「K 5話」の検索結果

今すぐ視聴する

第15話 深刻な症状
ステキな片想い 第15話 深刻な症状 ホ室長にイリョンの行方を捜させていたセフンだったが、ネットもしない彼女をそう簡単に捜し出すことはできなった。仕事も手につかず、半ば諦めかけていたセフンだったが...。
第15話
無料
凍える華 第15話 テジュンはセビョルが自分の娘だと知り苦悩する。セテジュンと連絡が取れなくなったセジンがテジュンを探すが、テジュンはどこにもいない。不安になったセジンが倒れ、テジュンは決意する。
第45話
凍える華 第45話 意識が戻り記憶が回復するも、セビョルの死を知り絶望の淵に落とされたナヨン。ペクドに乗り込もうとしたところをフィギョンに呼び止められる。ドヒに間違われたまま退院したナヨンは、記憶障害を装いペク家で生活を始めるが...。
第75話
凍える華 第75話 口封じのためセジンに置き去りにされたヨンスク。ナヨンにより保護されるも、捨てられたショックで病状が悪化していた。一方、子供が欲しいセジンは人工授精を考えるが、乗り気ではないテジュンにイラ立ちを覚える。
第85話
無料
凍える華 第85話 ドヒとしてギョンワンの懺悔を聞かされるも憎しみがおさまらないナヨン。一方、ギョンワンの娘が火災で亡くなったと聞き、ひそかにナヨンとギョンワンの遺伝子検査を行ったフィギョンは2人が実の親子であることを知る。
第95話
凍える華 第95話 階段から落ちたことで、下半身に障害を負ってしまったセジン。自分で落ちたもののけんかが原因となり、ナヨンは責任をとる形で家をでていくことに。しかしお見舞いに行こうとしたナヨンはあるものを見てしまい...。
第5話
笑って、トンヘ 第5話 上司であるキム・ジュンに認められたいセワは、トンヘが家族探しの番組への出演に合意したと嘘をついてしまう。スルニョは、セヨンを産婦人科の前で見かけたというソノクの言葉に彼氏の存在を疑い始めた。
第15話
笑って、トンヘ 第15話 意識が戻ったトンヘは、選手生命が途絶えたことを知り泣き叫ぶ。セワは罪悪感に苦しむが、ドジンが見合いをすると聞き、気を取り直す。トンヘに渡すようにと、ボンイに金と通帳を渡すのだが・・・
第25話
笑って、トンヘ 第25話 ヘソクはキム・ジュンに離婚を要求し、ドジンはキム・ジュンの心の中にいる他の女性のせいでずっと苦しんでいいたと告白する。トンヘは、家族が集まる席でDNA鑑定の結果を出すが・・・
第35話
笑って、トンヘ 第35話 テスト合格のためナムルを勉強するトンヘとボンイは親密になっていく。一方、テフンはトンヘがセワの元恋人であり、結婚相手が一家の敵であるキム・ジュンの息子であることを知り・・・
第45話
笑って、トンヘ 第45話 ホテルの厨房に残れるという条件で、スネはセワの企みを受け入れる。アンナのハーモニカと過去の写真を発見したセワは、アンナにキム・ジュンがジェームスだという事実を確認するが・・・
第95話
笑って、トンヘ 第95話 ドジンは、キム・ジュンとアンナが会っているところを目撃してしまう。トンヘの父がキム・ジュンであることが明るみ出ないよう、ヘスクは料理大会への棄権を決定する。
第105話
笑って、トンヘ 第105話 トンヘの料理番組への出演を許可しないヘスクとドジンだったが、そこにカメリアホテル会長が現れ、出演を許可する。ついに料理サバイバル番組の決勝が開かれる。
第125話
笑って、トンヘ 第125話 キム・ジュンはドジンとトンヘを自分の故郷へ連れていくが...。会長夫人は、ヘスクの部屋で偶然ドンベクの服を見つけてしまい、家を飛び出す。それを見たセワは、会長夫人が服を見つけたことに気づき...。
第145話
笑って、トンヘ 第145話 トンヘとボンイはウェディングドレスを試着し、新居を見に行く。会長夫婦は結納の品を準備し、カンジェ一家は迎える準備に大忙し。ついにトンヘとボンイの結婚式が執り行われ...。
第155話
笑って、トンヘ 第155話 総会が開かれる中、会長が目を覚まし...。ピルジェとテフンは、ソヌからの手紙とUSBを受け取る。USBの中身はドジンの計画を暴く証拠が入っていて...。
第5話 約束した朝は遠く
Re:ゼロから始める異世界生活 第5話 約束した朝は遠く ロズワールの屋敷に住み込みで働くことになったスバルは、レムやラムと共に日々仕事をこなし、ついにはエミリアとのデートの約束を取り付ける。しかし約束の日が訪れることはなく、スバルは屋敷にやってきた初日に戻ってきてしまう。命を奪われるようなことなど何も起きていないのにも関わらず、いつの間にか死に戻ってしまったことに混乱するスバルだったが、エミリアとのデートの約束を果たすため、前回をなぞるように再び行動を始める。
第5話 そんな遊びはいけません! ~君が居ると世界観が乱れる~
無料
僕は友達が少ないNEXT 第5話 そんな遊びはいけません! ~君が居ると世界観が乱れる~ 部室で幸村が執事服を着ていた。夜空が言うには男らしい服装を着ることで、男としての立ち振る舞いを身につけようということらしい。小鷹のツッコミもむなしく、幸村は熱く真の男への意気込みを語る。
第5話 今度はSAGAがガチな戦いヽ(`Д´)ノ
無料
僕は友達が少ない 第5話 今度はSAGAがガチな戦いヽ(`Д´)ノ ヴァーチャルな体験を楽しむ方法として、装着時は自身が無防備になるため注意は必要だが、ヘッドマウントディスプレイは優れたデバイスである。ただし、周囲から奇異な目で見られることは回避不能でいたしかたない。
第5話 夢の世界と第二の魔王候補
トリニティセブン 第5話 夢の世界と第二の魔王候補 体操着姿の美少女たちのランニング。揺れる胸。アラタの心はときめく。学園生活をエンジョイしているとき、図書館に幽霊が現れる。調査に向かったアラタたちは「永劫図書館」に強制移動させられた。そこには、行方不明になっていたトリニティセブンの一人が!
第5話 スネイク・ショット
テニスの王子様 第5話 スネイク・ショット リョーマと海堂のラリーは続いている。海堂のスネイク・ショットに対し、ラケットを利き手の左手に持ち替えて海堂のショットを打ち返していくリョーマ。しかし海堂の真の狙いはリョーマを走らせて体力を消耗させることだった。どんどん体力を消耗していくリョーマが不利に見える試合展開だったにも関わらず、なぜか海堂の動きも鈍くなっていくのだった。
第135話 菊丸の夏休み
テニスの王子様 第135話 菊丸の夏休み ある夏休みの一日。菊丸は大好きなアイドルグループ「チョコレーツ」のラジオ番組を夢中で聞いていた。すると、チョコレーツの自宅訪問企画に菊丸が当選したと発表があり、おどろき大興奮。もちろんテニスどころではない。   菊丸は仮病を使って家族旅行を回避し、自分ひとりでチョコレーツをむかえようとするのだが、青学テニス部一同がつぎつぎと遊びにやって来て…。
第145話 リョーマとケビン
テニスの王子様 第145話 リョーマとケビン 公園のコートで合間見えるリョーマとケビン。試合をしようと互いに牽制し合うが、手塚は親善試合の前に選手の野試合を見過ごすわけにはいかないとリョーマを制止する。気持ちが収まらず、ケビンを探して街を歩き回るリョーマは跡部や真田の「今のリョーマ」に対する意見を耳にする。そして、遂にリョーマは手塚に今の自分の気持ちを爆発させるのだった。
第155話 1ミリの攻防
テニスの王子様 第155話 1ミリの攻防 不二の「つばめ返し」が、みずからの打ったボールの回転を利用した技だと分析したアーノルドは、見事つばめ返しを打破する。だが不二は、アーノルドの精密なプレイの上をいくかのように、ネット際でギリギリの攻防をくり広げる。  プレイスタイルを変えることなく、真っ向勝負で立ち向かうアーノルドだったが、その精密機械ぶりにわずかな誤差が生じはじめ…。
第65話
凍える華 第65話 AP食品のCMオーディションを受けたマルスクは見事優勝し、CMモデルとして起用されることに。一方、想像妊娠という診断にひどく落ち込んだセジンは精神的に不安定になり、テジュンとドヒの仲を以前よりも疑うようになる。
第55話
笑って、トンヘ 第55話 ドジンの怒りは次第に大きくなり、セワは途方に暮れる。料理大会の決勝は、個人戦となり、慌てるボンイとトンヘだったが、ユジンだけが会心の笑みを浮かべていた。一方、双子を預けたまま出かけてしまったセヨンは、酒に酔って帰宅するのだが・・・
第65話
笑って、トンヘ 第65話 お互いの気持ちを確認したボンイとトンヘは決勝の準備に熱が入る。ホテルにアンナがいると直感したキム・ジュンは、決勝当日、ホテルに出向く。セワはスルニョにアンナが会場に入らないように指示するが、迷子になったアンナは、偶然キム・ジュンと会ってしまい・・・
第75話
笑って、トンヘ 第75話 キム・ジュンの入院先へ行ったアンナは、意識がないことに驚くがセワの勧めで病院を離れる。テフンはセヨンに離婚届を見せつけ、神経戦を繰り広げる。アンナに対するピルチェの気持ちに熱意を感じたトンヘも次第に心を開いていく・・・
第85話
笑って、トンヘ 第85話 別れたいと言うキム・ジュンの言葉を聞き入れず、ヘソクは料理番組の担当PDにカメリアホテルの棄権を伝える。キム・ジュンは荷物をまとめ家を出ようとしたところをヘソクはその前に跪き、行かないでほしいと言う。その姿をドジンとセワが目撃してしまい・・・
第115話
笑って、トンヘ 第115話 会長夫人の見舞いにきたトンヘとアンナはキム・ジュンに鉢合わせてしまう。ドンベクは実は亡くなっていなかったこと知ったヘスクはセワに本当のドンベクが誰か知っているなら証拠を持ってくるように言う。