みのもんたのよるバズ!ゴーン被告保釈!“無罪請負人”の次なる戦術

みのもんたのよるバズ!ゴーン被告保釈!“無罪請負人”の次なる戦術

AbemaNewsチャンネル

3月9日(土) 20:00 〜 22:00

マイビデオ
対象外

詳細情報

今週の出来事やネットなどで話題になっているものから、いま知りたいニュースを深堀り!問題ごとにはみのもんたが直接相談にのって解決の道を探ります

報道番組キャスターのみのもんたが論客たちと〝本音トーク〟でニュースを独自斬り!世の中をバズらせます!今週のよるバズは…■逮捕から108日、ついにゴーン被告が保釈された。
これまで2度却下されていたが、新たに就任した“無罪請負人”弘中弁護士が「監視カメラ設置」「ネット接続不可」など異例の保釈条件を提案して認められた。検察幹部は「保釈されても今後の裁判で困ることはない」と有罪立証に自信を示すが、弘中弁護士は「無罪が取れておかしくない」と反論。検察は特別背任など3つの容疑を立証できるのだろうか?一方、ルノーは会長職を事実上解任して“ゴーン切り”に転じ、日産も4月の臨時株主総会で取締役解任議案を諮り「完全追放」する方針だ。日産とルノーの関係はどうなっていくのか?■一昨年の都議選直前、小池知事は築地市場跡地を「食のテーマパーク」とする構想を発表していた。しかし今年1月、都がまとめた素案では、この構想は消えていた。また、小池氏は、「築地に市場機能が戻ることはない」明言。これに対し、批判の声が上がったが、小池氏は「方向性は変わっていない」と反論した。そんな中、自由党や保守党時代から盟友だった自民党・二階幹事長が「小池氏が出馬するなら全面協力する」と早くも来年夏の都知事選で小池氏再選を支持する意向を表明。しかし、自民党都連から反発の声が上がり、二階氏は「新しい候補者を早く見つけてほしいという意味だった」と釈明した。はたして本音は?今夜も2時間たっぷりお送りします!

キャスト

  • 【MC】
  • みのもんた
  • 【進行】
  • 下平さやか(テレビ朝日アナウンサー)
  • 【出演者】
  • 舛添要一(前東京都知事)
  • 郷原信郎(元東京地検特捜部検事)
  • 井上久男(経済ジャーナリスト)
  • 川松真一朗(自民党都議)
  • 伊藤 悠(都民ファ政調会長代理)
  • 山口真由(元財務官僚)
  • 猿田佐世(弁護士)
  • トラウデン直美(モデル)
  • 小尾渚沙(Abemaキャスター)
  • 小彩 楓(絵本作家)
  • 【ナレーター】
  • 石黒千尋
  • 狭川尚紀
  • (順不同・敬称略)

スタッフ

  • テレビ朝日