社会ニュース

ボクシング五輪除外か 先送りに選手ら配慮の考え

2分2018

マイビデオ

詳細情報

 IOC(国際オリンピック委員会)が2020年東京大会でボクシング競技を除外するかどうか判断を先送りしたことを受け、大会組織委員会の武藤敏郎事務総長は選手らへの配慮に万全を期す考えを示しました。

 大会組織委員会・武藤敏郎事務総長:「選手にとって色々、心配があるというのはその通りであると思いますが、我々が最大限、できることは準備に万全を期すと」
 IOCはボクシングの国際団体の不透明な財政支出などを問題視していて、先月30日の理事会で東京大会の競技から除外するかどうかの最終的な結論を来年6月に先送りするとしています。これを受けて組織委員会は1日の理事会でIOCから適切な対応を求められたことを明かし、競技実施となれば万全を期す考えを示しました。

キャスト

  • -

スタッフ

  • -

テレビ朝日/ANN

AbemaNews