みのもんたのよるバズ!「非核化交渉中断」示唆で米朝再び緊迫か

みのもんたのよるバズ!「非核化交渉中断」示唆で米朝再び緊迫か

AbemaNewsチャンネル

3月23日(土) 20:00 〜 22:00

マイビデオ
対象外

詳細情報

今週の出来事やネットなどで話題になっているものから、いま知りたいニュースを深堀り!問題ごとにはみのもんたが直接相談にのって解決の道を探ります

報道番組キャスターのみのもんたが論客たちと〝本音トーク〟でニュースを独自斬り!世の中をバズらせます!今週のよるバズは…■米朝会談“決裂”で北朝鮮の外務次官が「非核化交渉の中断」を示唆した。韓国大統領府は「米朝交渉再開に向けて努力したい」としているが、北朝鮮は「米同盟である韓国は『仲裁者』ではない」と述べ、文政権にショックが広がっている。一方、米朝会談の裏で北朝鮮が非核化に逆行する行動を取っていた可能性が浮上した。米研究チームがミサイル発射場に2基のクレーンが確認されたと発表し、「復旧作業を終え稼働が可能な状態」だと分析した。この施設は南北首脳会談で廃棄に合意し、去年、解体作業が行われた場所だ。「もし、核実験やミサイル発射があれば非常にがっかりだ」と失望を表明したトランプ氏。しかし、米財務省が21日に発表した北朝鮮への追加制裁については撤回を指示したことを明らかにした。■今年1月、「我々は沢山の大金持ちの国々を守っている。コストを共有すべきだ」と演説したトランプ大統領。日本は現在、「思いやり予算」を含め、負担額の合計は6千億円を超えている。来年、新たな負担額を決める日米協議がある予定だが、岩屋大臣は「日本の負担は74%で、同盟国で最高の水準、しっかり交渉していく」と語った。トランプ氏は日米通商交渉を有利に進めるため、駐留経費増額をディールに使うことも考えられ、新たな火種となりかねない。今週も2時間たっぷりお送りします。

キャスト

  • 【MC】
  • みのもんた
  • 【進行】
  • 大木優紀(テレビ朝日アナウンサー)
  • 【出演者】
  • 佐藤正久(外務副大臣)
  • 洪 熒(元駐日韓国大使館公使)
  • 湯浅 卓(米国弁護士)
  • ケント・ギルバート(米国弁護士)
  • 堀口ミイナ(タレント)
  • 猿田佐世(弁護士)
  • フィフィ(タレント)
  • 小尾渚沙(Abemaキャスター)
  • 小彩 楓(絵本作家)
  • 【ナレーター】
  • 石黒千尋
  • 狭川尚紀
  • (順不同・敬称略)

スタッフ

  • テレビ朝日