「お母さんだって」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

第10話 お母さんと一緒ギルドは千客万来!……って、招かれざる客ばっかかよ!
通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか? 第10話 お母さんと一緒ギルドは千客万来!……って、招かれざる客ばっかかよ! 真人たちの前に立ちはだかった少女は、反逆組織リベーレの四天王一人「母逆のアマンテ」と名乗り、ダンジョン攻略のため町の冒険者を配下にしたと、聞きもしないのに喋ってくれた。 真人たちは、アマンテから冒険者たちを解放するためにも多くの仲間がいると感じ、その場は一旦撤退する。そして町で「お母さんと一緒」ギルドを開設して、仲間の募集を始めることに。 だがアマンテの手下のポッチたちが、妨害工作を仕掛けて来た。彼らは爆弾で町を破壊されたくなければ、とある要求を飲めと真々子に迫ってくる!
第2話 女子ばっかなのは偶然だ。誤解するな。笑顔でこっちを見るな。
通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか? 第2話 女子ばっかなのは偶然だ。誤解するな。笑顔でこっちを見るな。 勇者の親子として登録された真々子と真人は、「お母さん面接」で仲間を決めることに。 面接に来た商人の小さな女の子・ポータは健気で素直な感じの子で、二人は気に入り仲間になってもらった。 次の、賢者・ワイズの履歴書の写真に、真人はトゲトゲしさを感じぞんざいに扱うが、その書類は彼女自身が変身したものだった。扱いの悪さに怒ったワイズは、転移魔法で彼を街の外へ。 その結果ワイズと二人になった真人は、これが「母親が子供と仲良くなるための」RPGだと彼女から聞く。それが真々子の強さや同伴の理由だったのだ!
「私の娘の声よ」新幹線アナウンスを聞いて母親感動
最新の社会ニュース【随時更新】 「私の娘の声よ」新幹線アナウンスを聞いて母親感動  新幹線の英語アナウンスを担当している女性が母親に驚きの親孝行です。  新幹線の車内アナウンスにじっと耳を傾ける女性。すると…。  母:「私の娘の声よ」  娘:「すてきな声でしょ」  うれしそうなお母さんのリアクションがキュートすぎると話題沸騰中なのが、東海道新幹線の英語アナウンスを担当するドナ・バークさんが自分の母親に初めてアナウンスを聞かせた瞬間の動画です。再生回数は380万回以上。約20年にわたり、新幹線のあの声を担ってきたドナさん。オーストラリアに住むお母さんにとっては自慢の娘です。  母親:「皆に言ってるの。そうよ!自慢してるの。お医者さんにも歯医者にもお肉屋さんにも」  日本を訪れたお母さんに初めてアナウンスを聞かせようとしたドナさん。  ドナ・バークさん:「ちょっとケチ。東京から品川だけ乗ったの」  母親:「私が聞けるようにね」  めでたく親孝行ができたドナさん。
第12話 その願いは叶えないでくれ、と強く願った。だが願いは叶えられた。
通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか? 第12話 その願いは叶えないでくれ、と強く願った。だが願いは叶えられた。 着々とダンジョンを進んでいく真人たち。途中で合流したポッチが、アマンテはダンジョンを攻略して「この世界から母親を一人残らず消してくれ」と願うつもりだと教えてくれた。 そんな暴挙を許せるわけがない。一方アマンテは、すでに頂上の百階層に到着してラスボスを倒したものの、願いを叶える部屋には入れずにいた。 そこに真人たちが現れて、そのまま対決する流れに。戦いの中アマンテは真々子に向かって、真々子の存在が息子の可能性を奪っているのだと言い放つ!  思わず動揺する真々子。その時、真人は……。
第83話 思い出宙返り・勉三母さんやって来た
キテレツ大百科 第83話 思い出宙返り・勉三母さんやって来た 今年も大学受験に失敗するだろうと弱気だった勉三さんが、念願の大学に合格。しかし、心臓が弱く、とてもコースターに乗れる体ではないお母さんと、合格したら『二回転宙返りジェットコースター』に乗せてあげると約束してしまっていたのだ。それを知らないブタゴリラたちは、ひょんなことから、勉三さんのお母さんを連れて遊園地に行くことになるが…!?
#80 子役とママのシンデレラ物語
無料
Wの悲喜劇 〜日本一過激なオンナのニュース〜 #80 子役とママのシンデレラ物語 今回のテーマは「子役とママのシンデレラ物語(ストーリー)」。 子役とそのママが、子役のお仕事の裏側まで赤裸々に語ります。さらに、一世を風靡した「あの人」が明かす「子役経験が人生に与えた影響」とは? 「そんなことテレビで言っちゃっていいの?」...いいんですAbemaTVですからタブーに挑戦します。
第3話 下着は防具。守備面積は大きめに。さもなくば息子が死ぬぞ!
通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか? 第3話 下着は防具。守備面積は大きめに。さもなくば息子が死ぬぞ! ワイズも仲間になり、真人たちは白瀬からママン村での特殊クエストを依頼された。そこでまず街で装備品を整えることにする。 真々子は息子とお買い物と大喜び。防具店では真々子のコスプレショーのようになり、真人は頭をかかえてしまう。 そんな真々子に、はしゃぎすぎと真人は強く言ってしまい、ぎこちないムードに。だが真々子は、愛する息子の耳掃除をすることで上手く仲直りが出来た。 そしてママン村に到着した一行は、「夜の女帝」いう悪魔が、痩せマッチョなイケメンホストの生け贄を求めていると知る。
第5話 そこは夢と希望に満ちた、子供達の領域。子供達の、だ。ここ大事!
通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか? 第5話 そこは夢と希望に満ちた、子供達の領域。子供達の、だ。ここ大事! 真人とワイズ、ポータは、ジョコ・アカデミアの生徒になった。ここで学園生活を送れば大量のSPや特別なアイテムもが入手できるのだ。 学園で出会ったメディという癒術師の少女は内気かつ清楚な子で、真人は真のヒロイン登場と胸をときめかせる。 だが彼女の母親・メディママは、真人たちを見下すトゲトゲしい人。しかも勝手に授業参観しながら魔法を使ってメディだけに答えさせて、SPを独占する始末。 メディママの不正にワイズもポータも「母に母を」と、留守番中の真々子の力を借りようと真人に言うが……。
第7話 学祭の主役は学生だ。それはただ制服を着ている人も含まれてしまうのだがな…。
通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか? 第7話 学祭の主役は学生だ。それはただ制服を着ている人も含まれてしまうのだがな…。 メディママに毒づいていたのはメディだった。 メディママに素直に従っている彼女ではあったが、強烈に鬱屈したものを抱え込んでいたのだ。そのことを偶然知ってしまった真人と真々子は、なんとかしてあげたいと考える。 そんな時、学園祭が開かれることになった。保護者の参加もOKで出し物の企画も自由。真人たちは、真々子の手料理を出す模擬店に決めた。 その話を聞いたメディママも模擬店での出展に加えて、真々子の店と売上で勝負しようと言いだした。 その勢いに飲まれて、真々子は勝負を承諾してしまったが……。
第8話 言わなきゃ伝わらないが、言ったらかなりの確率でぶつかる。厄介だよ、親子。
通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか? 第8話 言わなきゃ伝わらないが、言ったらかなりの確率でぶつかる。厄介だよ、親子。 真人はメディからメディママへの本音を聞くことが出来たが、彼女は母親の前では本心を押し殺して従順になってしまう。 ワイズやポータもメディを励まし、友達になろうとするが、娘を優秀にして「一番の母親」になりたいと考えるメディママは、彼女に友人はいらないと言う。 母の教育熱心さが自己満足のためだと知って悲嘆に暮れるメディは、感情を開放し凶暴なドラゴンに変貌してしまう! 暴れるメディを止めようとする真人たち。だがメディママは、この後に及んでも「一番の母親」に固執して真々子に挑んでくる!