「魔法少女 俺 5話」の検索結果

「魔法少女 俺 5話」に関する情報は見つかりませんでした。
「魔法少女 5話」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

おすすめの作品

第5話 俺にしては、うまくいきすぎてると思ったんだよ……
俺を好きなのはお前だけかよ 第5話 俺にしては、うまくいきすぎてると思ったんだよ…… ときめけ青春! きらめけラブコメ! いやぁ~、いけちゃうよぉ~! 美少女達とキャッキャウフフだよぉ~! 今度こそ、素敵極まりないラブコメを……ってなんじゃこりゃぁぁぁぁ! ちょっと新聞部のあすなろさん! 俺が、ひまわり、コスモス、パンジーに三股をかけている『女の敵』ですって!? 違うよ! それは将来的な話で……え? その疑惑の真偽を確かめるために、百花祭まで俺に密着取材をすると? よーし! やってやろうじゃねぇか! 疑惑払しょくのために、徹底的にラブコメイベントを避けてやるよ! ……ぢぐじょう……。
Episode.05 反逆者の住処
ありふれた職業で世界最強 Episode.05 反逆者の住処 ヒュドラとの戦いで気を失ったハジメは、見知らぬ場所で目を覚ます。ユエに尋ねると、戦闘後、「反逆者の住処」と呼ばれる場所への扉が開いたのだという。二人は地上への道を探すため、辺りを散策し始める。一方、訓練を経て強くなった香織たちは、ハジメを失ったオルクス大迷宮65階層に到達し――。
5話「ブランエールの種Ⅰ」
グリザイアの楽園 5話「ブランエールの種Ⅰ」 突如姿を消した風見雄二を、テレビ画面の向こうに認めることとなった美浜学園の少女たち。しかも彼は、国際問題に発展しかねないテロ事件の容疑者として全国報道されていた。突然の出来事に呆然とするも、彼の無実を信じて疑わない彼女たち。雄二の身に何が起こったのか――真実を知るために何が出来るのか? その疑問への答えを見出せないまま立ち尽くす少女たちだったが、独り由美子だけは事態の全容を掴むべく行動を起こしていた。自らに残された資金とネットワークを駆使した情報収集の末、由美子はひとりの「情報屋」の存在へとたどり着くのだった。
第15話
高潔な君 第15話 ガンフンの家で暮らすことになったユンソは同居のルールを決めようと提案する。その内容は“秘密厳守”、“家の中でのスキンシップ禁止”、“私生活にはノータッチ”。サンヒョンとユンソの仲が気になるガンフンは社交ダンスをやめることを要求するが、サンヒョンはまた留学に行ってしまう。家の掃除をしていたユンソはガンフンの部屋に入るが...
第5話
高潔な君 第5話 ユンソは友達のジンギョンが通う社交ダンスサークルで昔恋心を抱いていたサンヒョンに再会する。ユンソは今の動物病院についてユラに嫌みを言われ、都会で開業するつもりだと大口をたたいてしまう。しかたなくガンフンの提案を受け入れて移転することにしたユンソは開業の準備で忙しい日々を過ごす。そんなある日、ユンソは動物病院のドアを開けっぱなしのまま寝てしまうが...
第5話 俺と契約しろ
ステキな片想い 第5話 俺と契約しろ 事務所はセフンが消えたことで大騒ぎになっていた。イリョンはセフンを帰らせようとするが、セフンはなんとか契約を結ぼうと粘る。あまりにしつこく迫るセフンに自分が好きなのかと尋ねるイリョン。セフンは言葉に詰まるが・・・。
第5話 俺は妹が世界で一番大好きだ
俺が好きなのは妹だけど妹じゃない 第5話 俺は妹が世界で一番大好きだ 舞の別荘にやってきた祐たち。ビーチでサンオイル、シャワールームで思わぬハプニングと、祐は女性陣に翻弄されてばかり。そんな中、祐の秘密を探る舞が大胆な行動に出る!
第5話 「俺の妹の親友がこんなに××なわけがない」
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5話 「俺の妹の親友がこんなに××なわけがない」 楽しかった夏コミの帰り道。そこで偶然であったのは、親友・新垣あやせだった。黒猫と沙織・バジーナの機転にも関わらず、動揺のあまり桐乃は、あらぬことを口走ってしまう。その場を立ち去ろうとする桐乃と京介だが、あやせは追いすがる。押し問答となるうちに同人誌を詰め込んだ紙袋が破れあたりに散乱してしまう。
第12.5話「俺の妹の人生相談がこれで終わるわけがない」
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第12.5話「俺の妹の人生相談がこれで終わるわけがない」 桐乃の態度が良くなったことを不審に思う京介。そんなある日、桐乃から「最後の人生相談」を持ちかけられる。それは、深夜販売されるエロゲーを買ってくることだった。首尾よく購入できたが、終電を逃してしまう。京介は、桐乃のため見ず知らずの人に自転車を借り、秋葉原から自宅まで激走する。
第5話 俺たちのグラウンド
メジャー 第3シリーズ 第5話 俺たちのグラウンド 清水と藤井のプレーで、同点に追いついた聖秀。そこでまた、田代が清水と口論に。そのとき「もう無理にチームに入ってくれとは頼まない」と言い出す吾郎。「ではなぜ無謀な賭けをしたのか?」と顧問・山田が問うと、吾郎は自分の正直な思いをみんなに告げる。一方、吾郎の剛球を受けていた藤井の手には異変が起きていた…。