大河ドラマ 功名が辻 | 第26~49回

第33回 母の遺言

44分2006

マイビデオ

詳細情報

秀吉は九州攻めに出陣。留守居役の秀次とともに残された一豊はいらつき、弟・康豊と衝突してばかり。千代は一豊の母・法秀尼に相談しようと訪れますが、義母は病の床にあり、まもなく死去します。母の遺言を千代から聞き、一豊・康豊兄弟は泣き崩れます。一方、秀吉はバテレン追放令を発布し、光秀の娘で切支丹(きりしたん)の玉は孤立。玉をひそかに慕う康豊は打ち壊された南蛮寺を訪ね、ガラシャと名のる玉と再会します。

キャスト

  • 千代:仲間由紀恵
  • 山内一豊:上川隆也
  • 豊臣秀吉:柄本明
  • 法秀尼:佐久間良子
  • 茶々:永作博美
  • 山内康豊:玉木宏

スタッフ

  • 原作:司馬遼太郎
  • 脚本:大石静
  • 作曲:小六禮次郎
  • 語り(語り手):三宅民夫

(C)NHK