「車 カスタム」の検索結果

今すぐ視聴する

2005年型マスタング
カスタムカー 2005年型マスタング 映画「60セカンズ」に登場し、カーコレクターを魅了した“エレノア”。このマッスルカーを復活させるべく、カスタム界の巨匠チップ・フースや職人たちが集結した。ベース車に選んだのは2005年型マスタング。名車エレノアの後継車作りに挑戦する。デビューはカスタムカーの祭典「ウッドワード・ドリーム・クルーズ」だ。
61年型キャデラック
カスタムカー 61年型キャデラック 天才的カスタマイザーとロック史上に燦然と輝くギタリスト...ジェリー・ヌーンとZZトップのビリー・ギボンズがタッグを組んだ。ビリーはホットロッド好きとして知られ、バンドのビデオには彼の愛車が登場するほど。ビリーのオーダーはキャデラックをベースにした、トリックとワイルドなテイストに溢れたもの。ジェリーはヴォン・ダッチにピンストライプでのコラボレーションを依頼。ロッダーとロッカーが、最強のキャディを作る。
70年型シボレー・シェベル
カスタムカー 70年型シボレー・シェベル 大排気量のV8エンジンを搭載し、凶暴な馬力でファンを魅了したマッスルカー。中でも人気のあった1970年型シェベルSSコンバーチブルを、レストアしつつ大胆にカスタムする。使用するエンジンは、620馬力のZZ572。4速オーバードライブ・ミッションを組み合わせ、衛星ラジオ、キャデラックのインテリアを使用するなど、ホットなカスタムプロジェクトが進行。製作するのはデトロイト近郊にあるカレッジの学生たちだ。
フォード・エスコート
ピンプ・マイ・ライド ~車改造大作戦!~ フォード・エスコート 22歳のキアラが乗る91年式フォード・エスコートに与えられる形容詞は放送禁止用語しか出てこない!スーパーのカートをぶつけられてへこんだボディ、カバーがボロボロに剥げてしまったシート、ひび割れだらけのダッシュボード。中学や高校でダンスを教えている彼女の車は生徒からも馬鹿にされまくり。バンドのボーカルを目指す彼女の人生と愛車に輝くときは訪れるのか?
ワーゲン・ワーゲン・バス
ピンプ・マイ・ライド ~車改造大作戦!~ ワーゲン・ワーゲン・バス イケてる愛車があれば混んで、乗り心地の悪いバスに乗る必要など無いが、ライアンは嫌でも最悪な状態の58年式のフォルクス・ワーゲン・バスを運転しなきゃならない...。穴が飽いているだけの窓と鳥のフンだらけのボディ。エンジンスタートはむき出しの配線直結で、地金むき出しの内装はサビだらけ。しかし母親を支えるのに精一杯で改造など到底無理。究極のサーフバンに乗るというサーファーの彼の夢は叶うのか?
シボレー・サバーバン
ピンプ・マイ・ライド ~車改造大作戦!~ シボレー・サバーバン 85年式シボレー・サバーバン。高級SUVの元祖とも言える車だが、アリスが乗るこの車は大修理が必要なほど疲れきっている。ボディはあちこち腐食し穴が開いていて、おまけに鳥のフンだらけ。曲がったエンブレム、取れかかったアンテナ、ドアはロックも出来ないし、まともに開閉もできない。乗っているだけでだらしない人間と思われそうなポンコツ車だが、他に足がないから仕方ない。ヘアメーク・アーティストを目指す彼女の愛車は、きちんとメーキャップされ生まれ変わるのか?
アキュラ・レジェンド
ピンプ・マイ・ライド ~車改造大作戦!~ アキュラ・レジェンド ジョシュの乗る88年式アキュラ・レジェンドは忘れ去られた伝説(レジェンド)だ。自分で補修を試みるも途中で資金が尽き、中途半端な修理痕だらけのボディ。ブレーキングとともに外れてしまったバンパーは助手席に積んである。電気系統もいかれ、クラクションを鳴らすと何故かワイパーが動き出す始末...。ゲットーの子供の教育プログラムを立ち上げた彼は、自分がオンボロで悪人が高級車に乗っているのが納得できないと憤る。果たして彼の車に新しい伝説は始まるのか!?
フォード・エコノライン
ピンプ・マイ・ライド ~車改造大作戦!~ フォード・エコノライン 昼間に会計士をしながら夜はバンドに燃えるネイトが乗る85年式フォード・エコノラインはバンドメンバーが移動するのにスペースは十分だが、その外観はサイアクでとにかく汚い落書きだらけ!内装もむき出しで、シートとゴミ以外とにかく何もない。オーディオも一切なく、バンドマンが乗るというのに音楽が聴けない悲しい状態...。今は周りから笑われているこの車だが、彼の音楽に掛ける情熱とともに燃え上がることはできるのだろうか!?
シボレー・カブリス
ピンプ・マイ・ライド ~車改造大作戦!~ シボレー・カブリス スケボーに人生をかけるトムが乗る96年式シボレー・カブリスはなんと以前はパトカーとして使用されていた。しかし今では公然わいせつ罪で取り締まられる側になりそうなほどひどい外観だ!パッと見パトカーなので、周りのスケーターから嫌がらせで卵をぶつけられまくったボディ。シートのカバーはあちこち破れ、パトカーには不要なのか、オーディオ関連の機器は全て取り払われている。果たしてこの車はスケーターの彼に似合う、イカした車に変身できるのか!?
キャデラック・エルドラド
ピンプ・マイ・ライド ~車改造大作戦!~ キャデラック・エルドラド ダンスとドラムが大好きで母親想いのビッグ・ロンが乗る84年式キャデラック・エルドラドは高級アメ車の威厳が欠片も残っていない。4本バラバラのタイヤ、無くなったグリル、バイナルトップが剥がれ落ちたルーフは無残な状態。インテリアも最悪でシートはボロボロ。ヘッドライナーが剥がれた天井からはスポンジの粉が落ちてきてゴーグル無しでは運転不可能!果たして彼のエルドラドは王者の威厳を取り戻すことが出来るのか!?
シボレー・ブレイザー
ピンプ・マイ・ライド ~車改造大作戦!~ シボレー・ブレイザー 22歳エリンが乗る、87年式シボレー・ブレイザーはもう燃え尽きた状態。無残なへこみやこすり傷だらけのボディは修理しようと盛ったパテで余計に汚くなっている。ブレーキを踏めば勝手に倒れるリアシート、ドライバーでしか開かないバックドア。ここまでボロいのに保険を通すための修理費で合計1万ドルもこの車に注ぎ込んでいる。16歳の時自分で買って以来乗り続けている愛車だが、働いて直しての繰り返しで暮らしも、車の状態良くならない。彼女がしてきた努力が報われる日は来るのか!?
ニッサン・240SX
ピンプ・マイ・ライド ~車改造大作戦!~ ニッサン・240SX ゲーム好きのクォヴェットがTVゲームと同じ車に乗りたくて手に入れた89年式ニッサン・240SX。しかし中途半端な改造で無残な姿に...。資金も底をつき元に戻すことさえ出来ない。取り付け工賃がパーツ代より高いことに後から気付き、両面テープで取り付けたエアロパーツは外れかけ、交換したレーサーシートは高くて頭をぶつけずに乗れない。おカネをかけて修理すればするほど何故かボロくなって行く彼の車は、レースゲームの車のようなカッコいいルックスとスピードを手に入れられるのか!?
フォード・フェアレーン
ピンプ・マイ・ライド ~車改造大作戦!~ フォード・フェアレーン 車が好きで自動車整備の専門に進学予定のウエストだが、簡単に修理できると思って63年式フォード・フェアレーンを手に入れたのが悪夢の始まりだった。100キロ出すと開いてしまうボンネットはガムテープで止めてあるだけ。エンジンもイカれていて長距離走行は不可能。ヘッドライナーもシートもボロボロでまともなところがひとつもない。重症過ぎていくらお金をかけてもまともにならず、もう修理どころじゃない。果たしてこの最悪なポンコツに救いの手は差し伸べられるのか!?
シボレー・S10
ピンプ・マイ・ライド ~車改造大作戦!~ シボレー・S10 サラが乗る88年式シボレー・S10はかろうじて走っているポンコツトラック。ボディのいたるところがサビて塗装は剥げまくり。ボンネットに至ってはもう腐食寸前だ。スペアタイヤはゴムやチェーンで無理やり荷台に固定されている状態。アルミクッションを貼っただけのヘッドライナーや色々取れるダッシュボードパーツ等インテリアも悲惨。しかし婚約者との沢山の思い出が詰まったこの車は彼女にとって家族であり人生そのもの。できれば乗り続けたいという彼女の願いは叶うのか!?
シボレー・キャバリエ
ピンプ・マイ・ライド ~車改造大作戦!~ シボレー・キャバリエ 22歳のブルックが乗るシボレー・キャバリエは超イケてないコンバーチブル。へこみや擦り傷だらけのボディは歪んでトランクがまともに閉まらない。車上荒らしで切り裂かれた幌は縫いあわせてみたものの、勿論使えない。そのせいで常にむき出しの車内は不潔で友達からゴミ溜めと言われる始末...。修理にお金をかけても状況は全然良くならず、大学院に進学したいがお金が一向に貯まらないと嘆く。貯金して教授を目指す彼女は、修理費のかからない車を手に入れることが出来るのか!?
トヨタ・フォーランナー
無料
CAR FIX シーズン4 トヨタ・フォーランナー トヨタ4ランナーを徹底的にカスタムすることになったルーとジャレッド。フードからフロアまで、余すところなく要望に合うように手を入れていく。
最悪失敗作UTVリベンジ
ディーゼル・ブラザーズ 最悪失敗作UTVリベンジ ディーゼル車の業界で、誰よりも楽しみながら、デカくてイカシしたトラックを数多く作り出しているヘビーDとディーゼル・デイブ、そしてディーゼル・セラーズのクルーたち。それは自分たちの車でも例外ではない。彼らはヴィンテージの消防車を店の全員が乗れるようなレッカー車に生まれ変わらせる。そしてヘビーDは、失敗続きのUTVの改造を、今度こそ終わらせると意気込むのだった。
シボレー・デュラマックス
ディーゼル・ブラザーズ シボレー・デュラマックス 楽しくて大きくてイケてるディーゼル車を作ることに関しては、ヘビーD、ディーゼル・デイブ、そしてディーゼル・セラーズのスタッフの右に出る者はいない。無料でプレゼントする予定だったUSデュラマックスから出火し、スタッフは何とか期日までに修復しようと奔走する。そんな中、ヘビーDはレッドが決めた予算を無視し、会社の車両運搬車をモンスター級のトラックに変身させようと企てる。
F100 レーストラック
ディーゼル・ブラザーズ F100 レーストラック ディーゼル車の業界で、誰よりも楽しみながら、デカくてイカしたトラックを数多く作り出しているヘビーDとディーゼル・デイブ、そしてディーゼル・セラーズのクルーたち。彼らが提供する懸賞の車も有名だ。今回の懸賞用の車は、史上最大級の最強メガラム。しかしヘビーDには更に大きな企画が。伝説のミント400、オフロードレースに出場するため、1週間で古いフォードF100をレース用に改造する。
全地形対応車「Nasu」
ディーゼル・ブラザーズ 全地形対応車「Nasu」 ディーゼルトラックを専門に数多くの改造を手掛け、その名を世に知らしめたディーゼル・セラーズ。今回は地元の保安官より依頼を受ける。捜索救助用の車両を新たに導入したいというのだ。そこでクルーは、ユタ州のどのような地形にも対応できるよう、シス社のNASUを最強の水陸両用車に改造することに。また、次の懸賞用のダッジラム5500をスペシャル仕様にするため、全力を挙げて取り組む。
シボレーC10 ローライダー パート1
ディーゼル・ブラザーズ シボレーC10 ローライダー パート1 ディーゼル車の業界で、誰よりも楽しみながら、デカくてイカしたトラックを数多く作り出しているヘビーDとディーゼル・デイブ、そしてディーゼル・セラーズのクルーたち。巨大なディーゼル車の改造で功績を挙げてきたが、壊れたシボレーC10を車高の低いスラムドへ改造する依頼を受け、新たな挑戦が始まる。クルーは手に入れた軽量のレースカーを転売目的で修理するが、ヘビーDがレースに出場し...。
6輪駆動 F-550
ディーゼル・ブラザーズ 6輪駆動 F-550 世界最大級の自動車用品ショーケース、SEMAショー。2014年にメガラムをラスベガスの会場で初披露し、参加者の度肝を抜いたディーゼルセラーズ。2015年の参加へ向け準備を進めていた彼らだったが、ヘビーDの直前のプラン変更もあり、6ホイールの大型車F550を制作することになる。ショーまで残り約2週間、ディーゼルセラーズは作品を完成させ、ラスベガスへ乗り込むことができるだろうか?
第2世代ダッジ・ラム
ディーゼル・ブラザーズ 第2世代ダッジ・ラム 今回ヘビーDとディーゼル・デイブは依頼人からの要望を受け、ボロボロのトラックをオフロード用の移動式整備工場に生まれ変わらせるため奮闘する。また、ヘビー・Dが抽選の景品に出すためのトラックを探していたところ、ディーゼル・デイブが掘り出しものらしき車を買ってくる。12バルブのディーゼルエンジンを搭載した第二世代のドッジ・クワッドキャブだ。さて、この車は本当にお宝なのだろうか?
GMCデナリ
ディーゼル・ブラザーズ GMCデナリ ヘビーD、ディーゼル・デイブらが営むディーゼル・セラーズは、巨大でワイルドなトラックを造り出す。彼らが提供する懸賞の車も有名だ。今回の懸賞用の車は、史上最大級の怪物のようなオフロード走行用のトラック。一方、マッスルは華やかなデナリを勝手に仕入れ、ヘビーDの怒りを買ってしまう。デナリをうまく仕上げて買い手を見つけなければ、マッスル自身が8万ドルで購入しなければならないことに。
スーパー・シックス大改造 パート2
ディーゼル・ブラザーズ スーパー・シックス大改造 パート2 楽しいこととトラックの改造を愛するディーゼル・セラーズの面々は、クレイジーな動画と最高のディーゼル車を生み出すことで世界中に知られている。今回、彼らは地元のアパレル企業のために、高出力のTシャツ砲とタレットを備えたカニ歩きのスーパー6の完成に全力を尽くす。そしてヘビーDは、1週間で5トンの軍用トラックを除雪車へ改造してほしいという、近隣に住む造園業者からの依頼に挑む。
シボレー・ノマド
ファスト&ラウド シボレー・ノマド 大人気のNASCARドライバーのデイル・アーンハート・ジュニアからガス・モンキーに依頼がきてリチャードとアーロンは大興奮!デイルの好みにカスタムを施した1956年のシボレー・ノマドが欲しいと言うのだ。果たしてスタードライバーが満足するような車に仕上がったのか。その頃ガス・モンキー・ガレージの面々はテキサスの暑さにやられていた。
タッカー・スノーキャット
ディーゼル・ブラザーズ タッカー・スノーキャット ディーゼル・セラーズのオーナー、ヘビーDとディーゼル・デイブ、そして彼らのクルーたちは、ふざけた動画を撮ることと最高のカスタムトラックを作ることで有名だ。そんな彼らは今回、友人のスタントドライバー、タナー・ゴッドフリーに依頼され、雪上走行ができるユニークなピックアップの製作に奮闘。さらに、世界最大級のカスタムカーの祭典、SEMAショーに出展する車も大急ぎで作らなくてはならない。
ハマーH1
ディーゼル・ブラザーズ ハマーH1 どこよりもデカくてイカしたトラックを喜々として作り出すことで、その名を知られるディーゼル・セラーズ。今回、在庫車を改造するようレッドに言われたヘビーDは、古い6ドアのF650とキャンピングトレーラーを組み合わせ、究極のキャンピングカーを作ることにした。さらに彼らは、多数のハマーを所有する謎のマウンテン・マンから、次の豪華景品にピッタリなディーゼルエンジンのハマーH1を購入する。
チャック・ノリス仕様シルバラード
ディーゼル・ブラザーズ チャック・ノリス仕様シルバラード 数々のトラック改造を手がけてきたヘビーDとディーゼル・デイブたちだが、自分たち専用のトラックにも決して手を抜かない。今回は中古の消防車を見つけてきて、メンバー全員を引っ張れるほどのパワーを誇るけん引トラックに改造を試みる。作業に入った彼らの元に俳優のチャック・ノリスが来るという連絡が入り、クルーは大騒ぎ。チャックはヘビーDたちに新しいプロジェクトへの協力を持ちかける。
前転トラック パート1
ディーゼル・ブラザーズ 前転トラック パート1 今回ヘビーDはYouTubeの動画再生回数を伸ばすこととディーゼル・セラーズのトラックの性能を上げることを目的に、でんぐり返りができるスタント用のトラックの開発に取り組み始める。一方のマッスルはオークションで掘り出し物のダッジ・ラムを買ってくる。このことを評価したヘビーDは、この車をモダンなポップアップ式のキャンピングガーに改造するプロジェクトの責任者にマッスルを指名する。