「黒沢怜生五段」の検索結果

今すぐ視聴する

第13回朝日杯 窪田義行七段 対 黒沢怜生五段
独占!!第13回朝日杯将棋オープン戦 第13回朝日杯 窪田義行七段 対 黒沢怜生五段 本大会の優勝者は特別協力AbemaTVからの副賞金が贈られます!副賞金は応援機能で集まった応援資金の一部から贈られます。対局棋士を応援して朝日杯を盛り上げよう! 朝日杯は全棋士、アマチュア10人、女流棋士3人によるトーナメントです。 1次予選から本戦まで全てがトーナメントで、決勝も1番勝負となります。優勝者が獲得する賞金は750万円。1次予選、2次予選、本戦(16名)のトーナメント制で持ち時間は40分となります。 朝日アマ名人、朝日アマ名人戦全国大会ベスト8進出者、学生名人の計10名。女流棋士はタイトル保持者ら6名を選抜し出演致します。
AbemaTV初級講座 振り飛車とは?編
無料
AbemaTV 将棋講座 AbemaTV初級講座 振り飛車とは?編 シリーズでお送りするAbemaTVオリジナルの将棋講座。前回までの「居飛車」に対して今回は「振り飛車」。飛車を左に動かす戦法です。向かい飛車・三間飛車・四間飛車・中飛車と種類があり、それぞれ特徴や魅力があります。
AbemaTV初級講座 四間飛車編
無料
AbemaTV 将棋講座 AbemaTV初級講座 四間飛車編 シリーズでお送りするAbemaTVオリジナルの将棋講座。振り飛車でも特に人気の四間飛車。初形から駒組み完成までの手順を丁寧に解説。大事なポイントがいくつも出てきます。相手の攻めをかわして戦うテクニックは必見です。
AbemaTV初級講座 三間飛車編
無料
AbemaTV 将棋講座 AbemaTV初級講座 三間飛車編 シリーズでお送りするAbemaTVオリジナルの将棋講座。今回は身軽で楽しい戦法「三間飛車」。長所と短所を知ったら、手順を覚えていきます。同じ三間飛車でも石田流と言われる美しい陣形も解説します。
AbemaTV初級講座 中飛車編
無料
AbemaTV 将棋講座 AbemaTV初級講座 中飛車編 シリーズでお送りするAbemaTVオリジナルの将棋講座。プロにもアマにも人気の「中飛車」。自分の飛車が相手玉に近く、とにかく攻めが好きな人にオススメの戦法。左右でバランスを取りながら、駒組みを覚えていきます。話題の「ゴキゲン中飛車」戦法も紹介します。
第78期 順位戦 C級1組 第2回戦 北島忠雄七段 対 都成竜馬五段 1/2
名人戦・順位戦 第78期 順位戦 C級1組 第2回戦 北島忠雄七段 対 都成竜馬五段 1/2 順位戦はフリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。
第78期 順位戦 C級1組 第2回戦 北島忠雄七段 対 都成竜馬五段 2/2
名人戦・順位戦 第78期 順位戦 C級1組 第2回戦 北島忠雄七段 対 都成竜馬五段 2/2 順位戦はフリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。
第78期 順位戦 C級1組 第2回戦 堀口一史座七段 対 藤井聡太七段
名人戦・順位戦 第78期 順位戦 C級1組 第2回戦 堀口一史座七段 対 藤井聡太七段 絶対に負けられない戦い、藤井聡太七段の順位戦!昨年度は1敗で昇級できず涙を飲んだ藤井聡太七段。全10戦行い本戦が2回戦だ。もちろん1回でも負ければ昇級の可能性が一気になくなる恐ろしいリーグ戦!その先には名人挑戦が待っている。藤井聡太七段の名人挑戦へ向けて一瞬たりとも目が離せない! 順位戦はフリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。 ※この番組は2019年7月2日に放送された番組です
第77期 順位戦 A級 第9回戦 最終一斉対局 名人挑戦者決定!〜将棋界の一番長い日〜 1/2
第77期 名人戦・順位戦 第77期 順位戦 A級 第9回戦 最終一斉対局 名人挑戦者決定!〜将棋界の一番長い日〜 1/2 名人戦第0局とも呼ばれる本対局!現在首位につけるは豊島将之二冠だ。豊島二冠が勝利すれば名人挑戦決定となる、久保利明王将との対決だ。2位につけるのは、広瀬章人竜王と羽生善治九段、で直接対決を行う!豊島二冠が負けた場合、広瀬竜王と羽生九段の勝者が名人戦挑戦をかけてプレーオフ対決となる。対局は9時開始!最後の対局が終わるまで見逃せない! 順位戦はフリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。 ※この番組は2019年3月1日に放送された番組です。
第77期 順位戦 A級 第9回戦 最終一斉対局 名人挑戦者決定!〜将棋界の一番長い日〜 2/2
第77期 名人戦・順位戦 第77期 順位戦 A級 第9回戦 最終一斉対局 名人挑戦者決定!〜将棋界の一番長い日〜 2/2 名人戦第0局とも呼ばれる本対局!現在首位につけるは豊島将之二冠だ。豊島二冠が勝利すれば名人挑戦決定となる、久保利明王将との対決だ。2位につけるのは、広瀬章人竜王と羽生善治九段、で直接対決を行う!豊島二冠が負けた場合、広瀬竜王と羽生九段の勝者が名人戦挑戦をかけてプレーオフ対決となる。対局は9時開始!最後の対局が終わるまで見逃せない! 順位戦はフリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。 ※この番組は2019年3月1日に放送された番組です。
第77期 順位戦 C級1組 第6回戦 千葉幸生七段 対 藤井聡太七段 1/2
第77期 名人戦・順位戦 第77期 順位戦 C級1組 第6回戦 千葉幸生七段 対 藤井聡太七段 1/2 名人への道!藤井聡太七段!藤井七段が、名人戦の挑戦者になるためには実は最速で4年かかる。最速で挑戦する場合、2019年春16歳でB級2組昇格、2020年春17歳でB級1組昇格、2021年春18歳でA級昇格、2022年春19歳でA級優勝、その年の4月に名人に挑戦する。名人挑戦の最年少記録を持つのが先日1300勝の偉業を達成した谷川浩司九段で21歳の時だ。藤井聡太七段が19歳もしくは20歳で名人を獲得し歴史を塗り替えることができるか!?順位戦のC級1組では全10局ある対局で1敗でもすると前期の順位差で昇格が難しくなる厳しさだ。今まで順位戦では一度も負けなしの藤井聡太七段、今日も見逃せない一局! 順位戦とはフリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。 ※この番組は2018年10月23日に放送されたものです
第77期 順位戦 C級1組 第6回戦 千葉幸生七段 対 藤井聡太七段 2/2
第77期 名人戦・順位戦 第77期 順位戦 C級1組 第6回戦 千葉幸生七段 対 藤井聡太七段 2/2 名人への道!藤井聡太七段!藤井七段が、名人戦の挑戦者になるためには実は最速で4年かかる。最速で挑戦する場合、2019年春16歳でB級2組昇格、2020年春17歳でB級1組昇格、2021年春18歳でA級昇格、2022年春19歳でA級優勝、その年の4月に名人に挑戦する。名人挑戦の最年少記録を持つのが先日1300勝の偉業を達成した谷川浩司九段で21歳の時だ。藤井聡太七段が19歳もしくは20歳で名人を獲得し歴史を塗り替えることができるか!?順位戦のC級1組では全10局ある対局で1敗でもすると前期の順位差で昇格が難しくなる厳しさだ。今まで順位戦では一度も負けなしの藤井聡太七段、今日も見逃せない一局! 順位戦とはフリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。 ※この番組は2018年10月23日に放送されたものです