「赤字とは」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

第143話 秋がきて・・・いなかのトンボが東京見物
キテレツ大百科 第143話 秋がきて・・・いなかのトンボが東京見物 田舎から帰ってきた勉三さんが帽子を取ると、頭に赤トンボがとまっていた。群れから離れ、東京にひとりぼっちでかわいそうな赤トンボ。何とか帰してあげようと英一に相談するが、うまく使える発明品が見つからない。ひょんなことからコロ助とブタゴリラは、山形ナンバーの観光バスに乗り込むことに成功するが・・・?
第96話 バスケットシューズII
スラムダンク 第96話 バスケットシューズII 合宿最終日。ついに花道は最後のシュートを決めて2万本のシュート練習を終えた。ちょうど赤木たちも静岡から戻り、明日からは全国大会直前の総仕上げが行われることになる。花道のバスケットシューズがボロボロであることに気づいた晴子は、翌日、花道を連れ立ってスポーツショップを訪れた。かつて30円でプレミアモノのバスケットシューズを花道に奪われた店長だが、その後彼の活躍を実際に見ていたこともあり、湘北と同じ赤と黒でカラーリングされたプレミアモノのバスケットシューズを気前よくプレゼントしてくれるのだった。
第6話 赤芽球と骨髄球
無料
はたらく細胞 第6話 赤芽球と骨髄球 いつか立派な赤血球になれるように──。それはまだ、赤血球が赤血球になる前、幼い赤芽球だったころの話。赤芽球はマクロファージ先生のもとで、一人前の赤血球になるため、一生懸命訓練中。だけど方向音痴の赤芽球は、訓練の途中で迷子になることもしばしば。ある日、細菌から逃げる避難訓練をしていた赤芽球は、そこでも迷子になってしまい……。
Session #3
無料
Session Session #3 前回リベンジを果たした赤松。 その答え合わせをしたいと、桜が散り始めた4月中旬、 赤松にとって初のポイント土浦港へと訪れた。 村上がbibibiショットでバスをゲットしていく中、赤松は土浦港のクローズドエリアに苦戦する。 果たして赤松はバスをゲットすることができるのか!?︎ また、村上、赤松が初めての「出会い」を語ります!
Session #1
無料
Session Session #1 session#1 霞ヶ浦 師弟Session 2人が訪れたのは関東のメジャースポット霞ヶ浦。 村上は次々ヒットを繰り出し、師匠たる所以を魅せつけていく。 一方、釣りたい気持ちが先走りし壊れていく弟子の赤松。 そんな中、赤松が「師匠と弟子の関係」を激白! 赤松が思う、師匠と弟子とは!?
Episode 30 立海烈伝~王者に挑む反逆児~
テニスの王子様 OVA ANOTHER STORY ~過去と未来のメッセージ Episode 30 立海烈伝~王者に挑む反逆児~ 1年前の春。全国No.1になろうと立海へ入学してきた、新入生切原赤也。自信満々にコートに立つが、2年生の幸村、真田、柳の「三強(ビッグスリー)」に完敗する。それ以来、部活に姿を見せない赤也をブン太、ジャッカルが励ますが、闘争心を燃やす赤也はひとり特訓に励む。そんな赤也の姿に幸村は在りし日の真田の姿を重ねる。数日後、赤也は三強に挑戦状を叩きつける。
Session #2
無料
Session Session #2 session2 真冬のリベンジ 前回、村上が次々とヒットを繰り出す中、チャンスを逃し苦汁を飲んだ赤松。 魚をかけるところまでは完璧にイメージできていると、真冬の霞ヶ浦に再び訪れた。 掴みかけた感覚でリベンジ成功となるのか!? また、赤松が語る村上の「釣り」とは!?
第65Q 僕らはもう
黒子のバスケ 第3期 第65Q 僕らはもう 「キセキの世代」の活躍によって、帝光バスケ部は全中二連覇を達成する。しかし、周囲との力の差は広がるばかり。才能を持て余した「キセキの世代」同士の関係にも亀裂が生まれ始めていた。練習をさぼるようになった青峰。さらには紫原までが反発し、赤司に1on1対決を提案してきた。受けてたった赤司だが、圧倒的な強さの紫原に追い詰められてしまう。これまで何事にも勝ち続けてきた赤司が、初めて意識した「敗北」。その瞬間、赤司の中に眠っていた何かが目覚める…!
第73Q 諦めませんか
黒子のバスケ 第3期 第73Q 諦めませんか チームメイトを見限った赤司は、自らの力でゾーンに入り、オフェンスだけでなくディフェンスまでも一人でこなし始めた。その圧倒的な強さに対抗しようと焦るあまり思うように動けない火神に、黒子はふたりで赤司と戦うことを提案する。その言葉の通り、火神の動きを読んで逆方向へと動いた黒子が、ついに赤司を止めることに成功する。それはまさに、ふたりの力を合わせた擬似「天帝の眼(エンペラーアイ)」だった! そして、光と影の連携に追い詰められた赤司に変化が現れ…?!
第69話 ゴリ異変!
スラムダンク 第69話 ゴリ異変! 2対2で続く陵南戦。それまで順調にゲームを進めていた湘北だったが、魚住が赤木に接触したところから不穏な空気が流れ始める。魚住にはね飛ばされた際に床に叩きつけられた赤木が、完治したはずの足を気にしはじめたのだ。「テーピングがゆるくないか?」「悪化したのではないか?」...プレーが散漫になり始めた赤木はフリースローを失敗し、パスミスや30秒ルールにかかるなど凡ミスを連発してしまう。そこに気がついた陵南は、赤木でなければ止められなかった魚住にボールを集めて猛反撃を開始。木暮がタイムアウトを取った時には4対13という大差をつけられてしまう。