「くちびるウォンテッド 動画」の検索結果

「くちびるウォンテッド 動画」に関する情報は見つかりませんでした。
「くちび」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

おすすめの作品

“コロナワクチン”開発に着手 国内の製薬会社など
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 “コロナワクチン”開発に着手 国内の製薬会社など  新型コロナウイルスのワクチン開発に着手したことを発表しました。  熊本市に本社があるワクチンや医薬品製造の「KMバイオロジクス」は、インフルエンザワクチンなどの製造技術を活用し、新型コロナウイルスの不活化ワクチンに取り組みます。国立感染症研究所や東京大学などとの共同で、すでに22日から開発に着手しているということです。新型コロナウイルスのワクチン開発を巡っては、今年度中に動物を利用した非臨床試験を終え、速やかに人への臨床試験を開始する方針です。
第2話
モンスター ~その愛と復讐~ 第2話 ピョン・イルジェは生き残ったグクチョルを殺そうと躍起になっていた。そんな中、ある男からグクチョルの元に電話がかかってくる。その男はある人物に両親を殺すよう命令されたと言い、グクチョルをスド病院の病理学研究室に呼び寄せる。ジョンウンに付き添われて病院に着いたグクチョルだが、MK2変種ウイルスの流出によりウイルスに感染してしまう。
ワクチン開発で「有望な結果」米医薬ベンチャー発表
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ワクチン開発で「有望な結果」米医薬ベンチャー発表  新型コロナウイルスのワクチン開発を巡って、アメリカのバイオ医薬ベンチャーが初期の臨床試験で「有望な結果が得られた」と発表しました。  モデルナ社、タル・ザックス氏:「これはワクチンを必要としている人たちのための重要な第一歩です」  バイオ医薬ベンチャー「モデルナ」は18日、開発中の新型コロナ用ワクチンの初期の臨床試験で異なる量を投与した45人全員で抗体が確認され、結果は「有望」だったと公表しました。今後、参加者を増やし、7月には数千人規模が参加する最終段階の治験に移行する見通しです。この発表を受けて、ニューヨークの株式市場ではモデルナの株価が一時、30%値上がりしたほか、ワクチン開発への期待感から幅広い銘柄が買われました。
第21話
モンスター ~その愛と復讐~ 第21話 トドグループに戻ったギタンはシニョンと一緒に変種インフルエンザワクチンの設計図を手に入れるという大役を任されることに。ギタンは早速ワクチンの開発者であるナ・ドグァン博士に会いにホテルへ行く。しかしナ博士は、チェリョンが所属しているファピョン団を裏切ってワクチンの設計図を持ち出していたのだ。それを知ったゴヌはギタンを陥れようと計画を企てる。
第18話
ルームメイト2 第18話 #1 14年ぶりにgod宿舎を訪ねたパク・チュニョン #2 パク・チュニョンとデニー、そして青い風船! #3 ボリョンちゃんが来たよ~ #4 バラエティの神!ナム・ヒソク登場!
第1話
無料
モンスター ~その愛と復讐~ 第1話 医療財団の理事長の一人息子であるイ・グクチョルは何不自由ない生活を送っていたが、突然の事故により両親を失ってしまう。グクチョルは助かったが事故の後遺症で視力を失い、同時に優れた聴力を手に入れる。両親の事故は叔母が仕掛けたものだと思い込んでいるグクチョルは、聴力のせいでますます人を信用できなくなり次々と使用人を解雇していく。そんな中、新しく入ってきた家政婦のチャ・ジョンウンにだけ少しずつ心を開くようになり...
第17話
無料
トンイ 第17話 オクチョンを側室にするという命を下した粛宗だったが、母である大妃の反対にあっていた。だが粛宗の子を身ごもったオクチョンを側室にすることは、確かな名分であり大妃も受け入れるしかなかった。オクチョンが側室となって1年が過ぎオクチョンは禧嬪の称号をもらった。
#1 【TWICE出演】
無料
よく食べる少女たち #1 【TWICE出演】 視聴者たちの食欲を刺激するK-POPガールズグループの“モクバン妖精”を選ぶ番組。 お笑い芸人キム・スク、チョ・セホ、ヤン・セヒョンがMCを務め、歌手キム・フングクがモクバン審査委員として合流する。
#2 【TWICE出演】
よく食べる少女たち #2 【TWICE出演】 視聴者たちの食欲を刺激するK-POPガールズグループの“モクバン妖精”を選ぶ番組。 お笑い芸人キム・スク、チョ・セホ、ヤン・セヒョンがMCを務め、歌手キム・フングクがモクバン審査委員として合流する。
治療薬 特許管理の枠組みを G7会議で麻生氏が提案
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 治療薬 特許管理の枠組みを G7会議で麻生氏が提案  麻生財務大臣はG7(主要7カ国)の財務大臣と電話会議を行い、新型コロナウイルスの治療薬やワクチンの特許を管理して普及を促す枠組みを提案しました。  麻生財務大臣:「コロナウイルスの(治療)薬やワクチンの製造普及を促すために特許を任意でプールする枠組み。この議論を深めていくべきと申し上げた」  麻生大臣はこのように述べ、新型コロナウイルスの治療薬やワクチンを開発した製薬会社の特許を管理して複数の企業で製造を可能にする国際的な枠組みづくりを提案しました。来月に開催予定のG7首脳会談でも治療薬やワクチンの開発・普及について議論が交わされる見通しです。