最新の政治ニュース【随時更新】

「桜を見る会」総理を追及 野党“最後”の直接対決

5分2019年

マイビデオ

詳細情報

 2日、国会では安倍総理大臣出席のもとで参議院の本会議が開かれ、桜を見る会についての質問が行われました。野党側にとっては直接、総理を問いただす最後の追及のチャンスとなりました。

 高額配当をうたったオーナー商法で総額1800億円の被害を生んだジャパンライフの元会長に招待状が届いたとされる問題。安倍総理が一連の疑惑に答えました。
 安倍総理大臣:「『桜を見る会』の個々の招待者やその推薦元については個人に関する情報であるため、招待されたかどうかも含めて従来から回答を控えさせて頂いているところであります」
 ジャパンライフの元会長に届いたとされる桜を見る会の招待状には、上2桁が60番と書かれています。内閣府は60番から63番までは総理、長官等の推薦者と認めたため、安倍総理や昭恵夫人が招待した可能性が出ています。
 社民党前党首・吉田忠智議員:「安倍総理、昭恵夫人はこのジャパンライフの山口元会長と面識がおありでしょうか?高齢者を中心に大勢の被害者が出たこの企業の宣伝に総理主催の桜を見る会の招待状が使われたことに対し、総理としてどのような認識と責任をお考えでしょうか」
 安倍総理大臣:「ご指摘の山口会長については、過去において私が招待された多人数の会合等の場で同席していた可能性までは否定しませんが、山口氏と1対1のような形でお会いしたことはなく、個人的な関係は一切ありません。また、私の妻は山口氏との面識はありません」
 共産党・田村智子議員:「『60』は官邸総理室が取りまとめた『総理の…

キャスト

  • -

スタッフ

  • -

テレビ朝日/ANN

AbemaNews