「飲み会」の検索結果

今すぐ視聴する

【矢作会の未公開トーク②】期間限定で特別に公開!
石橋貴明プレミアム第3弾 急募!石橋貴明と友達になりませんか?生放送SP 【矢作会の未公開トーク②】期間限定で特別に公開! 盛り上がりすぎて放送に入りきらなかった未公開トーク! 石橋貴明、もしかしたら人力舎に入っていたかも!? 貴重なエピソードと合わせて、昔の交友関係について語る!
2話 これが大人の飲み会……
NEW GAME! 2話 これが大人の飲み会…… 青葉がキャラクターデザイナーを志すきっかけとなったゲームである《フェアリーズストーリー》。その最新作を制作するチームに配属された青葉は、憧れの八神コウがリーダーを務めるキャラ班でグラフィッカーとして働き始める。絵を描くこと以外は経験のない青葉は、勉強としてコウから渡された3Dの参考書を進めていく。勉強は順調に進み、参考書も半ばに差し掛かった頃、ついにコウから初仕事を任されることになった青葉。その内容はNPCの村人をモデリングし、3Dのキャラクターをおこしていくというもので……。
第21話 「深夜の日松屋」「BANANA」「ニート矯正施設」
おそ松さん 第2期 第21話 「深夜の日松屋」「BANANA」「ニート矯正施設」 「深夜の日松屋」 飲み会後のよくある風景。ラーメン日松屋でぐだぐだしているおそ松たち。 「BANANA」 一攫千金を狙うトティ美にまさかの展開が!! 「ニート矯正施設」 まさかのニート矯正施設に6つ子を預けることにした松代。しかし入れるのは一人だけになってしまい・・・
#1 ワラベル
【2周年記念レギュラー番組】日韓同時放送!SEVENTEEN出演『SVTクラブ』 #1 ワラベル 韓国の若者のキーワード「ワラベル(Work and life balance)」から知ることのできるSEVENTEENのワーク&ライフ! 「果たして彼らはワークとライフのバランスをうまく両立することができるのか?」 24時間でも足りないSEVENTEENの日常生活の中で、ワーク&ライフの両立の仕方を見つけた! 自他共に認めるワーカホリック ウジの作業室探求生活から垣間見える“ワーク”、大観覧車から見る大阪シティビューや、京都の自然の中で楽しむ温泉ヒーリングタイムまで。 人生初の自由旅行に旅立ったSEVENTEENの純度100%“ライフ” そして、深夜まで続く彼らだけのリアル飲み会現場! 最近の若者の代表であるSEVENTEENの「ワラベル」がSVTクラブでついに初公開!
第13話 地獄太夫/酒盛って休め
「鬼灯の冷徹」第弐期 第13話 地獄太夫/酒盛って休め 「そもさん」「せっぱ」ではじまる禅問答。どこにいて、どこに行くのか。ここにいて、ここで仕事しています。と答えた鬼灯の目は、何徹目なのかすわりきって怖い。問い掛けた主は一休さんこと、一休禅師。有名な人物だが、勝手に来て勝手に禅問答を始められては仕事の邪魔。帰れと言われても、「ワシが帰る、しかし、ワシは存在する」とかわし続けるばかり。どうやら誰かを待っているようなのだが?/歳の瀬のあわただしさに、疲れきった様子で鬼灯を飲みにさそう閻魔大王。先週行ったばかりでしょうと咎められ、君は来なかったじゃないかとボヤき返す。鬼灯が行かなかったのは、飲みを理由に閻魔が任せてきた仕事を片付けていたからだが、基本的に強制的な飲み会反対派の鬼灯は、そういったものは忘年会などの節目で十分と考えている。ならばと閻魔大王は宣言する。だったら明日、忘年会をしよう!
第三章 痛覚残留
劇場版「空の境界」 第三章 痛覚残留 「わたし、人殺しなんかしたくないのに――」 「そうでもないよ、おまえは」 見た瞬間に気が付いた。いや、視えてしまった、と言うべきか。 敵であるという確信と、そうじゃない、という否定。 そこにいるのは自分のいる境界がわからないまま越えてしまった、少女だったモノ。 人知れず繰り返される陵辱に、しかし、彼女は無機質な視線を投げかけるばかり。 仮に人の脳に複数のチャンネルがあるとしよう。 現実に即して生きるための最大公約数のチャンネルがあるとして、 おそらく大多数の人間はそこにあわせて世界を見つめ、認識し、だからこそ共存できる。 けれど、どうしても皆とは異なるチャンネルにしかあわせることしかできない、そんな存在がいたとしたら―― それは、もう人外。 いや「存在不適合者」と呼ぶ。 社会に不適合、ではなく、存在そのものが不適合だという話。 どうやらそれを「超能力者」というらしい。 そしてある晩のこと。 飲み会帰りの雨の夜、どこまでも普通、けれど類い希な探し物の才能を持つ黒桐幹也は 闇にうずくまるひとりの少女を拾ってしまう。 「それ」がいずれ、自身が探すことになる対象とも気付かずに、探す前から見つけていた…… が、その事実を知ることはない。 行方不明になった後輩。 会えなかった妹とその友人。 手足どころか首までもがねじ切られた惨殺死体は、今日もまたひとつ、増える。 てんでに別方向へ手前勝手に進行する出来事は、やがてひとつの結末へと辿り着く――