「うずまく」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

第三百十六話 見えざる敵
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第三百十六話 見えざる敵 カカシ班の援護に出発するヤマト班。ナルトは出発直前にガマ竜の腹に入ることで新術へのヒントを掴むのだった。一方、手がかりのない中、追跡任務を続けていたカカシ達だが、間一髪の差で気取られ、そのまま紅蓮配下たちとの予定外の戦闘へとなだれ込んでしまう。
第三百二十五話 結界攻防戦
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第三百二十五話 結界攻防戦 幽鬼丸の力を使って三尾を暴れさせ、内側から木ノ葉の結界四方封陣を破ろうと考えるカブト。カブトに弱みを握られ、逆らう事が出来ない紅蓮だが、もう一度だけ自分に結界四方封陣を壊すチャンスをくれと進言する。そこでカブトが提示した条件とは?
第三百十話 忍の決意
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第三百十話 忍の決意 束の間の平和を打ち破る、大蛇丸のアジト発見の報。綱手は直ちにカカシ、ヒナタ、シノ、キバによる探索班を結成する。一方ナルトは、自来也に新たな術を伝授してもらう為、共に温泉郷へと旅立つ。―その頃、遠く離れた地では大蛇丸の女配下・紅蓮が大蛇丸から与えられた任務遂行の為、部下の選抜を開始する。
第三百十一話 発見 大蛇丸のアジト
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第三百十一話 発見 大蛇丸のアジト 温泉地に着いたナルトと自来也。自来也はナルトに風遁螺旋手裏剣に代わるガマとのコラボ忍術を提案する。ところが相棒のガマとして口寄せされたのは、三年間の修業期間でナルトと決定的にウマがあわなかった忍ガマのガマ力さんだった。一方、紅蓮の後をひそかに追尾するカカシ達だが…。
第三百十二話 遭遇(であい)
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第三百十二話 遭遇(であい) 三尾召還実験をするカブトと幽鬼丸。消耗の激しい幽鬼丸を癒す為、カブトは温泉に立ち寄る事にする。そこにはナルトと自来也が滞在し、ガマ吉、ガマ竜とのコラボ忍術修業に励んでいた。敵とは知らず、幽鬼丸との出会いを果たすナルト。その頃、紅蓮達の追尾を続けるカカシは戦況の変化を伝える為、木ノ葉へ伝令を放つ。
第三百十三話 通いあう心
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第三百十三話 通いあう心 “暁”の動向を探るため旅立ってしまう自来也。ナルトは里に戻り、修業の続きを行うことに。木ノ葉では、綱手が謎の結晶の調査を開始していた。一方、大蛇丸配下の者たちの探索を続けるカカシ達だったが、シノが晶遁で死滅したと思われていた寄壊蟲の生き残りの気配を察知する。シノは皆と別れ、蟲の探索を開始するが……。
第三百十四話 雨一夜(あめひとよ)
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第三百十四話 雨一夜(あめひとよ) アジトに残された麟児とゴズは、自分達を追尾する忍の存在を感じ取っていた。時を同じくして、敵が周辺を監視していることに気づくカカシ達。両勢力は互いの存在を意識しつつ、動きを探りあうことに。―その頃、幽鬼丸を連れて部下のもとに急ぐ紅蓮だったが、道中、幽鬼丸が熱を出し看病せざるを得なくなってしまう。
第三百十五話 二つのお守り
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第三百十五話 二つのお守り カカシ達が大蛇丸のアジト探索任務に当たっている事を知り、居ても立ってもいられないナルト。 一方、カカシ達は蟲を連れ帰ったシノと合流するが、シノは晶遁に対する免疫を持つ寄壊蟲を増やすため、一度戦線を離脱する事に。引き続き探索続行を決意するキバとヒナタに、カカシが提案した新たなる追尾手段とは……。
第三百十七話 乱反射の迷宮
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第三百十七話 乱反射の迷宮 結晶化した寄壊蟲の解析結果により、カカシ達が戦っている相手は「晶遁」という稀少な術の使い手である事が判明。一方、ゴズとリンジを退けた探索班だが、シノの寄壊蟲の包囲網ごと、結界忍術に捕らわれてしまう。それは紅蓮の翠晶迷宮の術だった。その頃、カカシ班を追いかけるナルトは、幽鬼丸と再び遭遇する。
第三百十八話 現れた標的
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第三百十八話 現れた標的 ガマとのコラボ忍法を成功させ、結界を粉砕してカカシ班の元に駆けつけたナルト達増援班。しかし、ナルトの新術は流体を結晶化させる紅蓮の能力により返り討ちになってしまう。戦況を不利と判断するカカシは増援班の協力の元、盾に取られたヒナタを奪還し、辛くも戦闘から離脱する事に成功する。