「ぐっち」の検索結果

「ぐっち」に関する情報は見つかりませんでした。
「ぐっ」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

第1話 「僕、グッドバイします!」
グッド・バイ 第1話 「僕、グッドバイします!」 WEBデザイナーの別所文代(夏帆)は仕事で外出中に、高校時代の部活の後輩・田島毛収(大野拓朗)と偶然再会する。別所の馴染みのバーで二人が再会を祝していると、酔っぱらった常連客の美春が別所に絡んできた。美春の失恋話につきあう別所を、感動のまなざしで見つめる田島毛。自分の話も聞いてほしそうな様子に気づいた別所が促すと、意を決して、田島毛が悩みを打ち明け始める。田島毛は現在単身赴任中で、秋には家族を呼ぶつもりだが、田島毛には愛人がいるという。それも4人。田島毛のモテ男ぶりを実感した別所は、ふと、この状況が太宰治の小説「グッド・バイ」にそっくりだと気付く。「太宰を見習って、グッドバイしなさい!」という別所のアドバイスに田島毛は...。
第2話 「恋人号泣!始まったグッドバイ」
グッド・バイ 第2話 「恋人号泣!始まったグッドバイ」 既婚者なのに複数の彼女がいるダメ男の田島毛(大野拓朗)に、「彼女たちとグッドバイしたら?」と思わずアドバイスをしてしまった別所(夏帆)。すっかりその気になった田島毛は、太宰治の小説「グッド・バイ」に登場する妻役を演じる女性の役を、別所にお願いしたいという。結婚指輪まで用意してきた田島毛に引きずられるように、別所は妻のフリをして、しぶしぶ彼女に会いに行く。最初に別れを切り出す恋人は、小説と同じく美容師のりりこ(佐津川愛美)にしたという田島毛。りりこが働く美容院に着くと、田島毛は別所を女房だと紹介してさっさと出て行ってしまう。後に残された別所は「いつも主人がお世話になっております」と声を絞りだすのだが...。
第3話 「女心は、もっとやわらかいもの」
グッド・バイ 第3話 「女心は、もっとやわらかいもの」 1番目の恋人・りりこ(佐津川愛美)と、別れるのに成功した田島毛(大野拓朗)と別所(夏帆)は、別所の会社の会議室で次の作戦を練る。今回も太宰治の小説「グッド・バイ」を参考に別れようと思っていた田島毛。しかし、小説が2番目の対決を前に終わっているのを知ってうろたえる。「自力で考えるしかない」という別所に背中を押され、2番目の恋人・キャバクラ嬢の遥(佐藤玲)の店に向かう。一人で遥に別れを切り出す田島毛だが、遥の「会いたい時に会えばよくない?セフレでよくない?」という都合のいい言葉に、断りきれなくなってしまう。別所を引き連れて、再び遥に話に行くが、妻役の別所を見た途端、遥の態度が急変する。
第4話 「大事なあの子とモーニングコーヒー」
グッド・バイ 第4話 「大事なあの子とモーニングコーヒー」 2番目の恋人・遥は、逆上して一触即発となったが、田島毛(大野拓朗)の涙で、なんとか別れてくれた。別所に嫌な思いをさせたと意気消沈する田島毛だが、すっかりやる気になった別所は、3番目の恋人・ストリートミュージシャンの静(三浦透子)に会いに行く。別所と結婚して転勤するという田島毛の嘘に、静は笑顔で祝福するのだが...。静とあっさり別れられた田島毛と別所は、別所の部屋で祝勝会をしていた。すると突然、田島毛が別所を押し倒そうとする。未遂に終わったものの動揺を隠しきれない別所。そんな中、静から別所のスマホに田島毛と別所の写真を見ながら大熱唱する静の映像が送られてきて...。
第5話 「2番目でもないならサヨウナラ」
グッド・バイ 第5話 「2番目でもないならサヨウナラ」 今回の相手は3番目の愛人、ストリートミュージシャンの静(三浦透子)。田島毛(大野拓朗)と別所(夏帆)の嘘の結婚話を祝福しつつも、田島毛と別れるつもりのない静に、別所が一人で会いに行く。話がかみ合わないまま、今度は田島毛を含めて三人で対決することに。田島からはっきりと別れを告げられた静は、いきなり田島毛の手を掴み、屋上に連れて行く。「別れるなら飛び降りる!」という静を、田島毛はなんとか説得しようとするが、うまくいかない。これからも月1回は会ってという静に、流されそうになる田島毛。そこで別所が思いがけない行動をとる...。
第6話 特別編「恋はいつでも不均衡」
グッド・バイ 第6話 特別編「恋はいつでも不均衡」 愛人を清算すると言いながらも、新たな彼女を増やしてしまった田島毛(大野拓朗)に激怒した別所(夏帆)は、自分の幸せだけを考えて生きると決意する。第6話は特別編。田島毛と別所の人生を振り返り、モテる人がモテて、モテない人がモテないわけを考える。現代に生きる男女に送る、恋の手引き。田島毛は愛人を増やしてしまったことを、心から反省していると別所に訴えるが、別所はもう協力できないと告げる。別所は田島毛の大きな裏切りに刺激され、久しぶりに自分の恋に目を向け始める。果たしてグッド・バイプロジェクトは終わりを告げるのか・・・。
第7話 「世界で一番必要なあなたへ」
グッド・バイ 第7話 「世界で一番必要なあなたへ」 新たに愛人を増やしてしまったことで別所(夏帆)に愛想を尽かされ、落ち込んでいる田島毛(大野拓朗)。片や自身の恋愛に踏み出そうとはしたものの、海津(清水優)とのデートにどうにも乗れない別所。帰り道に1人でバーへ向かうと、マスターの遠藤(マツモトクラブ)から直前まで田島毛が元カノを連れて飲みに来ていたと打ち明けられる。やっとの思いで別れさせた愛人たちと、よりを戻すことに憤りを隠せない別所は、マスターに諭され、田島毛に会いに行く。会社の前で待ち伏せしていた田島毛に、別所が事の真相を問いただすと・・・。
第8話 「あなたの嘘、知っています」
グッド・バイ 第8話 「あなたの嘘、知っています」 再び愛人の清算に向けて動き出す、田島毛(大野拓朗)と別所(夏帆)。次なる相手は、学習塾の先生をしている桃子(田中千絵)。これまでを鑑みて、夫婦関係を自然に振る舞うことで別れを告げようと作戦を立てる二人。桃子が勤める学習塾に子供の相談と言って訪れた田島毛と別所。そこで偶然、別所の大学時代の友人・千恵子(上地春奈)と出会ってしまう。田島毛と別所の夫婦のフリに、笑いが止まらない桃子。夫婦のフリを見抜かれてしまった別所は逃げ出すように学習塾を去るが、そこで思わぬ光景を目にすることに・・・。
第9話 「最後のバトルは君次第」
グッド・バイ 第9話 「最後のバトルは君次第」 長らく続いたグッド・バイプロジェクトも、終盤を迎えた田島毛(大野拓朗)と別所(夏帆)。最後の彼女、心療内科医の笠原(奥菜恵)と対峙する。別所一人では歯が立たず、再び田島毛と笠原のもとへ向かう。笠原を説得しようと意気込む別所の前に、田島毛の家族写真に写っていた親子が現れる。突然の出来事に、事態は思わぬ展開に・・・。田島毛はこれまで隠していた、ある真相を打ち明ける。
第10話 「おんどりゃーどういうこっちゃ」
グッド・バイ 第10話 「おんどりゃーどういうこっちゃ」 田島毛(大野拓朗)が実は結婚しておらず、妻も子もいないという思わぬ事実を打ち明けられた別所(夏帆)。とんでもない嘘をつかれていたことにショックを受け、涙が止まらない。職場に戻ってきた別所は、黒沼(米村亮太朗)に全てを話す。別所は、自分が愛人たちに“田島毛の妻”だと嘘をついていたことを謝り、グッド・バイプロジェクトに終止符を打とうと心に決める。一人ひとりに謝って回っていると愛人たちから、事前に田島毛が妻と一緒に別れを切り出しに来ても揉めないでほしいと愛人たちに根回ししていた事実を知る・・・。
第11話 「良縁は口に苦し」
グッド・バイ 第11話 「良縁は口に苦し」 遥(佐藤玲)に話があると呼び出された田島毛(大野拓朗)。なんとそこには、別所(夏帆)に協力してもらい別れたはずの愛人たちが勢ぞろいしていた。慌てる田島毛に、別所はどうして未婚の田島毛が“奥さんを大事にしたいから別れたい”などと嘘をついたのか、真相が知りたいと詰め寄る。しかし笠原(奥菜恵)は、田島毛はもともと嘘をつくつもりなど無く、別所からの誘導で嘘をついてしまったのではないか、また田島毛の優しさを愛人たちも利用していたのではないかと問いかける。納得できず絶叫する別所、紛糾する愛人たち。追い込まれる気弱な男、田島毛・・・。そして、ついに巧妙に練られた「グッド・バイ」プロジェクト、その驚きの全貌が明かされる!
最終話 「嘘は本当で本当は罪で!?~これぞホントのForever Love~」
グッド・バイ 最終話 「嘘は本当で本当は罪で!?~これぞホントのForever Love~」 別所(夏帆)への愛の告白も実らず、引きこもりがちな田島毛(大野拓朗)。その頃、別所は休暇を取り、地元へ帰っていた。笠原(奥菜恵)から思いを貫き通すよう背中を押された田島毛は、再び別所の会社へと向かう。別所の長期休暇を知り、後を追うように地元へ戻った田島毛。別所の実家に着くや否や、そこに現れたのは・・・。果たして田島毛にハッピーエンドは訪れるのか?太宰治も描けなかった衝撃の結末とは!?
第1話 雨の日の匂い
グッド・ドクター 名医の条件(字幕) 第1話 雨の日の匂い 医師の資格を持つショーン・マーフィーは、自閉症でサヴァン症候群でもある。サンノゼにある聖ボナベントゥラ病院の院長グラスマンは、完璧な記憶力を持ち空間認知能力にたけたショーンをレジデントとして採用しようとするが、院長の座を狙うアンドリュースは、採用を認めようとしない。そのころショーンは、サンノゼの空港にいた。作業員が掛け替えようとしていた看板が落ち、ガラスの破片を全身に浴びた少年と遭遇して...。
第2話 嘘と皮肉
グッド・ドクター 名医の条件(字幕) 第2話 嘘と皮肉 聖ボナベントゥラ病院での勤務初日に5分遅刻をしたショーンは、「遅れたのはバスであって自分ではない」と言う。メレンデスは、善しあしの区別がつかないショーンに単調な仕事を担当させる。その後、ショーンは外来患者を診るが、耳の感染症の患者に頭部MRI検査を行うなど診断方法が度を越していた。そして、腹痛を訴える少女に詳しい検査を行おうとするショーンを止めたメレンデスは、ストレス性の腹痛だと判断する。
第3話 ひとつの命
グッド・ドクター 名医の条件(字幕) 第3話 ひとつの命 肝不全のチャックのために、サンフランシスコの病院へ移植用の肝臓を取りに行ったショーンとクレア。摘出から移植までの許容時間は8時間だが、肝臓は2人が到着したとき、すでに摘出から3時間が経過していた。濃霧のためヘリコプターが飛べず、救急車も出払っており、ショーンとクレアはパトカーに乗って聖ボナベントゥラ病院を目指す。しかし、肝臓に血栓があると分かって、急きょ路上で手術することにする。
第4話 眠れぬ夜に
グッド・ドクター 名医の条件(字幕) 第4話 眠れぬ夜に 胎児の腫瘍摘出が必要と診断された妊娠22週のバーバラは、抗リン脂質症候群で血栓ができやすく長時間の手術に耐えられないため、メレンデスは中絶を勧める。だが、ショーンとクレアがリスクの少ない方法を提案しメレンデスは手術を行う。しかし、術中にバーバラが冠不全を起こし、子宮を開く前に手術は中止となってしまう。再手術は不可能で、中絶をしない限り母子ともに死に至ると判断したメレンデスは...。
第5話 偽りの希望
グッド・ドクター 名医の条件(字幕) 第5話 偽りの希望 アナフィラキシーショックで救急搬送された患者ウィルクスは、腹部に激痛があり、CTスキャンで膵臓に病変が見つかる。ジャレッドが生検のため検体を採取していたとき、ウィルクスは再びアナフィラキシーショックを起こしてしまう。一方ショーンは、亡くなった弟スティーヴにそっくりの少年エヴァンに遭遇する。エヴァンは転んで腕を骨折し入院していたが、ショーンはエヴァンの眼振に気付き、CTスキャンで検査をする。
第6話 決断と結果
グッド・ドクター 名医の条件(字幕) 第6話 決断と結果 ショーン、クレア、ジャレッドがERで深夜勤務中、結婚式の送迎バスの横転事故で、20人以上の負傷者が運び込まれる。激しく大腿骨を損傷していたマルコを担当したショーンは、足を切断するしかないと判断するが、クレアの発案で3Dプリンターを使いチタンの大腿骨を作ることに。しかし、前例がないため、マルコの両親はリスクを案じて切断を選ぶ。今回の式でマルコの妻になるはずだったソニアは、大腿骨の交換を主張する。
第7話 22歩
グッド・ドクター 名医の条件(字幕) 第7話 22歩 自閉症の若者リアムが、降りるバス停を間違えてパニックになり、転んで額にけがをして運び込まれる。ショーンの対応でリアムは落ち着くが、黄疸と発熱があったため、検査したところ胆道に瘢痕が見つかる。リアムはじっとしていられないためMRI検査が行えず、診断のためにはリスクを伴う腹腔鏡検査を行わざるを得なくなるが、リアムはやはりパニックを起こしてしまう。
第8話 過ちとリンゴ
グッド・ドクター 名医の条件(字幕) 第8話 過ちとリンゴ ショーンの部屋を訪れたリアが、ショーンのリンゴを食べてしまったため、ショーンはスーパーへリンゴを買いに行く。すると、そこで強盗に遭遇してしまった上、強盗の指示通り財布を出さなかったために逆上した強盗が発砲。居合わせたカップルの女性エイヴリーが腹部に被弾してしまう。聖ボナベントゥラ病院に搬送されたエイヴリーだが、カップルの男性ブランドンは、エイヴリーが撃たれたのはショーンのせいだと言い放つ。
第9話 心音のリズム
グッド・ドクター 名医の条件(字幕) 第9話 心音のリズム 聖ボナベントゥラ病院の人道的な国際支援プログラムの対象に、重度の先天性心疾患があるガブリエルが選ばれる。オペは不可能だとメレンデスは判断していたが、アオキが彼を選んだのだ。循環器内科のメータはガブリエルを救えるのではと期待したが、心エコー検査で想像より容体が悪いことが分かる。一方アンドリュースは、がんの疑いのあるエリザベスの喉の結節を切除して生検に出すが、その検体が行方不明になってしまう。
第10話 勇気と犠牲
グッド・ドクター 名医の条件(字幕) 第10話 勇気と犠牲 プロゲーマーのVIP、ボビーの肘の靭帯再建をジャレッドとショーンが手伝う。手術は無事終了するが、MRI検査で腫瘍が見つかった。3年前にがんを患っていたボビーだが、肘の手術とは無関係と黙っていたのだった。さらに詳しく調べると脳幹に転移が見られ、腫瘍を摘出するには脳幹の一部を切除しなければならない状態と判明。術後に左半身不随などの障害が生じる危険性を伴うが、ボビーはこの手術を承諾する。
第11話 思い出の作り方
グッド・ドクター 名医の条件(字幕) 第11話 思い出の作り方 グラスマンはショーンを捜しに来るが、ショーンはリアの部屋に隠れてやり過ごす。リアは、動揺しているときは大事な決断をせずにひと休みすべきだと言って病欠の連絡をするよう促すが、ショーンは無断欠勤してしまう。そんな彼をリアはドライブ旅行に連れ出し、ハッピーに生きることを教えていく。一方、メレンデスは頭部結合双生児のジェニーとケイティの腎移植手術をする。手術は成功したものの、ジェニーが心不全になり...。
第12話 思い出の紡ぎ方
グッド・ドクター 名医の条件(字幕) 第12話 思い出の紡ぎ方 分離手術後、目を覚ましたジェニーはバイタルが安定し会話もできる。だがケイティは覚醒せず昏睡状態になり、脳にほとんど血流がないことが判明。メレンデスたちは昏睡状態のケイティの心臓をジェニーに移植するのが最善だと考え、姉妹の母親グレンダはジェニーを救うためにケイティの人工呼吸器を外すことに同意するが...。一方、ショーンは、リアを追ってペンシルベニア州に移るためにメレンデスに推薦状を依頼する。
第13話 7つの理由
グッド・ドクター 名医の条件(字幕) 第13話 7つの理由 くも膜下出血のため、男性が聖ボナベントゥラ病院に運び込まれた。男性の妻テッサによれば6年前に倒れて以来薬を飲んでいたという。リムが執刀して手術は無事に終わるが、術後の画像検査で脳に動脈瘤が見つかる。意識のない夫に代わり、動脈瘤を切除しなければ死ぬが、手術で脳に損傷が生じて重度の麻痺になる可能性もあると説明を受けたテッサ。彼女は、夫が「不自由な体で生きたくない」と明言していたと手術を拒否する。
第14話 彼女たち
グッド・ドクター 名医の条件(字幕) 第14話 彼女たち ショーンとジャレッドはリムの下で、腹痛を訴えるクインを診る。クインは一見、少女に見えたがトランスジェンダーだった。検査でクインは精巣がんと判明。また、第二次性徴遮断薬の服用で骨減少にもなっていた。18歳になったら性別適合手術を受けるつもりだったと言うクインに両親も賛成するが、クインの祖母ルースは反対する。しかし、結論が出る前にクインが睾丸捻転を起こして、両親は急きょ決断を迫られる。
第15話 親愛なる誰かへ
グッド・ドクター 名医の条件(字幕) 第15話 親愛なる誰かへ ショーンとモーガンは、生まれつき心臓が胸郭の外にある10代の少女スピリットを担当する。彼女は成長して胸郭が大きくなり手術が可能になるまで14年待ち、ようやくオペの日を迎えるが、直前になって心臓が大きくなりすぎて収まらないことが分かる。一方、警官を15年やってから医者になった45歳のアレックス・パクが、メレンデスのチームに加わることに。アレックスはクレアたちと肝移植を受ける少年を担当する。
第16話 治せない痛み
グッド・ドクター 名医の条件(字幕) 第16話 治せない痛み 10年前のバイク事故で胸部から下が麻痺したハンターが、首の激痛を訴えて病院を訪れる。両足にも痛みがあり幻肢痛のようなものかと思われたが、MRIで確認すると損傷したと思われた神経は正常で、腫瘍が神経を圧迫していたことが分かる。腫瘍を切除すれば再び歩ける可能性があると知ったハンターは喜ぶが、腫瘍が脳幹に浸潤していて...。一方、アンドリュースは、別の病院で受けた美容整形で感染症を起こしたエマを診る。
第17話 笑顔の価値
グッド・ドクター 名医の条件(字幕) 第17話 笑顔の価値 グレッチェンは表情筋を司る神経に麻痺があり、笑顔を作ることができない。アンドリュースはリスクのない手術が可能だと請け合うが、ショーンは医学的に必要ない手術だとして、起こり得るリスクを羅列する。グレッチェンは、保険でカバーされない費用を心配して手術を受けないと言うが、アンドリュースは保険会社に手術費の大半をカバーするよう圧力をかける。手術は成功するが、麻酔が切れる時間になってもグレッチェンは目覚めず...。
第18話 友情と思い出
グッド・ドクター 名医の条件(字幕) 第18話 友情と思い出 ショーンはグラスマンとまた友達になろうとするが、グラスマンが手術不能な脳腫瘍で余命約1年半だと知る。ショーンはその診断を受け入れず、グラスマンにセカンドオピニオンを受けるよう促す。メレンデスは大学生ケイデンを手術するが、手術中に容体が急変。ケイデンの付き添い人を問いただすと、彼はクラブの入会儀式でジェル状洗剤を食べていたことが分かる。