自開発 被害防止へ  警視庁立川警察署が特殊詐欺被害を防止するための「詐欺ストッパー」を独自に開発し、高齢者らに配布しました。  立川警察署が急増する特殊詐欺被害を防止するために独自に開発した詐欺ストッパーです。電話が掛かってきた際に受話器を取ると、その振動で「お金の話、カードの話は詐欺です」などと音声が流れ、詐欺への注意を喚起するとともに、電話の相手にも聞こえるため、詐欺の電話を撃退する仕組みになっています。年金支給日の14日、東京・立川市の金融機関を訪れた高齢者などに配られました。立川警察署は詐欺ストッパーを約1万セット用意し、高齢者が住む世帯に提供するとしています。
不吉な手紙で別居妻脅迫か 住所わからず警察に郵送
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 不吉な手紙で別居妻脅迫か 住所わからず警察に郵送  別居中の妻を脅迫する手紙を都内の警察署に送ったとして、オーストラリア人の男が逮捕されました。  オーストラリア人のデ・ヨング・トリスタン・ミクロス容疑者(29)は先週、眉間が割られた人の画像や不吉な暗示を象徴する数字や文字が書かれた画像などを入れた妻宛ての手紙を警視庁の池袋警察署に送り、別居する妻を脅迫した疑いが持たれています。警視庁によりますと、ミクロス容疑者と30代の日本人の妻はDVのトラブルで別居していて、妻の住所が分からなかったため、警察署に脅迫文を送ったということです。取り調べに対して「妻がどこにいるか分からなかったので警察を通じて伝えたかった」などと容疑を認めています。
免許返納した高齢者の「運転卒業式」30人に証書授与
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 免許返納した高齢者の「運転卒業式」30人に証書授与  東京・池袋で車が暴走して12人が死傷した事故の後、都内では免許を返納する高齢者が急増しています。都内の警察署では8日、運転免許を返納した高齢者を集めて卒業式が行われました。  東京・大田区の田園調布警察署では毎年、前年度に運転免許を自主返納した高齢者を集めて卒業式を行っていて、今年は71歳から85歳までの男女30人が出席しました。運転を卒業した高齢者一人ひとりに卒業証書が手渡され、警察署長から長年、安全運転を続けたことへの感謝の言葉が送られました。  運転歴64年・川辺勝太郎さん(80):「体が丈夫なうちに、元気なうちに返したいと思い、決断した」  都内では先月だけで5759人が運転免許を自主返納していて、前の年の同じ月に比べて1.6倍に増えています。警視庁は、運転に自信がない人や家族のなかに運転が心配な人がいたら免許返納を検討してほしいと呼び掛けています。
第4話
マイ・シークレットホテル 第4話 キム刑事はドンベの死亡推定時刻のアリバイをホテルの職員たちに聞き込むが、サンヒョにはソンギョムとヘヨンのどちらが魅力的かという質問のみだった。ヘヨンはジョンウンからの電話でサンヒョが警察署で取り調べを受けていると聞き、急いで警察署へ向かう。サンヒョとヘヨンが一緒にいるのを見たジョンウンは、怒りに任せてホテルにまつわる悪意的な記事を書く。
第14話
私はチャン・ボリ! 第14話 スボンとイナがヘオクの店を訪ねると、そこにいたのは何とボリであった。ボリはオクスの行方を聞かれるが知らないふりをする。一方、ピスルチェの前で待ち伏せしていたジサンに捕まったミンジョンは、無理やりタクシーに乗せられてしまう。車内でもめる様子を見かねたタクシーの運転手は2人を警察署に連れていく。警察署を出てピスルチェに戻ったミンジョンだが、陣痛が始まったことに気が付き長興へ向かうのだった。
第6話 告白は突然に
魔女の恋愛 第6話 告白は突然に 亡くなった恋人ヨンチェからもらったヒヤシンスをジヨンが切ったことにドンハは激怒し、ジヨンに二度と会いたくないと言ってしまう。ヨンチェとの思い出の山に行ったドンハはウンチェに会い、ウンチェがヨンチェの妹だと知る。一方 ホテルに行ったジヨンは偶然隣で受付をしていた男性の浮気相手だと誤解され警察署へ行くはめに。ナレの居酒屋で飲んでいたドンハも知らせを聞き、警察署へ駆けつけるが...
第7話
ウチに住むオトコ 第7話 いきなりやってきた刑事らは、シン・ジョンナム(キム・ハギュン)に対する脅迫、監禁の容疑で、ナンギルを連行する。ナリの頼みでナンギルと一緒に警察署に行ったドッボンは、どことなく妙な刑事らの態度や、いい加減な告訴状を指摘し、ダダ金融が裁判の準備をしているとの結論を下す。警察署から帰ってきたナリ、ナンギル、ドッボンは、裁判のための打ち合わせを始める。ドッボンは、ナリに友達ではなく、恋人としてつきあわないかと、ナリに告白するのだが...。
交番近くで“破裂音”…拳銃発砲か 実弾1発不明
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 交番近くで“破裂音”…拳銃発砲か 実弾1発不明  飯森裕次郎容疑者(33)の身柄が移された捜査本部のある吹田警察署から報告です。  (関灘春菜記者報告)  吹田警察署には、今から4時間ほど前に逮捕された飯森容疑者の身柄が移されました。飯森容疑者は事件から丸1日が経った17日午前6時半すぎ、大阪府箕面市の山の中で見つかりました。  目撃者:「6、7人の警察官に(囲まれていた)」「(Q.足取りは?)しっかりしていた」「(Q.暴れたりとか?)そういう様子は全然ないですね。神妙にしていましたね」  飯森容疑者は山道沿いのベンチに横たわっているのが見つかり、そのベンチの下にはポリ袋の中に入った拳銃が置かれていました。拳銃にこめられていた実弾は5発のうち4発しか残っておらず、16日に現場となった交番からほど近い吹田市千里山西で破裂音を聞いた人が複数いることから、飯森容疑者がそこで発砲した可能性もあるということです。飯森容疑者が確保された現場の近くに住む人は「まさかこんな所まで来ているとは思いもよらなかった」と不安げに話していました。
“緊縛強盗”スマホを奪い逃走 85歳の家に2人組
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 “緊縛強盗”スマホを奪い逃走 85歳の家に2人組  2人組の男が85歳の男性宅に押し入りました。  7日午前10時15分ごろ、東京・品川区二葉で「向かいの家で強盗」と住民から通報がありました。警視庁によりますと、2人組の男が85歳の男性宅に押し入り、男性を殴って倒して手足を粘着テープで縛り、スマ―トフォン1台を奪って逃走しました。男性は背中などを打って軽傷です。2人組の男が駅の方向に逃走する姿が防犯カメラで確認されていて、警視庁は強盗傷害事件として男らの行方を追っています。