「えろ あにめ」の検索結果

今すぐ視聴する

第19話 『玄峰の奇策』
【テレビアニメ】キングダム 第2シリーズ 第19話 『玄峰の奇策』 序盤は勢いで勝っていた秦国軍だが、時と共に第一陣で突撃した急造の千人隊は統率がとれず押し込まれていく。それは玉鳳隊も同様で隙を狙った輪虎が王賁に襲い掛かる。怯まず輪虎に挑む王賁。だが捕えることはできない。この状況に第二陣を送り込むもやはり急造の千人隊は崩され…。その中で飛信隊だけは怒涛の攻撃をみせる
第20話 『飛信隊逆襲』
【テレビアニメ】キングダム 第2シリーズ 第20話 『飛信隊逆襲』 飛信隊の活躍で勢いを取り戻したかに見えた秦国軍。だが魏国の第二陣を率いる廉頗四天王・玄峰の策により辺り一面が煙に覆われると、混乱する秦国軍は敵の弓兵や装甲戦車に為す術もない。そんな中、飛信隊は敵の策を見抜き逆にかく乱し状況を打開すべく強行突破で敵本陣へ!だが玄峰は反撃に気付きながらも悠然と待ち構える
第21話 『盗賊対軍略家』
【テレビアニメ】キングダム 第2シリーズ 第21話 『盗賊対軍略家』 反撃に出た飛信隊と玉鳳隊だったが敵将・玄峰は早々と退却。秦国軍は大敗を喫する。一方、桓騎は廉頗四天王の一人・介子坊と交戦していたが、桓騎の奇襲攻撃に正攻法を得意とする介子坊は苦しめられ、やむなく玄峰と将を交代する。そして玄峰は隠されていた桓騎本陣を言い当て潰しにかかる。そんな玄峰の本陣に現れたのは?
第22話 『蒙恬の提案』
【テレビアニメ】キングダム 第2シリーズ 第22話 『蒙恬の提案』 桓騎が敵将・玄峰を討ち取ったという報告を聞き、桓騎に続き輪虎を討ち取ろうと改めて闘志を燃やす信。しかし蒙恬は、今の戦い方では到底太刀打ち出来ないと語る。輪虎はかつて秦国六大将軍の一人・王騎に一太刀浴びせたことがあり、此度の戦ではまだ本気を出していないというのだ。そして蒙恬は、信と王賁にある提案をする
第23話 『三隊共闘』
【テレビアニメ】キングダム 第2シリーズ 第23話 『三隊共闘』 敵の猛攻の中、秦国中央軍は守備に徹した戦いを進める。ところが、蒙恬率いる楽華隊が独断で遊軍と化し単独前に出る。敵も味方も驚く中、戦況を見つめたまま合図を待つ信と王賁。これこそが三隊で輪虎を討つため、前日、蒙恬から提案された作戦だった。そのまま楽華隊は輪虎本陣に突撃するが、その前には屈強な輪虎兵が!
第24話 『越えるべき壁』
【テレビアニメ】キングダム 第2シリーズ 第24話 『越えるべき壁』 狙い通り輪虎兵を討ち取っていく楽華隊。そして蒙恬の合図を受け、飛信隊と玉鳳隊が輪虎本陣へと攻め入る。だが輪虎は動じず、その猛攻に王賁は反撃できず、信は深手を負う。一方左軍。敵に押し込まれ本陣が後退する中、唯一、壁はその場に留まり奮戦していた。そこへ本陣とともに退いていたはずの秦国軍副将・王翦が現れた
第25話 『裏の裏』
【テレビアニメ】キングダム 第2シリーズ 第25話 『裏の裏』 王翦の命により五千の兵を率いる将となった壁は、その軍とともに廉頗四天王・姜燕の迎撃に向かう。敵を討つのに絶好の地形に姜燕軍を追い込んだ壁。圧倒的有利な状況で姜燕を討ち取ろうとするも、新たな敵軍の出現によって逆に窮地に!これまでの優位は全て姜燕の罠だったのだ。絶体絶命の中、突如その場に王翦軍が現れる。
第26話 『将の器』
【テレビアニメ】キングダム 第2シリーズ 第26話 『将の器』 姜燕軍を追い詰めた王翦軍。だがその行動すら読んでいた廉頗が自軍を率い姿を現した。伝説の大将軍・廉頗の登場に魏国軍の士気は上がるが、この状況に王翦はあっさりと砦に撤退してしまう。一方信は輪虎に痛烈な一撃を撃ち込むも、討ち取る事叶わず退却を余儀なくされる。そして傷を癒す中、各々が決戦が近い事を感じていた
第27話 『決着の刻』
無料
【テレビアニメ】キングダム 第2シリーズ 第27話 『決着の刻』 決戦の刻を待つものの、この日の飛信隊は後方支援として待機することを命令される。不満な信だったが、実は輪虎に当たりやすいようにと栄備将軍が配慮しての事だった。改めて闘志を燃やす信。そして秦国中央軍は今回も守備に徹した戦いを行うが、輪虎は、かの王騎軍の守備すらも貫いたという特殊な戦術を仕掛けてきた。
第28話 『最後の策』
無料
【テレビアニメ】キングダム 第2シリーズ 第28話 『最後の策』 中央軍同士の激戦の最中、蒙驁本陣の背後に廉頗が自軍を率いて現れた。側近たちがうろたえる中、蒙驁は動じること無く、廉頗に対し長年にわたり練り上げて来た布陣で立ち向かう。一方中央では、輪虎が秦国軍を圧倒的な破壊力で突破してくる。それを止めたのは隊をわけて突撃してきた飛信隊であり、信は再び輪虎と対峙する。
第29話 『一瞬』
無料
【テレビアニメ】キングダム 第2シリーズ 第29話 『一瞬』 蒙驁のしいた布陣をことごとくかわし、頂上へと駆け上がって来る廉頗。その頃中央では、輪虎が前日の負傷にもかかわらず、信の足に深手を負わせていた。だが信は驚異的な精神力で立ち上がる。激しさを増す二人の戦いに、周りの者は手が出せず一騎打ちの様相を呈していく中、二人の間に、割って入ろうとする者がいた。
第30話 『大事な仲間』
無料
【テレビアニメ】キングダム 第2シリーズ 第30話 『大事な仲間』 自分への注意がそれた一瞬の隙をついて輪虎を斬り伏せた信。だが輪虎は傷だらけで再び立ち上がると、廉頗の為に負けるわけにはいかないと語る。同じ頃、飛信隊の負傷兵を率い持ち場で待機していた羌瘣の前に凄まじい破壊力を持つ騎馬隊が突撃してきた。自身も深い傷を負っていた羌瘣は一瞬躊躇するも、仲間の為立ち向かう。
第31話 『蒙驁、退かず』
無料
【テレビアニメ】キングダム 第2シリーズ 第31話 『蒙驁、退かず』 激闘を終えた信は、残してきた羌瘣の無事を確認すると、休む間もなく敵軍が迫る秦国本陣へと急ぐ。その本陣にはついに敵将・廉頗が攻め込んでいた。圧倒的な威圧感を放つ廉頗に兵士たちが恐怖で動けなくなる中、蒙驁はただ一人、前へと進み出る。そして40年間の熱き想いを武器に、廉頗に一騎打ちを挑むのだった。
第32話 『色褪せぬ時代』
無料
【テレビアニメ】キングダム 第2シリーズ 第32話 『色褪せぬ時代』 廉頗に一騎打ちを挑んだ蒙驁。だが、圧倒的な武力の前にその矛は届かず重傷を負う。そこに駆けつけた信だったが、廉頗の王騎を侮蔑するような発言を聞きたまらず怒声を上げる。そして真っ向から立ち向かう信に向け廉頗も歩を進める。一方、魏国本陣には行方を眩ませていた桓騎軍が攻め込み魏国総大将・白亀西を捕えていた。
第33話 『勝利…そして』
無料
【テレビアニメ】キングダム 第2シリーズ 第33話 『勝利…そして』 桓騎が魏国軍総大将・白亀西を討ち取ったとの報に、介子坊は戦を五分に持ち込むべく、秦国軍総大将・蒙驁を討ち取ろうとする。しかしすでに戦が詰んでいると感じた廉頗は介子坊を制し、和睦を申し入れる。この瞬間、秦国軍の勝利は決定した。そして廉頗は信に大将軍の条件を突きつけ、信は決意を新たにする。一方羌瘣は?
第34話 『軍師の到着』
無料
【テレビアニメ】キングダム 第2シリーズ 第34話 『軍師の到着』 山陽の戦いで武功を上げた信は正式に千人将に昇格した。新生飛信隊は新たな戦場へと繰り出すが、そこから連戦連敗が続く。実は今まで作戦を立案していた羌瘣が抜けた事でこれまでの様に隊が機能しなくなっていたのだ。見かねた蒙恬の紹介で飛信隊に新たな軍師が加入する事となるが、「よそ者」の加入に信達は拒絶反応を示す
第35話 『試練と覚悟』
無料
【テレビアニメ】キングダム 第2シリーズ 第35話 『試練と覚悟』 飛信隊の軍師としてやってきたのはあの河了貂だった。しかし、隊内の者は新参者の指示には従えないと拒絶。そうなることを理解していた貂は彼らと向き合い戦場に留まる覚悟を語る。信は貂の決意を真剣に受け止めながらも戦いへの口出しは認めなかったが、その後も状況は好転せず飛信隊は更なる苦境に。そしてついに―!
第36話 『上を行く』
無料
【テレビアニメ】キングダム 第2シリーズ 第36話 『上を行く』 貂の指揮で飛信隊は迫る魏国軍をかわし隊の立て直しに成功する。今までと違う動きに敵軍師は飛信隊への新たな参謀役の加入を確信。その力量を測る策を仕掛ける。これに対し貂の指示のもと、敵先鋒隊を一気に葬り去る飛信隊。一方の敵軍師も慌てず次の一手を繰り出すがそれをも貂の作戦は上回り、飛信隊はついに勝利を収める
第37話 『遠雷』
無料
【テレビアニメ】キングダム 第2シリーズ 第37話 『遠雷』 貂が加わり本来をも上回る力を得た飛信隊。彼らの活躍もあり、新たな土地の平定に成功した秦国は「山陽東郡宣言」― つまり領土拡大の為の宣戦布告を行った。この動きを注視していた李牧だったが、なぜか燕軍との戦に動き出す。一方咸陽では、呂不韋が「相国」という地位に座り、これに対抗すべく、政は意を決しある場所へ
第38話 『謀略の舞台』
無料
【テレビアニメ】キングダム 第2シリーズ 第38話 『謀略の舞台』 反乱を起こし幽閉されていた王弟・成蟜に、成蟜とその一派解放の代わりに呂陣営に対抗する為の協力を要求する政。成蟜も募る呂不韋への不満からこれに応じる。一方飛信隊は東の前線基地・東金城へと向かう途中、ふとした事で徐という国を韓軍から救う。そして当初の予定とは別の道を進む中、数千の兵を率いた李牧と遭遇する
第39話 『新たなる伝説』
無料
【テレビアニメ】キングダム 第2シリーズ 第39話 『新たなる伝説』 呂陣営に対し、成蟜と手を組んだ政の陣営も勢いを盛り返し、発言権を持つ左丞相に昌文君を据える事に成功。秦国の掌握、更には中国統一への足掛りを得る。一方信は李牧の言動から、中国全土に更なる嵐がおこる事を予感。決意を新たにする。中国統一を目指す政と天下の大将軍を目指す信。その目はそれぞれの道を見据えていた
第1話 『無名の少年』
【テレビアニメ】キングダム 第1シリーズ 第1話 『無名の少年』 紀元前245年。春秋・戦国時代の中国、西方の秦国で、天下の大将軍を目指し鍛錬に励む二人の少年・信と漂がいた。ともに戦災孤児で下僕として働いていた二人だが、ある日、大臣・昌文君が現れ漂を王宮で仕官させると告げる。「行き着く場所は同じだ」だと誓い合い別れる二人。しかし、その後王弟の反乱が勃発し…。
第2話 『運命の出会い』
【テレビアニメ】キングダム 第1シリーズ 第2話 『運命の出会い』 漂から託された地図を元に黒卑村へと向かった信は、そこで漂と瓜二つの少年・政と出会う。この少年こそ秦王嬴政-後の始皇帝であった。混乱する信の前に政の命を狙う刺客・朱凶が現れ「漂を殺したのは自分だ」と嘲笑う。怒りに我を忘れ剣を振るうものの手も足も出ず倒れ伏す信。しかし、漂の無念を思う信は再び立ち上がる。
第3話 『友よ…!』
【テレビアニメ】キングダム 第1シリーズ 第3話 『友よ…!』 刺客・朱凶に続き、今度は王弟が差し向けた大軍に囲まれ逃げ場を失う信と政。強行突破を図る二人の前に河了貂という子供が現れ「抜け道がある」と言う。貂の手引きで軍の包囲を掻い潜ろうとする中、政は「漂は万が一のための影武者だった」と告げる。逆上する信に政は「漂はそのことを十分にわかっていた」と逆に声を荒げる
第4話 『王と剣』
【テレビアニメ】キングダム 第1シリーズ 第4話 『王と剣』 漂の思いを知った信は自分達の路のため政についていくことを決意。「その為に利用するだけだ」と言う信と「お前はただの剣だ」と言い返す政。更に「金の為」と言う貂も加えた一行は昌文君を筆頭とする大王派臣下との合流地を目指す。連日の疾走の末、合流地に辿り着いた三人は昌文君らを待つが、そこに新たな刺客・ムタが!
第5話 『折れない心』
【テレビアニメ】キングダム 第1シリーズ 第5話 『折れない心』 ムタと対峙した信は、初めて感じた殺気に恐怖し、本来の力が出せない。しかし政の檄で自分が無意識に退がっていたことを知り、不退こそが自分の武器だと確信。殺気の呪縛から解放された信は戦いの最中に進化し始める。 一方咸陽にて勢力争いに全く興味を示さなかったはずの伝説の大将軍・王騎が王宮に届けたものとは?
第6話 『大将軍への道』
【テレビアニメ】キングダム 第1シリーズ 第6話 『大将軍への道』 政の無事に涙する昌文君に対し、漂の死の怒りをぶつけようと信は剣を振り上げる。しかし昌文君の副官・壁は信の手を止めると、最後まで傍にいた者として漂の様子を語りたいと言う。憮然とする信に壁が語る漂は、堂々たる王であり英雄のようで、信は次第に心打たれる。己の未熟さに気付いた信は改めて将軍になる路を政に問う
第7話 『恐ろしき山の民』
【テレビアニメ】キングダム 第1シリーズ 第7話 『恐ろしき山の民』 王宮奪還のため、加勢となる軍勢を求めて山の王に会いに行く一行。壁から荒ぶる山の民との壮絶な戦いの一端を聞かされ緊張する一行だが、信だけは「味方にする値打ちがある」と意気揚々。その背に政と昌文君は何かを感じ取る。更に先を目指す一行だが、いつの間にか奇妙な仮面を被った夥しい数の山の民に取り囲まれており…
第8話 『それぞれの夢』
【テレビアニメ】キングダム 第1シリーズ 第8話 『それぞれの夢』 山の民に連れられ、たった一人で山の王の元へと向かった政。その後を追い山の民の王国に乗り込んだ信、貂、壁の眼前に現れたのは想像を絶する堅牢な要塞であった。驚愕する三人。そしてその背後に山の民が音もなく忍び寄る。一方山の王・楊端和は助力を求める政の申し出を一蹴。積年の恨みを晴らすため首を刎ねると宣告する
第9話 『いざ咸陽へ』
【テレビアニメ】キングダム 第1シリーズ 第9話 『いざ咸陽へ』 楊端和の心を動かし、信たちが山の民と共に昌文君らの元へ戻ってきた。勢いにのり、早速王都・咸陽へと攻め込む作戦会議を始める一同。しかし政側の勢力はおよそ三千。対する敵・竭氏の軍は八万。兵力差があると喚く信だが、政は「悪くない」と言う。その頃王宮では、自分に従う大軍勢を前に笑みを浮かべる王弟・成蟜がいた