みのもんたのよるバズ!“熱烈歓迎”総理訪中も高まる「中国の脅威」

みのもんたのよるバズ!“熱烈歓迎”総理訪中も高まる「中国の脅威」

AbemaNewsチャンネル

10月27日(土) 20:00 〜 22:00

マイビデオ
対象外

詳細情報

報道番組でみのもんたがニュースを独自斬り!ニュースの真相にみのが切り込み提言! 解決の道を論客とともに探ります。

報道番組キャスターのみのもんたが論客たちと〝本音トーク〟でニュースを独自斬り!世の中をバズらせます!今週のよるバズは…■尖閣国有化以降、日中関係冬の時代を経て、7年ぶりに中国を訪問した安倍総理は習主席と首脳会談に臨んだ。中国は、米中通商戦争が激化し、日本との関係改善を図りたい意向だ。一方、海上自衛隊は先月、中国が領有権を主張する南シナ海の内側で潜水艦の訓練を実施し中国に圧力も。さらに8月末、佐賀県は佐賀空港にオスプレイ配備の受け入れを表明し、「水陸機動団」の輸送手段として使用する予定だ。空中給油を1回行えば、尖閣諸島に駆けつけて奪還作戦に入ることができるという。離島防衛能力は飛躍的に向上するが、中国を刺激しすぎるとの声も…。■豊洲市場が今月オープンしたが、2年前、舛添要一前都知事が安全宣言し「2016年11月開場」を決めていた。しかし後任の小池知事は「移転延期」を突然表明。これによって「環状2号線」の整備が間に合わなくなり、その後、土壌汚染対策の「盛り土」がなかったことや地下水から有害物質が検出され、追加対策工事に38億円、さらに100億円以上の市場業者への補償費用も発生した。舛添氏によれば「土壌汚染は万全の対策が取られており、2年間延期は時間とカネの無駄、小池氏が政治工作のため移転問題を利用し、東京五輪成功に黄信号がともった」とも語る。真相はどうなのか?今夜も激論トークを2時間たっぷりお送りします!

キャスト

  • 【MC】
  • みのもんた
  • 【進行】
  • 下平さやか(テレビ朝日アナウンサー)
  • 【出演者】
  • 伊藤俊幸(金沢工業大学虎ノ門大学院教授)
  • 有本 香(ジャーナリスト)
  • 田岡俊次(軍事評論家)
  • 舛添要一(前東京都知事)
  • 伊藤 悠(都民ファーストの会都議)
  • 金子恵美(元自民党衆院議員)
  • トラウデン直美(モデル)
  • 猿田佐世(弁護士)
  • 井澤愛巴(Abemaキャスター)
  • 小彩 楓(似顔絵ホステス)
  • (順不同・敬称略)
  • 【ナレーター】
  • 石黒千尋
  • 狭川尚紀

スタッフ

  • テレビ朝日