最新の経済ニュース【随時更新】

大手百貨店 11月の売上高が増税の反動減続く

2分2019年

マイビデオ

詳細情報

 消費増税に伴う駆け込み需要の反動減で、大手百貨店4社の11月の売上高は前の年の同じ月を2カ月連続で下回ったことが明らかになりました。

 大丸と松坂屋を運営するJ・フロントリテイリングの11月の売上高は、前の年の同じ月に比べ8.9%減ったほか、三越伊勢丹ホールディングスは7.3%減、そごう・西武は5.3%、高島屋は4.2%それぞれ減少しました。10月に続いて消費増税前の駆け込み需要の反動で宝石や貴金属などの高額品が苦戦しました。さらに、気温が高い日が続いたため、コートなどの冬物衣料の売れ行きが伸び悩んだということです。消費が活発になる年末商戦に向け、軽減税率の対象となるおせちやクリスマスケーキなどの販売で売り上げを回復させたい考えです。

キャスト

  • -

スタッフ

  • -

テレビ朝日/ANN

AbemaNews