「こたつ おすすめ」の検索結果

今すぐ視聴する

第11話 女子かう生とコタツ
女子かう生 第11話 女子かう生とコタツ 雪が降って北風が吹く中、もも子、しぶ美、まゆみの三人がもも子の家に入って行く。 そして、ストーブを付けてコタツに入ると、ミカンの皮をむいて遊び始める三人。その後も、二人羽織をしたり、目隠し画力対決をしたりと、三人はコタツに入って楽しそうに遊ぶ。 そして、しぶ美とまゆみが帰ろうとした時、もも子がコタツで眠っているのに気付く。すると、二人はもも子の顔で遊び始めて……。
第77話 ポッカポッカ! コタツムリで春がきた
キテレツ大百科 第77話 ポッカポッカ! コタツムリで春がきた 寒い冬でも楽に配達がしたいブタゴリラは、英一から“潜地球”を借りようとする。しかし、メンテナンスが十分でなかったこともあって、潜地球での配達は失敗してしまう。とにかく寒くなければいいはず、と思った英一は、大百科に載っていた“コタツムリ”を作ることにする。コタツムリは遠赤外線を利用し、周囲を暖めるという暖房器具だった。
#11 「年末年始!(コミケネタありません)」
小林さんちのメイドラゴン #11 「年末年始!(コミケネタありません)」 一年の終わりも近づいてきたころ。商店街でトールが福引を引くと、当たったのはなんと温泉旅行――ではなくコタツだった。 ついに小林さんちに導入されたコタツに、トールたちはごろごろごろごろ……。コタツは人間どころかドラゴンまでをもダメにしてしまう。そんな感じでだらだらと年末年始を過ごす小林さんち。平和な休日がただ無為に過ぎて行く。 そんな中、トールたちは初詣に行くために着物を着させてもらうことに――!?
第9話 コタツでほっこり♪極楽越冬木枯らし冬将軍
織田シナモン信長 第9話 コタツでほっこり♪極楽越冬木枯らし冬将軍 寒い季節がやってきた。 たとえ毛皮に覆われた“犬”であっても、「寒いものは寒い!」 ということで、市子と一緒にあたたか~い部屋の中、コタツに入ってみかんをほおばるシナモン(織田信長)。さらには、ミツヒデの親友「セーラ」こと、本願寺世良(ほんがんじ ときよし)が焚き火で焼いてくれたサツマイモをむさぼるなど、ぬくぬくとした毎日を過ごしていたある日、シナモンと市子にとんでもない試練が訪れる!?
第一話 「年越しそば」
無料
衛宮さんちの今日のごはん 第一話 「年越しそば」 今日は大晦日。大掃除を終えた士郎とセイバーは、夕飯の買い出しに出かける。家で留守番中の大河とイリヤは、こたつの中でのんびりと士郎が作ってくれるごはんを待っていた。 今夜の衛宮家のごはんは…?
第210話 ピュ~ッ! 北国から来た北風ばあちゃん
キテレツ大百科 第210話 ピュ~ッ! 北国から来た北風ばあちゃん みんなで勉三さんの田舎に行った時にトンガリが泊めてもらったお杉ばあちゃんが突然やって来た。尖家にしばらく泊まることになるが、こたつや火鉢・畳・ネコがどうしても必要だという。苦労してそれらのものを揃えるが、トンガリのママともめてしまい、ある日おばあちゃんがいなくなってしまった。一体どこへ行ってしまったのか・・。
#489 スケートするなら氷河期で
ドラえもん #489 スケートするなら氷河期で みんなとスケートリンクに遊びに来たのび太。ドラえもんから、履くだけで思った通りにすべることができる『全自動スケート靴』を借りたのび太は、しずかちゃんにいいところを見せようと張り切るが、人がいっぱいですべることができない。 どこか空いているところですべろうと考えたのび太は、しずかちゃんを誘い、ドラえもんと共に『タイムマシン』で氷河期へと向かう。 氷河期に着いたとたん、あまりの寒さに『全自動スケート炬燵(こたつ)』を出すドラえもん。一方ののび太は、華麗(かれい)なすべりをしずかちゃんに見せ、大まんぞく。さらに、しずかちゃんの手を取り、一緒にすべっていたのび太だったが、いつの間にか旧石器人の女の子とすべっていたからビックリ! 3人が『ほんやくコンニャク』を食べてその女の子に話しかけたところ、彼女はウパパ族のゴンエと言い、どうやらのび太が履いている全自動スケート靴を気に入ったらしく、スケート靴と自分の首飾りをかけて、スケート勝負を挑んでくるが…!?
第7話 このふてぶてしい鈍らに招待を!
この素晴らしい世界に祝福を!2 第7話 このふてぶてしい鈍らに招待を! 「お、温泉かー。たまには贅沢して、温泉も悪くないなー」 コタツの一件以来、バニルと組んで商売を画策するカズマ。そんな折、バニルは商品開発の知的財産権一括譲渡による高額商談を持ちかけてきた。この商談に早くもセレブ気分のカズマは、もう危険な冒険者稼業なんかしないとのたまわり、(意外にも)魔王討伐を掲げるめぐみんを怒らせてしまう。すると、さらにごねるカズマとアクアに、めぐみんが唐突に「湯治に参りましょう。水と温泉の都、“アルカンレティア”に」と優しい提案を持ち出す。 街の名前に反応したアクアはすこぶる乗り気、ダクネスも否やはなく、ついでにウィズも一緒に。カズマたちはついに、アクセルの街から冒険の旅路へ?

おすすめの作品

第45話 なにしにきたんだろ 他
チンプイ 第45話 なにしにきたんだろ 他 『なにしにきたんだろ』…チンプイがコタツに入ると、コタツの中にジャラシーがいた!チンプイが好きなジャラシーの為に、エリはチンプイとジャラシーを二人きりにしてあげることに。そして、コタツに篭っているジャラシーが寒さに弱いと勘違いしたチンプイは、科法「人工ブリザード」でジャラシーの周りに雪を降らせる。
第11話
勇者ヨシヒコシリーズ 第11話 ついに魔王の城がある城下町へとやって来たヨシヒコたち。しかし、魔王の街は、ヨシヒコたちの世界とは大きくかけ離れていた。ヨシヒコたちは早速、魔王の城を探し始める。だが街はあまりに広大で、一行は、ひとまず別々に探し、捜査の状況を毎日報告し合うことにする。
第12話
勇者ヨシヒコシリーズ 第12話 ヨシヒコたちは、ようやく魔王の城をつきとめ、早速乗り込んだものの、最強の部下ゴードンが立ちふさがり、出直さざるを得なくなる。最終決戦を目前に作戦を練るヨシヒコたちに、仏からあるお告げが...。ヨシヒコたちは平和をとり戻すことが出来るのか!?ついに最終回!
第7話 ネコたちのお留守番
ネコぱら 第7話 ネコたちのお留守番 嘉祥が農園に買い出しにいくことになり、ショコラ、バニラ、カカオは水無月の実家でみんなとお留守番。しかし、台風で時雨も帰ってこれず、ネコたちだけで過ごすことに。そんな中、バニラがとっておきのお話を語りだした。
第04話
勇者ヨシヒコシリーズ 第04話 魔王を倒す為、仏のお告げに従い東へと進むヨシヒコたち。一行は、魔王を倒す為に武器と道具を揃えるよう再び仏からお告げを受ける。まずは「天女の羽衣」を手にいれるよう言われ、ヨシヒコたちは川の上流にあるという“天女の岩”を目指すことに。
第07話
勇者ヨシヒコシリーズ 第07話 ヨシヒコたちは、仏から「ドラゴンの盾」を手に入れるようお告げを受け、ラドマンが盾を持っていることを突き止めた。盾を譲って欲しいと頼み込むヨシヒコたちにラドマンは、彼が所有する五重の塔に住む住人から、家賃を取り立てることが出来れば譲るとの条件を出す。
第08話
勇者ヨシヒコシリーズ 第08話 魔王を倒すため旅を続けるヨシヒコたち。一行は、仏から「賢者の鎧」を手に入れるようお告げをうけ、アキバラの村を目指す。ところが、その途中職業を変えることが出来るという神社の前を通ったヨシヒコたちは、より多くの特技の獲得を目指して転職をしてみることに。
第7話 今度は誰にも壊させない
奪い愛、夏 第7話 今度は誰にも壊させない 桜(水野美紀)の脳に腫瘍があり、余命いくばくもないことを知った椿(小池徹平)と杏(松本まりか)。杏は椿よりも桜のことが好きだったことに気づく。 杏は、目を覚ました桜に自分の気持ちを伝える。「壊れるほどに愛してくれて、ありがとうございます」。桜と杏は気持ちが通じ合うが椿は納得ができず、こみあがる怒りを二人にぶつける。 傷心の椿の前に井川(田中みな実)が現れ、「杏さんの大切なものを奪えば、椿さんの気持ちに気づくかも」と、桜の殺害を提案する。椿は井川と共謀し、桜が入院する病室に忍び込む。 杏は以前屋形船で会った医者の大和に、桜の病気を直して欲しいと懇願、だが紹介された凄腕の脳外科医に、手術の成功率は1%だと告げられる。手術に踏み切るか、残り1ヶ月を大切に生きるか、杏は桜にその未来を委ねる。桜が出した回答は……。
第8話 あなたとは縁が切れないわね
奪い愛、夏 第8話 あなたとは縁が切れないわね 手術から3週間後、桜(水野美紀)がようやく目を覚ました。だが杏(松本まりか)が自分のために大和に抱かれたことを知った桜は怒りに震える。病み上がりで思うように体を動かせない桜は、同じく大和を許せないと言う椿と手を組み、復讐を企てる。 土筆(小手伸也)が大和を呼び出し、井川(田中みな実)の色仕掛けでホテルへ。姿を表さない椿に苛立つも、計画を始める桜。だが大和は騙されたふりをしていただけだった。ピンチに陥る桜……。 復讐を遂げた椿と桜は、どちらに杏を愛する資格があるか、命をかけた勝負を始める。病院の屋上の縁に、目隠しをして立つ二人。勝つのは果たして。杏が最後に選ぶのは、桜か、椿か。 そして物語は、衝撃の結末へ……。
【副音声スペシャル】第8話 あなたとは縁が切れないわね
奪い愛、夏 【副音声スペシャル】第8話 あなたとは縁が切れないわね \【副音声スペシャル】水野美紀、小池徹平、そして『奪い愛、夏』生みの親である鈴木おさむの3人が最終回の裏側を暴露!?/ 手術から3週間後、桜(水野美紀)がようやく目を覚ました。だが杏(松本まりか)が自分のために大和に抱かれたことを知った桜は怒りに震える。病み上がりで思うように体を動かせない桜は、同じく大和を許せないと言う椿と手を組み、復讐を企てる。 土筆(小手伸也)が大和を呼び出し、井川(田中みな実)の色仕掛けでホテルへ。姿を表さない椿に苛立つも、計画を始める桜。だが大和は騙されたふりをしていただけだった。ピンチに陥る桜……。 復讐を遂げた椿と桜は、どちらに杏を愛する資格があるか、命をかけた勝負を始める。病院の屋上の縁に、目隠しをして立つ二人。勝つのは果たして。杏が最後に選ぶのは、桜か、椿か。 そして物語は、衝撃の結末へ……。