「あきら」の検索結果

今すぐ視聴する

第3話 『玉』の世代
食戟のソーマ 弐ノ皿 第3話 『玉』の世代 「秋の選抜」本戦・第2試合、ついに決着!気になるその結果は…!?日が変わった第3試合では優勝候補筆頭・葉山アキラとえりなの側近である新戸緋沙子が激突!究極の『ハンバーガー』対決の軍配はどちらに!?一方、第4試合で対戦するタクミと美作の間には何やら不穏な空気が…?
第7話 喰らいあう獣
食戟のソーマ 弐ノ皿 第7話 喰らいあう獣 創真の勝利で幕を閉じた準決勝第1試合に続き、黒木場リョウと葉山アキラによる準決勝第2試合が開戦!テーマは第1試合と同じく『洋食のメイン一品』。魚介を使ったインパクトのある料理を得意とする黒木場と、いくつものスパイスを巧みに使い、香りで審査員を魅了してきた葉山。決勝進出最後の一枠をかけた戦いが今始まる!!
第16話 遺したもの vive
「東京喰種トーキョーグール:re」(第2期) 第16話 遺したもの vive 殉職したはずの同僚・滝澤と、上司だった亜門鋼太朗(あもん こうたろう)との思いもよらぬ再会を果たしたアキラ。だが今の二人は、“実験体”としてその体に赫包を移植された半喰種だった。驚き混乱するアキラ。そこに瓜江久生(うりえ くき)率いる “クインクス班”が到着した。クインクス班とは〔CCG〕が人工的に造り出した半喰種で組織されたチームであり、法寺・真戸班の援護のため、連携して滝澤たち“喰種”を追い詰めてゆく。 一方、金木と有馬の戦いは激闘の末、有馬が捜査官人生で初めての敗北を喫する。有馬は金木にあることを託すが、それは金木がエトから託されたことと同じであった――。
第8試合 ライト級 アキラ vs 岡野裕城
Road to ONE:CENTURY 第8試合 ライト級 アキラ vs 岡野裕城 2019年9月1日に東京・新木場スタジオコーストで開催された、「Road to ONE:CENTURY」のハイライトシーンを厳選してお届け!
第2話 交錯する光と影
食戟のソーマ 弐ノ皿 第2話 交錯する光と影 「秋の選抜」本戦・第1試合は渾身の“のり弁”を披露した創真が見事アリスに勝利。そして続く第2試合、田所恵と黒木場リョウの対決テーマは『ラーメン』!ラーメンの命ともいえるスープの素材にそれぞれが選んだのは…!?性格も料理の特徴も正反対の2人が今、激突する!!
第5話 一口目の秘密
食戟のソーマ 弐ノ皿 第5話 一口目の秘密 創真の準決勝の相手は、タクミを倒し勝ち上がってきた美作!しかも、美作からの申し出を受け、自らの料理人人生を賭けた食戟を行うという。さらにはどうせ予測されるからと、テーマの『洋食のメイン』にあわせて作る品を明かしてしまう!創真は美作のパーフェクトトレースにどう立ち向かうのか…!?
第6話 朝はまた来る
食戟のソーマ 弐ノ皿 第6話 朝はまた来る ついに始まった創真VS美作の“ビーフシチュー”対決!メイン食材の牛テールをコピーされた上、美作の方は得意のアレンジで審査員と観客の心をつかみ始める。しかし創真にも、美作の裏をかくとっておきの作戦が!!果たして、創真が料理人人生をかけた食戟の結果は…!?
第10話 新たなる『玉』
食戟のソーマ 弐ノ皿 第10話 新たなる『玉』 黒木場の“秋サンマのカルトッチョ”、葉山の“炙りサンマのカルパッチョ”に及ばないと思われた創真の“ぬかさんまの炊き込みご飯”には、秘密が隠されていた!考え抜いた末に生み出したその秘策は、果たして審査員の心を揺さぶれるのか…!?三つ巴の『サンマ』決戦、勝負の行方は…!!
第12話 魔術師再び
食戟のソーマ 弐ノ皿 第12話 魔術師再び 第一のスタジエールを見事に突破した創真は、次なる研修先へ。創真が訪れたのは「SHINO's TOKYO」…以前、恵の退学取り消しを賭けて食戟で戦った相手・四宮小次郎が新たにオープンさせる「SHINO’s」の初の日本支店だった!今まで経験したことのないフランス料理店の調理場で、創真は1週間生き抜くことができるのか…!?
第13話 威風堂々
食戟のソーマ 弐ノ皿 第13話 威風堂々 「SHINO's TOKYO」でのスタジエールも、残すところあと1日。めきめきとフランス料理の技術を身に付け、厨房の人々にも認められつつあった創真は、新作コンペに参加できることに!果たして創真は、四宮の舌を唸らせ、「SHINO's TOKYO」のメニューに自分の料理の名を刻めるのか!?そして、スタジエールの合否の行方は…!?
第103話 禁断の鳥
美味しんぼ 第103話 禁断の鳥 まり子の父、仁木に鳥料理屋に招待された士郎と雄山。だが出された料理は禁鳥のツグミだった。知らずに手をつけた士郎に、雄山は激怒する。
第41話 魚の醍醐味
美味しんぼ 第41話 魚の醍醐味 雄山絶賛のフグの店に海外赴任を間近に控えた夫婦が訪れる。だが数日来の不漁で肝心の白子がない。落胆する夫婦。そこで雄山と士郎は白子に匹敵する物を夫婦に御馳走することになる。勝負だ!!
第42話 お菓子と夢
美味しんぼ 第42話 お菓子と夢 阪村は日本一高価な洋菓子の店”天使の夢”のケーキ職人だが、今の目標は子供達に安くて美味しい安全なケーキを提供する事。独立計画を進めるが、恩ある社長に知れ”裏切り者”と罵られる。
第43話 飲茶
美味しんぼ 第43話 飲茶 中国の陳副主席が希望する接待の場は”美食倶楽部”。しかし政治家嫌いの雄山は依頼に来た星村外務大臣を門前払い。困った星村は大原社主を頼るが良策がない。そこで士郎は周大人を訪ねる。
第44話 フォン・ド・ヴォー
美味しんぼ 第44話 フォン・ド・ヴォー 花村と三谷の結婚が決定。が、披露宴に予定したレストランのオーナーシェフ・中里が入院。士郎はその息子・靖夫に代役を頼む。花村への想いを乗り越えて、最高のフォン・ド・ヴォーを!
第45話 ふるさとの唄
美味しんぼ 第45話 ふるさとの唄 東西新聞のアルバイト・天野は岩手出身の浪人生。お国訛りを気にする余り、無口が災いしてクビになる。士郎は途方に暮れる天野に彼の特技・民謡の喉を生かせるアルバイトを紹介するが・・・
第46話 飯の友
美味しんぼ 第46話 飯の友 米は日本人の食の原点。だが貿易摩擦の影響で日本はアメリカから米の輸入を迫られている。”カリフォルニア米を食べる会”席上、士郎は角丸副総理に米輸入自由化の愚を説くが問題は複雑!
第47話 キムチの精神
美味しんぼ 第47話 キムチの精神 東西新聞は大韓書籍と提携、韓国文化紹介の本を作る事になった。その祝宴の進行役は富井。精一杯務めるが何故か金社長は怒り、席を蹴る。理由の判らぬ大失敗に号泣する富井だが士郎は・・・
第48話 非常食
美味しんぼ 第48話 非常食 真山夫妻の山荘に招待された士郎と大出夫妻。大会社の社長の大出は妻の戒めもきかず傲慢ぶりを発揮。皆の顰蹙をかう。山は猛吹雪となり一行は閉じこめられてしまうが食料がない!
第49話 大地の赤
美味しんぼ 第49話 大地の赤 唐山陶人は陶器に塗るうわぐすりで本物のトマトの赤色を出そうとするがうまくゆかない。雄山が聞き付けて有機農法・露地栽培のトマトを持って来たが陶人は納得しない。トマトの赤とは。
第50話 愛の納豆
美味しんぼ 第50話 愛の納豆 ゆう子の親友で茨城出身の美枝が婚約したが相手は関西出身。納豆をめぐって意見が対立。せっかくのアツアツカップルも大ゲンカ。婚約者の靖夫は食べられるようにしてと士郎に泣きつく。
第51話 サラダと美容
美味しんぼ 第51話 サラダと美容 士郎が見合いをするが大原社主の顔を立てた義理。相手の昭子も同じ立場だったのですっかり打ちとけた二人は食事に行く。昭子はサラダしか食べない。そこへ昭子のかつての婚約者が・・・。
第52話 ぼけとつっこみ
美味しんぼ 第52話 ぼけとつっこみ 人気漫才コンビのすべっ太は自分だけの才で人気があると勘違いしてコンビを解消するが1人ではうまくゆかない。噺家のブラックにたのまれた士郎はすべっ太を柳川鍋に招待する。
第53話 椀方試験
美味しんぼ 第53話 椀方試験 美食倶楽部で働く良三は雄山から料理人の華とのいわれる椀方に推薦された。だがそれには雄山の課題にこたえなければならない。良三は雄山指定のシジミ汁を最高の材料で作るのだが・・・。
第54話 ボクサーの苦しみ
美味しんぼ 第54話 ボクサーの苦しみ 結婚の申し込みをする勇気の出ない写真家の荒川。そのきっかけをボクサー矢沢の勝利に賭けるが矢沢は減量がうまくゆかず絶不調。困った荒川は士郎に美味しいが太らない料理をたのむ。
第55話 卵とフライパン
美味しんぼ 第55話 卵とフライパン 調理士見習の上田は仕事先の大衆食堂の主人のやる気のなさに嫌気がさして料理そのものへの興味をなくしていた。士郎はオムレツ専門店へ上田を誘い、女性シェフ花森の働く姿をみせる。
第56話 再会の丼
美味しんぼ 第56話 再会の丼 若手人気落語家だった吉笑は”名人の息子”という奢りから八笑師匠に破門された。今は非を悟り落語の情熱を燃やし続ける吉笑だが、山岡の演出した丼飯で破門は解かれるか?。
第57話 玄米vs白米
美味しんぼ 第57話 玄米vs白米 女子柔道の名門・武徳女子大は選手の健康管理のため、白米を禁じ玄米食を信奉している。だが、まずい玄米に拒絶反応を示す部員の訴えで山岡はある重大な問題に思い当たる。
第58話 骨のない魚
美味しんぼ 第58話 骨のない魚 F3000レーサー・槍村は間近に迫った大レースへの不安から不眠症になる。焦る槍村に山岡はあえて謎めいた料理の名をぶつけた。苦しむ槍村。キーワードは”骨のない魚”だ!。
第59話 代用ガム
美味しんぼ 第59話 代用ガム 富井の弟・修は亡父が兄だけ可愛がり、自分は大学進学を断念させられたと兄を責める。富井は、父が逆境の中でも精一杯二人を愛していたと”代用ガム”の思い出を語るが・・・。