「香港 人気」の検索結果

今すぐ視聴する

#1:香港ディズニーランドで始まる夢のような恋【ビデオ限定企画付き】
無料
今日、好きになりました。-香港ディズニーランド編 #1:香港ディズニーランドで始まる夢のような恋【ビデオ限定企画付き】 ★夢の国で始まる、夢のような恋★ 運命の恋を見つけるまで終わらない、恋の修学旅行。 2つ目の舞台となるのは『香港ディズニーランド』! 前回の旅から引き続き旅を続けるのは一体誰? そして、 夢の国で始まるのは、夢のような甘い恋…だけではなかった!? 史上初の展開に、見届け人たちもア然… ★ビデオ限定コンテンツ付き!★ ①いったろ♡しゅんまやWデート ハワイ編で成立したいったろ♡しゅんまやがWデート!第1話 ②今日好きゆるちゃん 前田まはる&しゅんと一緒にゆる〜く本編を観ませんか?vol.1
#2:夢の国のショーは恋の勇気を与える!?【ビデオ限定企画付き】
無料
今日、好きになりました。-香港ディズニーランド編 #2:夢の国のショーは恋の勇気を与える!?【ビデオ限定企画付き】 ★ミッキーの魔法にかけられた恋★ 『ウィー・ラブ・ミッキー』プロジェクションショーで更にテンションの上がるメンバーたち。 そんな中、勇気を出したきあらがとった行動とは一体…? 一日目も終わりに差し掛かる頃。 男女部屋に別れたメンバーは恋バナを始め…♡ この恋バナが翌日の恋の行方を揺さぶることに…!? ★ビデオ限定コンテンツ付き!★ ①いったろ♡しゅんまやWデート ハワイ編で成立したいったろ♡しゅんまやがWデート!第1話 ②今日好きゆるちゃん 前田まはる&しゅんと一緒にゆる〜く本編を観ませんか?vol.1
#3:のあと一緒に、観覧車に乗りたいな。【ビデオ限定企画付き】
無料
今日、好きになりました。-香港ディズニーランド編 #3:のあと一緒に、観覧車に乗りたいな。【ビデオ限定企画付き】 ★今日好き史上初の展開が幕開け…★ 3つのデートスポットに別れたメンバーたち。 そこで今後の運命を分ける、予想外の展開が…!? あるグループではあの二人が二人っきりに。 ふらついた女子メンバーの手を取りそのまま手をつなぎ…? ★ビデオ限定コンテンツ付き!★ ①いったろ♡しゅんまやWデート ハワイ編で成立したいったろ♡しゅんまやがWデート!第3話 ②今日好きゆるちゃん 前田まはる&しゅんと一緒にゆる〜く本編を観ませんか?vol.3
#4:“好き"の想いは、伝えなきゃ絶対わからない!【ビデオ限定企画付き】
今日、好きになりました。-香港ディズニーランド編 #4:“好き"の想いは、伝えなきゃ絶対わからない!【ビデオ限定企画付き】 ★告白前夜、焦りだすメンバーたち★ 告白まであと数時間。 「伝えないと、絶対伝わらないと思ったから。」 なかなか一歩踏み出せなかったけいえるがあのメンバーを誘い出す。 「恋愛の神様に嫌われてるのかな」 今の気持ちをつぶやくのあに、一体何が…? ★ビデオ限定コンテンツ付き!★ ①いったろ♡しゅんまやWデート ハワイ編で成立したいったろ♡しゅんまやがWデート!最終回 ②今日好きゆるちゃん 前田まはる&しゅんと一緒にゆる〜く本編を観ませんか?vol.3
#5:【香港編 最終回】全員○○!?史上初の結末に…【ビデオ限定企画付き】
今日、好きになりました。-香港ディズニーランド編 #5:【香港編 最終回】全員○○!?史上初の結末に…【ビデオ限定企画付き】 ★香港ディズニーランドでの恋、最終回★ 運命の告白の日。 最後のツーショットに想いを託し、想いを伝えるメンバーたち。 そんな中、のあを誘い出したのあ。 のあのあの恋は思いがけない展開へ…? そして、今日好き史上初の展開を迎えて…!? 旅を続けるメンバーは一体、誰…?
保釈の香港メディア創業者 言論の自由を改めて訴え
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 保釈の香港メディア創業者 言論の自由を改めて訴え  香港で施行された国家安全維持法に違反したとして逮捕され、その後、保釈された香港メディアの創業者がテレビインタビューに応じ、法律を批判するとともに言論の自由を重ねて求めました。  蘋果日報創業者・黎智英氏:「国家安全維持法がある限り、香港の優遇措置をアメリカが撤回しても、香港は死ぬのです」  中国に批判的な論調で知られる香港紙「蘋果日報」などの創業者で民主派の黎智英氏が14日、CNNテレビのインタビューに応じました。香港警察は黎氏の逮捕理由を「外国勢力と結託して国家の安全に危害を加えた疑い」と説明しましたが、黎氏はこれを否定し、言論の自由を封じるものと重ねて批判しました。黎さんは去年7月、アメリカを訪問し、ポンペオ国務長官と面会するなど、香港の問題を国際社会に発信してきました。
アメリカの香港行政トップ制裁に「恥知らずで卑劣」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 アメリカの香港行政トップ制裁に「恥知らずで卑劣」  アメリカ政府が香港の行政トップら11人を資産凍結などの制裁対象に指定したことについて、香港政府は「恥知らずで卑劣だ」と非難する声明を出しました。  声明は制裁について「恥知らずで卑劣だ。香港とアメリカの関係を様々な分野で弱体化させる」と批判しました。トランプ政権は7日、香港政府の林鄭月娥行政長官ら11人に対し、香港の自治や表現の自由を抑圧したとして制裁を科しました。これによってアメリカ国内の資産が凍結され、アメリカ人との取引ができなくなります。制裁の対象となった中国政府の香港出先機関のトップはコメントを出し、「私は海外に1円の資産もないので制裁は無意味だ。トランプさんに100ドル送って凍結してもらって構わない」と皮肉を交じえて反論しました。
香港警察、中国批判の民主派メディア創業者らを逮捕
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港警察、中国批判の民主派メディア創業者らを逮捕  香港の警察は中国に批判的な新聞の創業者の男性らを国家安全維持法違反の疑いで逮捕しました。  香港メディアによりますと、10日に国家安全維持法違反の疑いで逮捕されたのは、中国に批判的な論調で知られる香港紙「蘋果日報」などのメディアグループの創業者で、民主派の黎智英さんら7人です。香港警察は、黎さんらが外国勢力と結託して国家の安全に危害を加えた容疑を適用したとしていますが、具体的にどの行為を法律違反としているのかを明らかにしていません。黎さんは去年7月、アメリカを訪問してポンペオ国務長官に面会するなど、香港問題を国際社会に発信する活動で知られています。また、黎さんは6月4日に香港で行われた天安門事件の追悼集会を呼び掛けたとして起訴され、裁判が続いています。
米財務省 香港行政長官ら11人を制裁対象に指定
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米財務省 香港行政長官ら11人を制裁対象に指定  アメリカのトランプ政権は、国家安全維持法の施行などで香港の高度な自治を侵害したとして林鄭月娥行政長官ら11人を制裁対象に指定しました。  アメリカ財務省は、林鄭行政長官や香港政府の高官ら11人について「表現や集会の自由を制限する政策を実行し、香港の高度な自治を損なったことに大きな責任がある」として制裁を科しました。この措置により、アメリカ国内の資産が凍結されてアメリカ国民との取引が禁止されます。香港では国家安全維持法が施行され、民主派の取り締まりが行われていて、ムニューシン財務長官は「香港の自治を侵害する者に対して、手段や権限を行使していく」と警告しています。
民主派・周庭さん逮捕 香港警察、国安法違反容疑
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 民主派・周庭さん逮捕 香港警察、国安法違反容疑  香港で民主派活動を率いてきた周庭さんが10日夜、国家安全維持法違反の疑いで香港警察に逮捕されました。  周さんは2014年の香港の民主化デモ「雨傘運動」を主導した学生団体の元幹部です。違法集会を扇動した罪などに問われた裁判で有罪判決を言い渡されたばかりでしたが、今度は国家安全維持法に違反した疑いで逮捕されました。香港警察が10日、国家安全維持法違反の疑いで逮捕した6人のなかに中国に批判的な論調で知られる新聞の創業者・黎智英さんも含まれています。香港警察は6人に外国勢力と結託して国家の安全に危害を加えた容疑などを適用したとしています。
香港 民主活動家・周庭さんに有罪判決 量刑は12月
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港 民主活動家・周庭さんに有罪判決 量刑は12月  香港の民主活動家・周庭さんが去年、違法集会を扇動した罪などに問われた裁判で、香港の裁判所は有罪判決を言い渡しました。量刑は12月に宣告するとしました。  民主活動家の周さんは去年6月、警察本部を包囲するようデモ隊を扇動した罪と違法集会に参加した罪に問われ、周さんは起訴内容を認めていました。今月5日午後に公判が開かれ、香港の裁判所は周さんに有罪判決を言い渡しました。量刑は12月に宣告するとしています。裁判後、周さんは報道陣に対して「次の裁判で収監されるかもしれないが、これからも香港の自由と民主主義を守るために頑張っていきたい。世界中の人々は香港問題に関心を持ち続けてほしい」と訴えました。
香港当局、民主派24人を起訴 天安門追悼集会参加で
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港当局、民主派24人を起訴 天安門追悼集会参加で  香港で6月に行われた天安門事件の追悼集会に参加したとして、民主活動家ら24人が起訴されました。  香港警察などによりますと、6月4日に香港で開催された天安門事件の追悼集会を巡り、民主活動家の黄之鋒さんや市民団体の李卓人代表ら24人が違法集会に参加した罪などで起訴されました。この集会は市民団体が毎年開いているもので、今年は新型コロナウイルスの感染防止を理由に初めて許可が下りませんでしたが、会場には数千人を超える市民が集まりました。集会を主催してきた市民団体は「香港市民には集会やデモが権利として認められている。警察は感染防止を理由に弾圧し、香港市民の自由を奪っている」とコメントしています。
中国 香港問題の報復で米上院議員ら11人に制裁
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国 香港問題の報復で米上院議員ら11人に制裁  中国政府は、アメリカの上院議員ら11人を制裁対象にしたと発表しました。トランプ政権が香港政府のトップら11人に制裁を科したことへの報復措置です。  中国外務省は10日の会見で、トランプ政権が香港政府の林鄭月娥行政長官ら11人に制裁を科したことについて「中国の内政に乱暴に干渉した」と非難しました。そのうえで、「中国は香港に関連する問題でひどい振る舞いをした者に制裁を科す」と述べました。去年、アメリカで成立した香港での人権尊重や民主主義を支援する「香港人権・民主主義法」を主導した対中強硬派のマルコ・ルビオ上院議員のほか、テッド・クルーズ上院議員など11人を対象としていますが、具体的な制裁の内容は明らかにしていません。
香港の周庭さん“事後法”で 「恐怖感がある」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港の周庭さん“事後法”で 「恐怖感がある」  香港民主化デモのシンボルである周庭さん(23)が10日夜、国家安全維持法違反の疑いで香港警察に逮捕されました。周さんが連行される様子は香港メディア各局が中継で伝えました。  後ろ手に手錠を掛けられているように見えます。警察は「国家安全維持法29条」を適用したというだけで、具体的にいつのどんな行為が法律に抵触したのかは明らかにしていません。その怖さです。車の後部座席から外を見つめる周さん。自分に向けられたカメラをどんな思いで見ているのでしょうか。  5日に日本語でこう訴えていました。  周庭さん:「日本の皆さんも世界の皆さんも私のことだけでなく、他の香港の若者たちのことにも注目して頂きたいと思います」  この時、彼女の隣にいた黄之鋒さんはフェイスブックで…。  民主活動家・黄之鋒さん:「彼女は法律の施行前にデモもやめ、ツイッターもやめていたにもかかわらず、新しい国家安全維持法違反で逮捕されました」  今年6月30日に香港で施行された国安法を、施行前にさかのぼって適用していると問題視しています。  中国外務省:「中国は法治国家であります」  しかし、法治国家であれば法律の施行前の行為を罪に問うことはありません。  周庭さん:「明らかにとんでもない恐怖感が今、香港にはあります」  こうして日本語を話し、また、日本の議員連盟の会合にもリモートで参加していた周さん。そんな彼女を今月10日付の人民日報は「日本にひざを屈した反中政治屋」とこき下ろしています。香港警察は周さんの他に、中国に…
民主派「香港の自由は終わった」 周庭さんら逮捕で
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 民主派「香港の自由は終わった」 周庭さんら逮捕で  周庭さんらが逮捕されたことを受け、同じ政治団体に所属していた民主活動家が「香港の自由はなくなった」という声明を発表しました。  香港警察は10日、民主活動家の周さんや中国に批判的な新聞の創業者・黎智英さんらを国家安全維持法違反の疑いで逮捕し、新聞社を家宅捜索しました。これを受けて周さんと同じ政治団体に所属していた黄之鋒さんは「香港の自由は終わった」などとするメッセージを出しました。香港警察は10日の逮捕について、外国勢力と結託して国家の安全に危害を加えた容疑などを適用したとしていますが、具体的にどの行為が違法行為にあたるかを明らかにしていません。
香港民主活動家・周庭氏保釈 「政治的な弾圧だ」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港民主活動家・周庭氏保釈 「政治的な弾圧だ」  国家安全維持法違反の疑いで10日に逮捕された香港の民主活動家・周庭氏が11日夜、保釈されました。  保釈後に周氏は地元メディアなどに対して「逮捕は明らかに政治的な弾圧だ。今まで4回逮捕されたが、今回が一番怖かった。香港の社会運動に参加して香港の民主と自由のために闘う一員として後悔はしていない」と話しました。外国勢力と結託し、国家の安全に危害を加えた容疑がかけられていますが、周氏は「7月から現在までにSNSを通して外国勢力と結託したと言われたが、具体的な内容は言われなかった」としました。また、同じ容疑で10日に逮捕された香港紙「蘋果日報」などの創業者・黎智英氏も保釈されました。
民主活動家・周庭氏が保釈「今までで一番怖かった」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 民主活動家・周庭氏が保釈「今までで一番怖かった」  香港で国家安全維持法違反の疑いで10日に逮捕された民主活動家・周庭氏が11日夜に保釈されました。  香港の民主活動家・周庭氏:「今まで4回逮捕されたけど、正直、今回が一番怖かった」  保釈後に周氏は、「逮捕は明らかに政治的な弾圧だ。香港の社会運動に参加し、香港の民主と自由のために闘う一員として後悔はしていない」と話しました。外国勢力と結託し、国家の安全に危害を加えた容疑がかけられていますが、周氏は「7月から現在までにSNSを通して外国勢力と結託したと言われたが、具体的な内容は言われなかった」と説明しました。また、同じ容疑で10日に逮捕された香港紙「蘋果日報」などの創業者・黎智英氏も保釈されました。
“民主の女神”無期懲役も?香港の活動家ら逮捕
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 “民主の女神”無期懲役も?香港の活動家ら逮捕  香港民主化デモのシンボルである周庭さん(23)が10日夜、国家安全維持法違反の疑いで香港警察に逮捕されました。突然の逮捕ですが、周さんの身柄は今、どこに置かれているのでしょうか。上海から報告です。  (南出拓平記者報告)  周さんは現在、香港市内の留置施設にいて逮捕から48時間、つまり12日の夜までに起訴されるか、身柄が保釈されるかどうかが決まります。ただ、ここからがこの法律の怖さの本質でもありますが、今後、科される量刑や、そもそも裁判自体が中国当局のさじ加減でどうとでもできる構造になっています。しかも、最高刑は無期懲役です。また今回、具体的に「どの行為」が法律違反なのかが明らかにされていませんが、周さんの関係者によりますと、SNSを通じて外国に対して中国への敵対行為を呼び掛けた疑いが持たれています。ただ、周さんは国安法の施行に合わせて所属していた政治団体を脱退し、SNS上での政治的発言もかなり抑えていました。そのなかでの逮捕ということもあり、香港市民の間では恐怖感が広がっています。
「日本にひざを屈した」中国メディアが周庭さん酷評
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「日本にひざを屈した」中国メディアが周庭さん酷評  香港で民主活動家の周庭さんが逮捕されたことを受けて、中国メディアは「日本にひざを屈した反中国の政治屋」と酷評しました。  中国共産党の機関紙「人民日報」の海外版は、日本語で香港の民主化を訴える周さんについて「日本にひざを屈した反中国の政治屋」といわれていると酷評しました。そのうえで、「暴力的で無謀で外国にこびるというのが香港のネットでの一般的な評価だ」と非難しました。また、共産党系の「環球時報」は今回の民主活動家らの一斉逮捕について「アメリカの圧力に対して中国は弱腰を見せず、香港は弱腰を見せない」とし、「中国社会全体の自信をさらに深めた」と論評しました。
民主活動家ら逮捕の香港 菅長官「重大な懸念」
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 民主活動家ら逮捕の香港 菅長官「重大な懸念」  菅官房長官は、香港警察が民主活動家や中国に批判的な新聞の創業者を国家安全維持法違反の疑いで逮捕したことについて重大な懸念を表明しました。  菅官房長官:「我が国としても香港情勢について引き続き重大な懸念を有しております。これまでも繰り返し申し述べてきた通り、香港は我が国にとって緊密な経済関係と人的交流を有する極めて重要なパートナーであり、一国二制度の下に自由で開かれた体制が維持され、民主的、安定的な発展をしていくことが重要である、この立場は一貫をしています」  また、菅長官は日本政府のこうした立場について、「中国側にも外相会談など様々な機会に伝達している」と強調しました。そのうえで、関係国と連携して適切に対応していくという考えを示しました。
香港の民主活動家・周庭氏を保釈
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港の民主活動家・周庭氏を保釈  香港国家安全維持法違反で10日に逮捕された民主活動家の周庭氏が11日夜、保釈されました。
コンテイジョン
コンテイジョン(吹替) コンテイジョン 香港出張からアメリカに帰国したベスは体調を崩し、2日後に亡くなる。時を同じくして、香港で青年が、ロンドンでモデル、東京ではビジネスマンが突然倒れる。謎のウイルス感染が発生したのだ。新型ウイルスは、驚異的な速度で全世界に広がっていった。 米国疾病対策センター(CDC)は危険を承知で感染地区にドクターを送り込み、世界保健機関(WHO)はウイルスの起源を突き止めようとする。だが、ある過激なジャーナリストが、政府は事態の真相とワクチンを隠しているとブログで主張し、人々の恐怖を煽る。その恐怖はウイルスより急速に感染し、人々はパニックに陥り、社会は崩壊していく。国家が、医師が、そして家族を守るごく普通の人々が選んだ決断とは──?
コンテイジョン
コンテイジョン(字幕) コンテイジョン 香港出張からアメリカに帰国したベスは体調を崩し、2日後に亡くなる。時を同じくして、香港で青年が、ロンドンでモデル、東京ではビジネスマンが突然倒れる。謎のウイルス感染が発生したのだ。新型ウイルスは、驚異的な速度で全世界に広がっていった。 米国疾病対策センター(CDC)は危険を承知で感染地区にドクターを送り込み、世界保健機関(WHO)はウイルスの起源を突き止めようとする。だが、ある過激なジャーナリストが、政府は事態の真相とワクチンを隠しているとブログで主張し、人々の恐怖を煽る。その恐怖はウイルスより急速に感染し、人々はパニックに陥り、社会は崩壊していく。国家が、医師が、そして家族を守るごく普通の人々が選んだ決断とは──?
#1:「ギャル、好きですか?」恋の修学旅行、新章スタート♡【ビデオ限定企画つき】
無料
今日、好きになりました。-韓国チェジュ島編 #1:「ギャル、好きですか?」恋の修学旅行、新章スタート♡【ビデオ限定企画つき】 恋の修学旅行、3つ目の舞台は韓国のリゾート地、チェジュ島! 引き続き旅を続けるメンバーは けいえる(香港編) そして、過去の恋愛をひきずるのあ(ハワイ編、香港編)。 さらに…?♡ 新メンバーを7人迎えたチェジュ島編は、 一途女子たちの大混戦!? ド天然男子登場で恋の行方は大迷宮へ…? 「普通にタイプだった♡」ストレートなピュアギャルに見届け人もほっこり♡なチェジュ島編、はじまります! ★いっせい&りったろの沖縄デート★ ハワイ編で成立した”いったろ”。 成立したけど、遠距離でなかなか会えない…そんな2人の沖縄1泊2日のデートに密着。 ★今日好きゆるちゃん★ 本編を今日好きメンバーと一緒にゆる〜く見ませんか? 今回は第9弾からゆや、るーちゃん、だいちゃん、れいたぴ、まなまなです♡
保釈の周庭氏「引き続き香港に注目を」日本語で感謝
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 保釈の周庭氏「引き続き香港に注目を」日本語で感謝  国家安全維持法違反で逮捕され、保釈された香港の民主活動家・周庭氏が日本語で動画を公開し、日本の支援者に感謝の言葉を伝えました。  周庭氏:「心の準備が全然できていないまま逮捕されたので、やっぱり現状が把握していないまま逮捕され、本当に不安と怖さがとんでもない」  周氏は公開した動画で当時の心境や家宅捜索でパソコンや携帯電話を押収されたことを明かしました。また、ツイッター上で周氏を応援する投稿が相次ぐなど、日本からの支援の声に感謝を述べました。  周庭氏:「弁護士から『アグネスのことを日本人たくさん応援しているよ』とかそういうメッセージが届いたので、本当に本当にありがとうございました」  周氏は今後、起訴される可能性にも触れたうえで、「日本の皆さんも引き続き香港のことに注目してほしい」と呼び掛けました。
第109話 地獄のダブルデート (香港大決戦!!)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 第109話 地獄のダブルデート (香港大決戦!!) ボルボをとりあって戦闘態勢に入った、マリリンとジョディ。両津の企みに躍らされて、香港の地で大決戦となってしまう。
〔土曜〕#83:民主の女神周庭と生電話!/美容整形の最前線
The NIGHT 〔土曜〕#83:民主の女神周庭と生電話!/美容整形の最前線 民主の女神・周庭と生電話 北京語で教える小学校が増えている 香港警察の暴行 やりたい放題 警察は毒ガス入りの催涙弾を使っている デモ参加者の不可解な死 一国二制度への影響 香港デモの5大要求について 警察の暴走で生活の安全が脅かされている 日本のメディアに訴えたいこと「きちんと背景を知ってほしい」 香港区議会選挙について 元アイドルの整形美女MiRichan登場  合計900万円以上・10カ所整形美女 救急救命医から美容外科医に転身 今人気なのは「広瀬すずの鼻」 ダウンタイムなしの整形もある 日本と韓国の整形事情 整形失敗のケース 良い病院の選び方 自分のことを嫌いな人・他人の言葉を気にする人は整形しないほうがいい
第35話 香港味勝負 前編
美味しんぼ 第35話 香港味勝負 前編 功夫映画のプレミアムショウで香港に来た士郎達は映画王・袁小牧主催の晩餐会に出席、その料理に舌鼓を打つが、同席の帝都新聞・冬本は食通気取りでこれをけなす。それに対して士郎は・・・
#4:長い恋のはじまり
恋をしたのは、同じ名前のあなたでした。ー今日、好きになりました。特別編 #4:長い恋のはじまり “運命の恋を見つける、恋の修学旅行”。 香港ディズニーランド編 想いがあなたに届かなかった。 「僕、恋の神様に、嫌われてる?」 200万人が涙した、半年間ののあの恋の軌跡
中国が猛反発「内政干渉だ」菅長官の“懸念”発言に
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国が猛反発「内政干渉だ」菅長官の“懸念”発言に  中国が菅官房長官に内政干渉だと反発しました。  中国外務省:「日本は現実を見極め、ポジションを正しく捉え、いかなる形でも中国への内政干渉をやめて頂きたい」  中国外務省は11日に行われた会見で、「香港は完全に中国の内政問題で、外国勢力の干渉を許さない」と述べました。さらに、周庭氏ら民主活動家の一斉逮捕を「支持する」と明言しました。菅官房長官は、11日朝の会見で「香港情勢に重大な懸念を有している」と述べ、自由で開かれた体制の重要性を強調していました。