「ごーん 無料」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

ゴーン被告逃亡後、初協議 裁判手続きは今後停止へ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ゴーン被告逃亡後、初協議 裁判手続きは今後停止へ  日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン被告の逃亡後、初めて裁判をどのように進めるか事前に話し合う公判前整理手続きが行われました。  東京地裁で行われた手続きには裁判官と検察官に加えてゴーン被告側の主任弁護人も出席しましたが、弘中惇一郎弁護士は姿を見せませんでした。ゴーン被告とともに起訴されたグレッグ・ケリー被告(63)と弁護人も参加しました。逃亡したゴーン被告の裁判が開かれる見通しは立っていないため、今後の手続きは停止される見通しです。今後は、金融商品取引法違反の罪で起訴されている法人としての日産とケリー被告の裁判の進め方などについて協議するものとみられます。
ゴーン被告の妻「国際逮捕」手配へ 偽証の疑いで
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ゴーン被告の妻「国際逮捕」手配へ 偽証の疑いで  カルロス・ゴーン被告の妻について、国際逮捕の手配を依頼しました。  保釈中にレバノンに逃亡したゴーン被告の妻、キャロル・ナハス容疑者(53)は去年4月、ゴーン被告の逮捕後に東京地裁で行われた証人尋問で嘘の証言をした疑いで逮捕状が出ています。関係者によりますと、日本政府は9日までにICPO(国際刑事警察機構)に対し、キャロル容疑者の国際逮捕の手配を依頼しました。手配書が発行されれば、ICPOの加盟国に身柄の拘束や引き渡しを求めることが可能になります。
生放送すぐ近くを…ゴーン被告逃亡の足取り
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 生放送すぐ近くを…ゴーン被告逃亡の足取り  年明けから世界中を騒がせている元日産会長のカルロス・ゴーン被告の海外逃亡事件。音響機器を運搬する箱に隠れるという前代未聞の国外逃亡はどうやって行われたのか。それは、Abema的ニュースショー年末4時間スペシャルの生放送が行われていた東京・六本木で起こった。  捜査関係者によると、ゴーン被告は去年12月29日の午後2時半ごろに東京・港区にある住宅を出発。その15分後、テレビ朝日近くの監視カメラがゴーン被告とみられる男性の姿を捉えていたのだ。ちなみにこの時、我々は…。  AV監督・村西とおるさん(71):「お待たせ致しました。お待たせしすぎたかもしれません」  映像は地図上のこの位置にあった監視カメラのもの。報道では、ゴーン被告はテレビ朝日の先にあるホテル「グランドハイアット東京」に向かったとされている。信号待ちをしていたが、手前から通行人が2人現れると背を向けて横断歩道を渡る。その後に再びホテルの方向へ横断するが、渡り終えると真っすぐ進まず、なぜか右に曲がったのだ。  三谷紬アナウンサー:「この道を通るのがグランドハイアットまでは最短ルートとなっているんですけども、どうしても通れない理由があったんです。それが見えてきました。こちらにあります、交番なんですよね」  その後、ゴーン被告は品川駅から新幹線で大阪へ。その日の深夜には誰にもばれずにプライベートジェットで出国に成功。
ゴーン被告日本メディアに対応 無罪を改めて主張
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ゴーン被告日本メディアに対応 無罪を改めて主張  レバノンに逃亡したカルロス・ゴーン被告は10日に現地で日本メディア向けのインタビューに応じ、自らの無罪を改めて主張しました。  インタビューはゴーン被告側が指定した一部の日本メディアだけが参加できる代表取材の形で行われました。ゴーン被告は日本の司法制度に対する批判を展開し、自身の無罪を改めて主張しました。  カルロス・ゴーン被告:「(私には)4つの嫌疑がかけられているが、一つひとつ根拠がないことを立証していく」  日本から逃亡したことについては「私が1人で計画して誰にも分からないようにしなければ成功することはできなかった」と述べるにとどめ、どのように逃亡したかなど詳細については明らかにしませんでした。また、8日の会見で多くの日本メディアに取材の許可が下りなかったことについては、あくまで会見場の広さが理由だったとして意図的に日本メディアを排除したわけではないと強調しました。
ゴーン被告 逃亡に日本人の協力者がいたことを示唆
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ゴーン被告 逃亡に日本人の協力者がいたことを示唆  中東のレバノンに逃亡した日産の前会長、カルロス・ゴーン被告がフランスのメディアの取材に応じ、今回の逃亡を巡って日本人の協力者がいたことを示唆しました。  フランスの雑誌「パリマッチ」のインタビューに対して、ゴーン被告は「日本で協力してくれる人の存在なしに日本から出国できると考えるのは幻想だ」と答え、逃亡の際に日本人の協力者がいたことを示唆しました。また、ゴーン被告は逃亡の計画について「数カ月かけたという報道は間違いだ。私は行動を起こす前にぐずぐずする人間ではない」と語りました。今回の逃亡を短期間で計画し、速やかに実行に移したことも示唆しました。
ゴーン被告逃亡の協力者?トルコメディアが映像公開
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ゴーン被告逃亡の協力者?トルコメディアが映像公開  日産の前の会長、カルロス・ゴーン被告が中東のレバノンに逃亡した際、手助けをしたとみられる2人の映像をトルコのメディアが報じました。  先月30日にイスタンブール空港の出入国審査場で撮影された監視カメラの映像です。グレーの服と黒い服を着た2人が書類やパスポートを提示して手続きをしています。トルコのメディアは、この2人がゴーン被告の逃亡に協力したとみられると伝えています。ゴーン被告の逃亡を巡っては、日本から経由地のイスタンブールまでアメリカ人とレバノン人の2人が同行したとされています。トルコの捜査当局は監視カメラの映像に映ったこの2人の行方を追っています。
逃亡先レバノンは衝突激化 ゴーン被告“支援”強調
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 逃亡先レバノンは衝突激化 ゴーン被告“支援”強調  日産の前会長、カルロス・ゴーン被告が逃亡先に選んだ中東レバノンで18日、反政府デモ隊と治安部隊の大規模な衝突が起こりました。政府の求心力が揺らぐなかでもゴーン被告はレバノンを支援する考えを強調しています。  妻とともにインタビュー場所に姿を見せたゴーン被告。時折、シャンパンとみられる飲み物を口にし、カメラの前でも妻との親密ぶりを隠す様子はありません。  キャロル夫人:「(Q.(日本の捜査当局の)聴取には応じない?)絶対ない。もう日本で終わった」  カルロス・ゴーン被告:「逃亡の詳細は明かしませんが、これだけは言いたい。何カ月もの時間と何百人もの人、膨大な費用をかけたとされているが、違う」  8日、「カリスマ経営者」だった当時を思わせる生き生きとしたプレゼンテーション以降、様々なメディアの取材に応じてきたゴーン被告。世界を驚かせた「逃亡劇」の詳細は依然として明らかにしていませんが、繰り返し強調するのは日本の司法制度への批判と逃亡を受け入れたレバノン政府への感謝でした。  しかし、そのレバノン政府に対して国民は怒りの声を上げています。レバノンの首都ベイルートでは18日、デモ隊が銀行やATMを襲撃し、治安部隊が催涙弾や放水、レーザー照射で応酬するなど激しい衝突が起こりました。この衝突で200人以上がけがをしたということです。デモの参加者は深刻な経済危機が続くなか、銀行が預金の引き出しを制限したことに対して「銀行は腐敗した政治家と結託している」などと怒りの声を上げました。レバノンで…
“ゴーン後”日産統治改革 顧問・相談役の廃止決定
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 “ゴーン後”日産統治改革 顧問・相談役の廃止決定  前会長のカルロス・ゴーン被告による不正発覚で浮き彫りとなった企業統治改革を進めるため、日産自動車は顧問や相談役の役職を廃止することを決めました。  日産自動車は16日、ゴーン被告による不正や再発防止策をまとめた報告書を東京証券取引所に提出しました。このなかで退任した役員が相談役や顧問に就任する制度を原則、廃止とすることを明らかにしました。経営の透明性を高めるとともに、西川前社長などの影響力を排除する狙いもあるとみられます。また、報告書には24億円以上がゴーン被告が使用するレバノンのベイルートにある住宅購入費用などとして私的に利用されたとする社内調査の結果も記載されています。
ゴーン被告 日本メディア向けのインタビュー応じる
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ゴーン被告 日本メディア向けのインタビュー応じる  レバノンに逃亡したカルロス・ゴーン被告は10日、現地で日本メディア向けのインタビューに応じて「起訴に根拠がないということを一つひとつ示していく」と述べ、自らの無罪を改めて主張しました。  ゴーン被告のインタビューは一部の日本メディアのみ取材が許可され、それ以外の日本メディアは事前に質問を提出する形で行われました。インタビューでゴーン被告は「起訴に根拠がないということを一つひとつ示していく」として、自身の無罪を改めて強調しました。一方で「逮捕劇は日産によるクーデターだという客観的証拠はあるのか?」という質問に対し、「証拠はあるが、一つにまとまっているわけではない」と述べるにとどまり、具体的な言及は避けました。また、8日の会見でほとんどの日本メディアの参加が許可されなかったことについては、「会見場は150人が目いっぱいだった」として、意図的に排除したわけではなく、あくまで会場の広さが理由だったと強調しました。
弘中弁護士がゴーン被告の弁護人を辞任
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 弘中弁護士がゴーン被告の弁護人を辞任  日産の前の会長でレバノンに逃亡したカルロス・ゴーン被告の弁護団のうち、弘中惇一郎弁護士らが東京地裁に弁護人の辞任届を提出したことが分かりました。