「かぐや様は告らせたい 13」の検索結果

「かぐや様は告らせたい 13」に関する情報は見つかりませんでした。
「かぐや様は告らせたい」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

第1話 「早坂愛は防ぎたい」/「生徒会は神ってない」/「かぐや様は結婚したい」/「かぐや様は祝いたい」
無料
かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~ 第1話 「早坂愛は防ぎたい」/「生徒会は神ってない」/「かぐや様は結婚したい」/「かぐや様は祝いたい」 白銀のアドバイスのおかげで柏木とカップルになった男子生徒が、またまた恋愛相談にやってきたものの、以前とは印象がまるで違う。夏休みを終えた彼は、身も心もチャラ男に成り果てていたのだ。相談とは名ばかりのノロケ話を聞かされた白銀と石上は、その自信満々な振る舞いから、すでに彼女と“神聖な行い”をしてしまったのではないかと訝しむ。そこで柏木と二人っきりにして様子を覗き見してみると、恋人同士でムードが高まってきたらしく……。
第2話 「かぐや様は聞き出したい」/「かぐや様は贈りたい」/「藤原千花は確かめたい」
かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~ 第2話 「かぐや様は聞き出したい」/「かぐや様は贈りたい」/「藤原千花は確かめたい」 待望のウィンドウショッピングに出かけたかぐやは、白銀の妹・圭と仲良くなるチャンスを虎視眈々とうかがっていた。一緒にやってきた藤原姉妹に邪魔されながらもようやく圭と隣同士になれたかぐやは、その横顔に白銀の面影を感じてドキドキが止まらない。さらに白銀の誕生日プレゼントに何を贈ればいいのかを探ってみると、「兄とはそんな仲良くないですよ」と不満げな表情に。圭の口から暴露される白銀の知られざるエピソードとは!?
第3話 「白銀御行は見上げたい」/「第67期生徒会」/「かぐや様は呼びたくない」
かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~ 第3話 「白銀御行は見上げたい」/「第67期生徒会」/「かぐや様は呼びたくない」 秀知院学園第67期生徒会の活動最終日、4人が生徒会室を片付けていると、思い出の品が次々と見つかった。フランス校との交流会の看板、神経衰弱で使ったイカサマトランプ、NGワードゲームのカード、コスプレ用のネコミミ、生徒から没収した不健全な雑誌、「とっとり鳥の助」の映画チケット……。それぞれの胸に懐かしい記憶がよみがえり、話題は尽きることがない。そして4人は空になった生徒会室を後にする。
第4話 「早坂愛はオトしたい」/「かぐや様は告ら“れ”たい」/「伊井野ミコは正したい」
かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~ 第4話 「早坂愛はオトしたい」/「かぐや様は告ら“れ”たい」/「伊井野ミコは正したい」 生徒会選挙の予測速報ではトップを独走中の白銀だったが、それを追う1年の女子生徒・伊井野ミコのことが気になっていた。選挙運動中のミコと話をしてみると、学年1位の才女だけあって弁が立ち、白銀のライバル心がメラメラと沸き上がっていく。一触即発の空気を感じて仲裁に入る藤原だったが、そんな彼女にミコは予想外の言葉を投げかける。「私が生徒会長になった暁には、藤原先輩が副会長になって頂けませんか!」。
第5話 「白銀御行はモテたい」/「柏木渚は慰めたい」/「白銀御行は歌いたい」/「かぐや様は蹴落としたい」
かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~ 第5話 「白銀御行はモテたい」/「柏木渚は慰めたい」/「白銀御行は歌いたい」/「かぐや様は蹴落としたい」 勉学において右に出るものはいないが音楽にはちょっと自信のない白銀は、学園の校歌斉唱を口パクで誤魔化していた。その事実を藤原に見破られてしまったが、もし音痴であることが他の生徒にバレてしまえば完璧な元生徒会長というイメージが崩れてしまう。そこで白銀の運動音痴を直した実績のある藤原が、今度は歌のレッスンに付き合ってあげることに……。ところが白銀の音痴は“ちょっと”どころのレベルではなかった!
第6話 「伊井野ミコを笑わせない」/「伊井野ミコを笑わせたい」/「かぐや様は呼ばれない」
かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~ 第6話 「伊井野ミコを笑わせない」/「伊井野ミコを笑わせたい」/「かぐや様は呼ばれない」 ついに生徒会選挙当日を迎えたが、ミコの努力もむなしく、元生徒会長としての手腕を誇る白銀の当選はほぼ確実。さらにかぐやも完璧な応援演説を披露して、ミコ陣営との格の違いを見せ付けた。だが石上の表情はなぜか浮かない。上がり性のミコが演説で上手くしゃべれずに、生徒たちの笑い者になるのが耐えられないからだ。怒りを露わにした石上に対し、白銀は「伊井野ミコを笑わせない勝ち方をすればいいんだな?」と言い壇上へ登っていく……。
第7話 「かぐや様は脱がせたい」/「かぐや様は出させたい」/「白銀御行は読ませたい」/「かぐや様♡アクアリウム」
かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~ 第7話 「かぐや様は脱がせたい」/「かぐや様は出させたい」/「白銀御行は読ませたい」/「かぐや様♡アクアリウム」 「ボクサーパンツを穿いてる奴は全員ヤリチン」という石上の偏見を真に受けたかぐやは、白銀のパンツを確認したくてたまらない。どうすれば自然にパンツを見られるのか策略を巡らせるが、思い浮かぶアイデアはどれもアブナイものばかりだった。もうストレートに聞いてしまおうと、どんなパンツが好きなのかを尋ねるが、白銀はランジェリーの好みを聞かれたものだと勘違い。かぐやに穿いてほしいパンツを想像し始める。
第8話
無料
かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~ 第8話 【地上波同時・WEB最速先行】「かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~」毎週土曜日23時30分に最新話を放送!
特別編
無料
かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~ 特別編 秀才たちが集うエリート校・秀知院学園 その生徒会で出会った 副会長・四宮かぐやと生徒会長・白銀御行 誰もがお似合いだと認める2人の天才は、 すぐに結ばれるのかと思いきや 高すぎるプライドが邪魔して告白できずにいた!! “如何にして相手を告白させるか” という恋愛頭脳戦に知略を尽くす2人… その類い稀な知性が熱暴走!! もはやコントロール不可能!! 恋が天才をアホにする!! 新感覚“頭脳戦”?ラブコメ、 再び!!
第1話 映画に誘わせたい/かぐや様は止められたい/かぐや様はいただきたい
無料
かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 第1話 映画に誘わせたい/かぐや様は止められたい/かぐや様はいただきたい 将来を期待された秀才が集う秀知院学園。その生徒会副会長・四宮かぐやと会長・白銀御行は互いに惹かれているはずなのだが、プライドが高く素直になれない2人は、面倒臭いことに、“如何に相手に告白させるか”ばかりを考えるようになってしまう。 何もないまま半年が経過したある日、書記の藤原千花が懸賞で当てた「男女で観に行くと結ばれるジンクスのある映画のペアチケット」をきっかけに、”恋愛頭脳戦”の火蓋が切って落とされる…。
第2話 かぐや様は交換したい/藤原ちゃんは出かけたい/白銀御行は隠したい
無料
かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 第2話 かぐや様は交換したい/藤原ちゃんは出かけたい/白銀御行は隠したい 恋愛は百戦錬磨というイメージを付けられていた白銀は、交際経験がゼロなのにもかかわらず、ある男子生徒から恋の相談を受けてしまう。もしここでボロを出してしまったら、生徒会長としての威厳が保てない。焦った白銀は「恋愛のことなら俺に任せろ!」と無理を承知で引き受けてしまった。その様子を見ていたかぐやは、会長の恋愛観を探るチャンスを逃すまいと盗み聞きをするが、白銀のアドバイスはあまりに予想外で……。
第3話 白銀御行はまだしてない/かぐや様は当てられたい/かぐや様は歩きたい
無料
かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 第3話 白銀御行はまだしてない/かぐや様は当てられたい/かぐや様は歩きたい 校長が没収してきた不健全な雑誌をチラ見した藤原は「初体験はいつだったアンケート」のページを読んでしまい大慌て。なんと高校生の34%が経験済みだという。実際はそこまで高くないはずと藤原をなだめる白銀に対し、かぐやは「私は適切な割合だと思います」と言い放ち、自分はすでに経験済みだと告げる。恋愛をしたことがない白銀は突然の告白にショックを受けるが、その反応を好機と見たかぐやは「彼女居ないんですか?」と煽ってきた!
第4話 かぐや様は愛でたい/生徒会は言わせたい/かぐや様は送らせたい/白銀御行は話したい
無料
かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 第4話 かぐや様は愛でたい/生徒会は言わせたい/かぐや様は送らせたい/白銀御行は話したい パリの姉妹校との交流会に向けて、藤原のアイディアでなぜかコスプレをすることになってしまったかぐやと白銀。かぐやは内心くだらないと思いつつも、猫耳を付けて「にゃあ…」とポツリ。だが大の猫好きである白銀にとって、その姿がまさかの大ヒット。あまりのキュートさに平常心が保てなくなっていく。さらに白銀も猫耳を付けると、今度はかぐやが大興奮。可愛いという気持ちを隠しきれず、だんだん二人の様子がおかしくなっていき……。
第5話 かぐや様はこなしたい/白銀御行は見せつけたい/かぐや様は差されたい
無料
かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 第5話 かぐや様はこなしたい/白銀御行は見せつけたい/かぐや様は差されたい 勉学において右に出るものはいないものの運動センスは絶望的な白銀は、放課後の体育館でバレーボールの練習に励んでいた。しかしどうやっても成長の兆しすら見えない。バレーの授業は来週に迫っており、このままでは完璧な生徒会長というイメージが崩れてしまう。そう一人落ち込んでいたところに、藤原がやってきた。白銀は恥を忍んで教えを請い、藤原の熱血指導によるトレーニングの日々が始まった。果たして人並みのサーブを打てる日はやって来るのか?
第6話 石上優は生き延びたい/藤原千花はテストしたい/かぐや様は気づかれたい
無料
かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 第6話 石上優は生き延びたい/藤原千花はテストしたい/かぐや様は気づかれたい 生徒会第4のメンバー・石上優は、1年生であるにもかかわらず白銀にスカウトされ、生徒会の会計を任された逸材である。根暗な性格ゆえに普段はあまり目立たないが、彼なしで生徒会は成り立たない。そんな石上が突然「生徒会を辞めたい」と白銀に話を持ちかけてきた。必死の説得にも応じず、彼の決意は固い。どうやら止むに止まれぬ事情があるようだ。そして石上は目に涙を浮かべながら、そのワケを語り始める。「僕、多分殺されると思うんです」と……。
第7話 白銀御行は働きたい/かぐや様は入れたい/かぐや様は堪えたい
無料
かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 第7話 白銀御行は働きたい/かぐや様は入れたい/かぐや様は堪えたい 柏木の彼氏から、またしても恋愛相談を受けてしまった白銀と、またしても盗み聞きをしようとするかぐや。白銀のアドバイスのおかげで柏木と付き合うことはできたが、付き合って1ヶ月が経つのに、まだ手も繋いだことがないのだという。「どうやったら手を繋げますかね!?」という低レベルな質問にかぐやは呆れかえるが、白銀は交際経験がなくても答えられそうな悩みに一安心。だが白銀のアドバイスは今回も予想外の方向に……。
第8話 かぐや様は呼ばせたい/白銀御行は負けられない/そして石上優は目を閉じた
無料
かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 第8話 かぐや様は呼ばせたい/白銀御行は負けられない/そして石上優は目を閉じた 期末テストが迫った生徒会室では、いつも以上のプレッシャーの中で、かぐやと白銀の心理戦が繰り広げられていた。白銀に勉学では勝てないことにプライドを傷つけられた万能型の天才・かぐや。生徒会長として学年トップの座を誰にも譲るわけにはいかない努力型の天才・白銀。二人は相手を出し抜くために嘘を付き合い、権謀術数をめぐらせていく……。ついに訪れた期末テスト当日。勝利の女神は一体どちらに微笑むのか!?
第9話 かぐや様は送りたい/藤原千花は見舞いたい/四宮かぐやについて①
無料
かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 第9話 かぐや様は送りたい/藤原千花は見舞いたい/四宮かぐやについて① かぐやが風邪で学校を休んでしまい、白銀がプリントを届けることになったと話すと、藤原は「私が行きます!」と大興奮。藤原が言うには、風邪を引いたかぐやは「あまえんぼ」になってしまうそうだ。素直で可愛いかぐやの姿を妄想してドキドキの白銀だったが、生徒会メンバー全員で家に押しかけたら迷惑がかかる。そこで誰がお見舞いへ行くのか、神経衰弱で決めることに。石上も巻き込み、真剣バトルがスタートした!
第10話 かぐや様は許せない/かぐや様は許したい/白銀御行は出かけたい
無料
かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 第10話 かぐや様は許せない/かぐや様は許したい/白銀御行は出かけたい お見舞い事件のせいでケンカをしたかぐやと白銀は、お互い素直になれず険悪なムードになってしまう。そんな中、かぐやは恋人がいる柏木に、友だちの話だと偽って恋愛相談をしてみることに。その一方、白銀もラブコメ好きの石上に、どうしたらケンカした異性と仲直りできるのかを相談してみたところ、石上のテンションがどんどんヒートアップしていく……。様々なアドバイスを聞いているうちに、かぐやと白銀は自分の本当の気持ちに気付き始める。
第11話 早坂愛は浸かりたい/藤原千花は超食べたい/白銀御行は出会いたい/花火の音は聞こえない 前編
無料
かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 第11話 早坂愛は浸かりたい/藤原千花は超食べたい/白銀御行は出会いたい/花火の音は聞こえない 前編 学校が夏休みに突入してから半月、生徒会がないため白銀と会うことができず、かぐやはもどかしい日々を過ごしていた。しかし夏休みの後半には、生徒会のメンバーと花火大会へ行く約束がある。財閥の令嬢として厳しく育てられたため、夏休みの思い出を作れてこなかったかぐやは、皆と一緒に遊べる日が来ることを心待ちにしていた。ついに花火大会当日、夏らしく浴衣を着て出かけようとしたかぐやのもとに、父の執事が現われ……。
第12話 花火の音は聞こえない 後編/かぐや様は避けたくない
無料
かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 第12話 花火の音は聞こえない 後編/かぐや様は避けたくない 生徒会のメンバーと花火大会へ行く約束をキャンセルしてしまったかぐやは、暗い自室に一人閉じこもっていた。落ち込んだ様子を心配した侍女の早坂はかぐやを励まし、屋敷を抜け出す計画があることを告げる。執事たちの目をかいくぐって、何とか会場に辿りついたかぐやだったが、花火大会はすでに終わっていた……。皆と一緒に花火が見たかったと涙するかぐや。そこに「だったら俺が見せてやる」と懐かしい声が響く。