「香港 人気」の検索結果

今すぐ視聴する

#1:『運命の恋』を探す終わらない旅の始まり♡
無料
今日、好きになりました。-ハワイ&香港編 #1:『運命の恋』を探す終わらない旅の始まり♡ ★新シーズンスタート!&今日好きがリニューアル★ 運命の恋を見つけるまで終わらない、“恋の修学旅行“が始まる! 参加するのは現役高校生9人。 運命の恋を見つけることができなかったら、そのまま旅は続行!? 異国の地で2泊3日を繰り返す中で、運命の恋をみつけることはできるのか? はじまりの地は常夏の国、ハワイ! ★アベマビデオ限定!16弾カップルデート★ かずきとはるかの初の1日デートに密着♡ 提供:キリンビバレッジ株式会社
#2:「気になってるのは…」出会って数時間、告白3秒前?
今日、好きになりました。-ハワイ&香港編 #2:「気になってるのは…」出会って数時間、告白3秒前? ★このグループ行動が、恋の運命の分かれ道★ 2日目朝、ドキドキの私服披露! 女子全員が「好き」と言った激モテ男子は誰?♡ そして、2チームに別れてグループ行動開始! 「海に行く」宣言のりったろに付いていくのは…? さらに、恋を大きく左右する出来事が! ★アベマビデオ限定!16弾かずき×はるかの1日デート★ 体を動かすのが大好きな2人が「ビリッカー」に挑戦! 提供:キリンビバレッジ株式会社
#3:手をつないだら、この気持ちが、伝わればいいのになあ。
今日、好きになりました。-ハワイ&香港編 #3:手をつないだら、この気持ちが、伝わればいいのになあ。 ★伝わってたらいいな…積極男子vs積極男子★ 「手、つないでいい?」 好きな気持ちは行動で示す!ある男子の一言が嵐を呼ぶ!? そして2つの三角関係で発生するやきもちの連鎖… ・あーん事件 ・手つなぎ2ショット ・男子がツーショットデートに男子を指名 3つの出来事に全員の恋が燃え上がる♡ ★アベマビデオ限定!16弾かずき×はるかの1日デート★ スペシャルデート最終回! かずきがはるかに用意した最後のデートプランとは? そしてお互いがサプライズプレゼントを用意しているハッピー展開に はるか「かずきくん大好き」…♡ 提供:キリンビバレッジ株式会社
#4:旅の終わりまで数時間。急速に変わり始める恋の矢印
今日、好きになりました。-ハワイ&香港編 #4:旅の終わりまで数時間。急速に変わり始める恋の矢印 ★ハワイの旅、終了まであと数時間★ 『もっと時間がほしい。』 最初の舞台、ハワイでの旅が終了するまであと数時間。 既に本気の恋を見つけたメンバーたちは焦り始め… 時間が経つにつれ男子メンバー”のあ”に惹かれ出した女子2人。 「無理だってわかってるけど」 最後の数時間に賭けて、想いを伝える。 そして、そんなのあが思いを寄せるまやは 「のあくんとしゅんくん、どっちも良いところがあるから…」 まやの出す答えとは? 提供:キリンビバレッジ株式会社
#5:【ハワイ編 最終回】運命の恋を見つけ、卒業するメンバーは…
今日、好きになりました。-ハワイ&香港編 #5:【ハワイ編 最終回】運命の恋を見つけ、卒業するメンバーは… ★ハワイの旅、終了まであと数時間★ 最後の2ショットはまや&しゅん&のあ。 恋も友情も大切にする男子2人。貴重な2ショットの最後にお互いの良いところをまやに告げる… かっこよくて誠実なしゅん&のあ。まやは果たしてどっちを選ぶ? そして最後の告白へ… まやとりったろを巡る三角関係はどう決着する? 今夜、運命の恋を見つけたメンバーが卒業へ… 次回の旅の参加者とは? 涙の結末を見逃さないで。 提供:キリンビバレッジ株式会社
中国外務省 香港での大規模デモ「組織的暴動」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国外務省 香港での大規模デモ「組織的暴動」  香港での大規模デモについて、中国外務省は「組織的な暴動」としたうえで、「香港での表現の自由」などに懸念を示したアメリカに対して「内政干渉だ」と反発しました。  香港から中国本土へ容疑者の引き渡しを可能とする逃亡犯条例の改正を巡っては、抗議デモに参加する市民らと警官隊が衝突し、これまでに70人以上がけが、11人が逮捕されました。  中国外務省報道官:「香港で起きたのは平和集会ではなく、公然とした組織的な暴動だ」  中国外務省は、抗議デモは「香港の主な民意に反している」としたうえで、香港政府が市民に対してゴム弾や催涙ガスを使用したことは「法に基づいた違法行為への対処だ」と強調しました。さらに、条例の改正で香港での表現の自由や自治が揺らぐ可能性を指摘したアメリカなどに対して「内政干渉だ」と反発し、「香港の発展に影響ない」と強調しました。中国では海外メディアの放送を遮断する一方、中国メディアはデモの詳細を報じず、条例改正の必要性や「香港では条例改正の支持者が主流派だ」などと繰り返し伝えていて、情報統制を強めています。
香港 アグネス・チョウさん 「中国の独裁近づく」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港 アグネス・チョウさん 「中国の独裁近づく」  香港では中国に容疑者の引き渡しを可能にする条例改正を巡り、反発の声が強まっています。そんななか、民主派の象徴とされる女性が日本で会見して法案の撤廃を訴えました。  香港民主化運動家、アグネス・チョウさん(22):「これから香港人や外国から香港に来る人も中国に捕まるかもしれません」  香港政府は12日、中国本土に容疑者の引き渡しを可能にする条例の改正案を議会に提出する予定です。アグネスさんは2014年に民主化を求める抗議活動を主導したメンバーで、法案の改正について「香港の良さが破壊され、中国の独裁に近付く」と訴えました。  中国外務省・耿爽副報道局長:「(中国)中央政府が(香港)特区政府の条例改正を強く支持することを強調したい」  一方、中国政府は改正を進める香港政府を支持するとしたうえで、デモの背後に外国勢力の存在があるという認識を示して「断固反対する」と述べました。
香港民主派の“象徴”明大で講義「香港でなくなる」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港民主派の“象徴”明大で講義「香港でなくなる」  香港で緊張が高まるなか、2014年の雨傘運動で主導的な役割を果たし、民主派の象徴ともいえるアグネス・チョウさん(22)が12日に明治大学で講義し、香港の現状を知ってほしいと訴えました。  香港民主化運動家、アグネス・チョウさん:「香港人にとって非常に危ない、非常に危険な改正案となります」  チョウさんは「逃亡犯条例」が改正されれば司法の独立がなくなり、香港が香港でなくなると強調しました。講義には一般の人も含めて300人近くが出席し、教室は満室となりました。  聴講した学生:「かなり深刻なんだなと改めて実感した 。もう少し自分でも調べて理解していきたい」  チョウさんは16日まで日本に滞在し、逃亡犯条例改正の撤回に向けて支援を訴えたいとしています。
香港緊迫 デモに催涙弾 占拠市民を追いやる警官隊
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港緊迫 デモに催涙弾 占拠市民を追いやる警官隊  香港で逃亡犯条例の改正に反対するデモ隊に警官隊が催涙弾を発射しました。香港から報告です。  (南出拓平記者報告)  香港議会前では警察隊と市民が激しく衝突しています。今も市民と警官隊が激しく衝突しています。催涙弾やゴム弾などが警官隊から市民に次々と撃ち込まれています。警官隊が今、一気にこの辺りを占拠していた市民らを後ろに押し進めています。そして、問題となった逃亡犯条例ですが、12日の議会で審議される予定だったので議会の中にいましたが、一部の興奮した市民が議会に向けて鉄柵を投げたため警官隊がそれに対抗し、衝突につながりました。その時、屋外にいたため喉や目に激しい痛みを感じるなど非常に危険な状況も緊迫した状況もありました。  (Q.議会がある場所というのは香港のどの辺りか?)  香港島側の香港中心部で、まさにすぐ隣のビルで、この辺りは幹線道路も含めて朝から市民らが占拠して立ち止まっていました。この辺り、市民で埋め尽くされて車が通れない状況でしたが、この数時間で警官隊が次々と市民らを後ろに追いやっています。
「逃亡犯条例」改正案提出へ 抗議の大規模ストも
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「逃亡犯条例」改正案提出へ 抗議の大規模ストも  香港では12日に「逃亡犯条例」の改正案を巡り、市民らと警官隊が激しく衝突しましたが、その改正案は13日にも議会に提出される予定です。  (南出拓平記者報告)  12日に数万人の市民が埋め尽くした香港議会前ですが、13日は市民の姿はありません。ただ、警官隊が道路を封鎖し、最寄りの駅も使えなくするなど、厳重な警備態勢は続いています。香港から中国本土への容疑者の移送を可能とする逃亡犯条例改正を巡り、12日に起きた市民と警官隊の衝突は13日未明まで続きました。警官隊が催涙弾などを使ったことから、70人以上が負傷する事態となりました。しかし、香港政府は改正案を撤回することなく、13日にも開かれる議会に提出する予定です。香港議会は中国寄りの議員が過半数を占めていることから、このまま審議が進めば来週にも可決する見込みです。香港では17日に大規模な「ストライキ」が予定されるなど、香港の市民の反発の声は強まっています。
「引き渡し条例」巡り香港緊迫 反対掲げ大規模デモ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「引き渡し条例」巡り香港緊迫 反対掲げ大規模デモ  香港から中国に容疑者の引き渡しを可能にする条例の改正に対して大規模な反対デモが起きています。  香港は中国の一部ですが、「一国二制度」のもと、中国本土とは異なる司法制度があり、容疑者の引き渡し協定がありません。しかし、香港政府は12日に引き渡しを可能にする条例の改正案を提出する予定です。そのため、人々からは「中国に批判的な人物が不当に拘束され、本土へ引き渡される恐れがある」と反対の声が上がっています。  デモ参加者:「(条例が可決すれば)中国と香港は一つになってしまい、一国二制度ではなくなってしまう」「この条例は危険だわ」  デモには30万人の参加が見込まれていますが、香港政府は今月中の可決を目指しています。
改正案撤回せず提出へ 中国本土では厳しい情報統制
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 改正案撤回せず提出へ 中国本土では厳しい情報統制  大規模な抗議デモが続く香港の「逃亡犯条例」の改正案を巡って香港政府は撤回せず、13日に開かれる議会に提出する予定です。一方、中国本土では厳しい情報統制が敷かれています。  香港から中国本土へ容疑者の引き渡しを可能とする逃亡犯条例の見直しを巡っては12日、抗議デモに参加する市民らと警官隊が衝突して70人以上がけがをしました。しかし、香港政府は改正案を撤回することなく、13日に開かれる議会に提出する予定です。一方、中国では香港での抗議活動を伝える海外メディアの放送が遮断され、中国メディアも香港で道路を埋め尽くす市民の様子を報じていません。中国共産党系のメディアは、条例案に反対する人たちが「政治的な利益のために中国を敵対視する外国勢力と結託している」などと主張しています。
香港「逃亡犯条例」改正巡り きょうも審議見送り
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港「逃亡犯条例」改正巡り きょうも審議見送り  香港議会は、焦点の「逃亡犯条例」の改正案について、14日も審議を行わないと決定しました。3日連続の見送りの背景に何があるのでしょうか。  香港警察は12日の抗議デモの際に催涙弾を150発使用し、11人を逮捕したと発表しました。  中国外務省・報道官:「香港で起きたのは平和集会ではなく、公然の組織的な暴動だ」  条例の改正を望む中国政府は、表向きは強気です。ただ、貿易摩擦で対立するアメリカが香港を巡っても圧力を強めています。今月は天安門事件から30年のタイミングで、中国の人権問題に国際社会の注目が集まりました。2週間後には大阪G20が控えるなかで香港での強硬姿勢によって中国の人権問題がテーマとなることは避けたいのが本音です。3日連続となる審議の見送りは、中国政府の微妙な立場も反映していると言えそうです。
香港で天安門事件の犠牲者追悼 数万人が集会参加へ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港で天安門事件の犠牲者追悼 数万人が集会参加へ  天安門事件から30年を迎え、香港では追悼行事が行われています。  民主化を求める学生らを中国当局が武力弾圧した「天安門事件」について、中国本土では報道もされず、集会もできませんが、香港では言動や追悼が認められています。香港大学の学生らは事件を風化させないよう追悼碑前で黙祷(もくとう)し、犠牲者を悼みました。4日夜には数万人規模の集会が開かれます。
「撤回」までデモ継続だ! 香港長官は「延期」表明
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「撤回」までデモ継続だ! 香港長官は「延期」表明  大規模デモが続く香港で政府トップが「延期」を明言です。  香港政府・林鄭月娥行政長官:「香港政府は条例改正の審議を延期することを宣言します」  林鄭長官は、中国本土への容疑者引き渡しを可能にする条例改正案について「審議延期」とはしたものの「撤回はしない」と強調しました。  抗議活動に参加する人:「(Q.デモはいつまで続けますか?)政府が条例を『撤回する』と決めるまでやります」
トランプ大統領、批判なく“中国とうまくやって”
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ大統領、批判なく“中国とうまくやって”  香港では12日に「逃亡犯条例」の改正案を巡り、市民らと警官隊が激しく衝突しました。この大規模なデモについて、アメリカのトランプ大統領は「中国と香港の双方にとって良い方に解決してほしい」と述べました。  アメリカ、トランプ大統領:「私が今まで見たデモのなかで最大のものだ。中国と香港の双方にとって良い解決を望む」  トランプ大統領はまた、「デモの参加者らが中国とうまくやるよう望む」と述べ、中国政府や香港当局への批判は避けました。一方、中国では、香港での抗議活動を伝える海外メディアの放送が遮断されました。中国共産党系のメディアは、条例案に反対する人たちが「政治的な利益のために中国を敵対視する外国の勢力と結託している」などと主張しています。
中国本土への容疑者引き渡し審議へ 反対派車道占拠
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国本土への容疑者引き渡し審議へ 反対派車道占拠  香港の議会で、容疑者の身柄を中国本土に引き渡すことを可能にする条例の改正案がまもなく本会議に提出されます。抗議する市民らは議会周辺を取り囲み、車道を占拠しています。  今回の「逃亡犯条例」の改正を巡っては9日に香港の返還後、最大規模となる100万人を超える市民らがデモに参加して「香港の自由が奪われる」と訴えています。しかし、香港政府は強硬な姿勢を崩さず、この後、日本時間12日正午から開かれる本会議で条例の改正案が提出されて本格的な審議が始まります。議会は中国本土寄りの議員が過半数を占めているため、20日に予定されている採決で改正案は可決する見込みです。香港政府の強引な方針に市民らは12日も抗議の声を上げ、車道を占拠するなど議会周辺は騒然としています。
「逃亡犯条例」強行へ 反対市民と警官隊対峙で緊迫
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「逃亡犯条例」強行へ 反対市民と警官隊対峙で緊迫  香港の政府は容疑者の身柄を中国本土に引き渡すことを可能にする条例の改正案をこの後、日本時間の12日正午に議会の本会議に提出します。議会周辺では反対する市民らの大規模なデモが始まっています。  (南出拓平記者報告)  香港議会前には、目の前の道路を埋め尽くすほど多数の市民らが集まって抗議をしています。1時間ほど前には一部の興奮した市民が鉄柵を配備された警察官に向けて投げ付け、警官隊からも「止まらなければ撃つぞ」という警告が出されるなど、非常に緊迫した状況が続いていました。今は民主派議員が間に入り、いったん市民が落ち着いているという状況です。香港返還後、最大規模となる100万人がデモを行って「自由が奪われる」と訴えた「逃亡犯条例」ですが、香港政府は撤回することなく、日本時間の12日正午に開かれる議会に改正案を提出します。審議の時間に関しても当初の見込みよりも1週間早く、20日に終えて採決すると発表しました。香港議会は中国寄りの議員が過半数を超えていることから、反対の動きがさらに広がる前に強引に可決する方針です。香港では12日、一部の商店や企業が休業する大規模なストライキが計画されているなど、市民らは様々な形で反発の声を主張しています。
香港議会はきょうも「逃亡犯条例」改正案審議せず
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港議会はきょうも「逃亡犯条例」改正案審議せず  香港議会は「逃亡犯条例」の改正案に関する審議を13日は行わないと決めました。改正案が可決されれば中国への容疑者の引き渡しが可能になるため、香港市民が反発を強めていました。
香港 “容疑者引き渡し条例”103万人が大規模デモ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港 “容疑者引き渡し条例”103万人が大規模デモ  香港で中国に容疑者の引き渡しを可能にする条例の改正に対して大規模なデモがあり、主催者によりますと、103万人が参加しました。  香港政府は、中国本土に容疑者の引き渡しを可能にする条例の改正案を12日に提出する予定です。改正されれば、中国政府に批判的な民主派の市民らが不当に拘束されて移送される恐れもあり、反発の声が強まっています。9日のデモには主催者によりますと、103万人が参加したということです。1997年に香港が中国に返還されてから最大の規模だということです。
“容疑者を中国本土移送” 香港で100万人超デモ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 “容疑者を中国本土移送” 香港で100万人超デモ  香港で9日に行われた中国本土への「容疑者引き渡し」条例に反対するデモは、参加者100万人以上という返還後、最大規模になりました。  香港の議会では、逮捕した容疑者の中国本土への引き渡しを可能にする条例の改正が審議中で、これに対して「中国に批判的な市民らが不当に拘束され、中国に移送される恐れがある」として反発の声が強まっています。9日の反対デモには主催者の予想を大きく上回る103万人が参加し、警官隊との衝突で4人がけがをして、7人が逮捕されました。香港政府は12日にも改正案を提出する予定です。
天安門事件から30年 香港で事件風化を防ぐ動き
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 天安門事件から30年 香港で事件風化を防ぐ動き  北京で民主化を求める学生たちが武力で鎮圧された「天安門事件」から4日で30年となります。中国本土での言論統制が強まる一方で、香港では事件の風化を防ぐ動きが起きています。  香港の民主派団体は真相を後世に伝えるための記念館を再開して、事件で亡くなった学生の弾痕が残るヘルメットなどの遺品を公開しました。また、香港大学では戦車をヒヨコに見立てたパロディー写真など事件に関して中国本土でインターネットから削除された写真が公開されました。共産党政権の正当性を揺るがしかねない天安門事件は30年が経つ今も中国で自由に論じることはできず、当局の監視は厳しさを増しています。
天安門事件から30年 香港などで大規模な追悼集会
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 天安門事件から30年 香港などで大規模な追悼集会  民主化を求める学生らを中国当局が武力で鎮圧した天安門事件から30年を迎え、香港などで大規模な追悼集会が開かれました。  4日夜、香港で開かれた集会には、主催者によりますと、18万人以上の市民らが集まって天安門事件の犠牲者を追悼しました。また、台北でも数百人が記念集会を開きました。参加した台湾の副総統は「30年が経っても真相が分からず、民主化の光さえ見えない」と中国を厳しく批判しました。
反対派と警官隊が静かに対峙“明日以降も抗議継続”
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 反対派と警官隊が静かに対峙“明日以降も抗議継続”  香港では12日、逃亡犯条例の改正案を巡って警官隊と市民らが激しく衝突しました。13日も議会前には大勢の市民が集まり、緊張が高まるなか、香港議会は審議を13日は行わないと決めました。香港議会前から報告です。  (千々岩森生記者報告)  香港議会に通じる歩道橋の上には13日も頑強なバリケードが築かれていて、20人から30人の警官隊が一歩も通さないという形で警戒にあたっています。そして、反対側を見てみると、13日も若い学生を中心に大勢の人たちが集まってきています。この歩道橋を埋め尽くさんばかりの数です。自分で書いた「暴力停止」や「悪法に抗うんだ」など、お手製のプラカードを掲げています。午前中には最大で1000人ほどにも上りましたが、ちょうどその時に「きょうの議会はなくなった」という一報があり、大きな歓声が上がりました。ただ、学生からは「小さな勝利ではあるけれども、14日以降も引き続きここで抗議活動を続けるんだ」という声が口々に上がっています。
香港 「逃亡犯条例」改正反対デモ けが人70人超
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港 「逃亡犯条例」改正反対デモ けが人70人超  条例改正を巡って12日に香港で起きた大規模なデモで、デモ隊と警官隊が衝突して70人以上のけが人が出ました。  香港から中国へ容疑者の身柄の移送が可能となる「逃亡犯条例」の改正に抗議するため、12日は朝から議会前に数万人の市民が集まりました。一部の市民が配備された警官隊に鉄柵などを投げ付け、警官隊も催涙弾を発射するなど現場は大混乱になり、地元メディアによりますと、双方に70人以上のけが人が出たということです。12日に予定されていた改正案の審議は、議会への道をデモ隊が占拠したため、延期となっています。
緊張続く香港 子ども持つ母親ら6000人が抗議集会
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 緊張続く香港 子ども持つ母親ら6000人が抗議集会  中国本土への容疑者の引き渡しを可能とする条例改正を巡って緊張が続く香港で14日、女性を中心に約6000人が集まり、当局による強制排除を批判しました。  集会は子どもを持つ母親たちが呼び掛けたもので、主催者発表で約6000人が参加し、参加者のほとんどは女性でした。参加者は12日のデモで、警官隊が催涙弾やゴム弾を使って若者らを排除したことに対して、「子どもを撃つな」「学生を守れ」などと抗議の声を上げました。中国本土への容疑者の引き渡しを可能とする「逃亡犯条例」の改正案は市民の激しい反発を招き、審議入りが3日連続で延期されています。香港では16日にも再び大規模なデモが予定されています。
今日好き、告白直前生放送-香港ディズニーランド編-
【AbemaTV3周年】UDAGAWA BASEオープン特番! 今日好き、告白直前生放送-香港ディズニーランド編- 【UDAGAWA BASEオープン記念特番】 「今日、好きになりました。」香港ディズニーランド編 最終回直前に渋谷のUDAGAWA BASEから公開生放送!
警官隊と衝突も…“容疑者引き渡し”103万人デモ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 警官隊と衝突も…“容疑者引き渡し”103万人デモ  香港で行われた容疑者引き渡し制度に反対するデモは、主催者の予想を大きく上回って100万人以上が参加する大規模なものとなりました。  香港政府は、逮捕した容疑者を中国本土に引き渡すことを可能にする条例の改正案を12日に議会に提出する予定です。改正されれば、中国政府に批判的な民主派の市民らが不当に拘束されて中国本土に移送される恐れがあるとして反発の声が強まっています。そうしたなかで行われた今回の抗議デモは、主催者によりますと、103万人が参加したということです。デモとしては1997年に香港が中国に返還されてから最大規模とみられます。また、デモが終わった後の未明には、デモ参加者の一部と警官隊が議会にあたる立法会の周辺でもみ合いになり、警察が催涙スプレーで鎮圧を図るなど、一時、騒然となりました。
香港「逃亡犯条例」審議延期を表明 大規模デモ受け
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港「逃亡犯条例」審議延期を表明 大規模デモ受け  連日、抗議活動が続く香港で政府トップが緊急会見を行い、問題となっている条例改正案の審議入りを延期すると表明しました。  林鄭行政長官は、中国本土への容疑者の引き渡しを可能にする逃亡犯条例の改正について「審議を延期する」「延期の期限は設けない」と明言しました。また、「抗議デモでけが人が出たことに心を痛めている」としました。
第35話 香港味勝負 前編
無料
美味しんぼ 第35話 香港味勝負 前編 功夫映画のプレミアムショウで香港に来た士郎達は映画王・袁小牧主催の晩餐会に出席、その料理に舌鼓を打つが、同席の帝都新聞・冬本は食通気取りでこれをけなす。それに対して士郎は・・・