「K アニメ ネコ」の検索結果

今すぐ視聴する

第12話
無料
ネコぱら 第12話 【最新話】「ネコぱら」毎週水曜日27時00分に最新話を放送!
第3話 気になるあの子
ネコぱら 第3話 気になるあの子 実家で預かることになったあの子。突然いなくなったりと朝から大騒ぎ。一方、ショコラは何かあの子のことが気になってしまい、どこか上の空。バニラはそんなショコラを心配するが…。
第9話 ホントノココロ
ネコぱら 第9話 ホントノココロ 『ソ・レイユ』の休日に遊園地に遊びにきた水無月家一行。遊園地を満喫するネコたち。そんな中、カカオが「ネコ☆ウィッチーズ」ショーをみたいと言い出し、気づくとステージの上にはシナモンがっ!?
第10話 ニャがーん!鈴の更新試験
ネコぱら 第10話 ニャがーん!鈴の更新試験 鈴の更新試験のために特訓することになったショコラとバニラ。アズキ、メイプル、シナモン、ココナツに先生になってもらい、さまざまな特訓をするが、果たして…?
第2話 迷子の仔ネコちゃん?
ネコぱら 第2話 迷子の仔ネコちゃん? ショコラについてきてしまった仔ネコ。嘉祥に隠れてショコラは一旦、自分の部屋に匿おうとするが、バニラに見つかってしまう。何でご主人に相談しないの?と聞かれたショコラはその理由を話し出す。
第4話 はじめての…!
ネコぱら 第4話 はじめての…! ソレイユでいっしょに過ごすことになったが、ショコラとバニラはお店のお手伝いでなかなか遊んでくれず、ちょっと退屈。 ある日、月に1度の身体検査で水無月に実家を訪れると、「そういえば、この子の名前は…?」という一言から名付け大会が始まった。
第5話 カカオの冒険
ネコぱら 第5話 カカオの冒険 厨房で悩んでいる嘉祥の姿をみたショコラとバニラ。ご主人様を手助けしようとショップカードを配ったり、お客さんを呼ぶ作戦をたてたりする。そんな二匹の様子をみて、カカオもちょっとでもお手伝いしようとするが…?
第6話 仁義ニャき戦い!
ネコぱら 第6話 仁義ニャき戦い! アズキとココナツは今日も仲良くケンカしていた。ココナツがアズキのお茶碗を割ってしまい、いつもより何かこじれてしまっている二匹。 バニラの一言でとことん決着をつけることになり、仁義ニャき戦いの火蓋が切られた。
第7話 ネコたちのお留守番
ネコぱら 第7話 ネコたちのお留守番 嘉祥が農園に買い出しにいくことになり、ショコラ、バニラ、カカオは水無月の実家でみんなとお留守番。しかし、台風で時雨も帰ってこれず、ネコたちだけで過ごすことに。そんな中、バニラがとっておきのお話を語りだした。
第8話 時雨の憂鬱
ネコぱら 第8話 時雨の憂鬱 時雨の元気がないと心配な実家ネコたち。何とか元気づけようとするが、なかなか上手くいかない。 元気のない原因を嘉祥が実家から出たことによるお兄様不足と考え、時雨を『ソ・レイユ』に行かせ、嘉祥の傍にいさせようとするが…?
第11話 カカオの恩返し
ネコぱら 第11話 カカオの恩返し ちよとすっかり仲良しになったカカオは、休日にちよの家にお泊りにいくことに。はじめてのお泊りの準備にショコラとバニラは大騒ぎ。ちよの家で過ごすうちにカカオにある想いが芽生える。
第1話 ようこそ、ラ・ソレイユヘ!
無料
ネコぱら 第1話 ようこそ、ラ・ソレイユヘ! 水無月嘉祥は実家を出て、人型ネコのショコラとバニラとパティスリー『ラ・ソレイユ』をオープンした。 妹の時雨や二匹のお姉さんネコであるアズキ、メイプル、シナモン、ココナツも手伝いにきてくれ、楽しくもにぎやかな生活を送っていた。 ある日、ショコラはおつかいの途中で見知らぬ仔ネコに出会う…。
EpisodeⅡ-Ⅵ back rank mate
うみねこのなく頃に EpisodeⅡ-Ⅵ back rank mate 楼座たちが篭城を始めてから数時間後、消えていた二人の遺体が発見される。遺体には、碑文の第七の晩と第八の晩を見立てた杭が刺さっていた。第四から第六の晩が抜けていることから、戦人たちは危機が迫っていると思われる三人を慌てて探す。だがそれも虚しく、すべては後の祭り。一人取り残され、無力感に打ちひしがれる戦人は…
EpisodeⅡ-Ⅲ weak square
うみねこのなく頃に EpisodeⅡ-Ⅲ weak square 夜明けの礼拝堂の扉に浮かび上がる不気味な魔法陣と「Happy HALLOWEEN for MARIA」の文字。その奇怪な状況に、戦人たちは不安を隠せない。そこで楼座が思い出したのは、昨日真里亞がベアトリーチェから預かったという封筒。封を開けると、そこには礼拝堂の鍵が入っていた。扉を開け、中に踏み込む一同。そこで彼らを待ち受けていたのは、想像を絶する光景だった…
EpisodeⅡ-Ⅳ skewer
うみねこのなく頃に EpisodeⅡ-Ⅳ skewer また新たな密室殺人が起きてしまった。行方不明の嘉音を筆頭に、マスターキーを持つ使用人たちに疑いの目が向けられる。使用人の犯行を疑わない限り、ベアトリーチェの魔法を認めざるを得ない状況に、戦人は強い憤りを感じる。戦人の機転でなんとか嘉音への疑いは晴らしたものの、楼座の指示で体よく追い出されてしまった使用人たち。そこに突如、失踪中の嘉音が深手を負って現れる。
EpisodeⅣ-Ⅴ breakthrough
うみねこのなく頃に EpisodeⅣ-Ⅴ breakthrough 六軒島での事件から12年後、1998年の世界では縁寿が事件の犠牲者の遺族を訪ね、調査を続けていた。南條の息子、熊沢の息子、そして縁寿…3人には共通点があった。事件の直後に、出所不明の大金が預けられた貸し金庫のカードや鍵の入った差出人不明の手紙を受け取っていたのだ。そして六軒島への船便を頼みに訪れた川畑船長宅の倉庫で、ある物を見つける。それは縁寿にとって、自らの運命と“魔法”の真実を示すものだった。
EpisodeⅠ-Ⅲ dubious move
うみねこのなく頃に EpisodeⅠ-Ⅲ dubious move 第一の惨劇による犠牲者は6名。無残な姿に変わり果てた彼らを目にして、戦人たちは言葉を失う。台風で島から出られない以上、犯人はまだ島内に潜んでいるはず…そしてそれは12人の生存者の中に!?疑心暗鬼に駆られ、お互いの腹を探り合いながらも、孤立しないよう行動を共にする一同。ところがその夜、その警戒を欺くかのように第二の惨劇が起きてしまう。
EpisodeⅠ-Ⅴ fool's mate
うみねこのなく頃に EpisodeⅠ-Ⅴ fool's mate 疑心暗鬼が招いたさらなる悲劇。惨劇はついに第八の晩まで進んでしまった。その場に居合わせたはずの真里亞も「何も見ていない」というばかりで、真実は闇の中。精神的にも限界寸前の状況の中、戦人たちは一緒に居た夏妃の姿が見えなくなったことに気付く。慌てて夏妃が向かったと思われる玄関ホールへ急ぐが、その目前、扉の向こうで銃声が…
EpisodeⅡ-Ⅱ early queen move
うみねこのなく頃に EpisodeⅡ-Ⅱ early queen move 1986年10月4日、親族たちはそれぞれの思惑や感情を胸に秘め、六軒島へやって来た。そんな中、六軒島に伝わる魔女“ベアトリーチェ”と同じ名前の客人が現れる。彼女は次々と親族や家人とあいさつを交わしていく。親族たちは彼女が金蔵の愛人の隠し子で、財産の分け前を主張しにやってきたのではないかと疑うが…彼女の真意は!?
EpisodeⅣ-Ⅰ end game
うみねこのなく頃に EpisodeⅣ-Ⅰ end game 前回の土壇場で登場した縁寿はそのまま、グレーテルと名乗り、4度目のゲームに戦人の味方として参戦する。その内に秘めた思いは…?彼女は86年以降の世界で、六軒島大量殺人事件・唯一の生存者として当主を引き継いだ絵羽の元で、後継者として厳しく育てられる。心を許せる友人もなく、孤独な日々を送る縁寿。そんな彼女が唯一心を通わせるのは、死んだはずの「真里亞お姉ちゃん」だった…。
EpisodeⅣ-Ⅲ prophylaxis
うみねこのなく頃に EpisodeⅣ-Ⅲ prophylaxis 真里亞からの教えで煉獄の七姉妹を使役できるようになった縁寿は、順調に魔法の修行を続けていた。ところがある日、聖ルチーア学園のクラスメイトから疎外された縁寿は七姉妹にクラスメイトの排除を命じる。しかしその命令は果たされず、失望のあまり「魔法」を否定する言葉を放ってしまう。それは同時に、七姉妹や真里亞・さくたろうとの決別も意味していた…。
EpisodeⅠ-Ⅰ  opening
無料
うみねこのなく頃に EpisodeⅠ-Ⅰ  opening 1986年10月、伊豆諸島六軒島。大富豪の右代宮家が丸ごと領有するこの島に、親族会議のために一族が集まっていた。議題は余命わずかとなった当主、右代宮金蔵の財産分割問題。 金蔵にはベアトリーチェと呼ばれる”魔女”から10トンの黄金を授かり、その隠し場所を暗号にして、魔女の肖像画の碑文に記したという噂があった。その隠し財産を巡って親族間で激しい論争が繰り広げられる中、台風が近づく島には暗雲が立ち込めつつあった・・・
EpisodeⅠ-Ⅱ  first move
うみねこのなく頃に EpisodeⅠ-Ⅱ  first move 降りしきる雨の中、魔女・ベアトリーチェに会ったと言い張る真里亞。 疑問を抱く一族たちに対し、真里亞はベアトリーチェから預かったという手紙を披露し始める。その内容は衝撃的なものだった…右代宮家のすべての財産と一族の命を頂戴する、というのだ。ただし誰かが碑文の謎を解いて隠し黄金を見つけた場合はそれを中止し、その者に黄金の全てと右代宮家の家督を譲り渡す、という。 紛糾必至の親族会議は夜更けまで続き、そして翌朝。ついに第一の惨劇が…
EpisodeⅠ-Ⅳ blunder
うみねこのなく頃に EpisodeⅠ-Ⅳ blunder 自室で無残な遺体として発見された絵羽と秀吉。そして扉にはまたも奇妙な魔方陣が描かれていた。チェーンもかかっていた密室でいかに犯行が行われたのか?真里亞は「ベアトリーチェの仕業だ」と主張するが…それどころか地下のボイラー室で新たな遺体が発見され、さらに新たな犠牲者まで出てしまう。追い詰められ、疑心暗鬼を募らせる生存者たち。そんな中、戦人はある事実に気付く。それは殺人事件と碑文との関連性だった。
EpisodeⅡ-Ⅰ middle game
うみねこのなく頃に EpisodeⅡ-Ⅰ middle game 第2のゲームが幕を開ける。運命の日から遡ること数年、譲治のさりげない気配りに助けられ、密かに想いを寄せるようになった紗音。身分違いの恋心に苛まれる彼女の前に思わぬ客人が現われ、「紗音の願いを叶えてやる」というが… 時を経て1986年。朱志香は嘉音を学園祭に招く。最初は嫌々従っていた嘉音だが、屋敷とは全く異なる朱志香の自由な姿に触れ、考えを改める。各々が想いを抱えたまま、運命の10月4日がまたやってくるのだった…
EpisodeⅡ-Ⅴ accept
うみねこのなく頃に EpisodeⅡ-Ⅴ accept 説明できない不可解な現象で二人が殺された、と主張する使用人たち。状況を確認しに使用人室へやってきた一同の前に、さらなる異変が起こる。鍵がかかっていたはずの部屋から二人の遺体が消えていたのだ。そして代わりに犯人が置いたと思しき封筒が残されていた。中にはまたベアトリーチェからの手紙と、ふたつのマスターキー。再び楼座は使用人たちを追い出し、親族のみで立て篭もるが、紗音が心配な譲治は彼らと一緒に行動することに…
EpisodeⅢ-Ⅰ castling
うみねこのなく頃に EpisodeⅢ-Ⅰ castling 新しいゲームの幕が上がる。三たび六軒島へやってきた右代宮家一同。“ベアトリーチェ”からの手紙を巡って親族会議が紛糾する中、当主の座を狙い続ける絵羽は密かにこれを好機と受け止めていた。そして使用人や南條たちの証言から、かつて金蔵が島の隠し屋敷に囲っていたという愛人“ベアトリーチェ”の存在が明らかになる。 メタ世界・現実世界の両方で、「18人+X」の存在が争点となりつつあった。 そんな中、楼座の口から衝撃の告白が…。
EpisodeⅢ-Ⅱ gambit
うみねこのなく頃に EpisodeⅢ-Ⅱ gambit 「ベアトリーチェは私が殺したの…!」 予想外の告白に続いて、自らの中学生時代の記憶を語り出す楼座。 そしてその話を裏付けるように示される “赤い”真実。 「1967年に、人間としてのベアトリーチェが存在した」 「この六軒島に、十九人以上は存在しない!」 やがて始まる第一の晩。運命を受け入れる者、抗う者、抗う間も与えられなかった者。次々と命を奪われていく生贄たち。 だが、惨劇は残る1人に阻まれる。それは思いもよらない、そして、ベアトリーチェにはとても縁の深い相手だった…
EpisodeⅢ-Ⅲ positional play
うみねこのなく頃に EpisodeⅢ-Ⅲ positional play 薔薇庭園に突如顕現し、不肖の弟子・ベアトリーチェと凄まじい魔法バトルを繰り広げる先代ベアトリーチェ。彼女はワルギリアと名乗り、戦人の参謀につく。 彼女の説明から“魔法説”に対抗するための大きなヒントを得た戦人は、第一の晩の“連鎖密室殺人”にも果敢に挑む。矢継ぎ早に繰り出される復唱要求に、防戦一方となるベアトリーチェ。一方の現実世界では、碑文の謎に取り組んでいた絵羽が、その核心に迫りつつあった…。
EpisodeⅢ-Ⅳ isolated pawn
うみねこのなく頃に EpisodeⅢ-Ⅳ isolated pawn ついに碑文の謎を解き、隠し黄金に辿り着いた絵羽。そこへ僅かに遅れて楼座も現われる。 すぐに兄たちへ報告しようとする楼座に対し、しばらく秘密にしたい、と言い張る絵羽。 彼女の心はいつしか、当主の座と黄金を独占したいという欲望に支配されていたのだ。 しかしその絵羽に対し、ベアトリーチェは黄金の魔女の称号を継承する、と宣言する。 新たなる魔女の誕生-それが意味するところは一体何なのか…?