「ごちうさ」の検索結果

「ごちうさ」に関する情報は見つかりませんでした。
「ごち」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

三重の伊勢エビ
無料
日本全国ごちそう散歩 三重の伊勢エビ 【毎週土曜 午前11時40分放送】 三重県の“海の宝”と称される名産といえば伊勢エビです。長い髭と腰の曲がった姿から、長寿を祝う縁起物として昔から親しまれ、祝儀用や正月の飾りなどにも用いられてきました。 今回訪れたのは昭和41年創業の伊勢エビ料理店「倭庵(やまとあん)黒石」。 実は伊勢エビは年に数回の脱皮を繰り返して成長するそうで、脱皮をした直後は殻がやわらかいのが特徴です。こちらのお店ではその伊勢エビを使用した“幻の脱皮伊勢エビ”なる料理が味わえるんだとか。一体どんな料理なのでしょうか? 旨みと甘みが凝縮された、三重県が誇る贅沢な逸品に舌鼓を打ちます。 ナレーション:高田純次
#9 夏が旬 フラットフィッシュマゴチ釣り! Vol.1
無料
アイクルチャンネル #9 夏が旬 フラットフィッシュマゴチ釣り! Vol.1 アイランドクルーズ遠藤正明(えんどうまさあき)がお送りするアイクルチャンネル第9弾。 「夏が旬 フラットフィッシュマゴチ釣り! Vol.1」
#10 夏が旬 フラットフィッシュマゴチ釣り! Vol.2
無料
アイクルチャンネル #10 夏が旬 フラットフィッシュマゴチ釣り! Vol.2 アイランドクルーズ遠藤正明(えんどうまさあき)がお送りするアイクルチャンネル第10弾。 「夏が旬 フラットフィッシュマゴチ釣り! Vol.2」
第11話 その1「四つ玉先輩」/その2「腹話術先輩」/その3「尾行先輩」
手品先輩 第11話 その1「四つ玉先輩」/その2「腹話術先輩」/その3「尾行先輩」 その1「四つ玉先輩」いただきマジック!ごちそうさマジック!/その2「腹話術先輩」口を閉じずに「マンゴー」って言ってみよう。/その3「尾行先輩」先輩の彼氏!登場?
逆ナンわらしべ長者 #10
無料
逆ナンわらしべ長者 逆ナンわらしべ長者 #10 今回の舞台は夏の夜の玄界灘!いつもお世話になっているYAMASHITAの松本さん(通称しんごちゃん)を対戦相手に迎え、イカメタルに挑戦!果たして松尾は大物をゲットし見事勝利できるのか?!
ep31:ヒラメ・マゴチ底物攻略法
無料
Fishing Gang ep31:ヒラメ・マゴチ底物攻略法 ボトムを丁寧に探ることで釣果を上げるYOSHIKI。その攻略法とは?
奇怪な食べ物
倒錯の心理 奇怪な食べ物 信じられないほどまずそうな食事でも、人によっては最高のごちそうになる場合がある。今回は禁断の食べ物を紹介する。ニュージーランドでは羊の睾丸を食べる祭り。日本では土を使った料理。イギリスでは道路脇で死んでいる動物を食べる一家まで。人の味覚はそれぞれだが、彼らの食事は本当に禁断とされるべきなのか?
第8話 接待の妙
美味しんぼ 第8話 接待の妙 寄付集めを目的に企画された東西新聞社主催の会食会。大日石油社長成沢にごちそうし、大型寄付をもくろむが失敗。辰さんのデパート試食品巡りが思わぬ功を奏して一億円の寄付を受ける。
第5話 Parallelism Crown
SHOW BY ROCK!!ましゅまいれっしゅ!! 第5話 Parallelism Crown REIJINGSIGNALのライブを見に行ったほわんは、彼女達の『ごちそう』に選ばれる。
第39話 ピンチ!さなえの恋人宣言
クッキングパパ 第39話 ピンチ!さなえの恋人宣言 東京から福岡に遊びに来たさなえちゃん、まことがポークソテーをごちそうするぞ!
第59話 ワクワク 夜釣りにいこう
クッキングパパ 第59話 ワクワク 夜釣りにいこう メガネさんのお誘いで皆せマゴチの夜釣りへ!ワクワクするなあ。
第6話
無料
高潔な君 第6話 ユンソの新しい動物病院の開院日に立ち会えなかったガンフンは代わりにカン室長へ立派な花輪を持っていくよう指示する。ユンソが開業したことを知ったユラも盛大に祝ってあげようとユンソをランチに誘い、わざと高級レストランでランチ会を開く。ユラに貧乏だと嫌みを言われたユンソはランチをごちそうすると見栄を張ってしまうが、ユラが店員を呼ぶと注文した覚えのないワインが運ばれてくる。
#8 タコヤキが食べれたらエエな!
おねがいマイメロディ 〜くるくるシャッフル!〜 #8 タコヤキが食べれたらエエな! 歌ちゃんたちは、修学旅行で大阪に向かっている。真菜は友達と10年ぶりに会う約束をしていた。その男の子は野球選手を目指すスポーツマンで、大阪トラーズの大ファン。おまけに、日本一おいしいタコヤキ屋さんの息子で、日本一のタコヤキをごちそうしてくれるという。ところが、待ち合わせに現れたのは・・・
第15話 思い出の地へ
トッケビ~君がくれた愛しい日々~ 第15話 思い出の地へ カナダの街を散策するウンタクの前に突然シンが現れる。ウンタクはそんなシンを怪しむが、広告契約の恩があるため食事をごちそうすることに。10年前に2人で訪れた場所をたどりながら、シンは初恋の人との思い出を語る。だが記憶のないウンタクは自分のこととは知らず初恋話に嫉妬する。そして2人は思い出のレストランへ。自分に向かって“代表”と呼び掛けるウンタクを見て、シンは“未来は正しかった”と1人ほほ笑む。