みのもんたのよるバズ!「陰謀だ!」ゴーン容疑者が“宣戦布告”

みのもんたのよるバズ!「陰謀だ!」ゴーン容疑者が“宣戦布告”

AbemaNewsチャンネル

4月13日(土) 20:00 〜 22:00

マイビデオ
対象外

詳細情報

報道番組でみのもんたがニュースを独自斬り!ニュースの真相にみのが切り込み提言! 解決の道を論客とともに探ります。

報道番組キャスターのみのもんたが論客たちと〝本音トーク〟でニュースを独自斬り!世の中をバズらせます!今週のよるバズは…反論動画で「謀略、陰謀、裏切り」だと日産幹部を非難したゴーン容疑者。しかし、西川社長は「日産の新体制やルノーとの提携に影響はない」と語った。保釈後に4度目の逮捕という異例の展開。検察の狙いは?弘中弁護士は「追起訴すればいいだけで、身柄拘束は非常に不適当」と非難する。4度目の逮捕容疑は、オマーンの販売代理店に日産の機密費を不正支出し、約5.6億円を受け取ったという特別背任。そのお金で約17億円の超高級クルーザーを購入したとされる。検察幹部は「反論動画は拍子抜けで、日産の陰謀であったとしても捜査には全く関係ない」と自信を見せている。■「大阪都構想」に再チャレンジするため、維新が仕掛けた知事と市長のWクロス選挙。結果は知事選、市長選ともに維新が圧勝した。同時に行われた府議選でも議席の過半数を獲得し、「民意が示された」として都構想の議論を活発化させる方針だ。一方、クロス選という異例の手法を「思い上がっている」と批判していた二階幹事長。しかし、官邸にとっては、維新は憲法改正や国会審議で協力を仰ぐ大切な存在。自民党の敗北に官邸からは安堵の声も上がったと言われる。松井氏と蜜月でクロス選も容認していた菅氏と二階氏の明暗が分かれ、菅氏の求心力が強まったとされる。今後の自民党内の勢力図への影響は?今夜も2時間たっぷりお送りします!

キャスト

  • 【MC】
  • みのもんた
  • 【進行】
  • 下平さやか(テレビ朝日アナウンサー)
  • 【出演者】
  • 田中喜代重(元東京地検検事)
  • 田中康夫(作家)
  • 井上久男(経済ジャーナリスト)
  • 足立康史(維新の会幹事長代理)
  • 松川るい(自民党参院議員)
  • 有馬晴海(政治評論家)
  • トラウデン直美(モデル)
  • 猿田佐世(弁護士)
  • ナジャ・グランディーバ(タレント)
  • 小彩 楓(絵本作家)
  • 【ナレーター】
  • 石黒千尋
  • 狭川尚紀
  • (順不同・敬称略)

スタッフ

  • テレビ朝日